Category: 契約

発明者と雇用主の契約解釈が特許譲渡の鍵を握る – Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件が示す教訓

Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件のCAFC判決は、特許権の帰属を巡る紛争において、発明者と雇用主の間の契約解釈が重要な役割を果たすことを明らかにしました。本記事では、この画期的な判決の背景、地方裁判所とCAFCの判断、そして特許法実務に与える影響について詳細に分析します。特に、”entirely on my own time”(全面的に自分の時間で)という契約条項の解釈が争点となった本事件は、発明譲渡契約における文言の明確性の重要性を浮き彫りにするとともに、発明者が自身の権利を守るための戦略を考える上でも重要な示唆を与えてくれます。また、第三者からの特許所有権への異議申立てという問題も提起しており、発明から長期間経過した後の付随的攻撃が特許権者にとって大きな脅威となり得ることを示唆しています。特許法実務家のみならず、発明者や企業の知的財産部門の方々にとっても、必見の内容となっています。

もっと詳しく »

訴不提起契約(covenant not to sue)の訴訟から学ぶ契約書の書き方

法的契約、特に特許に関する契約において、訴不提起契約(covenant not to sue)は契約上の問題が起こったときの特許権の行使や活用に大きな影響を与える重要な要素です。この記事では、最近の注目すべきケースであるAlexSam, Inc. v. MasterCard International Inc.に焦点を当てながら、訴不提起契約の複雑さと実務における契約条項の注意点について掘り下げていきます。

もっと詳しく »

SEP交渉における訴訟禁止命令を求める戦略とその適用条件の難しさ

標準必須特許(SEP)の実施者は、訴訟禁止命令(ASI)を求めるという戦略を含め、SEP所有者との特許ライセンシング交渉をおこなっています。しかしASIはアメリカでは認められにくく、今回ノースカロライナ州東部地区(EDNC)のTerrance Boyle 判事によって全面的に却下され、再び脚光を浴びています。

もっと詳しく »

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

もっと詳しく »

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

もっと詳しく »

アメリカ政府は特許法で薬価を制御できるか?深掘り分析

アメリカにおける医療費の増加、特に薬の価格の高騰は大きな問題となっています。政府は薬価の抑制を急務と捉えており、解決策として知財を用いることを考えており、これまでほとんど使われてこなかったバイ・ドール法のマーチイン権を注目しています。この法律に基づき、連邦政府から資金提供を受けた研究に関する特許について、政府が価格制御を目的とした「強制」ライセンスの発行を加速させる動きがあります。

もっと詳しく »

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

もっと詳しく »

特許権者は売却された後に発行された特許で場合であっても、将来の継続特許に対するライセンスを付与することができる

特許ライセンスを受けたときは存在していない、そして、権利化される前に第三者に売却された継続特許はライセンスに含まれるのか?それが争われたケースを紹介します。裁判所は、法律の枠組みとして、元のライセンサーが将来の継続特許を実際に第三者に発行されてもライセンスすることができると判断し、また、ライセンス契約の文言が明示的に継続特許のライセンスをライセンシーに与えていると判断し、特許侵害の主張を退けました。この事件は、紛争を避けるために、将来の特許の含有を注意深く考慮し、明示的に述べることの重要性を示しています。

もっと詳しく »
Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件のCAFC判決は、特許権の帰属を巡る紛争において、発明者と雇用主の間の契約解釈が重要な役割を果たすことを明らかにしました。

発明者と雇用主の契約解釈が特許譲渡の鍵を握る – Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件が示す教訓

Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件のCAFC判決は、特許権の帰属を巡る紛争において、発明者と雇用主の間の契約解釈が重要な役割を果たすことを明らかにしました。本記事では、この画期的な判決の背景、地方裁判所とCAFCの判断、そして特許法実務に与える影響について詳細に分析します。特に、”entirely on my own time”(全面的に自分の時間で)という契約条項の解釈が争点となった本事件は、発明譲渡契約における文言の明確性の重要性を浮き彫りにするとともに、発明者が自身の権利を守るための戦略を考える上でも重要な示唆を与えてくれます。また、第三者からの特許所有権への異議申立てという問題も提起しており、発明から長期間経過した後の付随的攻撃が特許権者にとって大きな脅威となり得ることを示唆しています。特許法実務家のみならず、発明者や企業の知的財産部門の方々にとっても、必見の内容となっています。

もっと詳しく »
法的契約、特に特許に関する契約において、訴不提起契約(covenant not to sue)は契約上の問題が起こったときの特許権の行使や活用に大きな影響を与える重要な要素です。この記事では、最近の注目すべきケースであるAlexSam, Inc. v. MasterCard International Inc.に焦点を当てながら、訴不提起契約の複雑さと実務における契約条項の注意点について掘り下げていきます.

訴不提起契約(covenant not to sue)の訴訟から学ぶ契約書の書き方

法的契約、特に特許に関する契約において、訴不提起契約(covenant not to sue)は契約上の問題が起こったときの特許権の行使や活用に大きな影響を与える重要な要素です。この記事では、最近の注目すべきケースであるAlexSam, Inc. v. MasterCard International Inc.に焦点を当てながら、訴不提起契約の複雑さと実務における契約条項の注意点について掘り下げていきます。

もっと詳しく »
Alternative text: Judge Terrance Boyle in Eastern District of North Carolina's ruling on injunction request in SEP negotiations strategy

SEP交渉における訴訟禁止命令を求める戦略とその適用条件の難しさ

標準必須特許(SEP)の実施者は、訴訟禁止命令(ASI)を求めるという戦略を含め、SEP所有者との特許ライセンシング交渉をおこなっています。しかしASIはアメリカでは認められにくく、今回ノースカロライナ州東部地区(EDNC)のTerrance Boyle 判事によって全面的に却下され、再び脚光を浴びています。

もっと詳しく »
Abstract representation of avoiding disputes over workplace inventions with legal documents, a balance scale, and American legal symbols in a professional color scheme of blues, golds, and whites

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

もっと詳しく »
A futuristic legal office with a professional analyzing AI-generated content on a digital tablet, surrounded by legal documents and data visualizations on screens, highlighting the intersection of AI technology and legal challenges

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

もっと詳しく »
drugs

アメリカ政府は特許法で薬価を制御できるか?深掘り分析

アメリカにおける医療費の増加、特に薬の価格の高騰は大きな問題となっています。政府は薬価の抑制を急務と捉えており、解決策として知財を用いることを考えており、これまでほとんど使われてこなかったバイ・ドール法のマーチイン権を注目しています。この法律に基づき、連邦政府から資金提供を受けた研究に関する特許について、政府が価格制御を目的とした「強制」ライセンスの発行を加速させる動きがあります。

もっと詳しく »

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

もっと詳しく »
Contract-signing

特許権者は売却された後に発行された特許で場合であっても、将来の継続特許に対するライセンスを付与することができる

特許ライセンスを受けたときは存在していない、そして、権利化される前に第三者に売却された継続特許はライセンスに含まれるのか?それが争われたケースを紹介します。裁判所は、法律の枠組みとして、元のライセンサーが将来の継続特許を実際に第三者に発行されてもライセンスすることができると判断し、また、ライセンス契約の文言が明示的に継続特許のライセンスをライセンシーに与えていると判断し、特許侵害の主張を退けました。この事件は、紛争を避けるために、将来の特許の含有を注意深く考慮し、明示的に述べることの重要性を示しています。

もっと詳しく »
Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件のCAFC判決は、特許権の帰属を巡る紛争において、発明者と雇用主の間の契約解釈が重要な役割を果たすことを明らかにしました。
契約

発明者と雇用主の契約解釈が特許譲渡の鍵を握る – Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件が示す教訓

Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件のCAFC判決は、特許権の帰属を巡る紛争において、発明者と雇用主の間の契約解釈が重要な役割を果たすことを明らかにしました。本記事では、この画期的な判決の背景、地方裁判所とCAFCの判断、そして特許法実務に与える影響について詳細に分析します。特に、”entirely on my own time”(全面的に自分の時間で)という契約条項の解釈が争点となった本事件は、発明譲渡契約における文言の明確性の重要性を浮き彫りにするとともに、発明者が自身の権利を守るための戦略を考える上でも重要な示唆を与えてくれます。また、第三者からの特許所有権への異議申立てという問題も提起しており、発明から長期間経過した後の付随的攻撃が特許権者にとって大きな脅威となり得ることを示唆しています。特許法実務家のみならず、発明者や企業の知的財産部門の方々にとっても、必見の内容となっています。

もっと読む »
法的契約、特に特許に関する契約において、訴不提起契約(covenant not to sue)は契約上の問題が起こったときの特許権の行使や活用に大きな影響を与える重要な要素です。この記事では、最近の注目すべきケースであるAlexSam, Inc. v. MasterCard International Inc.に焦点を当てながら、訴不提起契約の複雑さと実務における契約条項の注意点について掘り下げていきます.
契約

訴不提起契約(covenant not to sue)の訴訟から学ぶ契約書の書き方

法的契約、特に特許に関する契約において、訴不提起契約(covenant not to sue)は契約上の問題が起こったときの特許権の行使や活用に大きな影響を与える重要な要素です。この記事では、最近の注目すべきケースであるAlexSam, Inc. v. MasterCard International Inc.に焦点を当てながら、訴不提起契約の複雑さと実務における契約条項の注意点について掘り下げていきます。

もっと読む »
Alternative text: Judge Terrance Boyle in Eastern District of North Carolina's ruling on injunction request in SEP negotiations strategy
契約

SEP交渉における訴訟禁止命令を求める戦略とその適用条件の難しさ

標準必須特許(SEP)の実施者は、訴訟禁止命令(ASI)を求めるという戦略を含め、SEP所有者との特許ライセンシング交渉をおこなっています。しかしASIはアメリカでは認められにくく、今回ノースカロライナ州東部地区(EDNC)のTerrance Boyle 判事によって全面的に却下され、再び脚光を浴びています。

もっと読む »
Abstract representation of avoiding disputes over workplace inventions with legal documents, a balance scale, and American legal symbols in a professional color scheme of blues, golds, and whites
契約

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

もっと読む »
A futuristic legal office with a professional analyzing AI-generated content on a digital tablet, surrounded by legal documents and data visualizations on screens, highlighting the intersection of AI technology and legal challenges
AI

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

もっと読む »
drugs
契約

アメリカ政府は特許法で薬価を制御できるか?深掘り分析

アメリカにおける医療費の増加、特に薬の価格の高騰は大きな問題となっています。政府は薬価の抑制を急務と捉えており、解決策として知財を用いることを考えており、これまでほとんど使われてこなかったバイ・ドール法のマーチイン権を注目しています。この法律に基づき、連邦政府から資金提供を受けた研究に関する特許について、政府が価格制御を目的とした「強制」ライセンスの発行を加速させる動きがあります。

もっと読む »
商標

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

もっと読む »
Contract-signing
契約

特許権者は売却された後に発行された特許で場合であっても、将来の継続特許に対するライセンスを付与することができる

特許ライセンスを受けたときは存在していない、そして、権利化される前に第三者に売却された継続特許はライセンスに含まれるのか?それが争われたケースを紹介します。裁判所は、法律の枠組みとして、元のライセンサーが将来の継続特許を実際に第三者に発行されてもライセンスすることができると判断し、また、ライセンス契約の文言が明示的に継続特許のライセンスをライセンシーに与えていると判断し、特許侵害の主張を退けました。この事件は、紛争を避けるために、将来の特許の含有を注意深く考慮し、明示的に述べることの重要性を示しています。

もっと読む »