Category: 商標

「姓」としても使われるマークの商標出願には要注意

「姓」としても使われるマークの商標出願をアメリカで行う際は、特別な注意が必要です。これは、商標が単に姓である場合、それ自体が消費者に特定の商品やサービスの出所を示す商業的な意味を持たないと見なされることがあるためです。したがって、商標登録を成功させるためには、出願人はその商標が姓としてだけでなく、特定の商品やサービスに関連する独特の意味を持つことを証明する必要があります。

もっと詳しく »

商標詐欺にご用心:所有者が知るべき最新の詐欺トレンド

最近、公式に見えるが詐欺的な商標登録や更新の連絡が増えています。これらのメッセージは、すぐに行動を促すもので、商標を登録するか、更新するよう求めますが、実は詐欺行為です。これらの詐欺会社は、受取人に偽りの緊急性を感じさせ、第三者が商標を奪い取ると警告し、実際には無価値なサービスに高額な料金を請求します。被害に合わないためには、商標詐欺の手口と、これらの詐欺に対する対策を知ることが重要です。

もっと詳しく »

TTABの判決から見る類似先行商標の権利範囲の広さと出願を権利化できる4つの手段

既存の商標登録やサービスマーク登録が、出願商標と同一または類似の商標をカバーしているにもかかわらず、その商標登録で特定されている商品やサービスが貴社のものとは大きく異なるように思われる場合、その商標登録が新規の商標出願を阻止する可能性があります。この記事ではTTABの判決を分析し、類似した先行商標の権利範囲に関する解釈と、そのような中でも出願を権利化するための4つの具体的な手段について詳しく説明します。

もっと詳しく »

米国における商標登録のタイムライン

商標登録は、米国でブランド、製品、サービスを保護しようとする企業や個人にとって極めて重要なことです。その上で、商標登録手続きに関わるタイムラインを理解することは、期待値を正確なものにし、効果的な計画を立てるために不可欠です。

もっと詳しく »

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

もっと詳しく »

ツイッターのXへのリブランディング:この変化は良い方向に働くだろうか?

大企業の商標のリブランディングは珍しいことではありません。しかし、ソーシャルメディア・プラットフォームのツイッター(現在はX)の最近のケースほど、社名変更が大きな反響を呼ぶことはめったにないでしょう。そこで、商標法の観点からこのトピックを取り上げ、法的にこのような選択が正当であったかどうかを評価してみたいと思います。

もっと詳しく »

eコマースにおける商標権侵害を地元の裁判所で戦うために知っておきたい対人管轄権に関する判例

非公式のサイトにおける販売行為などで商標権を侵害されている場合に法的な手段を取る場合、対人管轄権が問題になることがあります。というのも、物理的に特定の地域にお店があるわけではなく、ネットという管轄が不透明な場所での行為なため、本社がある裁判地など意図した場所で裁判を起こそうとしても、被告に対する対人管轄権をその裁判所が持っているかが問題になります。今回の判例では、インタラクティブなウェブサイトを通じた製品の販売で対人管轄権が認められたため、ここで重要視された要素を検討することで、ウェブサイトにおける侵害の権利行使の戦略をより洗練されたものにすることができるでしょう。

もっと詳しく »

最高裁がランハム法の域外適用を国内に制限:侵害行為がどこで行われたかに注目すべき

2023年6月29日、米国連邦最高裁判所は、Abitron Austria GmbH v. Hetronic International, Inc.事件において全会一致の判決を下し、商標権侵害を禁止するランハム法の規定の域外適用範囲(extraterritorial reach)を国内使用に限定しました。判決に至るにあたり、裁判所は2段階の分析を適用。第一に、商標権侵害を禁止するランハム法の規定である米国法典第 15 編第 1114 条(1)(a)及び第 1125 条(a)(1)が域外適用されるか否かを検討し、域外適用されないと結論付けました。第二に、裁判所は、これらの規定の焦点は、商標侵害の疑いによる影響(消費者混同の可能性の創出)ではなく、侵害行為そのもの(商業におけるマークの使用)であると判断しました。従って、本判決は、今後の重要な問題は、消費者の混同がどこで生じたかではなく、侵害行為がどこで行われたかであることを示唆しています。

もっと詳しく »
Legal document with magnifying glass focusing on blurred text, symbolizing the scrutiny of surname trademarks under U.S. law, with subtle U.S. legal symbols in the background

