Category: 商標

USPTOが提案する2025年の商標手数料の変更について

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、商標出願および関連手続きに対する料金体系の大幅な変更を提案しました。2025年以降の商標出願と維持に影響を与えるこの変更は、単なる値上げにとどまらず、今後のアメリカにおける商標出願の戦略に影響を与えるような変更がなされています。そこで、この記事では、提案されている変更の主な側面と商標出願人への影響について詳しく説明します。

もっと詳しく »

商標監査ガイドライン:ブランドの競争力の維持と適切な保護の確認

ブランドがビジネスの成功の要となりつつある現在、商標ポートフォリオを適切かつ強固なものに維持することは不可欠です。このガイドでは、商標監査の重要なプロセスについて掘り下げています。この戦略的なアプローチは、企業のマーケティング戦略と整合させることで、企業の競争力を保護し、成長を促進します。

もっと詳しく »

特許、商標、外国における電子署名の使用と注意点

パンダミックを経験し、よりデジタル化が進む知的財産の分野において、特許・商標出願における電子署名の採用は、効率性の向上と利便性を高める変化です。この記事では、米国特許商標庁(USPTO)による最近の電子署名の許容範囲の拡大のアナウンスをきっかけに、アメリカの特許における電子署名の現状と外国の司法管轄区による継続的な課題について説明します。

もっと詳しく »

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと詳しく »

複雑な要因を総合的に判断する商標における混同の恐れの分析

アメリカにおける商標における混同の恐れの分析は13もの要因を考慮するデュポン・ファクターと事実を照らし合わせることによって総合的に判断されます。これらの分析は複雑になることもあります。今回はCAFCが、取消訴訟における商標審判部(TTAB)の混同の恐れの分析の誤りについて指摘した判例を参考に、混同の恐れを判断する上で重要なポイントを整理してみます。

もっと詳しく »

商標審査の異議申し立てはやらない方がいい?統計から見るTTABにおける勝率とそのトレンド

TTABloggerが2023年にTTAB(Trademark Trial and Appeal Board 、商標審判部)が下した第2条(d)及び第2条(e)(1)の拒絶審決を分析したデータによると、TTABでは、第2条(d)に基づく混同の恐れの拒絶に対する異議申立には寛容になってきているようですが、第2条(e)(1)に基づく単なる記述性の拒絶に対する異議申立にはより厳しくなってきているようです。

もっと詳しく »

製造業における生成AIツールの正しい使い方

本記事では、ChatGPTのような生成AIツールが、製造業を営む企業の作業効率と品質の向上を可能にする可能性と、AI統合を成功させるためのリスクについて考察します。新しいAIツールを導入する際、知的財産権の管理、機密保持、説明責任は、製造業が考慮すべき重要な課題です。

もっと詳しく »

大企業が中小企業に過度な商標の権利侵害を主張する「商標いじめ」の問題とその効果的な対策

商標いじめ (Trademark bullying) は、見過ごされがちでありながら企業社会に蔓延している慣行であり、中小企業や起業家にとって重大な脅威となっています。この慣行は、しばしば大企業によって採用され、小規模の競合他社や全く関係のない企業を威嚇するために商標権を積極的に主張することを示します。このような強引な権利行使の兆候を認識することは、潜在的な法的脅威から保護し、公正な競争を守るために極めて重要です。

もっと詳しく »

混同の恐れを回避する商標ブランド戦略:マークに単語や特徴的なデザインを追加

商標出願において、同一または類似のワードマークが既存の商標と混同する恐れがあると判断された場合、OAが発行されたり既存の商標権利者からの異議申立てに直面することがあります。しかし、特定の戦略を用いることで、これらの課題を克服し、商標登録を成功させる道があります。今回は、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の判例を基に、混同の恐れを回避するための具体的なアプローチを探ります。

もっと詳しく »
USPTO proposes significant changes to trademark fees for 2025 registration processes aligning with strategic goals for efficiency and optimal resource utilization.

USPTOが提案する2025年の商標手数料の変更について

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、商標出願および関連手続きに対する料金体系の大幅な変更を提案しました。2025年以降の商標出願と維持に影響を与えるこの変更は、単なる値上げにとどまらず、今後のアメリカにおける商標出願の戦略に影響を与えるような変更がなされています。そこで、この記事では、提案されている変更の主な側面と商標出願人への影響について詳しく説明します。

もっと詳しく »
商標監査ガイドラインの画像: 商標ポートフォリオの重要性と戦略的アプローチ。

商標監査ガイドライン:ブランドの競争力の維持と適切な保護の確認

ブランドがビジネスの成功の要となりつつある現在、商標ポートフォリオを適切かつ強固なものに維持することは不可欠です。このガイドでは、商標監査の重要なプロセスについて掘り下げています。この戦略的なアプローチは、企業のマーケティング戦略と整合させることで、企業の競争力を保護し、成長を促進します。

もっと詳しく »
Image of a digital document with electronic signature fields related to patents and trademarks in various jurisdictions, reflecting the increasing trend towards digitalization in the field of intellectual property post-pandemic.

