アメリカ知財まとめ記事

商標

ブランド保護の1つのツールとして使える Amazonのブランドレジストリプログラム

商標は、ブランドを保護するための有効なツールです。eコマースが商品の売買手段として重要性を増すにつれ、事業主は自社のブランドを第三者の競争相手から保護することが不可欠となっています。大手eコマースマーケットプレイスであるAmazonは、Amazonのプラットフォームで商品を販売しようとする企業や個人を対象に、さまざまな商標保護ツールを導入しているので、その紹介をします。

より詳しく »
stop-estoppel
訴訟

IPRで審査されていないクレームにEstoppelが適用される

CAFCがIPR中に訴願人がEstoppelに関わる主張を「合理的に提起できた」ため、IPRで生き残ったクレームに関する同じ先行技術文献を用いた有効性の判断を改めて裁判所で行うことはできないとしました。今回はPartial institutionが許されていたSAS判決の前のケースですが、特許訴訟にはIPRが関係することが多いので、IPRで審査されなかったクレームに関しては注意するべきでしょう。

より詳しく »
twitter
商標

ツイッター買収がきっけかで起こっているブランド・商標権侵害の最前線

ツイッターが最近、月額8ドルの「Blue Tick」認証料を導入して物議を醸したことを受け(日本未導入)、ブランドや著名人のなりすましが急増しました。不正行為のリスクが高まる中、ブランドや商標の専門家は、Twitterの監視を強化して不正なアカウントを発見し報告するよう求められており、特にフィッシング目的でなりすまされることが多い企業では、その傾向が顕著になっています。

より詳しく »
hand-shake-business
契約

ソフトウェア使用許諾契約書の雛形を改善する方法:ライセンス付与

ソフトウェアのライセンス付与においては、1)ライセンス付与の受領者を定義、ライセンス付与の非独占的、譲渡不能、サブライセンスの不能、および期間限定の性質に言及すること、また、2)ライセンス付与に含まれる権利のうち、1976年著作権法には含まれないものを定義すること、3)リバースエンジニアリングおよび二次的著作物の作成に関する明示的な制限を含むこと、がポイントになってきます。以下が詳しい解説です。

より詳しく »
訴訟

知的財産権紛争における逸失利益損害賠償の概要

逸失利益損害(lost profit damages)とは、被告が不正な行為を行わなければ原告が得たであろう追加利益を評価するものです。その損害は多彩で、売上高の減少、価格下落、経費の増加、企業の営業権や評判への傷害に関連する逸失利益など、様々な形態をとることがあります。また逸失利益損害は、将来にも及ぶ可能性があります。今回は、知的財産権に関連する紛争における逸失利益損害で重要になってくるポイントの概要を説明します。

より詳しく »
Canon
特許出願

特許審査履歴解説: AFCPが裏目に?許可可能クレームがあったにも関わらず新規文献でRCE2回やった案件(Canon)

2022年11月8日に発行されたCanonの特許の出願履歴から考察しました。今回は結果的にRCE2回することになってしまいましたが、その前まで見れば、比較的早い段階で許可可能クレームまでこぎつけていました。出願人も許可可能クレームを含むクレームを提示したのですが、AFCPにおける追加調査によって、許可可能クレームが覆り、そこから次々に新しい先行技術文献による拒絶に苦しむことになってしまいました。

より詳しく »
Contract-signing
契約

「取り消し不能な」ライセンスは当事者同士の合意があれば終了させることができる

知財のライセンスにおいて「取り消し不能な」(irrevocable)ライセンスが結ばれることがあります。しかし、これはライセンサーの一方的な行為によってライセンスが「取り消し不能」であることを意味するもので、ライセンスの当事者(ライセンシーとライセンサー)同士の合意があれば終了できることがCAFCの判決により明確になりました。

より詳しく »
supreme-court
訴訟

最高裁で審議される知的財産権関連の訴訟

米国連邦最高裁判所は、最近、特許と商標に関する2つの知的財産権訴訟について、審理を許可しました。どちらもアメリカの知財に大きな影響を与えかねない問題に関する最高裁での審議なので、今後も注目して、判決が出たときは詳しく解説したいと思います。

より詳しく »
meeting-discussion
契約

知的財産の最適化における企業内弁護士の役割

多くの企業は、知的財産が投資と保護に値する貴重な資産であることを認識していますが、所有している知的財産の範囲やその活用方法についてあまりに狭く考えすぎて、自社のポートフォリオの可能性を制限している場合が少なくありません。しかし、企業内弁護士は、自社のIPを特定し、保護し、最大限に収益化する計画の策定と実施を支援することで、この作業において重要な指導的役割を果たすことができます。

より詳しく »