Category: 商標

大企業の商標権行使は「いじめ」なのか?TTABの判断に見る「商標いじめ」抗弁の限界と商標権保護の新たな境界線

近年注目を集めている「商標いじめ」の問題に1つの回答と提示したDoorDashとDoor Dabzの商標紛争における米国商標審判部(TTAB)の判断を解説します。TTABは「商標いじめ」を理由とする抗弁を却下し、商標権者の権利行使を広く認める立場を示しました。この判断が大企業と中小企業にもたらす影響、そして今後の商標戦略への示唆を詳細に分析。商標権の保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、実務家必見の事例を通じて、商標法の新たな展開と今後の課題を探ります。

もっと詳しく »

米国非営利団体が商標侵害訴訟でカナダの同名団体に勝訴 – 国境を越えた商標保護の重要性

米国の非営利団体がカナダの同名団体を相手取った商標侵害訴訟で勝訴し、国境を越えた商標保護の重要性が浮き彫りになりました。また本件は、非営利団体の商標も強力な法的保護の対象となり得ることを示す画期的な判例となりました。判決では、外国における商標登録の重要性、継続的な商標使用によるのれんの構築、そして積極的な権利行使の必要性が強調されています。グローバル化が進む現代において、この事例は非営利・営利を問わずすべての組織に対し、戦略的な知的財産管理の重要性を再認識させる内容となっています。本記事では、事件の背景から裁判所の判断、そして実務への影響まで詳細に解説しており、国際的に活動する組織の法務担当者や知財専門家にとって必読の内容となっています。

もっと詳しく »

米国最高裁が「Trump too small」商標登録拒絶を支持 – Vidal v. Elster事件における商標法と修正第1条の新たな関係

最高裁が「Trump too small」商標登録拒絶を支持したVidal v. Elster事件は、商標法と修正第1条の関係に新たな視点をもたらしました。この判決は、「名前条項」の合憲性を認め、観点中立的な制限が商標法で許容されることを示しました。本記事では、事件の背景から最高裁判決の詳細な分析、そして将来の課題まで深く掘り下げています。トーマス裁判官の歴史的アプローチや他の裁判官の異なる見解、さらに判決が商標実務や政治的表現、国際的影響にもたらす影響について詳しく解説しています。商標法や知的財産権に関心のある方、最新の法的動向を把握したい実務家の方々にとって、必読の内容となっています。

もっと詳しく »

少数株主は商標登録取消申請を行うことができない

本記事では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が下したLuca McDermott Catena Gift Trust v. Fructuoso-Hobbs SL事件の判決を題材に、商標法(ランハム法)に基づく商標登録取消申請における少数株主の原告適格について解説します。本件は、著名なワインメーカーの氏名を冠した複数の会社が関与する複雑な事案であり、少数株主の立場から商標権を守ることの難しさを浮き彫りにしています。CAFCの判決は、少数株主の原告適格を否定しただけでなく、著名人の氏名を冠した会社への投資リスクや商標登録の限界についても重要な示唆を与えています。本記事を通じて、商標法における少数株主の権利行使の留意点や、Article III standingとランハム法上の原告適格の相違について理解を深めていただければ幸いです。

もっと詳しく »

親子会社間の商標権の所有と管理 – 商標権の適切な保護のために

企業の複雑な組織構造の中で、商標権の適切な所有と管理は重要な課題です。親会社と子会社の関係性や、商標の管理責任、立証責任の違いを理解することが不可欠です。本記事では、親会社が商標権を所有する場合と子会社が商標権を所有する場合の違いを具体的に解説し、ライセンス契約の重要性や品質管理手段の実施など、商標管理のベストプラクティスを提示します。企業のブランド戦略に携わる方必読の内容です。

もっと詳しく »

商品デザインをトレードドレスとして商標登録する難しさ

Timberland社のブーツデザインは、長年愛されてきたアイコニックな存在ですが、そのデザインが商標登録できるかどうかをめぐり、長い法廷闘争が繰り広げられてきました。本記事では、米国特許商標庁からの拒絶、商標審判部への不服申立て、連邦地方裁判所への提訴、そして米国第4巡回区控訴裁判所の判断に至るまでの一連の訴訟の経緯を詳しく解説します。商品デザインを商標登録するトレードドレスにおける「機能性」と「識別力」の重要性、および消費者調査の役割について深く掘り下げ、企業がトレードドレスを保護するための実務的なアドバイスを提供します。

