Category: 再審査

Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる?

2024年6月、米国最高裁判所はLoper Bright判決で40年続いたChevron法理を覆し、行政機関の権限を大幅に削減しました。この画期的な判決は、特許審判部(PTAB)や国際貿易委員会(ITC)など、特許関連の行政機関にも大きな影響を与えます。本記事では、Chevron法理の背景から、Loper Bright判決の詳細、そして特許実務への具体的な影響まで、幅広く解説します。行政機関の法解釈に対する司法の姿勢が根本から変わり、裁判所がより積極的に法律を解釈するようになる中、特許権者や企業はどのように対応すべきか。PTABやITCの実務がどう変化するのか。新たな法的環境下での戦略立案に必要な情報を、豊富な事例とともに提供します。Chevron後の時代における専門知識、説明責任、司法審査のバランスについても考察し、行政法の未来を展望します。

もっと詳しく »

USPTOがPTAB決定の発行前内部回覧と審査に関する最終規則を発表

米国特許商標庁(USPTO)が、特許審判部(PTAB)の決定プロセスを大幅に改革する新規則を発表しました。この規則は、PTAB判事の独立性強化、決定プロセスの透明性向上、そして手続きの一貫性維持を目指しています。具体的には、上級管理職の関与禁止、回覧プロセスの任意化、適用法令・ガイドラインの遵守義務化などが盛り込まれています。本記事では、この新規則の背景、主要な規定、従来の手続きからの変更点、そしてUSPTOの対応について詳しく解説します。特許権者、出願人、特許実務家にとって重要な影響を与えるこの規則改正の全容を把握し、今後の特許戦略にどう活かすべきか、ぜひ最後までお読みください。

もっと詳しく »

どのような文言がクレームで避けるべき「情報の伝達内容」なのか?IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc.事件から学ぶプリンティッドマター法理の適用範囲

プリンティッドマター法理とは、情報の伝達内容のみをクレームした要素は特許適格性の対象外とする法理です。IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc.事件では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が「暗号化された通信」と「プログラムコード」の限定はプリンティッドマターに該当しないと判断し、この法理の適用範囲を限定する可能性を示唆しました。本記事では、IOENGINE事件の概要とCAFCの判断を分析し、プリンティッドマター法理の適用範囲と今後の特許実務への影響について考察します。現代の情報通信技術の発展に伴い、プリンティッドマター法理の適用範囲が問題となることが増えており、本事件の判決は特許権者と実務家にとって重要な示唆を与えるものといえるでしょう。

もっと詳しく »

特許訴訟はいつ確定するのか:並行する特許無効審決のタイミングとその影響

特許訴訟の確定性に関する最新のCAFC判決を徹底解説しました。Packet Intelligence LLC v. NetScout Systems, Inc.事件を通じて、PTABによる特許無効審決が地裁訴訟に与える影響や、特許訴訟の最終確定に至るまでの重要な判断基準について詳述。特許権者と被疑侵害者にとって必見の戦略的考察が満載です。全ての争点が解決するまで特許訴訟がどのように進展するかを理解し、特許戦略を最適化するヒントを教えます。

もっと詳しく »

図面がクレームの制限を示唆する条件

特許図面が単独でクレーム限定事項を開示しているか否かは、図面が “clear on its face” にクレーム限定事項を開示しているかで判断されます。一般的に、特許図面は、明細書が寸法について完全に沈黙している場合、正確な比率を定義せず、特定の大きさを示すために用いることはできないと理解されていますが、今回のMAHLE Behr Charleston Inc. v. Catalano事件におけるDirector Reviewは、その一般的な理解が特定の条件下では誤解を生むことが指摘されています。そこで、本記事では、このDirector Reviewにおける判断内容を詳しく分析し、特許図面の解釈における実務上の留意点を説明します。

もっと詳しく »

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと詳しく »

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと詳しく »

PTABにおける非登録実務家の活動範囲拡大か?

