Legal document with magnifying glass focusing on blurred text, symbolizing the scrutiny of surname trademarks under U.S. law, with subtle U.S. legal symbols in the background

「姓」としても使われるマークの商標出願には要注意

「姓」としても使われるマークの商標出願をアメリカで行う際は、特別な注意が必要です。これは、商標が単に姓である場合、それ自体が消費者に特定の商品やサービスの出所を示す商業的な意味を持たないと見なされることがあるためです。したがって、商標登録を成功させるためには、出願人はその商標が姓としてだけでなく、特定の商品やサービスに関連する独特の意味を持つことを証明する必要があります。

このブログでは、姓を含む商標の出願プロセスにおける主要な考慮事項と戦略について詳しく探求します。商標法の第2条(e)の規定に基づき、姓としての商標がいかにして商業的な意味を持つか、または商標登録を成功させるためにどのような証明が必要かについて考察します。さらに、商標出願プロセスにおける拒絶リスクを最小限に抑える方法に焦点を当て、商標の選定から出願前の調査、また出願後の対応戦略に至るまで、具体的なステップを提供します。

「主として単に姓である」かどうかは5つの要素で評価される

商標第 2 条(e)に基づき、商標が「主として単に姓である」とされることに基づく拒絶は、以下の要素に 従って評価されます:(1)その姓が希少かどうか、(2)その商標が出願人に関係する人物の姓であるかどうか、(3)その商標が姓以外の代替的な意味を持つかどうか(すなわち、非姓的な意味があるのか)、(4)その商標が姓の構造と発音を持つかどうか、(5)レタリングの様式化が個別の商業的印象を与えるのに十分特徴的であるかどうか。

「主として単に姓である」という拒絶リスクを最小限に抑える方法

このような拒絶のリスクを最小限にするためには、商標出願前にこれらの要素を検討し、必要に応じて商標を修正または区別しておくべきでしょう。そうでなければ、この種の拒絶を受けた場合、主に姓としての意味以外の意味を証明するものとして上記の要素を主張し、可能であれば商標第2条(f)に基づく後天的識別力の証明を試みます。

出願前に商標調査を実施し、調査で特定された他の商標とさらに区別するために、提案された商標に用語やデザインを追加することによって、提案された商標が別業種の商品またはサービスに関する既存の登録と混同を引き起こす可能性が高いという第2条(d)に基づく拒絶を回避できる場合があります。最低限、出願前調査を行うことで、少なくともこの種の拒絶のリスクを特定し、事前に戦略的な計画を立てることができます。

参考記事:Recent Roadblocks to Federal Trademark Registration

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

こちらもおすすめ