特許、商標、外国における電子署名の使用と注意点

パンダミックを経験し、よりデジタル化が進む知的財産の分野において、特許・商標出願における電子署名の採用は、効率性の向上と利便性を高める変化です。この記事では、米国特許商標庁(USPTO)による最近の電子署名の許容範囲の拡大のアナウンスをきっかけに、アメリカの特許における電子署名の現状と外国の司法管轄区による継続的な課題について説明します。

もっと詳しく »
NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究レポート。

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと詳しく »
商標混同の分析に関する法的判例と重要ポイントに基づく画像

複雑な要因を総合的に判断する商標における混同の恐れの分析

アメリカにおける商標における混同の恐れの分析は13もの要因を考慮するデュポン・ファクターと事実を照らし合わせることによって総合的に判断されます。これらの分析は複雑になることもあります。今回はCAFCが、取消訴訟における商標審判部(TTAB)の混同の恐れの分析の誤りについて指摘した判例を参考に、混同の恐れを判断する上で重要なポイントを整理してみます。

もっと詳しく »
Statistical analysis of TTAB decisions on likelihood of confusion refusals and merely descriptive refusals: Trends in win rates and strategies

商標審査の異議申し立てはやらない方がいい?統計から見るTTABにおける勝率とそのトレンド

TTABloggerが2023年にTTAB(Trademark Trial and Appeal Board 、商標審判部)が下した第2条(d)及び第2条(e)(1)の拒絶審決を分析したデータによると、TTABでは、第2条(d)に基づく混同の恐れの拒絶に対する異議申立には寛容になってきているようですが、第2条(e)(1)に基づく単なる記述性の拒絶に対する異議申立にはより厳しくなってきているようです。

もっと詳しく »
Futuristic manufacturing factory integrating artificial intelligence and robotics, with workers and machines collaborating to improve efficiency and quality, emphasizing the importance of intellectual property management and accountability in AI integration

製造業における生成AIツールの正しい使い方

本記事では、ChatGPTのような生成AIツールが、製造業を営む企業の作業効率と品質の向上を可能にする可能性と、AI統合を成功させるためのリスクについて考察します。新しいAIツールを導入する際、知的財産権の管理、機密保持、説明責任は、製造業が考慮すべき重要な課題です。

もっと詳しく »
An abstract representation of trademark bullying, depicting a small business standing resilient against the looming shadow of a large corporation, symbolized by scales of justice and trademark symbols in the background, illustrating the David vs. Goliath battle in intellectual property rights.

大企業が中小企業に過度な商標の権利侵害を主張する「商標いじめ」の問題とその効果的な対策

商標いじめ (Trademark bullying) は、見過ごされがちでありながら企業社会に蔓延している慣行であり、中小企業や起業家にとって重大な脅威となっています。この慣行は、しばしば大企業によって採用され、小規模の競合他社や全く関係のない企業を威嚇するために商標権を積極的に主張することを示します。このような強引な権利行使の兆候を認識することは、潜在的な法的脅威から保護し、公正な競争を守るために極めて重要です。

もっと詳しく »
Modern branding strategy session with professionals discussing around a conference table, showcasing logo designs and unique brand marks on materials, with a focus on a screen illustrating innovative versus traditional branding strategies.

混同の恐れを回避する商標ブランド戦略:マークに単語や特徴的なデザインを追加

商標出願において、同一または類似のワードマークが既存の商標と混同する恐れがあると判断された場合、OAが発行されたり既存の商標権利者からの異議申立てに直面することがあります。しかし、特定の戦略を用いることで、これらの課題を克服し、商標登録を成功させる道があります。今回は、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の判例を基に、混同の恐れを回避するための具体的なアプローチを探ります。

もっと詳しく »
USPTO proposes significant changes to trademark fees for 2025 registration processes aligning with strategic goals for efficiency and optimal resource utilization.
商標

USPTOが提案する2025年の商標手数料の変更について

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、商標出願および関連手続きに対する料金体系の大幅な変更を提案しました。2025年以降の商標出願と維持に影響を与えるこの変更は、単なる値上げにとどまらず、今後のアメリカにおける商標出願の戦略に影響を与えるような変更がなされています。そこで、この記事では、提案されている変更の主な側面と商標出願人への影響について詳しく説明します。