米国特許商標庁(USPTO)は、包括性と効率性に向けた重要な動きとして、非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲を拡大することを目的とした規則改正を提案しました。このイニシアティブは、訴訟代理業務の多様化だけでなく、手続き面の合理化にもつながり、このような高度に専門化された訴訟において、より広範な専門知識を提供するものです。

もっと詳しく »

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

米国特許商標庁(USPTO)は、特許審判部(PTAB)におけるクレームを補正するための申し立て(MTA、motions to amend)に関する規則案提案公告を通じて、特許付与後の補正プロセスを強化するための一歩を歩みだしました。この規則案は、補正申し立てパイロットプログラムの特定の要素を強化し、MTAにおける説得責任の配分に関する規則を修正することを目的としています。このような取り組みは付与後審判手続の予測可能性を確保するという USPTO のコミットメントを強調するものです。

もっと詳しく »
Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる? - Image depicting the impact of the Loper Bright ruling overturning Chevron doctrine on administrative agencies' authority, specifically affecting PTAB and ITC in the realm of patent law.

Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる?

2024年6月、米国最高裁判所はLoper Bright判決で40年続いたChevron法理を覆し、行政機関の権限を大幅に削減しました。この画期的な判決は、特許審判部(PTAB)や国際貿易委員会(ITC)など、特許関連の行政機関にも大きな影響を与えます。本記事では、Chevron法理の背景から、Loper Bright判決の詳細、そして特許実務への具体的な影響まで、幅広く解説します。行政機関の法解釈に対する司法の姿勢が根本から変わり、裁判所がより積極的に法律を解釈するようになる中、特許権者や企業はどのように対応すべきか。PTABやITCの実務がどう変化するのか。新たな法的環境下での戦略立案に必要な情報を、豊富な事例とともに提供します。Chevron後の時代における専門知識、説明責任、司法審査のバランスについても考察し、行政法の未来を展望します。

もっと詳しく »
USPTO、PTAB決定の発行前内部回覧と審査に関する最終規則を発表。

USPTOがPTAB決定の発行前内部回覧と審査に関する最終規則を発表

米国特許商標庁(USPTO)が、特許審判部(PTAB)の決定プロセスを大幅に改革する新規則を発表しました。この規則は、PTAB判事の独立性強化、決定プロセスの透明性向上、そして手続きの一貫性維持を目指しています。具体的には、上級管理職の関与禁止、回覧プロセスの任意化、適用法令・ガイドラインの遵守義務化などが盛り込まれています。本記事では、この新規則の背景、主要な規定、従来の手続きからの変更点、そしてUSPTOの対応について詳しく解説します。特許権者、出願人、特許実務家にとって重要な影響を与えるこの規則改正の全容を把握し、今後の特許戦略にどう活かすべきか、ぜひ最後までお読みください。

もっと詳しく »
Image illustrating the concept of Printed Matter Doctrine in patent law, focusing on the exclusion of claims solely related to information transmission content. Case study: IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc. analyzing CAFC's decision and implications for patent practice.

どのような文言がクレームで避けるべき「情報の伝達内容」なのか?IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc.事件から学ぶプリンティッドマター法理の適用範囲

プリンティッドマター法理とは、情報の伝達内容のみをクレームした要素は特許適格性の対象外とする法理です。IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc.事件では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が「暗号化された通信」と「プログラムコード」の限定はプリンティッドマターに該当しないと判断し、この法理の適用範囲を限定する可能性を示唆しました。本記事では、IOENGINE事件の概要とCAFCの判断を分析し、プリンティッドマター法理の適用範囲と今後の特許実務への影響について考察します。現代の情報通信技術の発展に伴い、プリンティッドマター法理の適用範囲が問題となることが増えており、本事件の判決は特許権者と実務家にとって重要な示唆を与えるものといえるでしょう。

もっと詳しく »
最新のCAFC判決に関する徹底解説。Packet Intelligence LLC v. NetScout Systems, Inc.事件。PTABによる特許無効審決が地裁訴訟に与える影響や、特許訴訟の最終確定に至るまでの重要な判断基準について詳述。特許権者と被疑侵害者にとって必見の戦略的考察。特許訴訟が進展するかを理解、特許戦略を最適化。

