Category: 特許出願

GPSを使った発明の特許適格性が厳格化: Beteiro v. DraftKings事件に学ぶ特許明細書の作り方

CAFCによるBeteiro v. DraftKings事件判決は、位置情報ベースのサービスに関する特許適格性判断に大きな影響を与えました。本記事では、この判決がコンピュータ実装発明全般にもたらす影響を詳細に解説します。Alice/Mayo二段階テストの厳格な適用、抽象的アイデアと技術的改善の区別、そして特許明細書の重要性について深く掘り下げています。さらに、特許実務家や企業が今後の特許戦略を立てる上で考慮すべきポイントを探り、具体的な対応策を提案しています。技術革新とビジネスモデル保護のバランスが問われる中、この記事は日本の知財実務家や企業にとって貴重な指針となるでしょう。

もっと詳しく »

ターミナルディスクレーマーの落とし穴:SIPCO v. JASCO事件から学ぶ教訓

ターミナルディスクレーマーの誤りが特許の権利行使不能を招く衝撃的な判例、SIPCO v. JASCO事件を解説。たった1桁の数字の誤りが特許の運命を左右し、特許実務に革命的な影響を与えた本件の詳細と、そこから導き出されるベストプラクティスを徹底解説します。USPTOの新たな規則提案がもたらす潜在的な影響も含め、特許専門家必見の内容となっています。特許戦略の策定と実行において長期的かつ慎重なアプローチの重要性を再認識させる本記事は、特許制度の信頼性と効果的な運用を維持するための重要な指針となるでしょう。特許実務家、特許権者、そして知的財産に関心のある全ての方々にとって、見逃せない重要な情報が満載です。

もっと詳しく »

特許出願人が知っておくべき米国輸出管理規制の基礎知識

特許出願における米国輸出管理規制の基礎知識と実務上の留意点を解説。米国発の発明を外国出願する際に必要なUSPTO外国出願ライセンスの取得方法や、出願前の技術情報の取り扱いに関するEARとITARの規制、外国人への「みなし輸出」の問題について詳述。違反した場合の重大なペナルティと、社内体制の整備・従業員教育の重要性についても言及。グローバルな特許出願を行う企業にとって、輸出管理規制の理解と対策は不可欠です。本記事では、特許出願人が知っておくべき米国輸出管理法規の基本的枠組みから実務上の対策まで、広く解説しています。

もっと詳しく »

ターミナルディスクレーマーで特許が行使不能に?知財業界を困惑させるUSPTOによるルール変更提案

米国特許商標庁(USPTO)が、自明型ダブルパテント(ODP)拒絶を克服するために提出されるターミナルディスクレーマーに関する新たな要件を提案しました。この提案では、特定の状況下で特許権の行使を不能にする合意をターミナルディスクレーマーに含めることが義務付けられています。これにより、参照特許のクレームが無効になった場合、ターミナルディスクレーマーで結びつけられたすべての特許が権利行使不能になるという重大な影響があります。本記事では、現行のターミナルディスクレーマー実務の概要、提案されたルールの下での主要な変更点、USPTOの根拠と政策目標、そして潜在的な影響と意義について詳しく解説します。この提案は特許権者、競合他社、特許制度全体に大きな影響を与える可能性があり、その正当性や影響については慎重な検討が求められます。

もっと詳しく »

USPTOがCAFCによる意匠特許の自明性分析の変更を受けて審査ガイダンスを更新

意匠特許の自明性判断基準が大きく変わります。連邦巡回区控訴裁判所の画期的な判決を受け、USPTOは審査ガイダンスを刷新しました。長年の厳格なテストから、実用特許の判断手法に近い柔軟なアプローチへと移行します。本記事では、新たな審査フレームワークの詳細と、それが意匠特許出願人や権利者に与える影響について徹底的に解説します。意匠特許の審査が変わる中で、どのような対応が求められるのか。意匠特許に関わるすべての方必読の内容です。

もっと詳しく »

意匠の常識が変わる:CAFC大法廷が意匠特許の自明性判断により柔軟な判断基準を採用

CAFCが、意匠特許の自明性判断基準に関する重要な大法廷判決を下しました。長年用いられてきたRosen-Durlingテストを覆し、より柔軟な判断基準を採用した今回の判決は、意匠特許の実務に大きな影響を与えると予想されます。本記事では、Rosen-Durlingテストの背景、LKQ Corp. v. GM Global Tech. Operations事件の概要、CAFCの大法廷判決の内容、および今後の影響と考察について詳しく解説します。意匠特許の出願や訴訟に携わる実務家必見の内容です。

もっと詳しく »

AIが生成するコンテンツは先行技術となるのか?

