Category: 訴訟

Amarin v. Hikma事件:ジェネリック医薬品のスキニーラベルにおける新たな誘引侵害のリスク

CAFCが下したAmarin v. Hikma事件の判決は、ジェネリック医薬品のスキニーラベル戦略に大きな影響を与える可能性があります。CAFCは、製品ラベルだけでなく企業の全てのコミュニケーションを考慮に入れるべきだとし、誘引侵害の判断基準を拡大しました。この判決により、ジェネリック医薬品メーカーは新たなリスクに直面する一方、ブランド医薬品企業には新たな機会が生まれています。本稿では、この重要な判決の背景、内容、そして製薬業界への影響を詳細に分析します。ハッチ・ワックスマン法の解釈に新たな視点を提供するこの判例が、イノベーションの保護と医薬品へのアクセス向上のバランスにどのような変化をもたらすのか、そして企業がどのように対応すべきかについて、法的観点と実務的観点から考察します。製薬業界の未来を左右する可能性を秘めたこの判決について、その詳細と影響を解説していきます。

もっと詳しく »

Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる?

2024年6月、米国最高裁判所はLoper Bright判決で40年続いたChevron法理を覆し、行政機関の権限を大幅に削減しました。この画期的な判決は、特許審判部(PTAB)や国際貿易委員会(ITC)など、特許関連の行政機関にも大きな影響を与えます。本記事では、Chevron法理の背景から、Loper Bright判決の詳細、そして特許実務への具体的な影響まで、幅広く解説します。行政機関の法解釈に対する司法の姿勢が根本から変わり、裁判所がより積極的に法律を解釈するようになる中、特許権者や企業はどのように対応すべきか。PTABやITCの実務がどう変化するのか。新たな法的環境下での戦略立案に必要な情報を、豊富な事例とともに提供します。Chevron後の時代における専門知識、説明責任、司法審査のバランスについても考察し、行政法の未来を展望します。

もっと詳しく »

FTCによるオレンジブック特許リストの取り締まり強化:製薬業界への影響と今後の展望

FTCのオレンジブック特許リスト取り締まりが製薬業界に与える影響と今後の展望を詳細に解説します。FTCの新たな政策声明から始まり、特許リストへの挑戦、製薬会社の対応、法的展開、そしてジェネリック競争への影響まで、この複雑な問題の全体像を徹底的に分析します。イノベーションの保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、FDAの役割、議会の動向、そして患者への影響など、多角的な視点から今後の展望を探ります。製薬業界関係者はもちろん、医療政策に関心のある方々にとって必読の内容です。この記事を通じて、アメリカの医薬品市場の未来を左右する重要な課題の本質に迫ります。

もっと詳しく »

適用範囲が拡大される?:USPTOが実験的使用の例外について公開意見の募集を開始

USPTOが実験的使用の例外に関する意見募集を開始し、米国特許制度の大きな転換点となる可能性があります。現在の狭い解釈が研究活動を抑制しているという懸念から、法定化を含めた見直しが検討されています。この記事では、実験的使用の例外の歴史的発展、現状の課題、他国の事例、そしてUSPTOが提示した具体的な質問内容を詳しく解説しています。イノベーションの促進と特許権者の保護のバランスをどう取るべきか、米国の特許制度の未来を左右する重要な議論の全容と、それがグローバルな特許制度に与える影響について、包括的に理解することができます。

もっと詳しく »

製造業の企業が先使用権を理解すべき理由

本記事では、製造業の企業が先使用権(Prior User Rights)を理解すべき理由について、その定義と目的、営業秘密と特許保護の選択における関連性、法的枠組み、抗弁の要件、範囲と限界、戦略的考慮事項、実務における活用状況、企業のためのベストプラクティスを詳細に解説します。先使用権は、ある発明を秘密裏に使用していた者が、その発明を独自に開発し特許を取得した者から特許侵害を主張された場合に、抗弁として使用できる権利であり、特許制度と営業秘密保護制度のバランスを取る上で重要な役割を果たします。本記事を通じて、企業が先使用権を適切に理解し、活用するためのポイントを掴むことができるでしょう。

もっと詳しく »

