Category: 特許出願

特許出願

新技術の権利化は開示内容が鍵:CAFCはサブマリン特許を懸念か?

現在確立されている物理学の法則に違反した「新興技術」に関する特許が出願された場合、米国特許庁が実験的検証を伴う結果の再現性など、通常より高い基準の開示内容を要求するのは正しいとしました。裁判所は、まだ解明されていない技術に対して慎重な立場を取りサブマリン特許を抑制したい考えなのでしょうか?

特許出願

特許翻訳ミスは致命傷になりかねない!でも直し方は複数あり

契約違反は大きく4つのタイプに分けることができます。それぞれの特徴を知り、理想的な契約書を作成することで違反リスクを軽減することができます。契約違反リスクをゼロにすることはできませんが、取り組み次第では大きなリスク軽減が見込めます。

Contract-signing
契約

4つの契約違反のタイプと違反リスクを軽減する3つの方法

契約違反は大きく4つのタイプに分けることができます。それぞれの特徴を知り、理想的な契約書を作成することで違反リスクを軽減することができます。契約違反リスクをゼロにすることはできませんが、取り組み次第では大きなリスク軽減が見込めます。

特許出願

USPTOによる効果的な審査官との面接方法

以前から現地の実務者と意見交換を行う際にインタビューの重要性は注目されてきました。今回は、特許庁の責任者が公式の立場で効果的な審査官との面接方法を紹介しているので、特に興味深い内容でした。オンラインでの申込みやビデオツールの導入によって、アメリカにおける権利化のためにインタビューがより重要になってくるのは間違いありません。