Category: 特許出願

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと詳しく »

USPTOが「Means-Plus-Function」に関する最新のガイドラインを出した意味

先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。

もっと詳しく »

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと詳しく »

2024年現在で存在するAI特許ドラフティングツール

新しい技術の導入に慎重な知財の世界でも、生成AIによる革新が起こりつつあります。その中でも特許出願プロセスへの生成AIの活用は進んでおり、従来のアプローチを変革しつつあります。このブログ記事では、生成AIを搭載した特許ドラフティングツールの最新の進歩を調査し、それらが2024年の業界にどのような革命をもたらすかについての洞察を提供します。

もっと詳しく »

特許、商標、外国における電子署名の使用と注意点

パンダミックを経験し、よりデジタル化が進む知的財産の分野において、特許・商標出願における電子署名の採用は、効率性の向上と利便性を高める変化です。この記事では、米国特許商標庁(USPTO)による最近の電子署名の許容範囲の拡大のアナウンスをきっかけに、アメリカの特許における電子署名の現状と外国の司法管轄区による継続的な課題について説明します。

もっと詳しく »

アメリカ発のPCT出願におけるフィリピンIPOPHLの新たな役割

今年3月6日、フィリピン知的財産庁(IPOPHL)は、米国特許商標庁(USPTO)より、国際調査機関および国際予備審査機関(ISA/IPEA)として正式に指定されました。この名誉ある認定は、IPOPHLを世界有数の知的財産機関に位置づけるだけでなく、フィリピンが世界の知的財産エコシステムにおける重要なプレーヤーとなるための重要なマイルストーンとなります。

もっと詳しく »

審査官面接のススメ

特許の権利化を行う上で、特許出願人と米国特許商標庁(USPTO)の審査官との関係は極めて重要です。審査官面接は、特許出願の審査に直接影響を与えるまたとない機会であり、審査官との関係性を向上させる重要なツールとして際立っています。この記事は、審査官面接の重要性を掘り下げ、豊富な洞察から、理想的な審査官面接の方法を紹介します。

もっと詳しく »

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと詳しく »

継続出願における自明型二重特許の問題と対策

特許法には複雑な要素が多く、特に親特許からの継続出願をした場合、自明型二重特許(obviousness type double patenting, ODP)を考慮する必要があります。最近の判例や過去の関連判例や特許法を見ると、親出願からの継続出願はODPの暗黙の了解であり、Terminal Disclaimerが必要になります。しかし、分割出願をおこなったり、発明別に新規の出願を行うなどの対策を取ることができれば、Terminal Disclaimerを回避できる可能性があります。

もっと詳しく »
Importance of Motivation to Combine in Patent Law: Evaluating Obviousness in Patent Claims

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと詳しく »
USPTO memorandum on Means-Plus-Function guidelines issuance indicating focus on 35 U.S.C. 112(f) claims format for patent examination; emphasizes need for proper claim drafting in accordance with guidelines.

USPTOが「Means-Plus-Function」に関する最新のガイドラインを出した意味

先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。

もっと詳しく »
ルーチン最適化の概念と特許クレームの自明性に関する説明の画像

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと詳しく »
2024年のAI特許ドラフティングツールの画像

2024年現在で存在するAI特許ドラフティングツール

新しい技術の導入に慎重な知財の世界でも、生成AIによる革新が起こりつつあります。その中でも特許出願プロセスへの生成AIの活用は進んでおり、従来のアプローチを変革しつつあります。このブログ記事では、生成AIを搭載した特許ドラフティングツールの最新の進歩を調査し、それらが2024年の業界にどのような革命をもたらすかについての洞察を提供します。

もっと詳しく »
Image of a digital document with electronic signature fields related to patents and trademarks in various jurisdictions, reflecting the increasing trend towards digitalization in the field of intellectual property post-pandemic.

特許、商標、外国における電子署名の使用と注意点

パンダミックを経験し、よりデジタル化が進む知的財産の分野において、特許・商標出願における電子署名の採用は、効率性の向上と利便性を高める変化です。この記事では、米国特許商標庁(USPTO)による最近の電子署名の許容範囲の拡大のアナウンスをきっかけに、アメリカの特許における電子署名の現状と外国の司法管轄区による継続的な課題について説明します。

もっと詳しく »
IPOPHL officially designated as ISA/IPEA by USPTO on March 6th this year, positioning IPOPHL as a key player in the global IP ecosystem.

アメリカ発のPCT出願におけるフィリピンIPOPHLの新たな役割

今年3月6日、フィリピン知的財産庁(IPOPHL)は、米国特許商標庁(USPTO)より、国際調査機関および国際予備審査機関(ISA/IPEA)として正式に指定されました。この名誉ある認定は、IPOPHLを世界有数の知的財産機関に位置づけるだけでなく、フィリピンが世界の知的財産エコシステムにおける重要なプレーヤーとなるための重要なマイルストーンとなります。

もっと詳しく »
An image of a person having a discussion with a USPTO examiner during a patent examination process.

