Category: 特許出願

自明性ガイダンスの更新: より柔軟なアプローチへ

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、発明の特許性を大きく左右する特許審査の極めて重要な側面である自明性の判断に関するガイダンスを更新しました。このガイダンスは、KSR Int’l Co. v. Teleflex Inc.における最高裁の画期的な判決や、その後の連邦巡回控訴裁の判決を踏まえ、柔軟なアプローチを強調しています。この記事では、このガイダンスの重要な側面、特許出願人への影響、特許審査プロセスを効果的に進めるための戦略について掘り下げていきます。

もっと詳しく »

数値限定の奥深さ:明細書に明示されていないクレームされた狭い範囲の数値限定は有効か?

日進月歩の知的財産法において、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)による最近の判決は、クレームサポート、特に特許のクレーム範囲に関する複雑さについて重要な示唆を与えています。この記事では、RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.におけるCAFCの判決について掘り下げていきます。

もっと詳しく »

特許クレーム解釈の狭き道を探る:連邦巡回控訴裁判所からの教訓

米連邦巡回控訴裁判所(以下CAFC)は、Promptu Systems Corp. v. Comcast Corp.事件において、特許クレーム解釈のニュアンスに光を当てる極めて重要な判決を下し、連邦地裁による非侵害の最終判決を取り消しました。この判決は、特に音声認識システムのような革新的な技術を扱う場合、特許クレームの解釈における広範かつ包括的なアプローチの重要性を強調しています。

もっと詳しく »

特許審査官のようにPTOの特許データベースを検索するテクニック

特許の分野では、適切な特許公報を迅速かつ効率的に見つけることができないことがしばしば問題となります。米国特許商標庁(USPTO)は、より優れた検索ツールを一般に提供するため、2021年後半にウェブベースの特許公開検索ツール(「PPS」)をリリースしました。この強力で便利なツールは、PTOの審査官が先行技術を見つけるために使用する検索ツールに匹敵するものです。とはいえ、PPSには効果的な検索クエリを開発するための学習曲線があります。以下では、特許侵害訴訟または特許実務の目的にかかわらず、関連する結果を返す検索クエリを開発するための出発点を提供します。

もっと詳しく »

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

もっと詳しく »

製造業における生成AIツールの正しい使い方

本記事では、ChatGPTのような生成AIツールが、製造業を営む企業の作業効率と品質の向上を可能にする可能性と、AI統合を成功させるためのリスクについて考察します。新しいAIツールを導入する際、知的財産権の管理、機密保持、説明責任は、製造業が考慮すべき重要な課題です。

もっと詳しく »

意匠特許の自明性基準が変わる?CAFCの大法廷で得られた判事たちの心象

LKQ v. GM裁判のおかげで、意匠特許の有効性に変化が訪れるかもしれません。2024年2月5日、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、稀に見る大法廷(En Banc)での審理において、Rosen/Durlingに基づく意匠特許の自明性の基準の基礎について厳しい質問を行いました。質問の内容は多岐に渡りましたが、質疑から得られた全体的な見解は、Rosen/Durlingに対する不快感を示しており、現行基準は最高裁判例の下では厳格すぎるという印象を示しています。

もっと詳しく »

特許適格性改革法案のPERAの概要と議会での進捗

上院司法委員会が特許適格性の問題解決に向けて重要な一歩を踏み出し、2023年に特許適格改革法案であるPERAついての証言を聴取しました。この法案は、従来のAliceテストの変わりに分類的アプローチを用いることで、特許可能な主題に関する長年の混乱を解消し、米国特許制度を明確化させる狙いがあります。しかし、PERAが立法化されるかは議会次第であり、具体的な進捗が今後あるかはまだ不明です。

もっと詳しく »

USPTOがAmgen最高裁判決を踏まえた実施可能要件のガイドラインを発行:Amgen後もWands要因で判断

2024年1月9日、米国特許商標庁(USPTO)は、米国連邦最高裁判所の最近の判決(Amgen Inc. et al. v. Sanofi et al., 143 S. Ct. 1243 (2023) )を踏まえ、特許審査官が実施可能要件の準拠を評価する際のガイドラインを公表しました。Amgenにおいて、最高裁は、モノクローナル抗体属を機能的にクレームしたクレームは、実施可能性 (enablement) の欠如により無効であると全会一致で判断しました。注目すべきは、最高裁は、Amgenで問題となった明細書がクレームを可能にしたか否かを分析する際に、Wands要因を明確に引用しなかったことですが、最近公表されたUSPTOのガイドラインは、「USPTOの職員は、クレームされた発明の全範囲を可能にするために必要な実験量が合理的か否かを確認するために、In re Wands要因を引き続き使用する」と強調しています。

もっと詳しく »
Updated guidance on obviousness determination by the USPTO emphasizes a flexible approach following key court decisions.