AIが生成するコンテンツが特許審査における先行技術として扱われるべきかどうかについて、米国特許商標庁が意見募集を行っています。AIによる大量の先行技術生成やその品質への懸念、特許ポートフォリオへの影響、当業者の知識に与える影響など、AIの進展が特許制度に与える課題と機会が浮き彫りになっています。本記事では、USPTOの意見募集を中心に、AIが生成する先行技術への対応策、法改正の可能性、他国との連携など、この重要な問題に対する分析と考察を詳しく解説しています。

もっと詳しく »

Terminal Disclaimerの新費用が継続出願戦略に与える影響: 米国特許庁が提案する大幅な料金改定の考察その2

米国特許商標庁が提案する継続出願とTerminal Disclaimerに関する新たな料金体系は、特許出願戦略に大きな影響を与える可能性があります。本記事では、新料金体系の詳細と、それが出願人の戦略に与える影響について詳しく解説します。特に、Terminal Disclaimerの提出タイミングや継続出願の是非、費用対効果を考慮した出願戦略の立案などの重要なポイントに焦点を当てます。また、スタートアップや中小企業など、限られた資金で知財戦略を実行する企業にとっての影響や対策についても考察します。新料金体系に適応し、特許保護の最適化と費用管理のバランスを取ることが、今後の知財戦略の鍵となるでしょう。

もっと詳しく »

RCE手数料の値上げが特許戦略に与える影響: 米国特許庁が提案する大幅な料金改定の考察その1

2025年度の特許関連手数料の改定案の中から継続審査請求 (RCE) の手数料に焦点を当てて、特許出願人や企業の知的財産戦略に与える影響に関して考察してみました。本記事では、RCE手数料の意図的な値上げの詳細と、その背景にあるUSPTOの目的を解説します。さらに、改定案が特許戦略に与える影響を、審判請求や継続出願との比較、権利化までの期間と費用の観点から分析し、企業や発明者が取るべき対応策を提言します。USPTOの料金改定を契機に、特許戦略の抜本的な見直しが求められる中、本記事は、効率的な権利化プロセスの構築、戦略的な手続きの活用、代理人との協働によるコスト管理など、実践的な情報を提供します。

もっと詳しく »
位置情報ビジネスの特許戦略、Beteiro v. DraftKings事件から学ぶ適格性判断の厳格化

GPSを使った発明の特許適格性が厳格化: Beteiro v. DraftKings事件に学ぶ特許明細書の作り方

CAFCによるBeteiro v. DraftKings事件判決は、位置情報ベースのサービスに関する特許適格性判断に大きな影響を与えました。本記事では、この判決がコンピュータ実装発明全般にもたらす影響を詳細に解説します。Alice/Mayo二段階テストの厳格な適用、抽象的アイデアと技術的改善の区別、そして特許明細書の重要性について深く掘り下げています。さらに、特許実務家や企業が今後の特許戦略を立てる上で考慮すべきポイントを探り、具体的な対応策を提案しています。技術革新とビジネスモデル保護のバランスが問われる中、この記事は日本の知財実務家や企業にとって貴重な指針となるでしょう。

もっと詳しく »
ターミナルディスクレーマーの落とし穴:SIPCO v. JASCO事件から学ぶ教訓

ターミナルディスクレーマーの落とし穴:SIPCO v. JASCO事件から学ぶ教訓

ターミナルディスクレーマーの誤りが特許の権利行使不能を招く衝撃的な判例、SIPCO v. JASCO事件を解説。たった1桁の数字の誤りが特許の運命を左右し、特許実務に革命的な影響を与えた本件の詳細と、そこから導き出されるベストプラクティスを徹底解説します。USPTOの新たな規則提案がもたらす潜在的な影響も含め、特許専門家必見の内容となっています。特許戦略の策定と実行において長期的かつ慎重なアプローチの重要性を再認識させる本記事は、特許制度の信頼性と効果的な運用を維持するための重要な指針となるでしょう。特許実務家、特許権者、そして知的財産に関心のある全ての方々にとって、見逃せない重要な情報が満載です。

もっと詳しく »
特許出願人が米国輸出管理規制の基礎知識や実務上の留意点を解説した画像

特許出願人が知っておくべき米国輸出管理規制の基礎知識

特許出願における米国輸出管理規制の基礎知識と実務上の留意点を解説。米国発の発明を外国出願する際に必要なUSPTO外国出願ライセンスの取得方法や、出願前の技術情報の取り扱いに関するEARとITARの規制、外国人への「みなし輸出」の問題について詳述。違反した場合の重大なペナルティと、社内体制の整備・従業員教育の重要性についても言及。グローバルな特許出願を行う企業にとって、輸出管理規制の理解と対策は不可欠です。本記事では、特許出願人が知っておくべき米国輸出管理法規の基本的枠組みから実務上の対策まで、広く解説しています。

