AppleのIntelモデムビジネス買い取りは両社にとってWin-Win

smartphone

OLCでもレポートしたIntelの8500件にも及ぶワイヤレス関連特許はモデムビジネス買い取りという形でAppleに引き継がれることになりました。今回は、このAppleによるIntelモデムビジネスの買収を分析していきたいと思います。

電気自動車特許誓約に学ぶ5つのライセンス契約ポイント

Toyotaの24,000件にも及ぶ電気自動車関連特許のロイヤルティーフリーライセンスや2014年にTeslaが発表した特許誓約は注目を集めましたが、実際にそのようなプログラムを活用し、ライセンスを受ける場合、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

特許購入の際にほぼすべての権利を得ることが大切

特許契約が譲渡(”assignment”)であり、単なるライセンスでないことを示すのは意外に難しいようです。今回、Lone Star Silicon Innovations v Nanya Tech. Corp. (Fed. Cir., 2018-1581)において、CAFCは単なる形式や単語の使用だけで、自動的に契約が特許譲渡契約として扱われないことを示しました。

Intelが8500ものワイヤレス特許を競売へ、交渉権はAppleが取得か?

Intelはワイヤレス市場から脱退を決め、それに伴い8500にも及ぶワイヤレス関連特許を競売にかけていました。しかし、その情報が公開されてからわずか数週間で、競売は中断され、現在1社との独占交渉を行っています。

中小企業から見た技術ライセンス事業

知財は「守る」ものから「活用する」ものに変わってきています。その中で、中小企業が知財活用の一端である技術ライセンス事業を行うにはどのようなことをまず考えるべきなのでしょうか?今回は、数ある知財の中でも特許に注目していきます。

AIA再審査を回避する契約書の書き方

contract-signing

通常特許の権利行使を受けた際、IPRやPGRといったシステムを使って特許庁(PTAB)で問題の特許の再審査を行うことができます。しかし、ライセンス契約等でそのようなPTABにおける再審査を受ける権利を放棄することは可能なのでしょうか?