USPTO proposes significant changes to trademark fees for 2025 registration processes aligning with strategic goals for efficiency and optimal resource utilization.

USPTOが提案する2025年の商標手数料の変更について

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、商標出願および関連手続きに対する料金体系の大幅な変更を提案しました。USPTOの2025会計年度(2024年10月から)以降の商標出願と維持に影響を与えるこの変更は、単なる値上げにとどまらず、今後のアメリカにおける商標出願の戦略に影響を与えるような変更がなされています。そこで、この記事では、提案されている変更の主な側面と商標出願人への影響について詳しく説明します。

商標手数料の変更案の概要

変更の背景

2024年3月26日、USPTOは商標出願の料金体系を調整するための規則作成提案通知を発行しました。これは、持続可能な資金を確保し、商標業務の効果を高めるための広範な戦略の一環です。この調整は、商標制度とその利用者の進化するニーズに対応し、効率化を促進し、出願の審査期間を短縮することに重点を置いて設計されています。

主な提案

USPTO の提案にはいくつかの重要な調整が含まれています:

  • 新手数料の導入および既存手数料の廃止
  • 商標電子出願システム(TEAS)の出願オプションを単一の合理化されたオプションに統合
  • 出願手数料、登録後の維持手数料、追加処理手数料を含む様々なカテゴリーにおける手数料の調整

このように値上げ以外にも料金体制が見直されている箇所が多く、合理化や審査の効率性を上げるための様々な工夫がなされています。

現行と提案の料金体系

具体的な料金の変更は以下の通りです。

1.基本出願料

  • 現行: TEAS Plus 出願料は 250 ドル
  • 提案:IDマスターリストを使用した新しい基本出願料は350ドル(TEAS Plus は廃止へ)

2.マドプロ専用手数料の廃止

  • 現行:マドリッドプロトコル用の出願費用が適用
  • 提案:この手数料を廃止し、USの基本出願と同じ手数料体系にし簡素化を目指す

3.不遵守に対する追加料金

  • 現行:基本出願要件を満たしていない場合の課徴金については特に言及されていない
  • 提案:基本出願要件を満たさない出願に対する100~200ドルの追加料金の導入

4.商品/サービスの区分の追加料金

  • 現行: 商品・役務の概要における説明文に関する追加手数料はなし
  • 提案: 商標IDマニュアルの使用を奨励するため、フリーフォームのテキストフィールドに入力された商品およびサービスの概要には、1クラスにつき200ドルの追加料金を請求。さらにフリーフォームのテキストフィールドに1,000文字を追加するごとに200ドルの追加料金。

5.使用を主張するための補正(AAU)および使用証明(SOU)

  • 現在:AAUおよびSOUの出願手数料は100ドル
  • 提案:AAUおよびSOUの手数料を50ドル増額し、150ドルになる

6.登録後の維持費

  • 現行:登録維持費50ドル
  • 提案:登録維持の実費をより多く賄うため、75ドルに増額

7.抗議文手数料

  • 現行:1通につき50ドル
  • 提案:これらの提出に関連する処理費用をより適切に反映させるため、150ドルに増額。

新規料金

このように今回の提案では、既存の手数料の調整に加えて、USPTOは特定のニーズに対応するために新しい手数料を導入することを提案しています。特に、IDマスターリストを使わない場合の追加でかかる区分費用や、過剰文字に関する新規料金は注目したい点です。

これらの変更案は、商標出願プロセスを合理化し、財政的な持続可能性を確保し、出願人にIDマニュアルの活用を促して処理時間の短縮と正確性の向上を図るというUSPTOの目的を反映したものです。また、バックログを発生させ、プロセス全体を遅らせる可能性のある、非準拠で不完全な出願を抑制することも目的としています。

新料金体制への変更時期

この料金改定案は、2024年10月1日から始まる2025会計年度に発効する予定です。ただし、正確な施行日は、パブリックコメント期間中に寄せられた意見や、USPTOが意見を検討し対応するのに要する時間により異なる可能性があります。

商標戦略への影響

これらの変更は、弁護士や企業の商標出願への取り組み方に影響を与えると思われます。費用の増加は、知的財産管理の予算編成に影響を与え、商標の出願と維持により戦略的なアプローチを促す可能性があります。

1.予算と財務計画

  • 費用の増加:基本出願手数料の値上げと特定の出願行為に対する追加料金により、出願人は予算戦略を見直す必要があります。知的財産管理のために十分な資金が割り当てられるよう、財務計画プロセスにこれらの変更を織り込むことが極めて重要です。
  • 課徴金の回避:不遵守に対する課徴金と、識別情報の記載に過剰な文字が含まれる場合の追加料金が提案されていることから、出願人は、不必要な追加費用を避けるために、当初からすべての要件を満たすように出願を最適化する計画を立てる必要があります。

2.完全かつ正確な出願の重視

  • 修正・訂正の削減:TEAS出願オプションを単一の合理化されたプロセスに統合する提案は、完全かつ正確な出願を奨励することを意図しています。出願人は、手数料の削減と処理遅延の回避のため、最初から準拠を満たす出願書を提出することに重点を置くべきです。
  • IDマニュアルの活用:出願者は、可能な限りIDマニュアルから事前に承認された記述を使用することを検討してください。これにより、出願プロセスがスピードアップするだけでなく、自由形式のテキストフィールドを過度に使用したことによる新たな手数料を回避することができます。

3.戦略的な出願のタイミング

  • 出願タイミングの評価:2025会計年度中に施行が予定されている変更に伴い、出願人は、現行の低手数料を利用するために出願計画を早めるか、新体制に備えるために出願を遅らせるかを検討する可能性があります。この判断は、各出願者の具体的な状況や、商標保護を確保することの重要性によって異なります。

4.USPTOへの積極的な関与

  • パブリックコメント: USPTOは変更案についてパブリックコメントの場を設けているため、出願人や利害関係者はこのプロセスに積極的に参加することが有益です。このような参加は、最終的な規則をより好意的なものにしたり、少なくとも利害関係者が抱いている特定の懸念を明確にしたりするのに役立ちます。

5.長期的商標管理戦略

  • ポートフォリオ管理実務の見直し:維持・更新料の値上げにより、既存の商標ポートフォリオをより厳しく見直す必要があります。出願人は、各商標の戦略的価値とコストの上昇を考慮し、各登録を維持する価値を評価する必要があります。
  • コア商標の優先順位付け:コストの上昇を考慮すると、事業運営やブランド・アイデンティティに不可欠なコア商標にリソースを集中させることがより重要になる可能性があります。

6.専門家の指導

  • 専門家のアドバイスを求めること:商標出願の複雑さ、特に目前に迫った変更に対応するためには、専門的な法的アドバイスが非常に有効です。知的財産弁護士は、特定のビジネスニーズに合わせた戦略的洞察を提供し、新しい料金体系の下での出願プロセスの最適化を支援することができます。

このような戦略的考察を取り入れることで、商標出願人は目前に迫った変更に備え、進化する規制環境の中で知的財産資産を効果的かつ効率的に保護することができます。

結論と行動のポイント

USPTO が提案する 2025会計年度の料金改定は、商標制度の効率性と財政的安定性を高めるための戦略的な取り組みです。関係者は変更案を慎重に検討し、商標出願戦略への影響を考慮する必要があります。最終的な規則制定において関係者の見解が考慮されるよう、2024年5月28日までに規則変更案に対するコメントを提出することをお勧めします。

これらの変更案を理解し、それに従って戦略を調整することで、出願人は進化する商標登録の状況を効果的にナビゲートし、知的財産資産を効率的かつコスト効率よく保護することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

こちらもおすすめ