もっと詳しく »
USPTOのターミナルディスクレーマーに関するルール変更提案

ターミナルディスクレーマーで特許が行使不能に?知財業界を困惑させるUSPTOによるルール変更提案

米国特許商標庁(USPTO)が、自明型ダブルパテント(ODP)拒絶を克服するために提出されるターミナルディスクレーマーに関する新たな要件を提案しました。この提案では、特定の状況下で特許権の行使を不能にする合意をターミナルディスクレーマーに含めることが義務付けられています。これにより、参照特許のクレームが無効になった場合、ターミナルディスクレーマーで結びつけられたすべての特許が権利行使不能になるという重大な影響があります。本記事では、現行のターミナルディスクレーマー実務の概要、提案されたルールの下での主要な変更点、USPTOの根拠と政策目標、そして潜在的な影響と意義について詳しく解説します。この提案は特許権者、競合他社、特許制度全体に大きな影響を与える可能性があり、その正当性や影響については慎重な検討が求められます。

もっと詳しく »
USPTO updates examination guidance following CAFC decision on design patent obviousness analysis.

USPTOがCAFCによる意匠特許の自明性分析の変更を受けて審査ガイダンスを更新

意匠特許の自明性判断基準が大きく変わります。連邦巡回区控訴裁判所の画期的な判決を受け、USPTOは審査ガイダンスを刷新しました。長年の厳格なテストから、実用特許の判断手法に近い柔軟なアプローチへと移行します。本記事では、新たな審査フレームワークの詳細と、それが意匠特許出願人や権利者に与える影響について徹底的に解説します。意匠特許の審査が変わる中で、どのような対応が求められるのか。意匠特許に関わるすべての方必読の内容です。

もっと詳しく »
意匠特許の自明性判断に関する重要な大法廷判決。意匠特許の実務に大きな影響を与えると予想。解説:Rosen-Durlingテストの背景、LKQ Corp. v. GM Global Tech. Operations事件の概要、CAFCの大法廷判決の内容、今後の影響と考察。

意匠の常識が変わる:CAFC大法廷が意匠特許の自明性判断により柔軟な判断基準を採用

CAFCが、意匠特許の自明性判断基準に関する重要な大法廷判決を下しました。長年用いられてきたRosen-Durlingテストを覆し、より柔軟な判断基準を採用した今回の判決は、意匠特許の実務に大きな影響を与えると予想されます。本記事では、Rosen-Durlingテストの背景、LKQ Corp. v. GM Global Tech. Operations事件の概要、CAFCの大法廷判決の内容、および今後の影響と考察について詳しく解説します。意匠特許の出願や訴訟に携わる実務家必見の内容です。

もっと詳しく »
AI-generated content in patent examination. USPTO seeks input on whether AI-generated content should be treated as prior art in patent examination. Challenges and opportunities of AI advancement in the patent system are discussed. Detailed analysis on strategies, potential legal reforms, and international collaboration are explored.

AIが生成するコンテンツは先行技術となるのか?

AIが生成するコンテンツが特許審査における先行技術として扱われるべきかどうかについて、米国特許商標庁が意見募集を行っています。AIによる大量の先行技術生成やその品質への懸念、特許ポートフォリオへの影響、当業者の知識に与える影響など、AIの進展が特許制度に与える課題と機会が浮き彫りになっています。本記事では、USPTOの意見募集を中心に、AIが生成する先行技術への対応策、法改正の可能性、他国との連携など、この重要な問題に対する分析と考察を詳しく解説しています。

もっと詳しく »
Image showing a diagram illustrating the impact of the new fee structure for Continuation Applications and Terminal Disclaimers proposed by the USPTO on patent filing strategies.

