Category: 特許出願

AIに関する発明の権利化に関する特許適格性の問題とその解決方法

AI技術の特許出願は増加していますが、特許法101条に基づく法的課題に直面しています。特に、機械学習技術が抽象的アイデアと見なされることがあり、その特許適格性 (patentable subject matter) が問われやすい傾向にあります。特許適格性の問題はAliceテストによって判断されますが、特許でクレームされている具体的かつ従来にない機械学習技術に焦点を当てるというような出願前の事前対策をおこなうことによって、AI発明の特許可能性に関する厳しい基準をクリアーすることが重要になってきます。

もっと詳しく »

「人間の貢献度」を重視するUSPTOのAIガイダンスが公開される

米国特許商標庁(USPTO)は2月12日、人工知能(AI)支援発明の発明者性を判断するためのガイダンスを公表しました。同庁が以前から述べているように、このガイダンスは、「AI支援発明は一概に特許不可とは言えないものの、特許は人間の創意工夫にインセンティブを与え、それに報いる機能を有するため、発明者適格性分析は人間の貢献に焦点を当てるべきである」ことを明確にしています。

もっと詳しく »

権利化をスムーズに行うためのインタビュー戦略

審査官は、一つの出願を調査して対応する時間があまりありません。加えて、主題が非常に複雑であることもよくあります。インタビューは、チャート、表、写真、その他の情報伝達・要約手段を用いた理想的な教育の機会となり得ます。また、クレームが許容される理由を示すのにも役立ちます。このようなプレゼンテーションは、権利化が泥沼化するのを防ぐことができます。新しい審査官があなたの案件を担当する場合、事前にサマリープレゼンテーションを行うことで、審査官を効率的にスピードアップさせることもできます。

もっと詳しく »

ロボット弁護士の登場?AIは特許実務をどう変えるか

長年にわたり、ロボットが法律業務を行うという概念は、科学小説の範囲に留まっていました。しかし、特許法の領域においては、この「未来」は予想よりも早く現実のものとなりつつあります。この変化の背後にあるのは、人工知能技術、特にClaudeやOpenAIのGPT-4などの大規模言語モデル(LLM)の出現です。これらのAIシステムは、複雑な特許文書の分析および法的文書の生成において、人間に迫る能力を示しています。法律事務所は、これらの技術を積極的に採用し、従来は難しいとされていた業務の効率化を図ることが期待されています。この動向は、特許法の実務における革新的な変化を象徴しており、弁護士として私たちは、その影響と潜在的な応用に注目する必要があります。

もっと詳しく »

USPTOが半導体技術に対する出願の特別対応を始める

米国特許庁(USPTO)は、2023年12月1日より、半導体デバイス製造のためのプロセスまたは装置に関する特許出願を対象とした半導体技術パイロットプログラム(Semiconductor Technology Pilot Program)を開始しました。要件を満たした出願は、最初のオフィスアクションが発行されるまでの間、特別なステータスが付与され、優先的に審査が進められます。

もっと詳しく »

生成AI時代のソースコードの知財保護

法的に、雇用関係においては、従業員が職務上で開発したソフトウェアコードに関する全ての知的財産権は雇用主に帰属します。この原則は、契約文書に明記されている場合、契約労働者にも同様に適用されることが一般的です。AIによるコード生成を従業員が行った場合であっても、雇用主がそのコードの権利を保有するのが通常です。しかし、AI生成コードの知的財産保護を目指す際には、従来の枠組みにとらわれず、新たな評価基準と管理手法が求められることになります。

もっと詳しく »

USPTOが新たに意匠特許バーを設立:その全貌とは?