自明性ガイダンスの更新: より柔軟なアプローチへ

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、発明の特許性を大きく左右する特許審査の極めて重要な側面である自明性の判断に関するガイダンスを更新しました。このガイダンスは、KSR Int’l Co. v. Teleflex Inc.における最高裁の画期的な判決や、その後の連邦巡回控訴裁の判決を踏まえ、柔軟なアプローチを強調しています。この記事では、このガイダンスの重要な側面、特許出願人への影響、特許審査プロセスを効果的に進めるための戦略について掘り下げていきます。

もっと詳しく »
Abstract image representing the complexity of claim scope in intellectual property law, focusing on recent CAFC ruling in RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.

数値限定の奥深さ:明細書に明示されていないクレームされた狭い範囲の数値限定は有効か?

日進月歩の知的財産法において、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)による最近の判決は、クレームサポート、特に特許のクレーム範囲に関する複雑さについて重要な示唆を与えています。この記事では、RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.におけるCAFCの判決について掘り下げていきます。

もっと詳しく »
Federal Circuit Appeals Court decision in Promptu Systems Corp. v. Comcast Corp. highlighting importance of nuanced patent claim interpretation, stressing broad and comprehensive approach for innovative technologies like speech recognition systems.

特許クレーム解釈の狭き道を探る:連邦巡回控訴裁判所からの教訓

米連邦巡回控訴裁判所(以下CAFC)は、Promptu Systems Corp. v. Comcast Corp.事件において、特許クレーム解釈のニュアンスに光を当てる極めて重要な判決を下し、連邦地裁による非侵害の最終判決を取り消しました。この判決は、特に音声認識システムのような革新的な技術を扱う場合、特許クレームの解釈における広範かつ包括的なアプローチの重要性を強調しています。

もっと詳しく »
Digital illustration showcasing the USPTO patent search interface with complex queries, surrounded by patent documents and innovation symbols like light bulbs and gears, representing the technique of searching through the patent database efficiently

特許審査官のようにPTOの特許データベースを検索するテクニック

特許の分野では、適切な特許公報を迅速かつ効率的に見つけることができないことがしばしば問題となります。米国特許商標庁(USPTO)は、より優れた検索ツールを一般に提供するため、2021年後半にウェブベースの特許公開検索ツール(「PPS」)をリリースしました。この強力で便利なツールは、PTOの審査官が先行技術を見つけるために使用する検索ツールに匹敵するものです。とはいえ、PPSには効果的な検索クエリを開発するための学習曲線があります。以下では、特許侵害訴訟または特許実務の目的にかかわらず、関連する結果を返す検索クエリを開発するための出発点を提供します。

もっと詳しく »
Abstract representation of avoiding disputes over workplace inventions with legal documents, a balance scale, and American legal symbols in a professional color scheme of blues, golds, and whites

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

もっと詳しく »
Futuristic manufacturing factory integrating artificial intelligence and robotics, with workers and machines collaborating to improve efficiency and quality, emphasizing the importance of intellectual property management and accountability in AI integration

製造業における生成AIツールの正しい使い方

本記事では、ChatGPTのような生成AIツールが、製造業を営む企業の作業効率と品質の向上を可能にする可能性と、AI統合を成功させるためのリスクについて考察します。新しいAIツールを導入する際、知的財産権の管理、機密保持、説明責任は、製造業が考慮すべき重要な課題です。

もっと詳しく »
Judges of the CAFC engaged in an En Banc hearing on design patent obviousness standards, highlighting the potential legal changes post LKQ v. GM case

意匠特許の自明性基準が変わる?CAFCの大法廷で得られた判事たちの心象

LKQ v. GM裁判のおかげで、意匠特許の有効性に変化が訪れるかもしれません。2024年2月5日、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、稀に見る大法廷(En Banc)での審理において、Rosen/Durlingに基づく意匠特許の自明性の基準の基礎について厳しい質問を行いました。質問の内容は多岐に渡りましたが、質疑から得られた全体的な見解は、Rosen/Durlingに対する不快感を示しており、現行基準は最高裁判例の下では厳格すぎるという印象を示しています。

