NEWS

アメリカ知財とAI知財に関する記事

特許、商標、営業秘密、著作権、AI知財などの幅広いアメリカ発の知的財産情報をリアルタイムで発信しています。カテゴリーごとに読めるフィルター機能や、検索もできるので、ぜひ活用してみてください。

近年注目を集めている「商標いじめ」の問題に1つの回答と提示したDoorDashとDoor Dabzの商標紛争における米国商標審判部(TTAB)の判断を解説します。TTABは「商標いじめ」を理由とする抗弁を却下し、商標権者の権利行使を広く認める立場を示しました。この判断が大企業と中小企業にもたらす影響、そして今後の商標戦略への示唆を詳細に分析。商標権の保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、実務家必見の事例を通じて、商標法の新たな展開と今後の課題を探ります。
USPTOと英国のUKIPOが標準必須特許(SEP)に関する政策で協力を開始しました。この協力は、SEP政策の国際的調和、FRANDライセンスの透明性向上、中小企業支援など多岐にわたり、グローバルな技術革新と公正な競争環境の促進を目指しています。本記事では、SEPの基本概念から両機関の協力の詳細、そしてこの取り組みが知財業界に与える影響まで包括的に解説します。さらに、技術標準化とイノベーション促進のバランス、国際的な協力の重要性、そして今後の展望と課題についても考察しています。知財関係者にとって、この動向がグローバルなSEP環境にどのような影響を与えるか、注目すべき内容となっています。
CAFCが下したAmarin v. Hikma事件の判決は、ジェネリック医薬品のスキニーラベル戦略に大きな影響を与える可能性があります。CAFCは、製品ラベルだけでなく企業の全てのコミュニケーションを考慮に入れるべきだとし、誘引侵害の判断基準を拡大しました。この判決により、ジェネリック医薬品メーカーは新たなリスクに直面する一方、ブランド医薬品企業には新たな機会が生まれています。本稿では、この重要な判決の背景、内容、そして製薬業界への影響を詳細に分析します。ハッチ・ワックスマン法の解釈に新たな視点を提供するこの判例が、イノベーションの保護と医薬品へのアクセス向上のバランスにどのような変化をもたらすのか、そして企業がどのように対応すべきかについて、法的観点と実務的観点から考察します。製薬業界の未来を左右する可能性を秘めたこの判決について、その詳細と影響を解説していきます。
2024年6月、米国最高裁判所はLoper Bright判決で40年続いたChevron法理を覆し、行政機関の権限を大幅に削減しました。この画期的な判決は、特許審判部(PTAB)や国際貿易委員会(ITC)など、特許関連の行政機関にも大きな影響を与えます。本記事では、Chevron法理の背景から、Loper Bright判決の詳細、そして特許実務への具体的な影響まで、幅広く解説します。行政機関の法解釈に対する司法の姿勢が根本から変わり、裁判所がより積極的に法律を解釈するようになる中、特許権者や企業はどのように対応すべきか。PTABやITCの実務がどう変化するのか。新たな法的環境下での戦略立案に必要な情報を、豊富な事例とともに提供します。Chevron後の時代における専門知識、説明責任、司法審査のバランスについても考察し、行政法の未来を展望します。
FTCのオレンジブック特許リスト取り締まりが製薬業界に与える影響と今後の展望を詳細に解説します。FTCの新たな政策声明から始まり、特許リストへの挑戦、製薬会社の対応、法的展開、そしてジェネリック競争への影響まで、この複雑な問題の全体像を徹底的に分析します。イノベーションの保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、FDAの役割、議会の動向、そして患者への影響など、多角的な視点から今後の展望を探ります。製薬業界関係者はもちろん、医療政策に関心のある方々にとって必読の内容です。この記事を通じて、アメリカの医薬品市場の未来を左右する重要な課題の本質に迫ります。
AIを審査官として活用し、特許クレームの102条拒絶分析を試みた興味深い検証結果を紹介しています。この記事では、生成AIに審査官のペルソナを与え、実際の特許出願案件における102条の拒絶理由を再現させる過程を詳細に解説しています。結果として、AI単独での完全な審査は困難でしたが、AIの分析には実際の審査官が懸念する可能性のある重要な指摘が含まれていました。さらに、AIとのインタラクションを通じて分析の質を向上させる方法や、AIの分析を活用してクレーム補正や主張を改善する可能性についても言及しています。特許実務者やAI技術に興味がある方にとって、AIを補助ツールとして活用する新たな可能性を示唆する貴重な内容となっています。