USPTOが新たに意匠特許バーを設立し、意匠特許に特化した資格が登場しました。従来のパテントバー試験に合格しないといけないですが、受験資格の学位条件が拡大されています。意匠専門の代理人資格の実用性については様々な意見がありますが、この変更により、より多くの人材が知的財産分野に参入する機会が増えたことは注目に値します。

もっと詳しく »

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと詳しく »

アメリカ発の発明の国際特許出願に必要な外国出願ライセンスとその取得方法

特許の取得と行使は、非常に地域的です。ある国で特許を取得したからといって、自動的に他の国でも保護されるわけではありません。その結果、特許権者は、保護を希望する各国で複数の特許を出願しなければなりません。しかし、ここで、米国で発明されたものについて特許保護を申請する特許権者は、注意が必要です。というのも、国家安全保障の観点から、米国は技術情報の輸出に制限を課しているからです。この記事では、アメリカから他国に特許出願する際に必要な外国出願ライセンスの取得方法について詳しく解説します。

もっと詳しく »
An illustrative scene highlighting the legal challenges in AI technology patent applications, featuring symbolic representations of AI technologies, such as neural networks, alongside legal symbols and documents. The image underscores the significance of overcoming Section 101 hurdles and the Alice test for patent eligibility through strategic pre-application measures.

AIに関する発明の権利化に関する特許適格性の問題とその解決方法

AI技術の特許出願は増加していますが、特許法101条に基づく法的課題に直面しています。特に、機械学習技術が抽象的アイデアと見なされることがあり、その特許適格性 (patentable subject matter) が問われやすい傾向にあります。特許適格性の問題はAliceテストによって判断されますが、特許でクレームされている具体的かつ従来にない機械学習技術に焦点を当てるというような出願前の事前対策をおこなうことによって、AI発明の特許可能性に関する厳しい基準をクリアーすることが重要になってきます。

もっと詳しく »
Digital illustration of the balance between human innovation and artificial intelligence in the context of patent law, featuring a gavel, patent documents, digital circuits, and an AI brain symbol, representing USPTO guidance on AI-assisted inventorship

「人間の貢献度」を重視するUSPTOのAIガイダンスが公開される

米国特許商標庁(USPTO)は2月12日、人工知能(AI)支援発明の発明者性を判断するためのガイダンスを公表しました。同庁が以前から述べているように、このガイダンスは、「AI支援発明は一概に特許不可とは言えないものの、特許は人間の創意工夫にインセンティブを与え、それに報いる機能を有するため、発明者適格性分析は人間の貢献に焦点を当てるべきである」ことを明確にしています。

もっと詳しく »
Professional featured image showing a productive dialogue between a patent applicant and examiner, with a magnifying glass over patent documents, a handshake, and visual aids like charts and diagrams in an office setting

権利化をスムーズに行うためのインタビュー戦略

審査官は、一つの出願を調査して対応する時間があまりありません。加えて、主題が非常に複雑であることもよくあります。インタビューは、チャート、表、写真、その他の情報伝達・要約手段を用いた理想的な教育の機会となり得ます。また、クレームが許容される理由を示すのにも役立ちます。このようなプレゼンテーションは、権利化が泥沼化するのを防ぐことができます。新しい審査官があなたの案件を担当する場合、事前にサマリープレゼンテーションを行うことで、審査官を効率的にスピードアップさせることもできます。

もっと詳しく »
Futuristic office with AI technology, featuring a robot at a desk surrounded by holographic displays of patent documents and legal texts, set against a modern city skyline

ロボット弁護士の登場?AIは特許実務をどう変えるか

長年にわたり、ロボットが法律業務を行うという概念は、科学小説の範囲に留まっていました。しかし、特許法の領域においては、この「未来」は予想よりも早く現実のものとなりつつあります。この変化の背後にあるのは、人工知能技術、特にClaudeやOpenAIのGPT-4などの大規模言語モデル(LLM)の出現です。これらのAIシステムは、複雑な特許文書の分析および法的文書の生成において、人間に迫る能力を示しています。法律事務所は、これらの技術を積極的に採用し、従来は難しいとされていた業務の効率化を図ることが期待されています。この動向は、特許法の実務における革新的な変化を象徴しており、弁護士として私たちは、その影響と潜在的な応用に注目する必要があります。

もっと詳しく »
Professional featured image for a blog article, showcasing the USPTO's Semiconductor Technology Pilot Program. The image includes a detailed representation of semiconductor technology, such as a semiconductor chip or manufacturing device, with symbolic elements related to the USPTO, like their logo or an iconic building, in a sophisticated and technology-focused theme suitable for a professional audience

