Category: 商標

米国における商標の異議申立と最も一般的な解決方法

商標の異議申し立ては、米国における商標登録の一般的な課題であり、新規申請の約5%で異議が申し立てられます。その大半は既存の商標と混同される可能性を懸念する別の商標権者によるものが多いです。対処方法としては一般的に3つあり、1)商標申請で選択する商品やサービスを制限する、2)共存契約に署名する、3)または異議に対して反論することなどが挙げられています。しかし、商標異議に対応することは、複雑で時間のかかるプロセスなので、経験豊富な商標弁護士と協力することをおすすめします。

もっと詳しく »

商標の混同の恐れの分析において消費者が同じ必要はなく十分に重複していればよい

CAFCは、関連商品の文脈における混乱の可能性分析に焦点を当てたIn re Oxiteno S.A. Industria e Comercio事件で判決を下しました。裁判所は、商品の実際のまたは潜在的な消費者が同じである必要はなく、十分な重複があればよいと判断しました。裁判所はまた、実際のおよび潜在的な消費者の十分な重複があるかどうかを広く調査することが正しい分析であると繰り返し述べました。この判決は、関連商品を対象とした混乱の可能性の評価に取るべき正しいアプローチに関する指針を提供しています。

もっと詳しく »

商標出願で増えてきている「機能不全」の拒絶の対応策

米国のミュージシャンでラッパーのLizzoが出願した「100% THAT BITCH」というマークは商標として機能しないとの理由で登録が拒絶されていましたが、商標審判委員会(TTAB)において、その商標庁の拒絶を覆すことができました。この判例的な決定は、現在、珍しいマークについてますます一般的になっている同様の「機能不全」(“failure to function” )に関する拒絶に直面している商標出願人に有益なガイダンスを提供するものです。

もっと詳しく »

侵害訴訟の脅威がなければ商標を無効化する資格はなし(そして脅威の有無は裁判中も変わる)

米国第9巡回区控訴裁判所は、当事者が商標を侵害していないとの宣言的救済を得た場合、商標の無効を追求するArticle III standing (原告適格) を有さないと結論付けた。この原告適格を満たすには関連する判決が出るまで侵害訴訟で訴えられる脅威が必要で、その驚異は具体的かつ特定化された実際のまたは差し迫った申し立てに基づくものでなければならないとしました。

もっと詳しく »

ビジネスIDの盗難:商標スクワッティングの被害者にならないために

デジタルマーケットプレイスは、企業にとって多くのメリットをもたらします。製品やサービスを宣伝するための便利なツールであり、見込み客とつながり、ビジネスのイメージを活用するための素晴らしい方法です。しかし、デジタルマーケットプレイスは、模倣品や詐欺師が貴社のブランドを悪用するための格好のプラットフォームでもあるのです。Eコマースの文脈では、ブランドは商品の品揃え、品質、価格、信頼、顧客サービスなどを伝え、国内外の競合他社と差別化することを可能にします。そのため、ブランドは最も重要な資産の1つであり、商標登録という形で適切なレベルの保護に値すると考えることができます。

もっと詳しく »

ブランド侵害監視のためのソーシャルメディア規制

ソーシャルメディアにおける活動は、商標で識別される製品又はサービスに関する情報を提供するだけでなく、個人又は企業の一般的なイメージ及び評判に関わります。このような評判は、第三者によって容易に悪用され、商標権者に不利益をもたらす可能性があります。このような背景から、ソーシャルメディアと商標の間の複雑な相互作用は、多くの権利と利害が対立する領域となっています。そのため、異なるプラットフォームでの商標使用の一貫性を確保したいブランドオーナーにとって、商標のモニタリングは非常に重要です。

もっと詳しく »

中国のルールが変わる:商標を使用するか、失うか

現在のところ、中国における商標登録者は、商標を使用する必要はありません。しかし、このルールが間もなく変わる可能性があります。中国商標法の改正法案が可決されれば、登録者は登録後5年ごとに商標の使用を証明することが求められるかもしれません。これは中国が使用主義にシフトする可能性がある大きな転換です。

もっと詳しく »

他社の商標を使用しても侵害にならないのはどのような場合か?