「姓」としても使われるマークの商標出願には要注意

「姓」としても使われるマークの商標出願をアメリカで行う際は、特別な注意が必要です。これは、商標が単に姓である場合、それ自体が消費者に特定の商品やサービスの出所を示す商業的な意味を持たないと見なされることがあるためです。したがって、商標登録を成功させるためには、出願人はその商標が姓としてだけでなく、特定の商品やサービスに関連する独特の意味を持つことを証明する必要があります。

もっと詳しく »
mistake

商標詐欺にご用心:所有者が知るべき最新の詐欺トレンド

最近、公式に見えるが詐欺的な商標登録や更新の連絡が増えています。これらのメッセージは、すぐに行動を促すもので、商標を登録するか、更新するよう求めますが、実は詐欺行為です。これらの詐欺会社は、受取人に偽りの緊急性を感じさせ、第三者が商標を奪い取ると警告し、実際には無価値なサービスに高額な料金を請求します。被害に合わないためには、商標詐欺の手口と、これらの詐欺に対する対策を知ることが重要です。

もっと詳しく »

TTABの判決から見る類似先行商標の権利範囲の広さと出願を権利化できる4つの手段

既存の商標登録やサービスマーク登録が、出願商標と同一または類似の商標をカバーしているにもかかわらず、その商標登録で特定されている商品やサービスが貴社のものとは大きく異なるように思われる場合、その商標登録が新規の商標出願を阻止する可能性があります。この記事ではTTABの判決を分析し、類似した先行商標の権利範囲に関する解釈と、そのような中でも出願を権利化するための4つの具体的な手段について詳しく説明します。

もっと詳しく »
desk with laptop

米国における商標登録のタイムライン

商標登録は、米国でブランド、製品、サービスを保護しようとする企業や個人にとって極めて重要なことです。その上で、商標登録手続きに関わるタイムラインを理解することは、期待値を正確なものにし、効果的な計画を立てるために不可欠です。

もっと詳しく »

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

もっと詳しく »
twitter

ツイッターのXへのリブランディング:この変化は良い方向に働くだろうか?

大企業の商標のリブランディングは珍しいことではありません。しかし、ソーシャルメディア・プラットフォームのツイッター(現在はX)の最近のケースほど、社名変更が大きな反響を呼ぶことはめったにないでしょう。そこで、商標法の観点からこのトピックを取り上げ、法的にこのような選択が正当であったかどうかを評価してみたいと思います。

もっと詳しく »

eコマースにおける商標権侵害を地元の裁判所で戦うために知っておきたい対人管轄権に関する判例

非公式のサイトにおける販売行為などで商標権を侵害されている場合に法的な手段を取る場合、対人管轄権が問題になることがあります。というのも、物理的に特定の地域にお店があるわけではなく、ネットという管轄が不透明な場所での行為なため、本社がある裁判地など意図した場所で裁判を起こそうとしても、被告に対する対人管轄権をその裁判所が持っているかが問題になります。今回の判例では、インタラクティブなウェブサイトを通じた製品の販売で対人管轄権が認められたため、ここで重要視された要素を検討することで、ウェブサイトにおける侵害の権利行使の戦略をより洗練されたものにすることができるでしょう。

もっと詳しく »
supreme-court

最高裁がランハム法の域外適用を国内に制限:侵害行為がどこで行われたかに注目すべき

2023年6月29日、米国連邦最高裁判所は、Abitron Austria GmbH v. Hetronic International, Inc.事件において全会一致の判決を下し、商標権侵害を禁止するランハム法の規定の域外適用範囲(extraterritorial reach)を国内使用に限定しました。判決に至るにあたり、裁判所は2段階の分析を適用。第一に、商標権侵害を禁止するランハム法の規定である米国法典第 15 編第 1114 条(1)(a)及び第 1125 条(a)(1)が域外適用されるか否かを検討し、域外適用されないと結論付けました。第二に、裁判所は、これらの規定の焦点は、商標侵害の疑いによる影響(消費者混同の可能性の創出)ではなく、侵害行為そのもの(商業におけるマークの使用)であると判断しました。従って、本判決は、今後の重要な問題は、消費者の混同がどこで生じたかではなく、侵害行為がどこで行われたかであることを示唆しています。

もっと詳しく »
Legal document with magnifying glass focusing on blurred text, symbolizing the scrutiny of surname trademarks under U.S. law, with subtle U.S. legal symbols in the background
商標

「姓」としても使われるマークの商標出願には要注意

「姓」としても使われるマークの商標出願をアメリカで行う際は、特別な注意が必要です。これは、商標が単に姓である場合、それ自体が消費者に特定の商品やサービスの出所を示す商業的な意味を持たないと見なされることがあるためです。したがって、商標登録を成功させるためには、出願人はその商標が姓としてだけでなく、特定の商品やサービスに関連する独特の意味を持つことを証明する必要があります。

