Category: 訴訟

money
訴訟

ケーススタディ:マルチカメラ装置の特許価値評価(損害賠償)事例

2022年度から2021年11月末まで(2021年10月1日から2021年11月30日まで)の付与後願書(post-grant petitions)の institution率は66%(Institution許可138件、却下71件)であり、前年度の59%から大きく低下しています。特許庁によると、申立ごとではなく特許異議申立ごとで見ると、これまでの2022年度の institution率は69%(Institution許可135件、却下60件)でした。直近8月の申立単位でのは institution率は80%(Institution許可70件、却下17件)。

arrows-go-up
訴訟

2021年もITCへの関心度が高まる年となったことが統計データから判明

数年前までは特許侵害の案件でITCを使うケースは稀でしたが、2020年は新規の申立が57件、2021年も50件以上の新たな申立があり、関心度が高まりつつあります。また、手続き上の利点から年末に申立が行われることもあるので、年末年始はITCの動向に気をつけたい時期でもあります。

訴訟

特許係争でSonosがGoogleの輸入禁止判決に勝利

米国のITCは、Googleが家庭用オーディオ会社Sonosのスマートスピーカーに関する特許を侵害する製品を輸入することを禁じました。しかし、特許の侵害を避けるために設計し直した製品の輸入を禁じられることはないとしています。

訴訟

Home fitness業界の特許戦争:NikeがLululemonを特許侵害で訴える

NikeはLululemonのホームジム部門「Mirror」とそれに付随するモバイルアプリが、Nikeの特許を侵害しているとして提訴しました。Home fitness業界では主要企業間による特許戦争が起こっていて、今回の訴訟でNikeもこの知財バトルに加わることになりました。

訴訟

バイデン政権がCAFCに新たな判事を任命

2021年11月3日(水)、ホワイトハウスは、バイデン大統領がLeonard P. Stark判事(デラウェア州連邦地方裁判所)を連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の判事に指名したことを発表しました。Stark判事は、2022年3月に引退することを発表したKathleen M. O’Malley判事の後任として指名されます。

money-saving-incentive
訴訟

NPEが銀行や金融機関を特許訴訟の対象とするケースが増加中

銀行や金融機関が特許訴訟の対象となることは以前からありましたが、今年に入ってからは、多くの不実施主体(NPE;Non-Practicing Entity)の標的となっていることがわかりました。メーカーのように知財部がない銀行や金融機関が特許訴訟に巻き込まれると、適切な対応ができない場合があります。そこで、事前に信頼できる特許訴訟弁護士などを見つけておいてスムーズに対応できる準備をしておいたほうがいいでしょう。