もっと読む »
商標監査ガイドラインの画像: 商標ポートフォリオの重要性と戦略的アプローチ。
商標

商標監査ガイドライン:ブランドの競争力の維持と適切な保護の確認

ブランドがビジネスの成功の要となりつつある現在、商標ポートフォリオを適切かつ強固なものに維持することは不可欠です。このガイドでは、商標監査の重要なプロセスについて掘り下げています。この戦略的なアプローチは、企業のマーケティング戦略と整合させることで、企業の競争力を保護し、成長を促進します。

もっと読む »
Image of a digital document with electronic signature fields related to patents and trademarks in various jurisdictions, reflecting the increasing trend towards digitalization in the field of intellectual property post-pandemic.
商標

特許、商標、外国における電子署名の使用と注意点

パンダミックを経験し、よりデジタル化が進む知的財産の分野において、特許・商標出願における電子署名の採用は、効率性の向上と利便性を高める変化です。この記事では、米国特許商標庁(USPTO)による最近の電子署名の許容範囲の拡大のアナウンスをきっかけに、アメリカの特許における電子署名の現状と外国の司法管轄区による継続的な課題について説明します。

もっと読む »
NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究レポート。
商標

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと読む »
商標混同の分析に関する法的判例と重要ポイントに基づく画像
商標

複雑な要因を総合的に判断する商標における混同の恐れの分析

アメリカにおける商標における混同の恐れの分析は13もの要因を考慮するデュポン・ファクターと事実を照らし合わせることによって総合的に判断されます。これらの分析は複雑になることもあります。今回はCAFCが、取消訴訟における商標審判部(TTAB)の混同の恐れの分析の誤りについて指摘した判例を参考に、混同の恐れを判断する上で重要なポイントを整理してみます。

もっと読む »
Statistical analysis of TTAB decisions on likelihood of confusion refusals and merely descriptive refusals: Trends in win rates and strategies
商標

商標審査の異議申し立てはやらない方がいい?統計から見るTTABにおける勝率とそのトレンド

TTABloggerが2023年にTTAB(Trademark Trial and Appeal Board 、商標審判部)が下した第2条(d)及び第2条(e)(1)の拒絶審決を分析したデータによると、TTABでは、第2条(d)に基づく混同の恐れの拒絶に対する異議申立には寛容になってきているようですが、第2条(e)(1)に基づく単なる記述性の拒絶に対する異議申立にはより厳しくなってきているようです。

もっと読む »
Futuristic manufacturing factory integrating artificial intelligence and robotics, with workers and machines collaborating to improve efficiency and quality, emphasizing the importance of intellectual property management and accountability in AI integration
AI

製造業における生成AIツールの正しい使い方

本記事では、ChatGPTのような生成AIツールが、製造業を営む企業の作業効率と品質の向上を可能にする可能性と、AI統合を成功させるためのリスクについて考察します。新しいAIツールを導入する際、知的財産権の管理、機密保持、説明責任は、製造業が考慮すべき重要な課題です。

もっと読む »
An abstract representation of trademark bullying, depicting a small business standing resilient against the looming shadow of a large corporation, symbolized by scales of justice and trademark symbols in the background, illustrating the David vs. Goliath battle in intellectual property rights.
商標

大企業が中小企業に過度な商標の権利侵害を主張する「商標いじめ」の問題とその効果的な対策

商標いじめ (Trademark bullying) は、見過ごされがちでありながら企業社会に蔓延している慣行であり、中小企業や起業家にとって重大な脅威となっています。この慣行は、しばしば大企業によって採用され、小規模の競合他社や全く関係のない企業を威嚇するために商標権を積極的に主張することを示します。このような強引な権利行使の兆候を認識することは、潜在的な法的脅威から保護し、公正な競争を守るために極めて重要です。

もっと読む »
Modern branding strategy session with professionals discussing around a conference table, showcasing logo designs and unique brand marks on materials, with a focus on a screen illustrating innovative versus traditional branding strategies.
商標

混同の恐れを回避する商標ブランド戦略:マークに単語や特徴的なデザインを追加

商標出願において、同一または類似のワードマークが既存の商標と混同する恐れがあると判断された場合、OAが発行されたり既存の商標権利者からの異議申立てに直面することがあります。しかし、特定の戦略を用いることで、これらの課題を克服し、商標登録を成功させる道があります。今回は、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の判例を基に、混同の恐れを回避するための具体的なアプローチを探ります。

もっと読む »