Category: 特許出願

終了してしまったUSPTOのOA予測ツール:知っておくべき点

米国特許商標庁(USPTO)は、広く愛用されていたFirst Office Action Estimatorを無効にしました。First Office Action Estimatorは一般に公開されていて、この機能を使うことで、多くの出願人はアメリカ代理人と連絡を取ることなく出願の状況を確認することができました。この記事では、USPTOのFirst Office Action Estimatorツールのサービス終了について解説し、特許出願者に与える影響と今後の対応について考察します。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »

非戦略的特許を維持するコスト 

IBMが長年維持してきた特許発行数一位の座を降り「量」から「質」にシフトしたように、自社の戦略に沿っていない特許を維持するコストは決して無視できないものです。特に、経済不安の中で、コストカットを行う際、よくデザインされた特許失効戦略に基づいてスリムでスマートなポートフォリオを構築していくためには、事前の分析が必要です。そこで、今回は注目したい3つの分析の視点を紹介します。

もっと詳しく »

特許出願書類を作成する際、クレーム解釈を念頭に置くことが重要

特許出願の業務や中間処理だけを行っていると、権利化させることに集中しがちですが、権利化させていく中で、権利化後の権利行使を前提にしたクレーム構成にも配慮することが重要です。今回も、クレーム解釈が特許の有効性を判断したケースがありましたので、実例を交えながらその重要性を解説していきます。

もっと詳しく »

クレーム解釈における「The」と 「A」の違い

特許明細の作成の際、特許の限定を導入するために、クレーム作成時に不定冠詞(すなわち、「a」や「an」)は定期的に使用されています。しかし、Apple Inc. v. Corephotonics, Ltd.事件において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、このような冠詞の使用、特に無効性分析において後にクレームを拡大するために使用される可能性がある場合、実務者にこのような冠詞の使用についてよく考えるよう求める判決を下しました。

もっと詳しく »

AIを活用した特許出願準備における弁護士依頼者間の秘匿特権の維持

特許出願準備における大規模言語モデル(LLM)の使用は、多くの企業内および法律事務所のリーダーにとって最重要課題です。このトレンドは、法律領域における技術統合の広範な傾向を象徴しています。このような動きは効率性を高めるだけでなく、それと同時に、伝統的な法理論をめぐる新たな疑問も引き起こしています。その中でも注目したいのが、特許出願準備にLLMを利用すること、弁護士と依頼人の間の秘匿特権(attorney-client privilege)に不注意に違反する可能性があるかどうかということです。この秘匿特権は、基本的にクライアントとその弁護士との間の秘密のやりとりを保証するために設計されたものであり、信頼を育み、クライアントの発明を包括的に理解する上で極めて重要なものです。

もっと詳しく »

意匠特許が100万件目を突破、今注目したいアメリカの意匠特許の価値

近年の意匠特許出願の増加に伴い、アメリカの意匠特許に関する考え方が変わってきています。特に、今回100万件というマイルストーンを達成した意匠特許は、過去5年の出願数を見ても大幅な増加傾向にあり、特に、自動車、靴、携帯電話業界では、頻繁に活用されています。そこで今回は改めてアメリカにおける意匠特許の状況を整理し、人気の理由とその高まる価値に注目してみます。

もっと詳しく »

用語の画一的な記載だけでは不十分:クレームで必要な要素は必ず記載するべき

「クレームは短いほうがいい」とよく言われますが、短すぎると問題が起きることもあります。今回のケースでは、クレームが短すぎて重要な部分が抜け落ち、特許が無効になったケースを解説します。明細書には必要な情報が書かれていましたが、それがクレームに反映されていなかったため、最後にはPTABで不利な解釈がされました。このような問題を避けるため、必要な要素はクレームにしっかりと記載するべきです。

もっと詳しく »

終了してしまったUSPTOのOA予測ツール:知っておくべき点

米国特許商標庁(USPTO)は、広く愛用されていたFirst Office Action Estimatorを無効にしました。First Office Action Estimatorは一般に公開されていて、この機能を使うことで、多くの出願人はアメリカ代理人と連絡を取ることなく出願の状況を確認することができました。この記事では、USPTOのFirst Office Action Estimatorツールのサービス終了について解説し、特許出願者に与える影響と今後の対応について考察します。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »

非戦略的特許を維持するコスト 

IBMが長年維持してきた特許発行数一位の座を降り「量」から「質」にシフトしたように、自社の戦略に沿っていない特許を維持するコストは決して無視できないものです。特に、経済不安の中で、コストカットを行う際、よくデザインされた特許失効戦略に基づいてスリムでスマートなポートフォリオを構築していくためには、事前の分析が必要です。そこで、今回は注目したい3つの分析の視点を紹介します。

もっと詳しく »

特許出願書類を作成する際、クレーム解釈を念頭に置くことが重要

特許出願の業務や中間処理だけを行っていると、権利化させることに集中しがちですが、権利化させていく中で、権利化後の権利行使を前提にしたクレーム構成にも配慮することが重要です。今回も、クレーム解釈が特許の有効性を判断したケースがありましたので、実例を交えながらその重要性を解説していきます。

もっと詳しく »
draft pen paper

クレーム解釈における「The」と 「A」の違い

特許明細の作成の際、特許の限定を導入するために、クレーム作成時に不定冠詞(すなわち、「a」や「an」)は定期的に使用されています。しかし、Apple Inc. v. Corephotonics, Ltd.事件において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、このような冠詞の使用、特に無効性分析において後にクレームを拡大するために使用される可能性がある場合、実務者にこのような冠詞の使用についてよく考えるよう求める判決を下しました。