もっと詳しく »
Visual representation of the Patent Eligibility Reform Act (PERA) of 2023, featuring the Capitol Building, a gavel, patent documents, and technology icons, symbolizing a significant step towards clarifying the U.S. patent system and legal reform

特許適格性改革法案のPERAの概要と議会での進捗

上院司法委員会が特許適格性の問題解決に向けて重要な一歩を踏み出し、2023年に特許適格改革法案であるPERAついての証言を聴取しました。この法案は、従来のAliceテストの変わりに分類的アプローチを用いることで、特許可能な主題に関する長年の混乱を解消し、米国特許制度を明確化させる狙いがあります。しかし、PERAが立法化されるかは議会次第であり、具体的な進捗が今後あるかはまだ不明です。

もっと詳しく »
An illustrative depiction of the US Supreme Court building alongside monoclonal antibodies and patent documents, symbolizing the intersection of biotechnology and legal guidelines in the context of the Amgen Inc. vs. Sanofi patent enablement case.

USPTOがAmgen最高裁判決を踏まえた実施可能要件のガイドラインを発行:Amgen後もWands要因で判断

2024年1月9日、米国特許商標庁(USPTO)は、米国連邦最高裁判所の最近の判決(Amgen Inc. et al. v. Sanofi et al., 143 S. Ct. 1243 (2023) )を踏まえ、特許審査官が実施可能要件の準拠を評価する際のガイドラインを公表しました。Amgenにおいて、最高裁は、モノクローナル抗体属を機能的にクレームしたクレームは、実施可能性 (enablement) の欠如により無効であると全会一致で判断しました。注目すべきは、最高裁は、Amgenで問題となった明細書がクレームを可能にしたか否かを分析する際に、Wands要因を明確に引用しなかったことですが、最近公表されたUSPTOのガイドラインは、「USPTOの職員は、クレームされた発明の全範囲を可能にするために必要な実験量が合理的か否かを確認するために、In re Wands要因を引き続き使用する」と強調しています。

もっと詳しく »
Updated guidance on obviousness determination by the USPTO emphasizes a flexible approach following key court decisions.
特許出願

自明性ガイダンスの更新: より柔軟なアプローチへ

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、発明の特許性を大きく左右する特許審査の極めて重要な側面である自明性の判断に関するガイダンスを更新しました。このガイダンスは、KSR Int’l Co. v. Teleflex Inc.における最高裁の画期的な判決や、その後の連邦巡回控訴裁の判決を踏まえ、柔軟なアプローチを強調しています。この記事では、このガイダンスの重要な側面、特許出願人への影響、特許審査プロセスを効果的に進めるための戦略について掘り下げていきます。

もっと読む »
Abstract image representing the complexity of claim scope in intellectual property law, focusing on recent CAFC ruling in RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.
特許出願

数値限定の奥深さ:明細書に明示されていないクレームされた狭い範囲の数値限定は有効か?

日進月歩の知的財産法において、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)による最近の判決は、クレームサポート、特に特許のクレーム範囲に関する複雑さについて重要な示唆を与えています。この記事では、RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.におけるCAFCの判決について掘り下げていきます。

もっと読む »
Federal Circuit Appeals Court decision in Promptu Systems Corp. v. Comcast Corp. highlighting importance of nuanced patent claim interpretation, stressing broad and comprehensive approach for innovative technologies like speech recognition systems.
特許出願

特許クレーム解釈の狭き道を探る:連邦巡回控訴裁判所からの教訓

米連邦巡回控訴裁判所(以下CAFC)は、Promptu Systems Corp. v. Comcast Corp.事件において、特許クレーム解釈のニュアンスに光を当てる極めて重要な判決を下し、連邦地裁による非侵害の最終判決を取り消しました。この判決は、特に音声認識システムのような革新的な技術を扱う場合、特許クレームの解釈における広範かつ包括的なアプローチの重要性を強調しています。

もっと読む »
Digital illustration showcasing the USPTO patent search interface with complex queries, surrounded by patent documents and innovation symbols like light bulbs and gears, representing the technique of searching through the patent database efficiently
再審査