ランプサムライセンスから合理的なロイヤリティ料率を決定する方法:EcoFactor, Inc. v. Google LLC事件からの考察

EcoFactor v. Google事件の連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)判決は、ランプサムライセンス契約から合理的なロイヤリティ料率を導出する際の重要な指針を示しました。本判決は、適切な事実関係の裏付けがあれば、ランプサムライセンスも合理的なロイヤリティ料率の根拠となり得ることを明らかにしたものの、ランプサムの金額とロイヤリティ料率との関連性について説得力のある説明が求められることを強調しています。また、ライセンサーとライセンシーの経済状況の違いや対象特許の価値按分など、事案の個別事情を丁寧に分析し、きめ細かな調整を施す必要性についても言及しています。本稿では、EcoFactor v. Google事件の経緯を概観した上で、同判決が特許実務に与える示唆について、CAFCにおける多数意見と反対意見の対立も踏まえつつ詳細に検討します。

もっと詳しく »

いつ地裁の判決を上訴できるのか?パンダミックによる特別処置における特許侵害の免責問題と付随的命令理論の適用

COVID-19パンデミックを背景に、医療用綿棒の特許侵害訴訟の途中で浮上したPREP法による免責の抗弁が、付随的命令理論の適用における「確定的判断」の要件を満たさないとしてCAFCにより退けられた事例を解説します。本判決は、パンデミック下の特許訴訟における特殊な争点を扱っているだけでなく、下級審の判断が付随的命令理論の適用を基礎づけるための要件を明確化した点でも重要な意義を有しています。本稿では、訴訟の経緯を丁寧に追いつつ、CAFCの判断の理論的な意義についても考察していきます。

もっと詳しく »

医薬品特許訴訟の和解におけるリバースペイメントは反トラスト法違反になるのか?: In re Bystolic 事件

米国第2巡回区控訴裁判所は、医薬品特許訴訟におけるリバースペイメント和解の適法性について初めて判断を下しました。本判決は、特許法と反トラスト法の交差点に位置する複雑な問題に新たな指針を提供します。In re Bystolic Antitrust Litigation事件では、ジェネリック医薬品メーカーに対する金銭的支払いが競争を制限するかどうかが焦点となり、Actavis判決の基準を適用しつつ、支払いが正当なビジネス上の理由に基づくものであるかが重要視されました。今回の判決は、製薬会社がリバースペイメント和解を行う際の新たな指針となり、特許訴訟の和解における適法性の判断に重要な影響を与えるでしょう。

もっと詳しく »

IPR手続の費用は特許法 285 条の合理的な弁護士費用として回収できるのか?CAFC判決 Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.の考察

Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.事件における連邦巡回区控訴裁判所 (CAFC) の判決により、当事者が任意に申し立てたInter Partes Review (IPR) 手続の費用は特許法285条に基づく弁護士費用として回収できないこと、また同条に基づく費用回収において訴訟代理人の連帯責任は認められないことが明らかになりました。本稿では、この画期的な判決の内容を詳細に分析し、特許訴訟の当事者と訴訟代理人の実務に与える影響について考察します。IPR申立ての費用対効果や訴訟戦略における留意点、さらには訴訟代理人の行為規整の在り方など、本判決から読み取れる重要な示唆を丁寧に解説します。特許実務に携わる弁護士、弁理士、企業の知的財産部門の方々には必読の内容です。

もっと詳しく »
Amarin v. Hikma case - Potential impact on generic drug skinny label strategy and inducement infringement risk.

Amarin v. Hikma事件:ジェネリック医薬品のスキニーラベルにおける新たな誘引侵害のリスク

CAFCが下したAmarin v. Hikma事件の判決は、ジェネリック医薬品のスキニーラベル戦略に大きな影響を与える可能性があります。CAFCは、製品ラベルだけでなく企業の全てのコミュニケーションを考慮に入れるべきだとし、誘引侵害の判断基準を拡大しました。この判決により、ジェネリック医薬品メーカーは新たなリスクに直面する一方、ブランド医薬品企業には新たな機会が生まれています。本稿では、この重要な判決の背景、内容、そして製薬業界への影響を詳細に分析します。ハッチ・ワックスマン法の解釈に新たな視点を提供するこの判例が、イノベーションの保護と医薬品へのアクセス向上のバランスにどのような変化をもたらすのか、そして企業がどのように対応すべきかについて、法的観点と実務的観点から考察します。製薬業界の未来を左右する可能性を秘めたこの判決について、その詳細と影響を解説していきます。

もっと詳しく »
Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる? - Image depicting the impact of the Loper Bright ruling overturning Chevron doctrine on administrative agencies' authority, specifically affecting PTAB and ITC in the realm of patent law.

Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる?

2024年6月、米国最高裁判所はLoper Bright判決で40年続いたChevron法理を覆し、行政機関の権限を大幅に削減しました。この画期的な判決は、特許審判部(PTAB)や国際貿易委員会(ITC)など、特許関連の行政機関にも大きな影響を与えます。本記事では、Chevron法理の背景から、Loper Bright判決の詳細、そして特許実務への具体的な影響まで、幅広く解説します。行政機関の法解釈に対する司法の姿勢が根本から変わり、裁判所がより積極的に法律を解釈するようになる中、特許権者や企業はどのように対応すべきか。PTABやITCの実務がどう変化するのか。新たな法的環境下での戦略立案に必要な情報を、豊富な事例とともに提供します。Chevron後の時代における専門知識、説明責任、司法審査のバランスについても考察し、行政法の未来を展望します。

もっと詳しく »
FTCによるオレンジブック特許リストの取り締まり強化についての詳細な解説。製薬業界への影響、今後の展望、新政策声明、挑戦、製薬会社の対応、法的展開、ジェネリック競争への影響などを徹底的に分析。イノベーションの保護と公正な競争のバランス、FDAの役割、議会の動向、患者への影響など多角的視点からの見解。製薬業界関係者や医療政策に興味のある方にとって必読の内容。アメリカの医薬品市場の未来を左右する重要な課題の本質に迫る。

FTCによるオレンジブック特許リストの取り締まり強化:製薬業界への影響と今後の展望

FTCのオレンジブック特許リスト取り締まりが製薬業界に与える影響と今後の展望を詳細に解説します。FTCの新たな政策声明から始まり、特許リストへの挑戦、製薬会社の対応、法的展開、そしてジェネリック競争への影響まで、この複雑な問題の全体像を徹底的に分析します。イノベーションの保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、FDAの役割、議会の動向、そして患者への影響など、多角的な視点から今後の展望を探ります。製薬業界関係者はもちろん、医療政策に関心のある方々にとって必読の内容です。この記事を通じて、アメリカの医薬品市場の未来を左右する重要な課題の本質に迫ります。

もっと詳しく »
USPTO experimentelle Nutzung requirements Advocacy Artwork.

適用範囲が拡大される?:USPTOが実験的使用の例外について公開意見の募集を開始

USPTOが実験的使用の例外に関する意見募集を開始し、米国特許制度の大きな転換点となる可能性があります。現在の狭い解釈が研究活動を抑制しているという懸念から、法定化を含めた見直しが検討されています。この記事では、実験的使用の例外の歴史的発展、現状の課題、他国の事例、そしてUSPTOが提示した具体的な質問内容を詳しく解説しています。イノベーションの促進と特許権者の保護のバランスをどう取るべきか、米国の特許制度の未来を左右する重要な議論の全容と、それがグローバルな特許制度に与える影響について、包括的に理解することができます。

もっと詳しく »
製造業の企業が先使用権(Prior User Rights)を理解すべき理由。

製造業の企業が先使用権を理解すべき理由

本記事では、製造業の企業が先使用権(Prior User Rights)を理解すべき理由について、その定義と目的、営業秘密と特許保護の選択における関連性、法的枠組み、抗弁の要件、範囲と限界、戦略的考慮事項、実務における活用状況、企業のためのベストプラクティスを詳細に解説します。先使用権は、ある発明を秘密裏に使用していた者が、その発明を独自に開発し特許を取得した者から特許侵害を主張された場合に、抗弁として使用できる権利であり、特許制度と営業秘密保護制度のバランスを取る上で重要な役割を果たします。本記事を通じて、企業が先使用権を適切に理解し、活用するためのポイントを掴むことができるでしょう。

もっと詳しく »
Raw alternative text: Image discussing methods to determine reasonable royalty rates from a RAND license using insights from the EcoFactor, Inc. v. Google LLC case.