一般的に許可がない他社の商標の利用は侵害訴訟のリスクを生みます。しかし、記述的フェアユースと指名的フェアユースという狭い例外があり、これらの例外に当てはまるような使用をすれば、商標権者の権利を侵害することなく他人の商標を使用することができます。今回はこの2つの例外について説明していきます。

もっと詳しく »

米国における商標の異議申立と最も一般的な解決方法

商標の異議申し立ては、米国における商標登録の一般的な課題であり、新規申請の約5%で異議が申し立てられます。その大半は既存の商標と混同される可能性を懸念する別の商標権者によるものが多いです。対処方法としては一般的に3つあり、1)商標申請で選択する商品やサービスを制限する、2)共存契約に署名する、3)または異議に対して反論することなどが挙げられています。しかし、商標異議に対応することは、複雑で時間のかかるプロセスなので、経験豊富な商標弁護士と協力することをおすすめします。

もっと詳しく »

商標の混同の恐れの分析において消費者が同じ必要はなく十分に重複していればよい

CAFCは、関連商品の文脈における混乱の可能性分析に焦点を当てたIn re Oxiteno S.A. Industria e Comercio事件で判決を下しました。裁判所は、商品の実際のまたは潜在的な消費者が同じである必要はなく、十分な重複があればよいと判断しました。裁判所はまた、実際のおよび潜在的な消費者の十分な重複があるかどうかを広く調査することが正しい分析であると繰り返し述べました。この判決は、関連商品を対象とした混乱の可能性の評価に取るべき正しいアプローチに関する指針を提供しています。

もっと詳しく »

商標出願で増えてきている「機能不全」の拒絶の対応策

米国のミュージシャンでラッパーのLizzoが出願した「100% THAT BITCH」というマークは商標として機能しないとの理由で登録が拒絶されていましたが、商標審判委員会(TTAB)において、その商標庁の拒絶を覆すことができました。この判例的な決定は、現在、珍しいマークについてますます一般的になっている同様の「機能不全」(“failure to function” )に関する拒絶に直面している商標出願人に有益なガイダンスを提供するものです。

もっと詳しく »
mistake

侵害訴訟の脅威がなければ商標を無効化する資格はなし(そして脅威の有無は裁判中も変わる)

米国第9巡回区控訴裁判所は、当事者が商標を侵害していないとの宣言的救済を得た場合、商標の無効を追求するArticle III standing (原告適格) を有さないと結論付けた。この原告適格を満たすには関連する判決が出るまで侵害訴訟で訴えられる脅威が必要で、その驚異は具体的かつ特定化された実際のまたは差し迫った申し立てに基づくものでなければならないとしました。

もっと詳しく »

ビジネスIDの盗難:商標スクワッティングの被害者にならないために

デジタルマーケットプレイスは、企業にとって多くのメリットをもたらします。製品やサービスを宣伝するための便利なツールであり、見込み客とつながり、ビジネスのイメージを活用するための素晴らしい方法です。しかし、デジタルマーケットプレイスは、模倣品や詐欺師が貴社のブランドを悪用するための格好のプラットフォームでもあるのです。Eコマースの文脈では、ブランドは商品の品揃え、品質、価格、信頼、顧客サービスなどを伝え、国内外の競合他社と差別化することを可能にします。そのため、ブランドは最も重要な資産の1つであり、商標登録という形で適切なレベルの保護に値すると考えることができます。

もっと詳しく »
twitter

ブランド侵害監視のためのソーシャルメディア規制

ソーシャルメディアにおける活動は、商標で識別される製品又はサービスに関する情報を提供するだけでなく、個人又は企業の一般的なイメージ及び評判に関わります。このような評判は、第三者によって容易に悪用され、商標権者に不利益をもたらす可能性があります。このような背景から、ソーシャルメディアと商標の間の複雑な相互作用は、多くの権利と利害が対立する領域となっています。そのため、異なるプラットフォームでの商標使用の一貫性を確保したいブランドオーナーにとって、商標のモニタリングは非常に重要です。

もっと詳しく »
china

中国のルールが変わる:商標を使用するか、失うか

現在のところ、中国における商標登録者は、商標を使用する必要はありません。しかし、このルールが間もなく変わる可能性があります。中国商標法の改正法案が可決されれば、登録者は登録後5年ごとに商標の使用を証明することが求められるかもしれません。これは中国が使用主義にシフトする可能性がある大きな転換です。

もっと詳しく »

他社の商標を使用しても侵害にならないのはどのような場合か?