審査官面接のススメ

特許の権利化を行う上で、特許出願人と米国特許商標庁(USPTO)の審査官との関係は極めて重要です。審査官面接は、特許出願の審査に直接影響を与えるまたとない機会であり、審査官との関係性を向上させる重要なツールとして際立っています。この記事は、審査官面接の重要性を掘り下げ、豊富な洞察から、理想的な審査官面接の方法を紹介します。

もっと詳しく »
NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究レポート。

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと詳しく »
継続出願における自明型二重特許の問題と対策。

継続出願における自明型二重特許の問題と対策

特許法には複雑な要素が多く、特に親特許からの継続出願をした場合、自明型二重特許(obviousness type double patenting, ODP)を考慮する必要があります。最近の判例や過去の関連判例や特許法を見ると、親出願からの継続出願はODPの暗黙の了解であり、Terminal Disclaimerが必要になります。しかし、分割出願をおこなったり、発明別に新規の出願を行うなどの対策を取ることができれば、Terminal Disclaimerを回避できる可能性があります。

もっと詳しく »
Importance of Motivation to Combine in Patent Law: Evaluating Obviousness in Patent Claims
再審査

「組み合わせの動機」を示す重要性:公知だけでは自明にはならない

特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。

もっと読む »
USPTO memorandum on Means-Plus-Function guidelines issuance indicating focus on 35 U.S.C. 112(f) claims format for patent examination; emphasizes need for proper claim drafting in accordance with guidelines.
特許出願

USPTOが「Means-Plus-Function」に関する最新のガイドラインを出した意味

先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。

もっと読む »
ルーチン最適化の概念と特許クレームの自明性に関する説明の画像
再審査

ルーチン最適化を適用し自明性を証明する方法

ルーチン最適化とは、既知の技術や公知の範囲内で特定のパラメーターや条件を微調整し、所望の結果を達成するプロセスです。この理論は、特許申請における請求項の自明性(obviousness)を評価する際に重要な役割を果たします。先行技術に明示されていない特定の範囲や条件でも、合理的な実験や調整により導き出すことが可能であれば、そのパラメーターに関する請求は自明であると見なされ、特許を受ける資格がなくなる可能性があります。本記事では、ルーチン最適化の概念と、それが特許クレームの自明性にどのように影響を与えるかについて掘り下げます。

もっと読む »
2024年のAI特許ドラフティングツールの画像
AI

2024年現在で存在するAI特許ドラフティングツール

新しい技術の導入に慎重な知財の世界でも、生成AIによる革新が起こりつつあります。その中でも特許出願プロセスへの生成AIの活用は進んでおり、従来のアプローチを変革しつつあります。このブログ記事では、生成AIを搭載した特許ドラフティングツールの最新の進歩を調査し、それらが2024年の業界にどのような革命をもたらすかについての洞察を提供します。

もっと読む »
Image of a digital document with electronic signature fields related to patents and trademarks in various jurisdictions, reflecting the increasing trend towards digitalization in the field of intellectual property post-pandemic.
商標

特許、商標、外国における電子署名の使用と注意点

パンダミックを経験し、よりデジタル化が進む知的財産の分野において、特許・商標出願における電子署名の採用は、効率性の向上と利便性を高める変化です。この記事では、米国特許商標庁(USPTO)による最近の電子署名の許容範囲の拡大のアナウンスをきっかけに、アメリカの特許における電子署名の現状と外国の司法管轄区による継続的な課題について説明します。

もっと読む »
IPOPHL officially designated as ISA/IPEA by USPTO on March 6th this year, positioning IPOPHL as a key player in the global IP ecosystem.
特許出願

アメリカ発のPCT出願におけるフィリピンIPOPHLの新たな役割

今年3月6日、フィリピン知的財産庁(IPOPHL)は、米国特許商標庁(USPTO)より、国際調査機関および国際予備審査機関(ISA/IPEA)として正式に指定されました。この名誉ある認定は、IPOPHLを世界有数の知的財産機関に位置づけるだけでなく、フィリピンが世界の知的財産エコシステムにおける重要なプレーヤーとなるための重要なマイルストーンとなります。

もっと読む »
An image of a person having a discussion with a USPTO examiner during a patent examination process.
特許出願

審査官面接のススメ

特許の権利化を行う上で、特許出願人と米国特許商標庁(USPTO)の審査官との関係は極めて重要です。審査官面接は、特許出願の審査に直接影響を与えるまたとない機会であり、審査官との関係性を向上させる重要なツールとして際立っています。この記事は、審査官面接の重要性を掘り下げ、豊富な洞察から、理想的な審査官面接の方法を紹介します。

もっと読む »
NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究レポート。
商標

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと読む »
継続出願における自明型二重特許の問題と対策。
特許出願

継続出願における自明型二重特許の問題と対策

特許法には複雑な要素が多く、特に親特許からの継続出願をした場合、自明型二重特許(obviousness type double patenting, ODP)を考慮する必要があります。最近の判例や過去の関連判例や特許法を見ると、親出願からの継続出願はODPの暗黙の了解であり、Terminal Disclaimerが必要になります。しかし、分割出願をおこなったり、発明別に新規の出願を行うなどの対策を取ることができれば、Terminal Disclaimerを回避できる可能性があります。

もっと読む »