ランプサムライセンスから合理的なロイヤリティ料率を決定する方法:EcoFactor, Inc. v. Google LLC事件からの考察

EcoFactor v. Google事件の連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)判決は、ランプサムライセンス契約から合理的なロイヤリティ料率を導出する際の重要な指針を示しました。本判決は、適切な事実関係の裏付けがあれば、ランプサムライセンスも合理的なロイヤリティ料率の根拠となり得ることを明らかにしたものの、ランプサムの金額とロイヤリティ料率との関連性について説得力のある説明が求められることを強調しています。また、ライセンサーとライセンシーの経済状況の違いや対象特許の価値按分など、事案の個別事情を丁寧に分析し、きめ細かな調整を施す必要性についても言及しています。本稿では、EcoFactor v. Google事件の経緯を概観した上で、同判決が特許実務に与える示唆について、CAFCにおける多数意見と反対意見の対立も踏まえつつ詳細に検討します。

もっと詳しく »
COVID-19 pandemic background; explanation of case where PREP Act defense rejected by CAFC as not meeting the definitive judgment requirement in application of ancillary order theory. Significance of establishing requirements for ancillary order theory application clarified by CAFC judgment. Detailed review of case proceedings and theoretical significance of CAFC judgment.

いつ地裁の判決を上訴できるのか?パンダミックによる特別処置における特許侵害の免責問題と付随的命令理論の適用

COVID-19パンデミックを背景に、医療用綿棒の特許侵害訴訟の途中で浮上したPREP法による免責の抗弁が、付随的命令理論の適用における「確定的判断」の要件を満たさないとしてCAFCにより退けられた事例を解説します。本判決は、パンデミック下の特許訴訟における特殊な争点を扱っているだけでなく、下級審の判断が付随的命令理論の適用を基礎づけるための要件を明確化した点でも重要な意義を有しています。本稿では、訴訟の経緯を丁寧に追いつつ、CAFCの判断の理論的な意義についても考察していきます。

もっと詳しく »
米国第2巡回区控訴裁判所、医薬品特許訴訟におけるリバースペイメント和解に関する初の判断を下す:In re Bystolic Antitrust Litigation事件

医薬品特許訴訟の和解におけるリバースペイメントは反トラスト法違反になるのか?: In re Bystolic 事件

米国第2巡回区控訴裁判所は、医薬品特許訴訟におけるリバースペイメント和解の適法性について初めて判断を下しました。本判決は、特許法と反トラスト法の交差点に位置する複雑な問題に新たな指針を提供します。In re Bystolic Antitrust Litigation事件では、ジェネリック医薬品メーカーに対する金銭的支払いが競争を制限するかどうかが焦点となり、Actavis判決の基準を適用しつつ、支払いが正当なビジネス上の理由に基づくものであるかが重要視されました。今回の判決は、製薬会社がリバースペイメント和解を行う際の新たな指針となり、特許訴訟の和解における適法性の判断に重要な影響を与えるでしょう。

もっと詳しく »
IPR手続の費用は特許法 285 条の合理的な弁護士費用として回収できるのか?CAFC判決 Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.の考察 - 画像

IPR手続の費用は特許法 285 条の合理的な弁護士費用として回収できるのか?CAFC判決 Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.の考察

Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.事件における連邦巡回区控訴裁判所 (CAFC) の判決により、当事者が任意に申し立てたInter Partes Review (IPR) 手続の費用は特許法285条に基づく弁護士費用として回収できないこと、また同条に基づく費用回収において訴訟代理人の連帯責任は認められないことが明らかになりました。本稿では、この画期的な判決の内容を詳細に分析し、特許訴訟の当事者と訴訟代理人の実務に与える影響について考察します。IPR申立ての費用対効果や訴訟戦略における留意点、さらには訴訟代理人の行為規整の在り方など、本判決から読み取れる重要な示唆を丁寧に解説します。特許実務に携わる弁護士、弁理士、企業の知的財産部門の方々には必読の内容です。

もっと詳しく »
Amarin v. Hikma case - Potential impact on generic drug skinny label strategy and inducement infringement risk.
訴訟

Amarin v. Hikma事件:ジェネリック医薬品のスキニーラベルにおける新たな誘引侵害のリスク

CAFCが下したAmarin v. Hikma事件の判決は、ジェネリック医薬品のスキニーラベル戦略に大きな影響を与える可能性があります。CAFCは、製品ラベルだけでなく企業の全てのコミュニケーションを考慮に入れるべきだとし、誘引侵害の判断基準を拡大しました。この判決により、ジェネリック医薬品メーカーは新たなリスクに直面する一方、ブランド医薬品企業には新たな機会が生まれています。本稿では、この重要な判決の背景、内容、そして製薬業界への影響を詳細に分析します。ハッチ・ワックスマン法の解釈に新たな視点を提供するこの判例が、イノベーションの保護と医薬品へのアクセス向上のバランスにどのような変化をもたらすのか、そして企業がどのように対応すべきかについて、法的観点と実務的観点から考察します。製薬業界の未来を左右する可能性を秘めたこの判決について、その詳細と影響を解説していきます。

