ローカル商標と連邦商標:どちらを選ぶべきなのか?

ビジネスと商業の世界では、商標はブランドのアイデンティティと保護のための基盤として機能します。商標は、ブランド、製品、またはサービスに関連する独自の資質や信用を表すものであり、あらゆる企業にとって極めて重要な資産です。このような商標を保護する場合、企業経営者は、商標を州レベルで登録するか、連邦レベルで登録するかという極めて重要な決断に迫られます。それぞれの保護レベルのニュアンス、利点、注意点を理解することが、ビジネスにとって最良の決断を下す鍵となります。

商標の基本

州商標と連邦商標の議論を掘り下げる前に、商標の基本概念を理解することが重要です。商標とは、ある当事者の商品またはサービスの出所を識別し、他の当事者のものと区別するための言葉、フレーズ、シンボル、および/またはデザインのことです。商標には、ブランド名、ロゴ、スローガン、さらには特徴的な色やパッケージなど、実に様々なものがあります。

米国では、商標はコモンローの使用または正式な登録によって確立することができます。コモンロー商標は、単に商取引において商標を使用することにより成立しますが、その保護は限定的です。一方、連邦および州の登録は、全国的な独占的所有権、所有権および有効性の法的推定など、多くの利点を付与します。

州レベルの商標

州レベルでの商標登録は、特定の州の商標局に出願することになり、その特定の州に限定された保護を提供します。州レベルの商標登録は、一般的に連邦レベルの商標登録よりも簡単で費用対効果に優れています。これは、単一の州内で事業を営む中小企業や新興企業、またはリソースが限られている企業にとって魅力的な選択肢です。

州レベルの保護は、企業の事業や顧客基盤が特定の州に集中している場合に有益です。例えば、地元のコーヒーショップや、特定の州内の顧客を主な顧客とする小規模なサービス業は、州レベルの登録で十分かもしれません。

しかし、州レベルの商標の主な制限は、その地理的限定にあります。この制限は、ビジネスが州の境界を越えて拡大する際に障害となる可能性があります。もう一つの問題は、州レベルの保護は、連邦登録と同レベルの法的推定または承認を提供しないことであり、これは侵害者に対して商標を行使する能力を弱める可能性があります。

連邦商標

米国特許庁(USPTO)が監督する連邦商標登録は、特定の商品またはサービスに関連して商標を使用する独占権を全国的に付与します。この保護範囲の広さは、連邦商標の大きな利点の一つです。より強固な法的枠組みが提供されるため、全国で商標を行使し、保護することが容易になります。

連邦商標の取得プロセスには、商標が連邦の要件を満たしているかどうかの審査を含め、より包括的な出願・審査手続が含まれます。連邦商標登録を取得すると、所有権の法的推定、全国で商標を独占的に使用する権利、商標権侵害の連邦裁判所への提訴など、多くのメリットが得られます。

連邦商標登録は、州を越えての事業展開が見込まれる企業、全国に顧客基盤を持つ電子商取引事業者、またはブランド認知と保護が最重要とされる業界で事業展開する企業に好まれることが多いです。さらに、連邦商標を有することは、潜在的な侵害者に対する抑止力として機能します。

適切な保護レベルの選択

州商標と連邦商標のどちらを選択するかは、事業の規模、範囲、業種、長期的な目標など、様々な要因によって決まります。以下は、この決定を行うための主な考慮事項です:

  • 地理的範囲と事業運営:  事業がどこで展開され、どこで成長が見込まれるかを考慮し ます。事業が1つの州内に限定され、拡張の計画がない場合、州レベルの商標で十分かもしれません。しかし、州を越えて拡大する見込みがある場合は、連邦登録の方が有利になります。
  • 予算とリソース: 連邦商標登録は、通常、州レベルの登録に比べ、より高い費用を伴います。予算とリソースを見極め、どのレベルの保護が貴社のビジネスにとって可能かを判断してください。州登録の方がリーズナブルですが、連邦登録の方がより広範なベネフィットを享受できるため、戦略的な長期投資となります。
  • 業界と競争: テクノロジーや消費財など、競争が激しい業種や、ブランドの評判が重要な業種では、連邦商標による保護が有効な場合が多くあります。ブランド認知を利用しようとする潜在的侵害者に対して、より強固な防御を提供します。

要点

商標の分野では、州保護と連邦保護の選択は一律ではありません。その決定は、貴社のビジネスのユニークな特徴と野心に沿うものであるべきです。州レベルの登録の簡便さと費用対効果を選ぶにせよ、連邦登録の包括的な全国的保護を選ぶにせよ、正しい選択は、事業の軌道を慎重に評価し、予測することによります。どのレベルの保護が貴社の具体的なニーズに合うか不明な場合は、専門家である商標弁護士に相談されることをお勧めします。

参考記事:Local vs. Federal Trademarks: Choosing the Right Level of Protection 

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

computer-code
AI
野口 剛史

AIと機械学習の発明を守る

AIは今後幅広い分野で重要技術になってくると予測されますが、ソフトウェア特許に分類されるので、発明をクレームする際に注意が必要です。特に、アメリカの場合、特許適格性の問題をクリアーするためにも、具体的な用途を広く・深く開示することが重要になってきます。

Read More »
An elegant and professional image depicting elements of trade secret protection and international trade, featuring a locked vault, a document marked 'confidential', a world map, flags, and shipping containers, all encapsulated within a corporate and legal aesthetic.
企業機密
野口 剛史

注目され始めたITCにおける営業秘密不正流用調査

米国の企業秘密法は、国際貿易において重要な役割を果たしています。特に、1930年関税法、通称第337条の規定は、不正に取得された営業秘密を利用する製品の輸入を防ぐための強力な手段として機能しています。本規定に基づき、米国国際貿易委員会(ITC)は、営業秘密の不正流用が国外で行われていたとしても、それに関連する製品の輸入を規制する権限を有しています。

Read More »
hand-shaking-settlement
訴訟
野口 剛史

和解の成立タイミングはとても重要

和解が成立した時点で、たとえ和解後に行わなければいけない事柄があったとしても、訴訟自体に法的な重要性がなくなるということが今回の判例で明確になりました。訴訟の和解は重要な判決が下る直前に結ばれることがよくあるので、この判例は今後の和解戦略を考えるのに重要な判決になるでしょう。

Read More »