アメリカ知財まとめ記事

非公開????Open Legal 独占記事:免責(indemnification)の大切さと5つのポ イント

特許訴訟は高額で時間もかかります。特許訴訟が公判まで行くことはほとんどありませ んが、侵害が認められ、賠償金の支払いを命じられる場合、賠償金の額が数百万ドルに 昇ることも珍しくはありません。また、競合他社が特許権者の場合、差し止め (injunction)のリスクもあります。また、裁判所によっては略式判決(summary judgment)が認められにくい場合もあるので、裁

より詳しく »

AA Style Guide

H1 Heading Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Lectus urna duis convallis convallis tellus id interdum velit. Si

より詳しく »

連邦企業機密保護法(DTSA)から2年、企業機密窃取の問題はどう変わったのか

連邦企業機密保護法(DTSA)のポイントの続きです。DTSAが制定されてから約2年。S戦略ポイントとDTSAに関わる判例をいくつか見てみましょう。 戦略のポイント: DTSAは、州法による保護と共存するので、DTSAを使って連邦裁判所で訴訟を起こすのか、または、州法を使い州立裁判所で訴訟を起こすのか、両方するのか、どう企業機密に関する訴訟を展開するべきなのか戦略を考える必要があります。州立裁判所に

より詳しく »

連邦企業機密保護法(DTSA)のポイント

連邦企業機密保護法(The Defend Trade Secrets Act of 2016、略してDTSA)は2016年5月に制定されました。これまで、企業秘密に関する問題は、州法でのみ守られていて、連邦レベルにおける保護はありませんでした。今回は、DTSAの知っておきたいポイントをまとめました。 DTSAにより、企業機密所有者は「企業機密」(“trade secret” )の「横領」(“mis

より詳しく »

今後の知財管理:無駄のないスマートな特許ポートフォリオを目指す

弱い特許を比較的低コストで無効にできるIPRの登場で知財管理の考え方は大きく変わりつつあります。今までのような、大きな特許ポートフォリオは出願や維持、弁護士費用などに膨大なコストがかかり、頻繁に弱い特許で構成されています。つまり、今までの知財管理のかたちは、AIA後の新しい時代に、出願や維持に多くのリソースを費やしてしまうだけではなく、発明や新製品に対する投資を守ることができないという状況に陥って

より詳しく »

陪審員の評決指示に注意

特許訴訟で陪審員による特許侵害判定が行われる場合、陪審員の評決指示に注意が必要です。特に、カウンタークレームで特許無効を主張した場合、被告側は、陪審員への評決指示の内容を当事者間で調整する際に、陪審員への指示が侵害判断で終らず、非侵害と判断されても特許の有効性を判断するような評決指示を採用するよう主張することが大切です。 Flexuspine, Inc. v. Globus Med., Inc.,

より詳しく »

[化学・製薬限定]化学系クレームの自明性テストLead Compound Analysisとは?

2000年ごろから、CAFCは、化合物の特許性を判断するためにLead Compound Analysis(主要化合物分析)というテストを適用しています。Lead Compound Analysisは、以下2つの事柄を吟味し、対象の化学系クレームが自明であるかを判断するテストです。 当業者が更なる開発のために先行例化合物を主要成分として選ぶ動機はあるのか( whether a person of

より詳しく »

On sale barは幅広い契約に適用されるので注意

On Sale barとは、出願の1年前より以前に発明の販売 (発明が適用されたものの販売や販売のための申し出)があると、アメリカでは特許権が消滅してしまうという仕組みのことをいいます。(日本を含む多くの国では、1年の猶予期間はなく、販売と同時に権利が抹消します)。アメリカでは、2011年に制定されたAIAにより、それ以前のOn Sale barとAIA後のOn Sale barの違いが議論された

より詳しく »