もっと詳しく »

AIと商標の関係:生成AIがもたらす商標実務の変化と注意点

AIの急速な発展により、商標実務にも大きな変化が訪れています。特に注目されているのが、生成AIの活用です。本記事では、ブランドネーミング、商標検索、侵害の特定といった場面で、生成AIがどのように活用されているのかを詳しく解説。さらに、生成AIを導入する際の注意点として、データセキュリティとプライバシー、著作権の複雑さ、法的・倫理的な考慮事項を取り上げ、弁理士・知財担当者が知っておくべきポイントを明らかにします。生成AIは商標実務に大きな可能性をもたらす一方で、新たな課題も生み出します。本記事を通じて、生成AIの力を最大限に活用しながら、これらの課題にどう対応すべきかを学びましょう。

もっと詳しく »

USPTOが提案する2025年の商標手数料の変更について

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、商標出願および関連手続きに対する料金体系の大幅な変更を提案しました。2025年以降の商標出願と維持に影響を与えるこの変更は、単なる値上げにとどまらず、今後のアメリカにおける商標出願の戦略に影響を与えるような変更がなされています。そこで、この記事では、提案されている変更の主な側面と商標出願人への影響について詳しく説明します。

もっと詳しく »

商標監査ガイドライン:ブランドの競争力の維持と適切な保護の確認

ブランドがビジネスの成功の要となりつつある現在、商標ポートフォリオを適切かつ強固なものに維持することは不可欠です。このガイドでは、商標監査の重要なプロセスについて掘り下げています。この戦略的なアプローチは、企業のマーケティング戦略と整合させることで、企業の競争力を保護し、成長を促進します。

もっと詳しく »
Commercial illustration showing two similar logos composition.

大企業の商標権行使は「いじめ」なのか?TTABの判断に見る「商標いじめ」抗弁の限界と商標権保護の新たな境界線

近年注目を集めている「商標いじめ」の問題に1つの回答と提示したDoorDashとDoor Dabzの商標紛争における米国商標審判部(TTAB)の判断を解説します。TTABは「商標いじめ」を理由とする抗弁を却下し、商標権者の権利行使を広く認める立場を示しました。この判断が大企業と中小企業にもたらす影響、そして今後の商標戦略への示唆を詳細に分析。商標権の保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、実務家必見の事例を通じて、商標法の新たな展開と今後の課題を探ります。

もっと詳しく »
米国非営利団体が商標権侵害訴訟でカナダの同名団体に勝訴 - 国境を越えた商標保護の重要性

米国非営利団体が商標侵害訴訟でカナダの同名団体に勝訴 – 国境を越えた商標保護の重要性

米国の非営利団体がカナダの同名団体を相手取った商標侵害訴訟で勝訴し、国境を越えた商標保護の重要性が浮き彫りになりました。また本件は、非営利団体の商標も強力な法的保護の対象となり得ることを示す画期的な判例となりました。判決では、外国における商標登録の重要性、継続的な商標使用によるのれんの構築、そして積極的な権利行使の必要性が強調されています。グローバル化が進む現代において、この事例は非営利・営利を問わずすべての組織に対し、戦略的な知的財産管理の重要性を再認識させる内容となっています。本記事では、事件の背景から裁判所の判断、そして実務への影響まで詳細に解説しており、国際的に活動する組織の法務担当者や知財専門家にとって必読の内容となっています。

もっと詳しく »
米国最高裁、Trump too small 商標登録拒絶を支持した事件に関する詳細な記事。

米国最高裁が「Trump too small」商標登録拒絶を支持 – Vidal v. Elster事件における商標法と修正第1条の新たな関係

最高裁が「Trump too small」商標登録拒絶を支持したVidal v. Elster事件は、商標法と修正第1条の関係に新たな視点をもたらしました。この判決は、「名前条項」の合憲性を認め、観点中立的な制限が商標法で許容されることを示しました。本記事では、事件の背景から最高裁判決の詳細な分析、そして将来の課題まで深く掘り下げています。トーマス裁判官の歴史的アプローチや他の裁判官の異なる見解、さらに判決が商標実務や政治的表現、国際的影響にもたらす影響について詳しく解説しています。商標法や知的財産権に関心のある方、最新の法的動向を把握したい実務家の方々にとって、必読の内容となっています。