もっと読む »
mistake
商標

商標詐欺にご用心:所有者が知るべき最新の詐欺トレンド

最近、公式に見えるが詐欺的な商標登録や更新の連絡が増えています。これらのメッセージは、すぐに行動を促すもので、商標を登録するか、更新するよう求めますが、実は詐欺行為です。これらの詐欺会社は、受取人に偽りの緊急性を感じさせ、第三者が商標を奪い取ると警告し、実際には無価値なサービスに高額な料金を請求します。被害に合わないためには、商標詐欺の手口と、これらの詐欺に対する対策を知ることが重要です。

もっと読む »
商標

TTABの判決から見る類似先行商標の権利範囲の広さと出願を権利化できる4つの手段

既存の商標登録やサービスマーク登録が、出願商標と同一または類似の商標をカバーしているにもかかわらず、その商標登録で特定されている商品やサービスが貴社のものとは大きく異なるように思われる場合、その商標登録が新規の商標出願を阻止する可能性があります。この記事ではTTABの判決を分析し、類似した先行商標の権利範囲に関する解釈と、そのような中でも出願を権利化するための4つの具体的な手段について詳しく説明します。

もっと読む »
desk with laptop
商標

米国における商標登録のタイムライン

商標登録は、米国でブランド、製品、サービスを保護しようとする企業や個人にとって極めて重要なことです。その上で、商標登録手続きに関わるタイムラインを理解することは、期待値を正確なものにし、効果的な計画を立てるために不可欠です。

もっと読む »
商標

和解契約の文言不備で新たな訴訟リスク:和解相手のライセンシーからの攻撃に注意

和解契約で訴訟を終わらせたものの、訴訟禁止の文言が不十分だったために新たな訴訟が起きてしまいました。特に、このケースでは以前の訴訟相手のライセンシーから新しい訴訟が起こされました。和解契約の文言は将来的な訴訟リスクの回避という上でとても重要で、訴訟禁止の文言についてはその対象者をライセンシーも含め広く範囲を取るべきです。そうしないと、今回のように予期せぬ訴訟が起きるリスクがあります。

もっと読む »
twitter
商標

ツイッターのXへのリブランディング:この変化は良い方向に働くだろうか?

大企業の商標のリブランディングは珍しいことではありません。しかし、ソーシャルメディア・プラットフォームのツイッター(現在はX)の最近のケースほど、社名変更が大きな反響を呼ぶことはめったにないでしょう。そこで、商標法の観点からこのトピックを取り上げ、法的にこのような選択が正当であったかどうかを評価してみたいと思います。

もっと読む »
商標

eコマースにおける商標権侵害を地元の裁判所で戦うために知っておきたい対人管轄権に関する判例

非公式のサイトにおける販売行為などで商標権を侵害されている場合に法的な手段を取る場合、対人管轄権が問題になることがあります。というのも、物理的に特定の地域にお店があるわけではなく、ネットという管轄が不透明な場所での行為なため、本社がある裁判地など意図した場所で裁判を起こそうとしても、被告に対する対人管轄権をその裁判所が持っているかが問題になります。今回の判例では、インタラクティブなウェブサイトを通じた製品の販売で対人管轄権が認められたため、ここで重要視された要素を検討することで、ウェブサイトにおける侵害の権利行使の戦略をより洗練されたものにすることができるでしょう。

もっと読む »
supreme-court
商標

最高裁がランハム法の域外適用を国内に制限:侵害行為がどこで行われたかに注目すべき

2023年6月29日、米国連邦最高裁判所は、Abitron Austria GmbH v. Hetronic International, Inc.事件において全会一致の判決を下し、商標権侵害を禁止するランハム法の規定の域外適用範囲(extraterritorial reach)を国内使用に限定しました。判決に至るにあたり、裁判所は2段階の分析を適用。第一に、商標権侵害を禁止するランハム法の規定である米国法典第 15 編第 1114 条(1)(a)及び第 1125 条(a)(1)が域外適用されるか否かを検討し、域外適用されないと結論付けました。第二に、裁判所は、これらの規定の焦点は、商標侵害の疑いによる影響(消費者混同の可能性の創出)ではなく、侵害行為そのもの(商業におけるマークの使用)であると判断しました。従って、本判決は、今後の重要な問題は、消費者の混同がどこで生じたかではなく、侵害行為がどこで行われたかであることを示唆しています。

もっと読む »