Nikeに学ぶ商標の権利行使とブランド力の維持

スポーツ業界では、ブランドアイデンティティが非常に重要な要素です。特に、スポーツウェアやアクセサリーのメーカーは、独自のブランドイメージを築くことで、競争の激しい市場での地位を確立しています。これは、顧客が製品を選択する際の重要な要因となっており、特定のブランドが持つ価値観やイメージに対する共感が、購入決定に大きな影響を与えています。その中心にあるのが、ブランドロゴという視覚的要素です。

ロゴは単なる装飾やマーキングではなく、その企業や製品が代表する品質、信頼性、プレステージを象徴しています。これが、知的財産権の保護が非常に重要になる理由です。特に、スポーツ業界においては、ロゴを商標で適切に保護することで、消費者の製品に対する認識や期待を形成する上で中心的な役割を果たしています。したがって、これらの視覚的要素の保護は、企業のブランド価値と市場での地位を保つために不可欠です。

何千ものスポーツロゴの中で、ナイキのジョーダン・ジャンプマン・ロゴほど瞬時に認識でき、象徴的なロゴはほとんどありません。バスケットボールの伝説的選手、マイケル・ジョーダンが宙を舞うこの力強いシンボルマークは、卓越した運動能力、そしてゲームの精神の代名詞となっています。ナイキは、自社のブランド資産を侵害しようとするいかなる企業に対しても行動を起こす用意があり、最近の係争では、ナイキの象徴的なシンボルから連想されるバスケットボールコートとはかけ離れた、スキーヤーのアクションを描いたスキマンのロゴが争点となっています。

事件の詳細

Skiman LLCはStephen Fucikによって設立されたコロラドを拠点とするスキーウェアブランドで、スポーツウェア大手のナイキから複数の排除措置命令を受けました。この係争は、スキーの自由を表現するためにFucikがデザインしたSkimanのロゴをめぐって展開されています。このロゴは、スキーを垂直に保つことを目標に、片足を前方に蹴り出し、もう片方の足を後方に伸ばすモーグルのトリック、ダッフィーを行うスキーヤーの姿を表しています。スキーとアウトドアに情熱を注ぐFucikは、自分のロゴを山で見られる解放的な精神を表現したものだと考えています。

ナイキは、Skimanのロゴが同社の象徴であるジョーダンのジャンプマンロゴと「紛らわしいほど」類似していると主張し、さらなる法的措置を避けるため、Skimanに商標登録を自主的に取り消すよう要請。Fucikは躊躇することなく、自身の創造的所有権を主張し、自身がデザインしたロゴであると主張し、擁護しました。

商標権侵害とロゴの類似性

商標権侵害は、ある当事者が他の当事者の商標と類似したマークを、消費者に混同を引き起こす可能性の高い方法で使用した場合に発生します。本件では、ナイキはSkimanのロゴがジョーダンのジャンプマンロゴと「紛らわしいほど類似」しており、消費者がスキーウェアブランドをナイキのアスレチックレガシーと関連付ける可能性があると主張しています。このような主張の妥当性を判断するために、法的機関は多くの場合、視覚的類似性、商品やサービスの関連性、原告の商標の強さ、混同の可能性などの要素を考慮します。

ロゴの視覚的要素は、おそらく法的分析において重要な役割を果たすでしょう。ジョーダンのジャンプマンは宙を舞うバスケットボール選手を描いていますが、スキマンのロゴは特定のスキー操作を行うスキーヤーを描いています。ここで問題となるのは、視覚的・概念的な違いが、消費者の混同を避けるのに十分なものであるかどうかということです。Skimanの主張は、スキーの自由を表現したユニークなロゴを強調することで、ナイキのバスケットボール中心のシンボルとの差別化を図るというものです。

ナイキの商標保護姿勢

スポーツ業界の世界的大企業として、ナイキは商標を積極的に保護してきた広範な歴史があります。特にジョーダンのジャンプマンロゴは、卓越性、運動能力、勝利のマインドセットの代名詞として文化的アイコンとなっています。知的財産を保護するためのナイキの積極的なアプローチは、これらのシンボルが単なるグラフィックではなく、ブランドのアイデンティティと商業的成功の不可欠な構成要素であるという理解から生じています。

ナイキがSkimanに送った排除措置書簡は、同社の懸念を強調するだけでなく、商標の完全性を維持するために「利用可能なあらゆる法的処方」を検討するという明確なメッセージを伝えています。この毅然とした態度は、潜在的な侵害に対するナイキの過去の法的措置と一致しており、ブランドイメージの独占性と独自性を維持するためのナイキのコミットメントを示しています。

要点

ジョーダンのジャンプマンロゴの商標権侵害の疑いをめぐるナイキとスキマンの衝突は、知的財産権紛争、特に類似ロゴの領域をめぐる複雑さと課題を浮き彫りにしています。法廷闘争が繰り広げられるにつれ、裁判所はロゴの視覚的・概念的区別を評価し、消費者の混同の可能性を量ることになります。商標の保護に対するナイキの揺るぎないコミットメントは、単に商業的資産としてだけでなく、ブランドの遺産の柱として、これらのシンボルに価値を置いていることの証です。

参考記事:Nike Takes on Skiing company: A Battle Over Similar Logos 

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

No
再審査
野口 剛史

SAS判決で大きく変わるIPR Estoppelの適用範囲

SAS判決が下された2018年4月の時点でIPRや上訴が保留中だった際、一部のクレームや主張がIPRで考慮されず、その点について上訴が行われなかった場合、考慮されなかったクレームや主張に対しても地裁でEstoppelが適用される可能性があります。

Read More »
analysis-data-statistics
再審査
野口 剛史

2022年3月31日までのPTABからCAFCへの控訴統計データ

PTABからの控訴に関する統計データを知っておくことは、特許訴訟戦略やIPR戦略を考える上で重要です。特に、IPRの控訴の70%以上はPTABの決定が支持されるという事実だけでも頭に入っていると、戦略に違いが出てくると思います。個別案件がこの確率通りになる保証はありませんが、相手も当然知っていることだと仮定するべき情報ではあります。

Read More »