一般的に許可がない他社の商標の利用は侵害訴訟のリスクを生みます。しかし、記述的フェアユースと指名的フェアユースという狭い例外があり、これらの例外に当てはまるような使用をすれば、商標権者の権利を侵害することなく他人の商標を使用することができます。今回はこの2つの例外について説明していきます。

もっと詳しく »
商標

米国における商標の異議申立と最も一般的な解決方法

商標の異議申し立ては、米国における商標登録の一般的な課題であり、新規申請の約5%で異議が申し立てられます。その大半は既存の商標と混同される可能性を懸念する別の商標権者によるものが多いです。対処方法としては一般的に3つあり、1)商標申請で選択する商品やサービスを制限する、2)共存契約に署名する、3)または異議に対して反論することなどが挙げられています。しかし、商標異議に対応することは、複雑で時間のかかるプロセスなので、経験豊富な商標弁護士と協力することをおすすめします。

もっと読む »
商標

商標の混同の恐れの分析において消費者が同じ必要はなく十分に重複していればよい

CAFCは、関連商品の文脈における混乱の可能性分析に焦点を当てたIn re Oxiteno S.A. Industria e Comercio事件で判決を下しました。裁判所は、商品の実際のまたは潜在的な消費者が同じである必要はなく、十分な重複があればよいと判断しました。裁判所はまた、実際のおよび潜在的な消費者の十分な重複があるかどうかを広く調査することが正しい分析であると繰り返し述べました。この判決は、関連商品を対象とした混乱の可能性の評価に取るべき正しいアプローチに関する指針を提供しています。

もっと読む »
商標

商標出願で増えてきている「機能不全」の拒絶の対応策

米国のミュージシャンでラッパーのLizzoが出願した「100% THAT BITCH」というマークは商標として機能しないとの理由で登録が拒絶されていましたが、商標審判委員会(TTAB)において、その商標庁の拒絶を覆すことができました。この判例的な決定は、現在、珍しいマークについてますます一般的になっている同様の「機能不全」(“failure to function” )に関する拒絶に直面している商標出願人に有益なガイダンスを提供するものです。

もっと読む »
mistake
商標

侵害訴訟の脅威がなければ商標を無効化する資格はなし(そして脅威の有無は裁判中も変わる)

米国第9巡回区控訴裁判所は、当事者が商標を侵害していないとの宣言的救済を得た場合、商標の無効を追求するArticle III standing (原告適格) を有さないと結論付けた。この原告適格を満たすには関連する判決が出るまで侵害訴訟で訴えられる脅威が必要で、その驚異は具体的かつ特定化された実際のまたは差し迫った申し立てに基づくものでなければならないとしました。

もっと読む »
商標

ビジネスIDの盗難:商標スクワッティングの被害者にならないために

デジタルマーケットプレイスは、企業にとって多くのメリットをもたらします。製品やサービスを宣伝するための便利なツールであり、見込み客とつながり、ビジネスのイメージを活用するための素晴らしい方法です。しかし、デジタルマーケットプレイスは、模倣品や詐欺師が貴社のブランドを悪用するための格好のプラットフォームでもあるのです。Eコマースの文脈では、ブランドは商品の品揃え、品質、価格、信頼、顧客サービスなどを伝え、国内外の競合他社と差別化することを可能にします。そのため、ブランドは最も重要な資産の1つであり、商標登録という形で適切なレベルの保護に値すると考えることができます。

もっと読む »
twitter
商標

ブランド侵害監視のためのソーシャルメディア規制

ソーシャルメディアにおける活動は、商標で識別される製品又はサービスに関する情報を提供するだけでなく、個人又は企業の一般的なイメージ及び評判に関わります。このような評判は、第三者によって容易に悪用され、商標権者に不利益をもたらす可能性があります。このような背景から、ソーシャルメディアと商標の間の複雑な相互作用は、多くの権利と利害が対立する領域となっています。そのため、異なるプラットフォームでの商標使用の一貫性を確保したいブランドオーナーにとって、商標のモニタリングは非常に重要です。

もっと読む »
china
商標

中国のルールが変わる:商標を使用するか、失うか

現在のところ、中国における商標登録者は、商標を使用する必要はありません。しかし、このルールが間もなく変わる可能性があります。中国商標法の改正法案が可決されれば、登録者は登録後5年ごとに商標の使用を証明することが求められるかもしれません。これは中国が使用主義にシフトする可能性がある大きな転換です。

もっと読む »
商標

他社の商標を使用しても侵害にならないのはどのような場合か?

一般的に許可がない他社の商標の利用は侵害訴訟のリスクを生みます。しかし、記述的フェアユースと指名的フェアユースという狭い例外があり、これらの例外に当てはまるような使用をすれば、商標権者の権利を侵害することなく他人の商標を使用することができます。今回はこの2つの例外について説明していきます。

もっと読む »