ハードウェアスペースにおけるデザイン特許の重要性

今日製品のデザインは大切な要素の1つです。知財においてもApple v. Samsungでデザイン特許が注目を集めて以来、デザイン特許の需要は伸びてきています。そこで、今回はハードウェア会社のためのデザイン特許の基本を紹介します。

外国の審査履歴がアメリカ特許のクレーム解釈に影響する場合も

Contract-signing

特許訴訟においてクレーム解釈はとても重要なステップです。特許の有効性と侵害の問題がクレーム解釈によって変わる場合もあるので、どのようなものがクレーム解釈に影響を与えるのかを知っておくことは特許訴訟において重要な点になります。

スタートアップがビジネスの基盤と将来のためにやっておきたい知財に関する6つのポイント

スタートアップはアイデア、創造性、そして、エネルギーによって成長しますが、成長の過程で重要な発明の保護を怠ると後でそれが成長の大きな障害になることがあります。今回はそのようなことを未然に防ぐための6つのポイントを紹介します。

日本とアメリカにおける特許適格性の違い

特許適格性の違いからアメリカにくらべ日本ではソフトウェア系やビジネス方法計の特許の取得が簡単だということを丁寧に解説している記事を見つけました。こういった国別の制度の比較記事はなかなか見ないので紹介したいと思います。

2019年2月のIPRとCBM の統計データ

2月PTABは34件のIPRとCBMのFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。この数字には、CAFCからの差し戻しも含みます。争われたクレームの内408 クレーム(66.89%)を取り消し、192 クレーム(31.48%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行い10 クレーム(1.64%)が生き残りました。いままでの争われたクレームの累計取り消し確立は、約75%です。