もっと詳しく »
商標登録取消申請における少数株主の原告適格について解説

少数株主は商標登録取消申請を行うことができない

本記事では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が下したLuca McDermott Catena Gift Trust v. Fructuoso-Hobbs SL事件の判決を題材に、商標法(ランハム法)に基づく商標登録取消申請における少数株主の原告適格について解説します。本件は、著名なワインメーカーの氏名を冠した複数の会社が関与する複雑な事案であり、少数株主の立場から商標権を守ることの難しさを浮き彫りにしています。CAFCの判決は、少数株主の原告適格を否定しただけでなく、著名人の氏名を冠した会社への投資リスクや商標登録の限界についても重要な示唆を与えています。本記事を通じて、商標法における少数株主の権利行使の留意点や、Article III standingとランハム法上の原告適格の相違について理解を深めていただければ幸いです。

もっと詳しく »
Ownership and management of trademark rights between parent and subsidiary companies - For the appropriate protection of trademark rights.

親子会社間の商標権の所有と管理 – 商標権の適切な保護のために

企業の複雑な組織構造の中で、商標権の適切な所有と管理は重要な課題です。親会社と子会社の関係性や、商標の管理責任、立証責任の違いを理解することが不可欠です。本記事では、親会社が商標権を所有する場合と子会社が商標権を所有する場合の違いを具体的に解説し、ライセンス契約の重要性や品質管理手段の実施など、商標管理のベストプラクティスを提示します。企業のブランド戦略に携わる方必読の内容です。

もっと詳しく »
A legal battle over the trademark registration of Timberland boots design. Explanation of the importance of functionality and distinctiveness in protecting trade dress, and the role of consumer surveys. Practical advice for companies to protect their trade dress.

商品デザインをトレードドレスとして商標登録する難しさ

Timberland社のブーツデザインは、長年愛されてきたアイコニックな存在ですが、そのデザインが商標登録できるかどうかをめぐり、長い法廷闘争が繰り広げられてきました。本記事では、米国特許商標庁からの拒絶、商標審判部への不服申立て、連邦地方裁判所への提訴、そして米国第4巡回区控訴裁判所の判断に至るまでの一連の訴訟の経緯を詳しく解説します。商品デザインを商標登録するトレードドレスにおける「機能性」と「識別力」の重要性、および消費者調査の役割について深く掘り下げ、企業がトレードドレスを保護するための実務的なアドバイスを提供します。

もっと詳しく »
AIの急速な発展により、商標実務にも大きな変化が訪れています。特に注目されているのが、生成AIの活用です。本記事では、ブランドネーミング、商標検索、侵害の特定といった場面で、生成AIがどのように活用されているのかを詳しく解説。さらに、生成AIを導入する際の注意点として、データセキュリティとプライバシー、著作権の複雑さ、法的・倫理的な考慮事項を取り上げ、弁理士・知財担当者が知っておくべきポイントを明らかにします。生成AIは商標実務に大きな可能性をもたらす一方で、新たな課題も生み出します。

AIと商標の関係:生成AIがもたらす商標実務の変化と注意点

AIの急速な発展により、商標実務にも大きな変化が訪れています。特に注目されているのが、生成AIの活用です。本記事では、ブランドネーミング、商標検索、侵害の特定といった場面で、生成AIがどのように活用されているのかを詳しく解説。さらに、生成AIを導入する際の注意点として、データセキュリティとプライバシー、著作権の複雑さ、法的・倫理的な考慮事項を取り上げ、弁理士・知財担当者が知っておくべきポイントを明らかにします。生成AIは商標実務に大きな可能性をもたらす一方で、新たな課題も生み出します。本記事を通じて、生成AIの力を最大限に活用しながら、これらの課題にどう対応すべきかを学びましょう。

もっと詳しく »
USPTO proposes significant changes to trademark fees for 2025 registration processes aligning with strategic goals for efficiency and optimal resource utilization.