USPTOが半導体技術に対する出願の特別対応を始める

米国特許庁(USPTO)は、2023年12月1日より、半導体デバイス製造のためのプロセスまたは装置に関する特許出願を対象とした半導体技術パイロットプログラム(Semiconductor Technology Pilot Program)を開始しました。要件を満たした出願は、最初のオフィスアクションが発行されるまでの間、特別なステータスが付与され、優先的に審査が進められます。

もっと詳しく »
Computer monitor on a desk displaying lines of programming code, with a keyboard and mouse, in a professional tech workspace setting

生成AI時代のソースコードの知財保護

法的に、雇用関係においては、従業員が職務上で開発したソフトウェアコードに関する全ての知的財産権は雇用主に帰属します。この原則は、契約文書に明記されている場合、契約労働者にも同様に適用されることが一般的です。AIによるコード生成を従業員が行った場合であっても、雇用主がそのコードの権利を保有するのが通常です。しかし、AI生成コードの知的財産保護を目指す際には、従来の枠組みにとらわれず、新たな評価基準と管理手法が求められることになります。

もっと詳しく »

USPTOが新たに意匠特許バーを設立:その全貌とは?

USPTOが新たに意匠特許バーを設立し、意匠特許に特化した資格が登場しました。従来のパテントバー試験に合格しないといけないですが、受験資格の学位条件が拡大されています。意匠専門の代理人資格の実用性については様々な意見がありますが、この変更により、より多くの人材が知的財産分野に参入する機会が増えたことは注目に値します。

もっと詳しく »

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと詳しく »

アメリカ発の発明の国際特許出願に必要な外国出願ライセンスとその取得方法

特許の取得と行使は、非常に地域的です。ある国で特許を取得したからといって、自動的に他の国でも保護されるわけではありません。その結果、特許権者は、保護を希望する各国で複数の特許を出願しなければなりません。しかし、ここで、米国で発明されたものについて特許保護を申請する特許権者は、注意が必要です。というのも、国家安全保障の観点から、米国は技術情報の輸出に制限を課しているからです。この記事では、アメリカから他国に特許出願する際に必要な外国出願ライセンスの取得方法について詳しく解説します。

もっと詳しく »
An illustrative scene highlighting the legal challenges in AI technology patent applications, featuring symbolic representations of AI technologies, such as neural networks, alongside legal symbols and documents. The image underscores the significance of overcoming Section 101 hurdles and the Alice test for patent eligibility through strategic pre-application measures.
AI

AIに関する発明の権利化に関する特許適格性の問題とその解決方法

AI技術の特許出願は増加していますが、特許法101条に基づく法的課題に直面しています。特に、機械学習技術が抽象的アイデアと見なされることがあり、その特許適格性 (patentable subject matter) が問われやすい傾向にあります。特許適格性の問題はAliceテストによって判断されますが、特許でクレームされている具体的かつ従来にない機械学習技術に焦点を当てるというような出願前の事前対策をおこなうことによって、AI発明の特許可能性に関する厳しい基準をクリアーすることが重要になってきます。

もっと読む »
Digital illustration of the balance between human innovation and artificial intelligence in the context of patent law, featuring a gavel, patent documents, digital circuits, and an AI brain symbol, representing USPTO guidance on AI-assisted inventorship
AI

「人間の貢献度」を重視するUSPTOのAIガイダンスが公開される

米国特許商標庁(USPTO)は2月12日、人工知能(AI)支援発明の発明者性を判断するためのガイダンスを公表しました。同庁が以前から述べているように、このガイダンスは、「AI支援発明は一概に特許不可とは言えないものの、特許は人間の創意工夫にインセンティブを与え、それに報いる機能を有するため、発明者適格性分析は人間の貢献に焦点を当てるべきである」ことを明確にしています。

もっと読む »
Professional featured image showing a productive dialogue between a patent applicant and examiner, with a magnifying glass over patent documents, a handshake, and visual aids like charts and diagrams in an office setting
特許出願