Terminal Disclaimerの新費用が継続出願戦略に与える影響: 米国特許庁が提案する大幅な料金改定の考察その2

米国特許商標庁が提案する継続出願とTerminal Disclaimerに関する新たな料金体系は、特許出願戦略に大きな影響を与える可能性があります。本記事では、新料金体系の詳細と、それが出願人の戦略に与える影響について詳しく解説します。特に、Terminal Disclaimerの提出タイミングや継続出願の是非、費用対効果を考慮した出願戦略の立案などの重要なポイントに焦点を当てます。また、スタートアップや中小企業など、限られた資金で知財戦略を実行する企業にとっての影響や対策についても考察します。新料金体系に適応し、特許保護の最適化と費用管理のバランスを取ることが、今後の知財戦略の鍵となるでしょう。

もっと詳しく »
Study on the impact of increasing RCE fees on patent strategy in response to USPTO proposed fee revisions for 2025

RCE手数料の値上げが特許戦略に与える影響: 米国特許庁が提案する大幅な料金改定の考察その1

2025年度の特許関連手数料の改定案の中から継続審査請求 (RCE) の手数料に焦点を当てて、特許出願人や企業の知的財産戦略に与える影響に関して考察してみました。本記事では、RCE手数料の意図的な値上げの詳細と、その背景にあるUSPTOの目的を解説します。さらに、改定案が特許戦略に与える影響を、審判請求や継続出願との比較、権利化までの期間と費用の観点から分析し、企業や発明者が取るべき対応策を提言します。USPTOの料金改定を契機に、特許戦略の抜本的な見直しが求められる中、本記事は、効率的な権利化プロセスの構築、戦略的な手続きの活用、代理人との協働によるコスト管理など、実践的な情報を提供します。

もっと詳しく »
位置情報ビジネスの特許戦略、Beteiro v. DraftKings事件から学ぶ適格性判断の厳格化
特許出願

GPSを使った発明の特許適格性が厳格化: Beteiro v. DraftKings事件に学ぶ特許明細書の作り方

CAFCによるBeteiro v. DraftKings事件判決は、位置情報ベースのサービスに関する特許適格性判断に大きな影響を与えました。本記事では、この判決がコンピュータ実装発明全般にもたらす影響を詳細に解説します。Alice/Mayo二段階テストの厳格な適用、抽象的アイデアと技術的改善の区別、そして特許明細書の重要性について深く掘り下げています。さらに、特許実務家や企業が今後の特許戦略を立てる上で考慮すべきポイントを探り、具体的な対応策を提案しています。技術革新とビジネスモデル保護のバランスが問われる中、この記事は日本の知財実務家や企業にとって貴重な指針となるでしょう。

もっと読む »
ターミナルディスクレーマーの落とし穴:SIPCO v. JASCO事件から学ぶ教訓
特許出願

ターミナルディスクレーマーの落とし穴:SIPCO v. JASCO事件から学ぶ教訓

ターミナルディスクレーマーの誤りが特許の権利行使不能を招く衝撃的な判例、SIPCO v. JASCO事件を解説。たった1桁の数字の誤りが特許の運命を左右し、特許実務に革命的な影響を与えた本件の詳細と、そこから導き出されるベストプラクティスを徹底解説します。USPTOの新たな規則提案がもたらす潜在的な影響も含め、特許専門家必見の内容となっています。特許戦略の策定と実行において長期的かつ慎重なアプローチの重要性を再認識させる本記事は、特許制度の信頼性と効果的な運用を維持するための重要な指針となるでしょう。特許実務家、特許権者、そして知的財産に関心のある全ての方々にとって、見逃せない重要な情報が満載です。

もっと読む »
特許出願人が米国輸出管理規制の基礎知識や実務上の留意点を解説した画像
特許出願

特許出願人が知っておくべき米国輸出管理規制の基礎知識

特許出願における米国輸出管理規制の基礎知識と実務上の留意点を解説。米国発の発明を外国出願する際に必要なUSPTO外国出願ライセンスの取得方法や、出願前の技術情報の取り扱いに関するEARとITARの規制、外国人への「みなし輸出」の問題について詳述。違反した場合の重大なペナルティと、社内体制の整備・従業員教育の重要性についても言及。グローバルな特許出願を行う企業にとって、輸出管理規制の理解と対策は不可欠です。本記事では、特許出願人が知っておくべき米国輸出管理法規の基本的枠組みから実務上の対策まで、広く解説しています。

もっと読む »
USPTOのターミナルディスクレーマーに関するルール変更提案
特許出願

ターミナルディスクレーマーで特許が行使不能に?知財業界を困惑させるUSPTOによるルール変更提案

米国特許商標庁(USPTO)が、自明型ダブルパテント(ODP)拒絶を克服するために提出されるターミナルディスクレーマーに関する新たな要件を提案しました。この提案では、特定の状況下で特許権の行使を不能にする合意をターミナルディスクレーマーに含めることが義務付けられています。これにより、参照特許のクレームが無効になった場合、ターミナルディスクレーマーで結びつけられたすべての特許が権利行使不能になるという重大な影響があります。本記事では、現行のターミナルディスクレーマー実務の概要、提案されたルールの下での主要な変更点、USPTOの根拠と政策目標、そして潜在的な影響と意義について詳しく解説します。この提案は特許権者、競合他社、特許制度全体に大きな影響を与える可能性があり、その正当性や影響については慎重な検討が求められます。