USPTOが提案する2025年の商標手数料の変更について

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、商標出願および関連手続きに対する料金体系の大幅な変更を提案しました。2025年以降の商標出願と維持に影響を与えるこの変更は、単なる値上げにとどまらず、今後のアメリカにおける商標出願の戦略に影響を与えるような変更がなされています。そこで、この記事では、提案されている変更の主な側面と商標出願人への影響について詳しく説明します。

もっと詳しく »
商標監査ガイドラインの画像: 商標ポートフォリオの重要性と戦略的アプローチ。

商標監査ガイドライン:ブランドの競争力の維持と適切な保護の確認

ブランドがビジネスの成功の要となりつつある現在、商標ポートフォリオを適切かつ強固なものに維持することは不可欠です。このガイドでは、商標監査の重要なプロセスについて掘り下げています。この戦略的なアプローチは、企業のマーケティング戦略と整合させることで、企業の競争力を保護し、成長を促進します。

もっと詳しく »
Commercial illustration showing two similar logos composition.
商標

大企業の商標権行使は「いじめ」なのか?TTABの判断に見る「商標いじめ」抗弁の限界と商標権保護の新たな境界線

近年注目を集めている「商標いじめ」の問題に1つの回答と提示したDoorDashとDoor Dabzの商標紛争における米国商標審判部(TTAB)の判断を解説します。TTABは「商標いじめ」を理由とする抗弁を却下し、商標権者の権利行使を広く認める立場を示しました。この判断が大企業と中小企業にもたらす影響、そして今後の商標戦略への示唆を詳細に分析。商標権の保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、実務家必見の事例を通じて、商標法の新たな展開と今後の課題を探ります。

もっと読む »
米国非営利団体が商標権侵害訴訟でカナダの同名団体に勝訴 - 国境を越えた商標保護の重要性
商標

米国非営利団体が商標侵害訴訟でカナダの同名団体に勝訴 – 国境を越えた商標保護の重要性

米国の非営利団体がカナダの同名団体を相手取った商標侵害訴訟で勝訴し、国境を越えた商標保護の重要性が浮き彫りになりました。また本件は、非営利団体の商標も強力な法的保護の対象となり得ることを示す画期的な判例となりました。判決では、外国における商標登録の重要性、継続的な商標使用によるのれんの構築、そして積極的な権利行使の必要性が強調されています。グローバル化が進む現代において、この事例は非営利・営利を問わずすべての組織に対し、戦略的な知的財産管理の重要性を再認識させる内容となっています。本記事では、事件の背景から裁判所の判断、そして実務への影響まで詳細に解説しており、国際的に活動する組織の法務担当者や知財専門家にとって必読の内容となっています。

もっと読む »
米国最高裁、Trump too small 商標登録拒絶を支持した事件に関する詳細な記事。
商標

米国最高裁が「Trump too small」商標登録拒絶を支持 – Vidal v. Elster事件における商標法と修正第1条の新たな関係

最高裁が「Trump too small」商標登録拒絶を支持したVidal v. Elster事件は、商標法と修正第1条の関係に新たな視点をもたらしました。この判決は、「名前条項」の合憲性を認め、観点中立的な制限が商標法で許容されることを示しました。本記事では、事件の背景から最高裁判決の詳細な分析、そして将来の課題まで深く掘り下げています。トーマス裁判官の歴史的アプローチや他の裁判官の異なる見解、さらに判決が商標実務や政治的表現、国際的影響にもたらす影響について詳しく解説しています。商標法や知的財産権に関心のある方、最新の法的動向を把握したい実務家の方々にとって、必読の内容となっています。

もっと読む »
商標登録取消申請における少数株主の原告適格について解説
商標

少数株主は商標登録取消申請を行うことができない

本記事では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が下したLuca McDermott Catena Gift Trust v. Fructuoso-Hobbs SL事件の判決を題材に、商標法(ランハム法)に基づく商標登録取消申請における少数株主の原告適格について解説します。本件は、著名なワインメーカーの氏名を冠した複数の会社が関与する複雑な事案であり、少数株主の立場から商標権を守ることの難しさを浮き彫りにしています。CAFCの判決は、少数株主の原告適格を否定しただけでなく、著名人の氏名を冠した会社への投資リスクや商標登録の限界についても重要な示唆を与えています。本記事を通じて、商標法における少数株主の権利行使の留意点や、Article III standingとランハム法上の原告適格の相違について理解を深めていただければ幸いです。