権利化をスムーズに行うためのインタビュー戦略

審査官は、一つの出願を調査して対応する時間があまりありません。加えて、主題が非常に複雑であることもよくあります。インタビューは、チャート、表、写真、その他の情報伝達・要約手段を用いた理想的な教育の機会となり得ます。また、クレームが許容される理由を示すのにも役立ちます。このようなプレゼンテーションは、権利化が泥沼化するのを防ぐことができます。新しい審査官があなたの案件を担当する場合、事前にサマリープレゼンテーションを行うことで、審査官を効率的にスピードアップさせることもできます。

もっと読む »
Futuristic office with AI technology, featuring a robot at a desk surrounded by holographic displays of patent documents and legal texts, set against a modern city skyline
AI

ロボット弁護士の登場?AIは特許実務をどう変えるか

長年にわたり、ロボットが法律業務を行うという概念は、科学小説の範囲に留まっていました。しかし、特許法の領域においては、この「未来」は予想よりも早く現実のものとなりつつあります。この変化の背後にあるのは、人工知能技術、特にClaudeやOpenAIのGPT-4などの大規模言語モデル(LLM)の出現です。これらのAIシステムは、複雑な特許文書の分析および法的文書の生成において、人間に迫る能力を示しています。法律事務所は、これらの技術を積極的に採用し、従来は難しいとされていた業務の効率化を図ることが期待されています。この動向は、特許法の実務における革新的な変化を象徴しており、弁護士として私たちは、その影響と潜在的な応用に注目する必要があります。

もっと読む »
Professional featured image for a blog article, showcasing the USPTO's Semiconductor Technology Pilot Program. The image includes a detailed representation of semiconductor technology, such as a semiconductor chip or manufacturing device, with symbolic elements related to the USPTO, like their logo or an iconic building, in a sophisticated and technology-focused theme suitable for a professional audience
特許出願

USPTOが半導体技術に対する出願の特別対応を始める

米国特許庁(USPTO)は、2023年12月1日より、半導体デバイス製造のためのプロセスまたは装置に関する特許出願を対象とした半導体技術パイロットプログラム(Semiconductor Technology Pilot Program)を開始しました。要件を満たした出願は、最初のオフィスアクションが発行されるまでの間、特別なステータスが付与され、優先的に審査が進められます。

もっと読む »
Computer monitor on a desk displaying lines of programming code, with a keyboard and mouse, in a professional tech workspace setting
AI

生成AI時代のソースコードの知財保護

法的に、雇用関係においては、従業員が職務上で開発したソフトウェアコードに関する全ての知的財産権は雇用主に帰属します。この原則は、契約文書に明記されている場合、契約労働者にも同様に適用されることが一般的です。AIによるコード生成を従業員が行った場合であっても、雇用主がそのコードの権利を保有するのが通常です。しかし、AI生成コードの知的財産保護を目指す際には、従来の枠組みにとらわれず、新たな評価基準と管理手法が求められることになります。

もっと読む »
特許出願

USPTOが新たに意匠特許バーを設立:その全貌とは?

USPTOが新たに意匠特許バーを設立し、意匠特許に特化した資格が登場しました。従来のパテントバー試験に合格しないといけないですが、受験資格の学位条件が拡大されています。意匠専門の代理人資格の実用性については様々な意見がありますが、この変更により、より多くの人材が知的財産分野に参入する機会が増えたことは注目に値します。

もっと読む »
AI

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと読む »
特許出願

アメリカ発の発明の国際特許出願に必要な外国出願ライセンスとその取得方法

特許の取得と行使は、非常に地域的です。ある国で特許を取得したからといって、自動的に他の国でも保護されるわけではありません。その結果、特許権者は、保護を希望する各国で複数の特許を出願しなければなりません。しかし、ここで、米国で発明されたものについて特許保護を申請する特許権者は、注意が必要です。というのも、国家安全保障の観点から、米国は技術情報の輸出に制限を課しているからです。この記事では、アメリカから他国に特許出願する際に必要な外国出願ライセンスの取得方法について詳しく解説します。

もっと読む »