Category: 再審査

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと詳しく »

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと詳しく »

PTABにおける非登録実務家の活動範囲拡大か?

米国特許商標庁(USPTO)は、包括性と効率性に向けた重要な動きとして、非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲を拡大することを目的とした規則改正を提案しました。このイニシアティブは、訴訟代理業務の多様化だけでなく、手続き面の合理化にもつながり、このような高度に専門化された訴訟において、より広範な専門知識を提供するものです。

もっと詳しく »

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

米国特許商標庁(USPTO)は、特許審判部(PTAB)におけるクレームを補正するための申し立て(MTA、motions to amend)に関する規則案提案公告を通じて、特許付与後の補正プロセスを強化するための一歩を歩みだしました。この規則案は、補正申し立てパイロットプログラムの特定の要素を強化し、MTAにおける説得責任の配分に関する規則を修正することを目的としています。このような取り組みは付与後審判手続の予測可能性を確保するという USPTO のコミットメントを強調するものです。

もっと詳しく »

特許審査官のようにPTOの特許データベースを検索するテクニック

特許の分野では、適切な特許公報を迅速かつ効率的に見つけることができないことがしばしば問題となります。米国特許商標庁(USPTO)は、より優れた検索ツールを一般に提供するため、2021年後半にウェブベースの特許公開検索ツール(「PPS」)をリリースしました。この強力で便利なツールは、PTOの審査官が先行技術を見つけるために使用する検索ツールに匹敵するものです。とはいえ、PPSには効果的な検索クエリを開発するための学習曲線があります。以下では、特許侵害訴訟または特許実務の目的にかかわらず、関連する結果を返す検索クエリを開発するための出発点を提供します。

もっと詳しく »

操作マニュアルは先行技術の印刷出版物として扱われるべきなのか?

米連邦巡回控訴裁判所 (CAFC) は、特許審判部(PTAB)の非自明性判断を覆し、操作マニュアルが印刷出版物の先行技術として適格でないと判断した審判部の誤りを認定しました。操作マニュアルのアクセス性が問題になりましたが、機械の購入者などに配布する意図が示されていたなどの要素から、アクセス性は十分であるため印刷出版物として適格であると判断されました。

もっと詳しく »

CAFCがIPRにおける不定性の取り扱いにガイドラインを示す

Means-plus-functionクレーム要素は、当事者間審査(IPR)において無効と判断される追加のリスクを含んでいます。これは、Means-plus-functionが、35 U.S.C. § 112(f)(またはその前身である第6項)に基づき作成されたクレーム要素であり、特定の機能を実行するための手段として組み合わせの要素を記載しているからです。

もっと詳しく »
Importance of Motivation to Combine in Patent Law: Evaluating Obviousness in Patent Claims

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと詳しく »
ルーチン最適化の概念と特許クレームの自明性に関する説明の画像

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと詳しく »
Proposed alternative text for the image: USPTOの非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲拡大に関する規則改正の提案

PTABにおける非登録実務家の活動範囲拡大か?

米国特許商標庁(USPTO)は、包括性と効率性に向けた重要な動きとして、非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲を拡大することを目的とした規則改正を提案しました。このイニシアティブは、訴訟代理業務の多様化だけでなく、手続き面の合理化にもつながり、このような高度に専門化された訴訟において、より広範な専門知識を提供するものです。

もっと詳しく »
PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

米国特許商標庁(USPTO)は、特許審判部(PTAB)におけるクレームを補正するための申し立て(MTA、motions to amend)に関する規則案提案公告を通じて、特許付与後の補正プロセスを強化するための一歩を歩みだしました。この規則案は、補正申し立てパイロットプログラムの特定の要素を強化し、MTAにおける説得責任の配分に関する規則を修正することを目的としています。このような取り組みは付与後審判手続の予測可能性を確保するという USPTO のコミットメントを強調するものです。

もっと詳しく »
Digital illustration showcasing the USPTO patent search interface with complex queries, surrounded by patent documents and innovation symbols like light bulbs and gears, representing the technique of searching through the patent database efficiently

特許審査官のようにPTOの特許データベースを検索するテクニック

特許の分野では、適切な特許公報を迅速かつ効率的に見つけることができないことがしばしば問題となります。米国特許商標庁(USPTO)は、より優れた検索ツールを一般に提供するため、2021年後半にウェブベースの特許公開検索ツール(「PPS」)をリリースしました。この強力で便利なツールは、PTOの審査官が先行技術を見つけるために使用する検索ツールに匹敵するものです。とはいえ、PPSには効果的な検索クエリを開発するための学習曲線があります。以下では、特許侵害訴訟または特許実務の目的にかかわらず、関連する結果を返す検索クエリを開発するための出発点を提供します。

もっと詳しく »
An artistic representation blending elements of law and technology, featuring a gavel, legal books, operation manuals, and technological devices, symbolizing the courtroom decision on the eligibility of operation manuals as prior art in patent law.