もっと読む »
Ownership and management of trademark rights between parent and subsidiary companies - For the appropriate protection of trademark rights.
商標

親子会社間の商標権の所有と管理 – 商標権の適切な保護のために

企業の複雑な組織構造の中で、商標権の適切な所有と管理は重要な課題です。親会社と子会社の関係性や、商標の管理責任、立証責任の違いを理解することが不可欠です。本記事では、親会社が商標権を所有する場合と子会社が商標権を所有する場合の違いを具体的に解説し、ライセンス契約の重要性や品質管理手段の実施など、商標管理のベストプラクティスを提示します。企業のブランド戦略に携わる方必読の内容です。

もっと読む »
A legal battle over the trademark registration of Timberland boots design. Explanation of the importance of functionality and distinctiveness in protecting trade dress, and the role of consumer surveys. Practical advice for companies to protect their trade dress.
商標

商品デザインをトレードドレスとして商標登録する難しさ

Timberland社のブーツデザインは、長年愛されてきたアイコニックな存在ですが、そのデザインが商標登録できるかどうかをめぐり、長い法廷闘争が繰り広げられてきました。本記事では、米国特許商標庁からの拒絶、商標審判部への不服申立て、連邦地方裁判所への提訴、そして米国第4巡回区控訴裁判所の判断に至るまでの一連の訴訟の経緯を詳しく解説します。商品デザインを商標登録するトレードドレスにおける「機能性」と「識別力」の重要性、および消費者調査の役割について深く掘り下げ、企業がトレードドレスを保護するための実務的なアドバイスを提供します。

もっと読む »
AIの急速な発展により、商標実務にも大きな変化が訪れています。特に注目されているのが、生成AIの活用です。本記事では、ブランドネーミング、商標検索、侵害の特定といった場面で、生成AIがどのように活用されているのかを詳しく解説。さらに、生成AIを導入する際の注意点として、データセキュリティとプライバシー、著作権の複雑さ、法的・倫理的な考慮事項を取り上げ、弁理士・知財担当者が知っておくべきポイントを明らかにします。生成AIは商標実務に大きな可能性をもたらす一方で、新たな課題も生み出します。
AI

AIと商標の関係:生成AIがもたらす商標実務の変化と注意点

AIの急速な発展により、商標実務にも大きな変化が訪れています。特に注目されているのが、生成AIの活用です。本記事では、ブランドネーミング、商標検索、侵害の特定といった場面で、生成AIがどのように活用されているのかを詳しく解説。さらに、生成AIを導入する際の注意点として、データセキュリティとプライバシー、著作権の複雑さ、法的・倫理的な考慮事項を取り上げ、弁理士・知財担当者が知っておくべきポイントを明らかにします。生成AIは商標実務に大きな可能性をもたらす一方で、新たな課題も生み出します。本記事を通じて、生成AIの力を最大限に活用しながら、これらの課題にどう対応すべきかを学びましょう。

もっと読む »
USPTO proposes significant changes to trademark fees for 2025 registration processes aligning with strategic goals for efficiency and optimal resource utilization.
商標

USPTOが提案する2025年の商標手数料の変更について

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、商標出願および関連手続きに対する料金体系の大幅な変更を提案しました。2025年以降の商標出願と維持に影響を与えるこの変更は、単なる値上げにとどまらず、今後のアメリカにおける商標出願の戦略に影響を与えるような変更がなされています。そこで、この記事では、提案されている変更の主な側面と商標出願人への影響について詳しく説明します。

もっと読む »
商標監査ガイドラインの画像: 商標ポートフォリオの重要性と戦略的アプローチ。
商標

商標監査ガイドライン:ブランドの競争力の維持と適切な保護の確認

ブランドがビジネスの成功の要となりつつある現在、商標ポートフォリオを適切かつ強固なものに維持することは不可欠です。このガイドでは、商標監査の重要なプロセスについて掘り下げています。この戦略的なアプローチは、企業のマーケティング戦略と整合させることで、企業の競争力を保護し、成長を促進します。

もっと読む »