Category: 契約

A futuristic legal office with a professional analyzing AI-generated content on a digital tablet, surrounded by legal documents and data visualizations on screens, highlighting the intersection of AI technology and legal challenges
AI

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

もっと読む »
drugs
契約

アメリカ政府は特許法で薬価を制御できるか?深掘り分析

アメリカにおける医療費の増加、特に薬の価格の高騰は大きな問題となっています。政府は薬価の抑制を急務と捉えており、解決策として知財を用いることを考えており、これまでほとんど使われてこなかったバイ・ドール法のマーチイン権を注目しています。この法律に基づき、連邦政府から資金提供を受けた研究に関する特許について、政府が価格制御を目的とした「強制」ライセンスの発行を加速させる動きがあります。

もっと読む »
商標

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

もっと読む »
Contract-signing
契約

特許権者は売却された後に発行された特許で場合であっても、将来の継続特許に対するライセンスを付与することができる

特許ライセンスを受けたときは存在していない、そして、権利化される前に第三者に売却された継続特許はライセンスに含まれるのか?それが争われたケースを紹介します。裁判所は、法律の枠組みとして、元のライセンサーが将来の継続特許を実際に第三者に発行されてもライセンスすることができると判断し、また、ライセンス契約の文言が明示的に継続特許のライセンスをライセンシーに与えていると判断し、特許侵害の主張を退けました。この事件は、紛争を避けるために、将来の特許の含有を注意深く考慮し、明示的に述べることの重要性を示しています。

もっと読む »
laptop-working
契約

ハイパーリンクで埋め込まれた規約の強制力

埋め込まれたハイパーリンクからアクセスできるオンライン契約書の追加条項は、それ自体が強制力を持つ可能性が高いです。そのため、契約書をレビューする際は、リンク先に書かれている追加条項も考慮する必要があります。また契約書を作成する際は、追加条項の強制力をより高めるような文言を含めるべきです。

もっと読む »
hand-shaking-settlement
AI

ライセンシングとAI:AIモデルのライセンシングの課題

人工知能(AI)モデルは、産業や職場を変革しています。AIモデルをゼロから作成する企業はほとんどありませんが、ほとんどの企業は他社からAIモデルのライセンスを受けることになるでしょう。こうしたライセンスの交渉には、AIライセンスのリスクと価値をよく理解することが必要です。

もっと読む »
hand-shake-business
契約

5つのポイント M&A取引におけるIPの考慮事項

M&A取引における知的財産(「IP」)の重要性は、IP、テクノロジー、データがビジネスの評価において重要な要素となっていることから、ますます高まっています。ターゲット企業のIPの強さと執行可能性は、取引の経済的価値と取引の成功の核心となります。しかしながら、IP資産は、そのユニークな特性により、M&A取引においてユニークな課題を提起しています。そこで今回は M&A取引におけるIPの考慮事項として5つのポイントを取り上げてみました。

もっと読む »
契約

1年を振り返って:2022年の主要なSEP/FRANDの議論

2022年のIPカンファレンス、ウェビナー、シンポジウムでは、SEPとFRANDに関する話題が大半を占めました。多くのパネルディスカッションでは2021年と同様の問題が取り上げられましたが、2022年の会話はほとんどがSEPの対象となる標準が実装された業界(例:スマートフォン、5Gライセンス、自動車、エネルギー、家電、IoT)に関連するものでした。このトピックが進化を続ける中、これらの進行中の議論から得られる重要なポイントを検証してみたいと思います。

もっと読む »
display-with-code
契約

ソフトウェアライセンス契約書における知的財産の取り扱いで大切な3つのポイント

米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、特許期間調整(patent term adjustment, PTA)に関する米国特許商標庁(PTO)の決定を支持し、出願人が許可通知後(notice of allowance)に補正書を提出し、補正書を取り下げるか提出を棄権すればより早く審査を完了できた場合、特許期間から日数を差し引くことが適切であると判断しました。

もっと読む »