もっと読む »
Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる? - Image depicting the impact of the Loper Bright ruling overturning Chevron doctrine on administrative agencies' authority, specifically affecting PTAB and ITC in the realm of patent law.
再審査

Chevron法理の終焉:行政機関の権限の縮小される中、PTAB・ITCにおける特許業務はどう変わる?

2024年6月、米国最高裁判所はLoper Bright判決で40年続いたChevron法理を覆し、行政機関の権限を大幅に削減しました。この画期的な判決は、特許審判部(PTAB)や国際貿易委員会(ITC)など、特許関連の行政機関にも大きな影響を与えます。本記事では、Chevron法理の背景から、Loper Bright判決の詳細、そして特許実務への具体的な影響まで、幅広く解説します。行政機関の法解釈に対する司法の姿勢が根本から変わり、裁判所がより積極的に法律を解釈するようになる中、特許権者や企業はどのように対応すべきか。PTABやITCの実務がどう変化するのか。新たな法的環境下での戦略立案に必要な情報を、豊富な事例とともに提供します。Chevron後の時代における専門知識、説明責任、司法審査のバランスについても考察し、行政法の未来を展望します。

もっと読む »
FTCによるオレンジブック特許リストの取り締まり強化についての詳細な解説。製薬業界への影響、今後の展望、新政策声明、挑戦、製薬会社の対応、法的展開、ジェネリック競争への影響などを徹底的に分析。イノベーションの保護と公正な競争のバランス、FDAの役割、議会の動向、患者への影響など多角的視点からの見解。製薬業界関係者や医療政策に興味のある方にとって必読の内容。アメリカの医薬品市場の未来を左右する重要な課題の本質に迫る。
訴訟

FTCによるオレンジブック特許リストの取り締まり強化:製薬業界への影響と今後の展望

FTCのオレンジブック特許リスト取り締まりが製薬業界に与える影響と今後の展望を詳細に解説します。FTCの新たな政策声明から始まり、特許リストへの挑戦、製薬会社の対応、法的展開、そしてジェネリック競争への影響まで、この複雑な問題の全体像を徹底的に分析します。イノベーションの保護と公正な競争のバランスをどう取るべきか、FDAの役割、議会の動向、そして患者への影響など、多角的な視点から今後の展望を探ります。製薬業界関係者はもちろん、医療政策に関心のある方々にとって必読の内容です。この記事を通じて、アメリカの医薬品市場の未来を左右する重要な課題の本質に迫ります。

もっと読む »
USPTO experimentelle Nutzung requirements Advocacy Artwork.
訴訟

適用範囲が拡大される?:USPTOが実験的使用の例外について公開意見の募集を開始

USPTOが実験的使用の例外に関する意見募集を開始し、米国特許制度の大きな転換点となる可能性があります。現在の狭い解釈が研究活動を抑制しているという懸念から、法定化を含めた見直しが検討されています。この記事では、実験的使用の例外の歴史的発展、現状の課題、他国の事例、そしてUSPTOが提示した具体的な質問内容を詳しく解説しています。イノベーションの促進と特許権者の保護のバランスをどう取るべきか、米国の特許制度の未来を左右する重要な議論の全容と、それがグローバルな特許制度に与える影響について、包括的に理解することができます。

もっと読む »
製造業の企業が先使用権(Prior User Rights)を理解すべき理由。
訴訟

製造業の企業が先使用権を理解すべき理由

本記事では、製造業の企業が先使用権(Prior User Rights)を理解すべき理由について、その定義と目的、営業秘密と特許保護の選択における関連性、法的枠組み、抗弁の要件、範囲と限界、戦略的考慮事項、実務における活用状況、企業のためのベストプラクティスを詳細に解説します。先使用権は、ある発明を秘密裏に使用していた者が、その発明を独自に開発し特許を取得した者から特許侵害を主張された場合に、抗弁として使用できる権利であり、特許制度と営業秘密保護制度のバランスを取る上で重要な役割を果たします。本記事を通じて、企業が先使用権を適切に理解し、活用するためのポイントを掴むことができるでしょう。