特許訴訟はいつ確定するのか:並行する特許無効審決のタイミングとその影響

特許訴訟の確定性に関する最新のCAFC判決を徹底解説しました。Packet Intelligence LLC v. NetScout Systems, Inc.事件を通じて、PTABによる特許無効審決が地裁訴訟に与える影響や、特許訴訟の最終確定に至るまでの重要な判断基準について詳述。特許権者と被疑侵害者にとって必見の戦略的考察が満載です。全ての争点が解決するまで特許訴訟がどのように進展するかを理解し、特許戦略を最適化するヒントを教えます。

もっと詳しく »
図面がクレームの制限を示唆する条件。

図面がクレームの制限を示唆する条件

特許図面が単独でクレーム限定事項を開示しているか否かは、図面が “clear on its face” にクレーム限定事項を開示しているかで判断されます。一般的に、特許図面は、明細書が寸法について完全に沈黙している場合、正確な比率を定義せず、特定の大きさを示すために用いることはできないと理解されていますが、今回のMAHLE Behr Charleston Inc. v. Catalano事件におけるDirector Reviewは、その一般的な理解が特定の条件下では誤解を生むことが指摘されています。そこで、本記事では、このDirector Reviewにおける判断内容を詳しく分析し、特許図面の解釈における実務上の留意点を説明します。

もっと詳しく »
Importance of Motivation to Combine in Patent Law: Evaluating Obviousness in Patent Claims

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと詳しく »
ルーチン最適化の概念と特許クレームの自明性に関する説明の画像

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと詳しく »
Proposed alternative text for the image: USPTOの非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲拡大に関する規則改正の提案

PTABにおける非登録実務家の活動範囲拡大か?

米国特許商標庁(USPTO)は、包括性と効率性に向けた重要な動きとして、非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲を拡大することを目的とした規則改正を提案しました。このイニシアティブは、訴訟代理業務の多様化だけでなく、手続き面の合理化にもつながり、このような高度に専門化された訴訟において、より広範な専門知識を提供するものです。

もっと詳しく »
PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

米国特許商標庁(USPTO)は、特許審判部(PTAB)におけるクレームを補正するための申し立て(MTA、motions to amend)に関する規則案提案公告を通じて、特許付与後の補正プロセスを強化するための一歩を歩みだしました。この規則案は、補正申し立てパイロットプログラムの特定の要素を強化し、MTAにおける説得責任の配分に関する規則を修正することを目的としています。このような取り組みは付与後審判手続の予測可能性を確保するという USPTO のコミットメントを強調するものです。

もっと詳しく »
Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる? - Image depicting the impact of the Loper Bright ruling overturning Chevron doctrine on administrative agencies' authority, specifically affecting PTAB and ITC in the realm of patent law.
再審査

Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる?

2024年6月、米国最高裁判所はLoper Bright判決で40年続いたChevron法理を覆し、行政機関の権限を大幅に削減しました。この画期的な判決は、特許審判部(PTAB)や国際貿易委員会(ITC)など、特許関連の行政機関にも大きな影響を与えます。本記事では、Chevron法理の背景から、Loper Bright判決の詳細、そして特許実務への具体的な影響まで、幅広く解説します。行政機関の法解釈に対する司法の姿勢が根本から変わり、裁判所がより積極的に法律を解釈するようになる中、特許権者や企業はどのように対応すべきか。PTABやITCの実務がどう変化するのか。新たな法的環境下での戦略立案に必要な情報を、豊富な事例とともに提供します。Chevron後の時代における専門知識、説明責任、司法審査のバランスについても考察し、行政法の未来を展望します。

もっと読む »
USPTO、PTAB決定の発行前内部回覧と審査に関する最終規則を発表。
再審査

USPTOがPTAB決定の発行前内部回覧と審査に関する最終規則を発表

米国特許商標庁(USPTO)が、特許審判部(PTAB)の決定プロセスを大幅に改革する新規則を発表しました。この規則は、PTAB判事の独立性強化、決定プロセスの透明性向上、そして手続きの一貫性維持を目指しています。具体的には、上級管理職の関与禁止、回覧プロセスの任意化、適用法令・ガイドラインの遵守義務化などが盛り込まれています。本記事では、この新規則の背景、主要な規定、従来の手続きからの変更点、そしてUSPTOの対応について詳しく解説します。特許権者、出願人、特許実務家にとって重要な影響を与えるこの規則改正の全容を把握し、今後の特許戦略にどう活かすべきか、ぜひ最後までお読みください。