特許審査官のようにPTOの特許データベースを検索するテクニック

特許の分野では、適切な特許公報を迅速かつ効率的に見つけることができないことがしばしば問題となります。米国特許商標庁(USPTO)は、より優れた検索ツールを一般に提供するため、2021年後半にウェブベースの特許公開検索ツール(「PPS」)をリリースしました。この強力で便利なツールは、PTOの審査官が先行技術を見つけるために使用する検索ツールに匹敵するものです。とはいえ、PPSには効果的な検索クエリを開発するための学習曲線があります。以下では、特許侵害訴訟または特許実務の目的にかかわらず、関連する結果を返す検索クエリを開発するための出発点を提供します。

もっと読む »
Abstract representation of avoiding disputes over workplace inventions with legal documents, a balance scale, and American legal symbols in a professional color scheme of blues, golds, and whites
契約

職務発明でトラブルにならないための雇用契約と知的財産条項

従業員が画期的な発明をしたからと言って、その発明が雇用主に帰属するかというと、そう簡単に結論が出せないのが、アメリカにおける発明の取り扱いの難しいところです。職務での発明の内容や、雇用形態、「雇用中」の発明なのか、社内のリソースを使ったものなのか、雇用時の知財に関わる条項などによって、結論が大きく変わってきます。そこで、今回はアメリカにおける職場での発明の権利者に関わる問題を深堀りし、トラブルを回避できる雇用契約と知的財産条項を考察していきます。

もっと読む »
Futuristic manufacturing factory integrating artificial intelligence and robotics, with workers and machines collaborating to improve efficiency and quality, emphasizing the importance of intellectual property management and accountability in AI integration
AI

製造業における生成AIツールの正しい使い方

本記事では、ChatGPTのような生成AIツールが、製造業を営む企業の作業効率と品質の向上を可能にする可能性と、AI統合を成功させるためのリスクについて考察します。新しいAIツールを導入する際、知的財産権の管理、機密保持、説明責任は、製造業が考慮すべき重要な課題です。

もっと読む »
Judges of the CAFC engaged in an En Banc hearing on design patent obviousness standards, highlighting the potential legal changes post LKQ v. GM case
特許出願

意匠特許の自明性基準が変わる?CAFCの大法廷で得られた判事たちの心象

LKQ v. GM裁判のおかげで、意匠特許の有効性に変化が訪れるかもしれません。2024年2月5日、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、稀に見る大法廷(En Banc)での審理において、Rosen/Durlingに基づく意匠特許の自明性の基準の基礎について厳しい質問を行いました。質問の内容は多岐に渡りましたが、質疑から得られた全体的な見解は、Rosen/Durlingに対する不快感を示しており、現行基準は最高裁判例の下では厳格すぎるという印象を示しています。

もっと読む »
Visual representation of the Patent Eligibility Reform Act (PERA) of 2023, featuring the Capitol Building, a gavel, patent documents, and technology icons, symbolizing a significant step towards clarifying the U.S. patent system and legal reform
特許出願

特許適格性改革法案のPERAの概要と議会での進捗

上院司法委員会が特許適格性の問題解決に向けて重要な一歩を踏み出し、2023年に特許適格改革法案であるPERAついての証言を聴取しました。この法案は、従来のAliceテストの変わりに分類的アプローチを用いることで、特許可能な主題に関する長年の混乱を解消し、米国特許制度を明確化させる狙いがあります。しかし、PERAが立法化されるかは議会次第であり、具体的な進捗が今後あるかはまだ不明です。

もっと読む »
An illustrative depiction of the US Supreme Court building alongside monoclonal antibodies and patent documents, symbolizing the intersection of biotechnology and legal guidelines in the context of the Amgen Inc. vs. Sanofi patent enablement case.
特許出願

USPTOがAmgen最高裁判決を踏まえた実施可能要件のガイドラインを発行:Amgen後もWands要因で判断

2024年1月9日、米国特許商標庁(USPTO)は、米国連邦最高裁判所の最近の判決(Amgen Inc. et al. v. Sanofi et al., 143 S. Ct. 1243 (2023) )を踏まえ、特許審査官が実施可能要件の準拠を評価する際のガイドラインを公表しました。Amgenにおいて、最高裁は、モノクローナル抗体属を機能的にクレームしたクレームは、実施可能性 (enablement) の欠如により無効であると全会一致で判断しました。注目すべきは、最高裁は、Amgenで問題となった明細書がクレームを可能にしたか否かを分析する際に、Wands要因を明確に引用しなかったことですが、最近公表されたUSPTOのガイドラインは、「USPTOの職員は、クレームされた発明の全範囲を可能にするために必要な実験量が合理的か否かを確認するために、In re Wands要因を引き続き使用する」と強調しています。

もっと読む »