もっと詳しく »
secret

AIを活用した特許出願準備における弁護士依頼者間の秘匿特権の維持

特許出願準備における大規模言語モデル(LLM)の使用は、多くの企業内および法律事務所のリーダーにとって最重要課題です。このトレンドは、法律領域における技術統合の広範な傾向を象徴しています。このような動きは効率性を高めるだけでなく、それと同時に、伝統的な法理論をめぐる新たな疑問も引き起こしています。その中でも注目したいのが、特許出願準備にLLMを利用すること、弁護士と依頼人の間の秘匿特権(attorney-client privilege)に不注意に違反する可能性があるかどうかということです。この秘匿特権は、基本的にクライアントとその弁護士との間の秘密のやりとりを保証するために設計されたものであり、信頼を育み、クライアントの発明を包括的に理解する上で極めて重要なものです。

もっと詳しく »
design-blueprint

意匠特許が100万件目を突破、今注目したいアメリカの意匠特許の価値

近年の意匠特許出願の増加に伴い、アメリカの意匠特許に関する考え方が変わってきています。特に、今回100万件というマイルストーンを達成した意匠特許は、過去5年の出願数を見ても大幅な増加傾向にあり、特に、自動車、靴、携帯電話業界では、頻繁に活用されています。そこで今回は改めてアメリカにおける意匠特許の状況を整理し、人気の理由とその高まる価値に注目してみます。

もっと詳しく »
thinking

用語の画一的な記載だけでは不十分:クレームで必要な要素は必ず記載するべき

「クレームは短いほうがいい」とよく言われますが、短すぎると問題が起きることもあります。今回のケースでは、クレームが短すぎて重要な部分が抜け落ち、特許が無効になったケースを解説します。明細書には必要な情報が書かれていましたが、それがクレームに反映されていなかったため、最後にはPTABで不利な解釈がされました。このような問題を避けるため、必要な要素はクレームにしっかりと記載するべきです。

もっと詳しく »
特許出願

終了してしまったUSPTOのOA予測ツール:知っておくべき点

米国特許商標庁(USPTO)は、広く愛用されていたFirst Office Action Estimatorを無効にしました。First Office Action Estimatorは一般に公開されていて、この機能を使うことで、多くの出願人はアメリカ代理人と連絡を取ることなく出願の状況を確認することができました。この記事では、USPTOのFirst Office Action Estimatorツールのサービス終了について解説し、特許出願者に与える影響と今後の対応について考察します。

もっと読む »
AI

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと読む »
特許出願

非戦略的特許を維持するコスト 

IBMが長年維持してきた特許発行数一位の座を降り「量」から「質」にシフトしたように、自社の戦略に沿っていない特許を維持するコストは決して無視できないものです。特に、経済不安の中で、コストカットを行う際、よくデザインされた特許失効戦略に基づいてスリムでスマートなポートフォリオを構築していくためには、事前の分析が必要です。そこで、今回は注目したい3つの分析の視点を紹介します。

もっと読む »
特許出願

特許出願書類を作成する際、クレーム解釈を念頭に置くことが重要

特許出願の業務や中間処理だけを行っていると、権利化させることに集中しがちですが、権利化させていく中で、権利化後の権利行使を前提にしたクレーム構成にも配慮することが重要です。今回も、クレーム解釈が特許の有効性を判断したケースがありましたので、実例を交えながらその重要性を解説していきます。

もっと読む »
draft pen paper
特許出願

クレーム解釈における「The」と 「A」の違い

特許明細の作成の際、特許の限定を導入するために、クレーム作成時に不定冠詞(すなわち、「a」や「an」)は定期的に使用されています。しかし、Apple Inc. v. Corephotonics, Ltd.事件において、米連邦巡回控訴裁判所(以下、CAFC)は、このような冠詞の使用、特に無効性分析において後にクレームを拡大するために使用される可能性がある場合、実務者にこのような冠詞の使用についてよく考えるよう求める判決を下しました。

もっと読む »
secret
AI

AIを活用した特許出願準備における弁護士依頼者間の秘匿特権の維持

特許出願準備における大規模言語モデル(LLM)の使用は、多くの企業内および法律事務所のリーダーにとって最重要課題です。このトレンドは、法律領域における技術統合の広範な傾向を象徴しています。このような動きは効率性を高めるだけでなく、それと同時に、伝統的な法理論をめぐる新たな疑問も引き起こしています。その中でも注目したいのが、特許出願準備にLLMを利用すること、弁護士と依頼人の間の秘匿特権(attorney-client privilege)に不注意に違反する可能性があるかどうかということです。この秘匿特権は、基本的にクライアントとその弁護士との間の秘密のやりとりを保証するために設計されたものであり、信頼を育み、クライアントの発明を包括的に理解する上で極めて重要なものです。

もっと読む »
design-blueprint
特許出願

意匠特許が100万件目を突破、今注目したいアメリカの意匠特許の価値

近年の意匠特許出願の増加に伴い、アメリカの意匠特許に関する考え方が変わってきています。特に、今回100万件というマイルストーンを達成した意匠特許は、過去5年の出願数を見ても大幅な増加傾向にあり、特に、自動車、靴、携帯電話業界では、頻繁に活用されています。そこで今回は改めてアメリカにおける意匠特許の状況を整理し、人気の理由とその高まる価値に注目してみます。

もっと読む »
thinking
再審査

用語の画一的な記載だけでは不十分:クレームで必要な要素は必ず記載するべき

「クレームは短いほうがいい」とよく言われますが、短すぎると問題が起きることもあります。今回のケースでは、クレームが短すぎて重要な部分が抜け落ち、特許が無効になったケースを解説します。明細書には必要な情報が書かれていましたが、それがクレームに反映されていなかったため、最後にはPTABで不利な解釈がされました。このような問題を避けるため、必要な要素はクレームにしっかりと記載するべきです。

もっと読む »