USPTOが実験的使用の例外に関する意見募集を開始し、米国特許制度の大きな転換点となる可能性があります。現在の狭い解釈が研究活動を抑制しているという懸念から、法定化を含めた見直しが検討されています。この記事では、実験的使用の例外の歴史的発展、現状の課題、他国の事例、そしてUSPTOが提示した具体的な質問内容を詳しく解説しています。イノベーションの促進と特許権者の保護のバランスをどう取るべきか、米国の特許制度の未来を左右する重要な議論の全容と、それがグローバルな特許制度に与える影響について、包括的に理解することができます。
米国の非営利団体がカナダの同名団体を相手取った商標侵害訴訟で勝訴し、国境を越えた商標保護の重要性が浮き彫りになりました。また本件は、非営利団体の商標も強力な法的保護の対象となり得ることを示す画期的な判例となりました。判決では、外国における商標登録の重要性、継続的な商標使用によるのれんの構築、そして積極的な権利行使の必要性が強調されています。グローバル化が進む現代において、この事例は非営利・営利を問わずすべての組織に対し、戦略的な知的財産管理の重要性を再認識させる内容となっています。本記事では、事件の背景から裁判所の判断、そして実務への影響まで詳細に解説しており、国際的に活動する組織の法務担当者や知財専門家にとって必読の内容となっています。
CAFCによるBeteiro v. DraftKings事件判決は、位置情報ベースのサービスに関する特許適格性判断に大きな影響を与えました。本記事では、この判決がコンピュータ実装発明全般にもたらす影響を詳細に解説します。Alice/Mayo二段階テストの厳格な適用、抽象的アイデアと技術的改善の区別、そして特許明細書の重要性について深く掘り下げています。さらに、特許実務家や企業が今後の特許戦略を立てる上で考慮すべきポイントを探り、具体的な対応策を提案しています。技術革新とビジネスモデル保護のバランスが問われる中、この記事は日本の知財実務家や企業にとって貴重な指針となるでしょう。
AI生成コンテンツの著作権保護をめぐる国際的な動向と法的課題について、最新の情報と詳細な分析を提供します。米国、EU、英国、中国などの主要国の対応を比較しながら、人間の創作性要件、著作者性、独創性の判断基準といった重要な論点を解説。さらに、著作権登録や訴訟への影響、国際的な調和の必要性、法改正の可能性まで幅広くカバーし、企業や創作者が取るべき具体的な対応策も提案しています。AI時代における著作権法の再考が迫られる中、この記事は、技術革新と法制度のバランスを探る上で欠かせない洞察を提供し、クリエイティブ産業に携わる全ての人々にとって必読の内容となっています。
この記事は、知財業界におけるAI活用の可能性と課題を探る重要な内容を提供しています。特に、アメリカの特許OA対応へのAI導入に焦点を当て、その費用対効果の高さ、言語の壁の克服、情報の機密性の低さという3つの主要な利点を分析しています。実際の検証結果から、作業時間の短縮や日本語での作業が可能になるなどの具体的なメリットが明らかになった一方で、AIの限界を認識し、人間の専門知識との適切な組み合わせの重要性も強調しています。この記事は、AI時代における知財プロフェッショナルの新たな役割と必要なスキルについて深い洞察を提供し、業界全体の未来を考える上で貴重な視点を提供しています。AIと人間の協働による知財業界の新時代の可能性を探求したい読者にとって、必読の内容となっています。
ターミナルディスクレーマーの誤りが特許の権利行使不能を招く衝撃的な判例、SIPCO v. JASCO事件を解説。たった1桁の数字の誤りが特許の運命を左右し、特許実務に革命的な影響を与えた本件の詳細と、そこから導き出されるベストプラクティスを徹底解説します。USPTOの新たな規則提案がもたらす潜在的な影響も含め、特許専門家必見の内容となっています。特許戦略の策定と実行において長期的かつ慎重なアプローチの重要性を再認識させる本記事は、特許制度の信頼性と効果的な運用を維持するための重要な指針となるでしょう。特許実務家、特許権者、そして知的財産に関心のある全ての方々にとって、見逃せない重要な情報が満載です。