Category: 特許出願

USPTOが新たに意匠特許バーを設立:その全貌とは?

USPTOが新たに意匠特許バーを設立し、意匠特許に特化した資格が登場しました。従来のパテントバー試験に合格しないといけないですが、受験資格の学位条件が拡大されています。意匠専門の代理人資格の実用性については様々な意見がありますが、この変更により、より多くの人材が知的財産分野に参入する機会が増えたことは注目に値します。

もっと詳しく »

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと詳しく »

アメリカ発の発明の国際特許出願に必要な外国出願ライセンスとその取得方法

特許の取得と行使は、非常に地域的です。ある国で特許を取得したからといって、自動的に他の国でも保護されるわけではありません。その結果、特許権者は、保護を希望する各国で複数の特許を出願しなければなりません。しかし、ここで、米国で発明されたものについて特許保護を申請する特許権者は、注意が必要です。というのも、国家安全保障の観点から、米国は技術情報の輸出に制限を課しているからです。この記事では、アメリカから他国に特許出願する際に必要な外国出願ライセンスの取得方法について詳しく解説します。

もっと詳しく »

終了してしまったUSPTOのOA予測ツール:知っておくべき点

米国特許商標庁(USPTO)は、広く愛用されていたFirst Office Action Estimatorを無効にしました。First Office Action Estimatorは一般に公開されていて、この機能を使うことで、多くの出願人はアメリカ代理人と連絡を取ることなく出願の状況を確認することができました。この記事では、USPTOのFirst Office Action Estimatorツールのサービス終了について解説し、特許出願者に与える影響と今後の対応について考察します。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »

非戦略的特許を維持するコスト 

IBMが長年維持してきた特許発行数一位の座を降り「量」から「質」にシフトしたように、自社の戦略に沿っていない特許を維持するコストは決して無視できないものです。特に、経済不安の中で、コストカットを行う際、よくデザインされた特許失効戦略に基づいてスリムでスマートなポートフォリオを構築していくためには、事前の分析が必要です。そこで、今回は注目したい3つの分析の視点を紹介します。

もっと詳しく »

特許出願書類を作成する際、クレーム解釈を念頭に置くことが重要

特許出願の業務や中間処理だけを行っていると、権利化させることに集中しがちですが、権利化させていく中で、権利化後の権利行使を前提にしたクレーム構成にも配慮することが重要です。今回も、クレーム解釈が特許の有効性を判断したケースがありましたので、実例を交えながらその重要性を解説していきます。

もっと詳しく »

クレーム解釈における「The」と 「A」の違い

特許明細の作成の際、特許の限定を導入するために、クレーム作成時に不定冠詞(すなわち、「a」や「an」)は定期的に使用されています。しかし、Apple Inc. v. Corephotonics, Ltd.事件において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、このような冠詞の使用、特に無効性分析において後にクレームを拡大するために使用される可能性がある場合、実務者にこのような冠詞の使用についてよく考えるよう求める判決を下しました。

もっと詳しく »

USPTOが新たに意匠特許バーを設立:その全貌とは?

USPTOが新たに意匠特許バーを設立し、意匠特許に特化した資格が登場しました。従来のパテントバー試験に合格しないといけないですが、受験資格の学位条件が拡大されています。意匠専門の代理人資格の実用性については様々な意見がありますが、この変更により、より多くの人材が知的財産分野に参入する機会が増えたことは注目に値します。

もっと詳しく »

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと詳しく »

アメリカ発の発明の国際特許出願に必要な外国出願ライセンスとその取得方法

特許の取得と行使は、非常に地域的です。ある国で特許を取得したからといって、自動的に他の国でも保護されるわけではありません。その結果、特許権者は、保護を希望する各国で複数の特許を出願しなければなりません。しかし、ここで、米国で発明されたものについて特許保護を申請する特許権者は、注意が必要です。というのも、国家安全保障の観点から、米国は技術情報の輸出に制限を課しているからです。この記事では、アメリカから他国に特許出願する際に必要な外国出願ライセンスの取得方法について詳しく解説します。

もっと詳しく »

終了してしまったUSPTOのOA予測ツール:知っておくべき点

米国特許商標庁(USPTO)は、広く愛用されていたFirst Office Action Estimatorを無効にしました。First Office Action Estimatorは一般に公開されていて、この機能を使うことで、多くの出願人はアメリカ代理人と連絡を取ることなく出願の状況を確認することができました。この記事では、USPTOのFirst Office Action Estimatorツールのサービス終了について解説し、特許出願者に与える影響と今後の対応について考察します。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »

非戦略的特許を維持するコスト 

IBMが長年維持してきた特許発行数一位の座を降り「量」から「質」にシフトしたように、自社の戦略に沿っていない特許を維持するコストは決して無視できないものです。特に、経済不安の中で、コストカットを行う際、よくデザインされた特許失効戦略に基づいてスリムでスマートなポートフォリオを構築していくためには、事前の分析が必要です。そこで、今回は注目したい3つの分析の視点を紹介します。

もっと詳しく »

特許出願書類を作成する際、クレーム解釈を念頭に置くことが重要

特許出願の業務や中間処理だけを行っていると、権利化させることに集中しがちですが、権利化させていく中で、権利化後の権利行使を前提にしたクレーム構成にも配慮することが重要です。今回も、クレーム解釈が特許の有効性を判断したケースがありましたので、実例を交えながらその重要性を解説していきます。

もっと詳しく »
draft pen paper

クレーム解釈における「The」と 「A」の違い

特許明細の作成の際、特許の限定を導入するために、クレーム作成時に不定冠詞(すなわち、「a」や「an」)は定期的に使用されています。しかし、Apple Inc. v. Corephotonics, Ltd.事件において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、このような冠詞の使用、特に無効性分析において後にクレームを拡大するために使用される可能性がある場合、実務者にこのような冠詞の使用についてよく考えるよう求める判決を下しました。

もっと詳しく »
特許出願

USPTOが新たに意匠特許バーを設立:その全貌とは?

USPTOが新たに意匠特許バーを設立し、意匠特許に特化した資格が登場しました。従来のパテントバー試験に合格しないといけないですが、受験資格の学位条件が拡大されています。意匠専門の代理人資格の実用性については様々な意見がありますが、この変更により、より多くの人材が知的財産分野に参入する機会が増えたことは注目に値します。

もっと読む »
AI

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと読む »
特許出願

アメリカ発の発明の国際特許出願に必要な外国出願ライセンスとその取得方法

特許の取得と行使は、非常に地域的です。ある国で特許を取得したからといって、自動的に他の国でも保護されるわけではありません。その結果、特許権者は、保護を希望する各国で複数の特許を出願しなければなりません。しかし、ここで、米国で発明されたものについて特許保護を申請する特許権者は、注意が必要です。というのも、国家安全保障の観点から、米国は技術情報の輸出に制限を課しているからです。この記事では、アメリカから他国に特許出願する際に必要な外国出願ライセンスの取得方法について詳しく解説します。

もっと読む »
特許出願

終了してしまったUSPTOのOA予測ツール:知っておくべき点

米国特許商標庁(USPTO)は、広く愛用されていたFirst Office Action Estimatorを無効にしました。First Office Action Estimatorは一般に公開されていて、この機能を使うことで、多くの出願人はアメリカ代理人と連絡を取ることなく出願の状況を確認することができました。この記事では、USPTOのFirst Office Action Estimatorツールのサービス終了について解説し、特許出願者に与える影響と今後の対応について考察します。

もっと読む »
AI

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと読む »
特許出願

非戦略的特許を維持するコスト 

IBMが長年維持してきた特許発行数一位の座を降り「量」から「質」にシフトしたように、自社の戦略に沿っていない特許を維持するコストは決して無視できないものです。特に、経済不安の中で、コストカットを行う際、よくデザインされた特許失効戦略に基づいてスリムでスマートなポートフォリオを構築していくためには、事前の分析が必要です。そこで、今回は注目したい3つの分析の視点を紹介します。

もっと読む »
特許出願

特許出願書類を作成する際、クレーム解釈を念頭に置くことが重要

特許出願の業務や中間処理だけを行っていると、権利化させることに集中しがちですが、権利化させていく中で、権利化後の権利行使を前提にしたクレーム構成にも配慮することが重要です。今回も、クレーム解釈が特許の有効性を判断したケースがありましたので、実例を交えながらその重要性を解説していきます。

もっと読む »
draft pen paper
特許出願

クレーム解釈における「The」と 「A」の違い

特許明細の作成の際、特許の限定を導入するために、クレーム作成時に不定冠詞(すなわち、「a」や「an」)は定期的に使用されています。しかし、Apple Inc. v. Corephotonics, Ltd.事件において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、このような冠詞の使用、特に無効性分析において後にクレームを拡大するために使用される可能性がある場合、実務者にこのような冠詞の使用についてよく考えるよう求める判決を下しました。

もっと読む »