もっと読む »
Image illustrating the concept of Printed Matter Doctrine in patent law, focusing on the exclusion of claims solely related to information transmission content. Case study: IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc. analyzing CAFC's decision and implications for patent practice.
再審査

どのような文言がクレームで避けるべき「情報の伝達内容」なのか?IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc.事件から学ぶプリンティッドマター法理の適用範囲

プリンティッドマター法理とは、情報の伝達内容のみをクレームした要素は特許適格性の対象外とする法理です。IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc.事件では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が「暗号化された通信」と「プログラムコード」の限定はプリンティッドマターに該当しないと判断し、この法理の適用範囲を限定する可能性を示唆しました。本記事では、IOENGINE事件の概要とCAFCの判断を分析し、プリンティッドマター法理の適用範囲と今後の特許実務への影響について考察します。現代の情報通信技術の発展に伴い、プリンティッドマター法理の適用範囲が問題となることが増えており、本事件の判決は特許権者と実務家にとって重要な示唆を与えるものといえるでしょう。

もっと読む »
最新のCAFC判決に関する徹底解説。Packet Intelligence LLC v. NetScout Systems, Inc.事件。PTABによる特許無効審決が地裁訴訟に与える影響や、特許訴訟の最終確定に至るまでの重要な判断基準について詳述。特許権者と被疑侵害者にとって必見の戦略的考察。特許訴訟が進展するかを理解、特許戦略を最適化。
再審査

特許訴訟はいつ確定するのか:並行する特許無効審決のタイミングとその影響

特許訴訟の確定性に関する最新のCAFC判決を徹底解説しました。Packet Intelligence LLC v. NetScout Systems, Inc.事件を通じて、PTABによる特許無効審決が地裁訴訟に与える影響や、特許訴訟の最終確定に至るまでの重要な判断基準について詳述。特許権者と被疑侵害者にとって必見の戦略的考察が満載です。全ての争点が解決するまで特許訴訟がどのように進展するかを理解し、特許戦略を最適化するヒントを教えます。

もっと読む »
図面がクレームの制限を示唆する条件。
再審査

図面がクレームの制限を示唆する条件

特許図面が単独でクレーム限定事項を開示しているか否かは、図面が “clear on its face” にクレーム限定事項を開示しているかで判断されます。一般的に、特許図面は、明細書が寸法について完全に沈黙している場合、正確な比率を定義せず、特定の大きさを示すために用いることはできないと理解されていますが、今回のMAHLE Behr Charleston Inc. v. Catalano事件におけるDirector Reviewは、その一般的な理解が特定の条件下では誤解を生むことが指摘されています。そこで、本記事では、このDirector Reviewにおける判断内容を詳しく分析し、特許図面の解釈における実務上の留意点を説明します。

もっと読む »
Importance of Motivation to Combine in Patent Law: Evaluating Obviousness in Patent Claims
再審査

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと読む »
ルーチン最適化の概念と特許クレームの自明性に関する説明の画像
再審査

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと読む »
Proposed alternative text for the image: USPTOの非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲拡大に関する規則改正の提案
再審査

PTABにおける非登録実務家の活動範囲拡大か?

米国特許商標庁(USPTO)は、包括性と効率性に向けた重要な動きとして、非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲を拡大することを目的とした規則改正を提案しました。このイニシアティブは、訴訟代理業務の多様化だけでなく、手続き面の合理化にもつながり、このような高度に専門化された訴訟において、より広範な専門知識を提供するものです。

もっと読む »
PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献
再審査

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

米国特許商標庁(USPTO)は、特許審判部(PTAB)におけるクレームを補正するための申し立て(MTA、motions to amend)に関する規則案提案公告を通じて、特許付与後の補正プロセスを強化するための一歩を歩みだしました。この規則案は、補正申し立てパイロットプログラムの特定の要素を強化し、MTAにおける説得責任の配分に関する規則を修正することを目的としています。このような取り組みは付与後審判手続の予測可能性を確保するという USPTO のコミットメントを強調するものです。

もっと読む »