操作マニュアルは先行技術の印刷出版物として扱われるべきなのか?

米連邦巡回控訴裁判所 (CAFC) は、特許審判部(PTAB)の非自明性判断を覆し、操作マニュアルが印刷出版物の先行技術として適格でないと判断した審判部の誤りを認定しました。操作マニュアルのアクセス性が問題になりましたが、機械の購入者などに配布する意図が示されていたなどの要素から、アクセス性は十分であるため印刷出版物として適格であると判断されました。

もっと詳しく »
draft pen paper

CAFCがIPRにおける不定性の取り扱いにガイドラインを示す

Means-plus-functionクレーム要素は、当事者間審査(IPR)において無効と判断される追加のリスクを含んでいます。これは、Means-plus-functionが、35 U.S.C. § 112(f)(またはその前身である第6項)に基づき作成されたクレーム要素であり、特定の機能を実行するための手段として組み合わせの要素を記載しているからです。

もっと詳しく »
Importance of Motivation to Combine in Patent Law: Evaluating Obviousness in Patent Claims
再審査

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと読む »
ルーチン最適化の概念と特許クレームの自明性に関する説明の画像
再審査

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと読む »
Proposed alternative text for the image: USPTOの非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲拡大に関する規則改正の提案
再審査

PTABにおける非登録実務家の活動範囲拡大か?

米国特許商標庁(USPTO)は、包括性と効率性に向けた重要な動きとして、非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲を拡大することを目的とした規則改正を提案しました。このイニシアティブは、訴訟代理業務の多様化だけでなく、手続き面の合理化にもつながり、このような高度に専門化された訴訟において、より広範な専門知識を提供するものです。

もっと読む »
PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献
再審査

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

米国特許商標庁(USPTO)は、特許審判部(PTAB)におけるクレームを補正するための申し立て(MTA、motions to amend)に関する規則案提案公告を通じて、特許付与後の補正プロセスを強化するための一歩を歩みだしました。この規則案は、補正申し立てパイロットプログラムの特定の要素を強化し、MTAにおける説得責任の配分に関する規則を修正することを目的としています。このような取り組みは付与後審判手続の予測可能性を確保するという USPTO のコミットメントを強調するものです。

もっと読む »
Digital illustration showcasing the USPTO patent search interface with complex queries, surrounded by patent documents and innovation symbols like light bulbs and gears, representing the technique of searching through the patent database efficiently
再審査

特許審査官のようにPTOの特許データベースを検索するテクニック

特許の分野では、適切な特許公報を迅速かつ効率的に見つけることができないことがしばしば問題となります。米国特許商標庁(USPTO)は、より優れた検索ツールを一般に提供するため、2021年後半にウェブベースの特許公開検索ツール(「PPS」)をリリースしました。この強力で便利なツールは、PTOの審査官が先行技術を見つけるために使用する検索ツールに匹敵するものです。とはいえ、PPSには効果的な検索クエリを開発するための学習曲線があります。以下では、特許侵害訴訟または特許実務の目的にかかわらず、関連する結果を返す検索クエリを開発するための出発点を提供します。

もっと読む »
An artistic representation blending elements of law and technology, featuring a gavel, legal books, operation manuals, and technological devices, symbolizing the courtroom decision on the eligibility of operation manuals as prior art in patent law.
再審査

操作マニュアルは先行技術の印刷出版物として扱われるべきなのか?

米連邦巡回控訴裁判所 (CAFC) は、特許審判部(PTAB)の非自明性判断を覆し、操作マニュアルが印刷出版物の先行技術として適格でないと判断した審判部の誤りを認定しました。操作マニュアルのアクセス性が問題になりましたが、機械の購入者などに配布する意図が示されていたなどの要素から、アクセス性は十分であるため印刷出版物として適格であると判断されました。

もっと読む »
draft pen paper
再審査

CAFCがIPRにおける不定性の取り扱いにガイドラインを示す

Means-plus-functionクレーム要素は、当事者間審査(IPR)において無効と判断される追加のリスクを含んでいます。これは、Means-plus-functionが、35 U.S.C. § 112(f)(またはその前身である第6項)に基づき作成されたクレーム要素であり、特定の機能を実行するための手段として組み合わせの要素を記載しているからです。

もっと読む »