大企業が中小企業に過度な商標の権利侵害を主張する「商標いじめ」の問題とその効果的な対策

商標いじめ (Trademark bullying) は、見過ごされがちでありながら企業社会に蔓延している慣行であり、中小企業や起業家にとって重大な脅威となっています。この慣行は、しばしば大企業によって採用され、小規模の競合他社や全く関係のない企業を威嚇するために商標権を積極的に主張することを示します。このような強引な権利行使の兆候を認識することは、潜在的な法的脅威から保護し、公正な競争を守るために極めて重要です。

商標いじめの理解

商標いじめは、商標権者が過度に攻撃的な方法で権利を主張する場合に発生し、多くの場合、リソースの限られた中小企業や個人を標的にします。このような手口には、根拠のない訴訟の脅し、営業停止命令書、または競争や表現の自由を阻害することを目的とした威圧的な法的要求が含まれます。

商標いじめの特徴の一つは、当事者間の力の不均衡です。

一般的に、いじめを行う側は、大きな資金力と法的火力を持つ大企業や老舗企業であり、一方、標的にされる側は、中小企業や起業家、あるいは非営利団体であることがあります。多くの場合、商標権の主張の正当性にかかわらず、訴訟を起こすという脅しだけで弱い立場の当事者にコンプライアンスを強要することができます。

実際の事例は、商標いじめのパワーバランスを鮮明に示しています。

2018年、ドイツの有名なファッションコングロマリットであるHugo Bossが、ウェールズのスウォンジーにある独立系ビール醸造所であるBoss Brewingと争いました。紛争の中心は、Boss Brewingが商品名や商品に「BOSS」という単語を使用していることでした。Boss Brewingは事前に商標登録をしていたにもかかわらず、Hugo Bossの異議申し立てが長期の法廷闘争の引き金となり、醸造所のオーナーには大きな経済的負担とストレスが生じました。

しかし、小さな企業であっても、正当な主張と適切な法的代理権があれば、商標紛争で巨大企業に勝つことは可能です。2021年、Louis Vuittonは、ノーフォーク州リーパムを拠点とするL V BESPOKEという家庭用・園芸用品の企業の商標出願に反対しました。高級ファッションの巨人であるLouis Vuittonは、この家族経営の企業が使用する「L V」の文字が混同を生み、「不当な優位性」をもたらす可能性があるとの懸念を表明しました。両者の規模や経営資源には大きな差があったにもかかわらず、紛争を裁決する法廷では最終的にLouis Vuittonの主張が退けられました。同裁判所は、2つの事業が「分離可能な」領域で運営されており、それぞれの市場において明確な区別があることを示していると結論付けました。

攻撃的な圧力を認識する

商標いじめに効果的に対抗するためには、企業はまず、攻撃的な圧力の兆候を認識できなければなりません。よくある兆候の一つは、権利者が合理的または法的に擁護できる範囲を超えて商標権を主張し、業界内の共通用語や要素を独占しようとする過剰な主張をする行為です。また、侵害の実質的な証拠を提示しなかったり、曖昧な主張や商標法の誤った解釈に頼っている場合もあります。

さらに、共存やライセンス契約を考慮せずに商標の使用を即座に停止するといった不合理な要求は、攻撃的な戦術であることを示しています。商標いじめを行う権利者の中には、些細な違反で複数の当事者を相手取って訴訟を提起する反復訴訟を行う者もいますが、これは裁判所のリソースを消費し、被告に過度の負担を強いるものです。

商標いじめへの効果的な対応方法

極度に積極的な権利行使に直面した場合、企業は積極的かつ戦略的に対応することが重要です。

クレームの妥当性の評価: 商標クレームを徹底的に検討し、その妥当性を評価します。必要に応じて商標弁護士に相談し、相手方の主張の強さを判断し、潜在的な抗弁を特定します。

すべてを文書化: 停止命令書、電子メール、電話での会話など、すべてのコミュニケーションについて詳細な記録を残しましょう。虐待的な言動や不当な要求があった場合は記録しておきましょう。この情報は、将来の法的措置に対する防御や反訴の提起に役立つ可能性があります。

対話に参加すること: 紛争を友好的に解決するため、建設的な対話に相手当事者を参加させるよう試みます。場合によっては、商標権に関する誤解や誤った解釈が、オープンなコミュニケーションを通じて明確になることもあります。

代替案の検討: 共存契約 (coexistence agreements)、ライセンス契約、ブランディングやマーケテ ィング戦略の変更など、商標権者から提起された懸念に対処しつつ、自らの権利と利益を維持するための代替案を検討します。

自分の立場を貫くこと: 商標の使用が合法的であり、擁護可能であると信じるのであれば、脅されて遵守させられ てはなりません。毅然とした態度で自らの権利を主張し、不当な法的措置から身を守るために適切な弁護を求めましょう。

まとめ

商標いじめは、あらゆる規模の企業にとって重大な課題であり、市場における技術革新、競争、表現の自由を脅かします。攻撃的な権利行使の兆候を認識し、効果的に対応することで、企業は商標いじめの責任を追及しながら、自社の権利と利益を守ることができます。積極的な対話、戦略的な交渉、そして必要に応じて法的手段を講じることで、企業は商標いじめに対抗し、知的財産エコシステムにおけるすべての利害関係者にとって公平かつ公正な競争の場を確保することができます。

参考記事:Trademark Bullying: Recognizing and Responding to Aggressive Enforcement Tactics 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。