もっと読む »
USPTO updates examination guidance following CAFC decision on design patent obviousness analysis.
特許出願

USPTOがCAFCによる意匠特許の自明性分析の変更を受けて審査ガイダンスを更新

意匠特許の自明性判断基準が大きく変わります。連邦巡回区控訴裁判所の画期的な判決を受け、USPTOは審査ガイダンスを刷新しました。長年の厳格なテストから、実用特許の判断手法に近い柔軟なアプローチへと移行します。本記事では、新たな審査フレームワークの詳細と、それが意匠特許出願人や権利者に与える影響について徹底的に解説します。意匠特許の審査が変わる中で、どのような対応が求められるのか。意匠特許に関わるすべての方必読の内容です。

もっと読む »
意匠特許の自明性判断に関する重要な大法廷判決。意匠特許の実務に大きな影響を与えると予想。解説:Rosen-Durlingテストの背景、LKQ Corp. v. GM Global Tech. Operations事件の概要、CAFCの大法廷判決の内容、今後の影響と考察。
特許出願

意匠の常識が変わる:CAFC大法廷が意匠特許の自明性判断により柔軟な判断基準を採用

CAFCが、意匠特許の自明性判断基準に関する重要な大法廷判決を下しました。長年用いられてきたRosen-Durlingテストを覆し、より柔軟な判断基準を採用した今回の判決は、意匠特許の実務に大きな影響を与えると予想されます。本記事では、Rosen-Durlingテストの背景、LKQ Corp. v. GM Global Tech. Operations事件の概要、CAFCの大法廷判決の内容、および今後の影響と考察について詳しく解説します。意匠特許の出願や訴訟に携わる実務家必見の内容です。

もっと読む »
AI-generated content in patent examination. USPTO seeks input on whether AI-generated content should be treated as prior art in patent examination. Challenges and opportunities of AI advancement in the patent system are discussed. Detailed analysis on strategies, potential legal reforms, and international collaboration are explored.
AI

AIが生成するコンテンツは先行技術となるのか?

AIが生成するコンテンツが特許審査における先行技術として扱われるべきかどうかについて、米国特許商標庁が意見募集を行っています。AIによる大量の先行技術生成やその品質への懸念、特許ポートフォリオへの影響、当業者の知識に与える影響など、AIの進展が特許制度に与える課題と機会が浮き彫りになっています。本記事では、USPTOの意見募集を中心に、AIが生成する先行技術への対応策、法改正の可能性、他国との連携など、この重要な問題に対する分析と考察を詳しく解説しています。

もっと読む »
Image showing a diagram illustrating the impact of the new fee structure for Continuation Applications and Terminal Disclaimers proposed by the USPTO on patent filing strategies.
特許出願

Terminal Disclaimerの新費用が継続出願戦略に与える影響: 米国特許庁が提案する大幅な料金改定の考察その2

米国特許商標庁が提案する継続出願とTerminal Disclaimerに関する新たな料金体系は、特許出願戦略に大きな影響を与える可能性があります。本記事では、新料金体系の詳細と、それが出願人の戦略に与える影響について詳しく解説します。特に、Terminal Disclaimerの提出タイミングや継続出願の是非、費用対効果を考慮した出願戦略の立案などの重要なポイントに焦点を当てます。また、スタートアップや中小企業など、限られた資金で知財戦略を実行する企業にとっての影響や対策についても考察します。新料金体系に適応し、特許保護の最適化と費用管理のバランスを取ることが、今後の知財戦略の鍵となるでしょう。

もっと読む »
Study on the impact of increasing RCE fees on patent strategy in response to USPTO proposed fee revisions for 2025
特許出願

RCE手数料の値上げが特許戦略に与える影響: 米国特許庁が提案する大幅な料金改定の考察その1

2025年度の特許関連手数料の改定案の中から継続審査請求 (RCE) の手数料に焦点を当てて、特許出願人や企業の知的財産戦略に与える影響に関して考察してみました。本記事では、RCE手数料の意図的な値上げの詳細と、その背景にあるUSPTOの目的を解説します。さらに、改定案が特許戦略に与える影響を、審判請求や継続出願との比較、権利化までの期間と費用の観点から分析し、企業や発明者が取るべき対応策を提言します。USPTOの料金改定を契機に、特許戦略の抜本的な見直しが求められる中、本記事は、効率的な権利化プロセスの構築、戦略的な手続きの活用、代理人との協働によるコスト管理など、実践的な情報を提供します。

もっと読む »