もっと読む »
Raw alternative text: Image discussing methods to determine reasonable royalty rates from a RAND license using insights from the EcoFactor, Inc. v. Google LLC case.
訴訟

ランプサムライセンスから合理的なロイヤリティ料率を決定する方法:EcoFactor, Inc. v. Google LLC事件からの考察

EcoFactor v. Google事件の連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)判決は、ランプサムライセンス契約から合理的なロイヤリティ料率を導出する際の重要な指針を示しました。本判決は、適切な事実関係の裏付けがあれば、ランプサムライセンスも合理的なロイヤリティ料率の根拠となり得ることを明らかにしたものの、ランプサムの金額とロイヤリティ料率との関連性について説得力のある説明が求められることを強調しています。また、ライセンサーとライセンシーの経済状況の違いや対象特許の価値按分など、事案の個別事情を丁寧に分析し、きめ細かな調整を施す必要性についても言及しています。本稿では、EcoFactor v. Google事件の経緯を概観した上で、同判決が特許実務に与える示唆について、CAFCにおける多数意見と反対意見の対立も踏まえつつ詳細に検討します。

もっと読む »
COVID-19 pandemic background; explanation of case where PREP Act defense rejected by CAFC as not meeting the definitive judgment requirement in application of ancillary order theory. Significance of establishing requirements for ancillary order theory application clarified by CAFC judgment. Detailed review of case proceedings and theoretical significance of CAFC judgment.
訴訟

いつ地裁の判決を上訴できるのか?パンダミックによる特別処置における特許侵害の免責問題と付随的命令理論の適用

COVID-19パンデミックを背景に、医療用綿棒の特許侵害訴訟の途中で浮上したPREP法による免責の抗弁が、付随的命令理論の適用における「確定的判断」の要件を満たさないとしてCAFCにより退けられた事例を解説します。本判決は、パンデミック下の特許訴訟における特殊な争点を扱っているだけでなく、下級審の判断が付随的命令理論の適用を基礎づけるための要件を明確化した点でも重要な意義を有しています。本稿では、訴訟の経緯を丁寧に追いつつ、CAFCの判断の理論的な意義についても考察していきます。

もっと読む »
米国第2巡回区控訴裁判所、医薬品特許訴訟におけるリバースペイメント和解に関する初の判断を下す:In re Bystolic Antitrust Litigation事件
訴訟

医薬品特許訴訟の和解におけるリバースペイメントは反トラスト法違反になるのか?: In re Bystolic 事件

米国第2巡回区控訴裁判所は、医薬品特許訴訟におけるリバースペイメント和解の適法性について初めて判断を下しました。本判決は、特許法と反トラスト法の交差点に位置する複雑な問題に新たな指針を提供します。In re Bystolic Antitrust Litigation事件では、ジェネリック医薬品メーカーに対する金銭的支払いが競争を制限するかどうかが焦点となり、Actavis判決の基準を適用しつつ、支払いが正当なビジネス上の理由に基づくものであるかが重要視されました。今回の判決は、製薬会社がリバースペイメント和解を行う際の新たな指針となり、特許訴訟の和解における適法性の判断に重要な影響を与えるでしょう。

もっと読む »
IPR手続の費用は特許法 285 条の合理的な弁護士費用として回収できるのか?CAFC判決 Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.の考察 - 画像
訴訟

IPR手続の費用は特許法 285 条の合理的な弁護士費用として回収できるのか?CAFC判決 Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.の考察

Dragon Intellectual Property LLC v. DISH Network L.L.C.事件における連邦巡回区控訴裁判所 (CAFC) の判決により、当事者が任意に申し立てたInter Partes Review (IPR) 手続の費用は特許法285条に基づく弁護士費用として回収できないこと、また同条に基づく費用回収において訴訟代理人の連帯責任は認められないことが明らかになりました。本稿では、この画期的な判決の内容を詳細に分析し、特許訴訟の当事者と訴訟代理人の実務に与える影響について考察します。IPR申立ての費用対効果や訴訟戦略における留意点、さらには訴訟代理人の行為規整の在り方など、本判決から読み取れる重要な示唆を丁寧に解説します。特許実務に携わる弁護士、弁理士、企業の知的財産部門の方々には必読の内容です。

もっと読む »