アメリカ知財まとめ記事

Uncategorized

知財IR活動

今回、知財の意識と理解のギャップに関する記事を紹介しましたが、そこにビジネスチャンスがあると思い、大々的に自社の知財活動を投資家にアピールして会社の時価総額に貢献するという取り組みはどうでしょうか?

より詳しく »
binders-filings-data-record
再審査

PTABがinstitutionに関する3つの判決を特定

最高裁のSAS判決後、PTABはIPRのpartial institutionができなくなりましたが、その代わりとなる裁量によるinstitutionの判断を多く取り入れるようになりました。今回はその流れから、新たにPTABは以下のinstitutionに関する2つの判決を判例扱い(precedential)し、1つを有益なもの(informative)として指定しました。

より詳しく »
Uncategorized

審査官用の教育教材を使ったウェビナー

アメリカ特許庁公式のウェビナーともあって、スピーカーは現役の Deputy Commissioner とPTAB Lead Judge です。なかなか特許庁内部の人によるプレゼンを聞く機会は少ないと思うので、このようなオンデマンドでプレゼンを聞けるシステムはうれしいですね。

より詳しく »
訴訟

デザイン特許の機能性と有効性の問題

アメリカにおけるデザイン特許の価値は日に日に上がっています。それに伴いデザイン特許関連の訴訟も多くなり、今回の判例では保護されている対象の機能性とデザイン特許の有効性の関係が問題になりました。

より詳しく »
特許出願

統計データから見る拒絶頻度の割合

どのくらいの頻度で特許庁は特許出願を拒絶するのですか?このような質問は、特許審査に詳しくない人からよく聞かれる質問だと思います。その質問に統計的に回答できるデータを見つけたので紹介します。

より詳しく »