Mayo判決後、診断方法特許の権利行使は困難を極める

最高裁で診断方法特許の特許性に言及したMayo v. Prometheus判決以降、アメリカにおける診断方法特許の権利行使は困難を極めています。 Athena Diagnostics, Inc. v. Mayo Collaborative Servs., LLCにおいて、CAFCは地裁の判決を是正し、権利行使されたクレームは不適格で無効としました。

サイバーセキュリティ特許戦争の予感

膨大なサイバーセキュリティへの投資、比較的新しいサイバーセキュリティ関連特許の数、侵害検知がしやすい特徴、市場のプレイヤー数などを総合して考えると、今後サイバーセキュリティ関連特許による特許訴訟が増えてくる可能性があります。

裁判地に関する判例:サーバーは「習慣的な定着したビジネスの場」なのか?

最高裁判決のTC Heartland事件以降、特許権者が選べる裁判地(Venue)に大きな制限がかかりました。そのため、現在では、ダントツの人気を誇っていたthe Eastern District of Texasにおける特許訴訟数は減りましたが、今回の判例でthe Eastern District of Texasの人気がまた上がりそうです。

第三者による訴訟費用提供を制限する訴訟援助理論

money

第三者による訴訟費用提供が増えてきています。知財の場合、NPEが特許訴訟を起こすときに資金調達をすることがあります。しかし、州によってはこのような訴訟援助を禁止する理論を認識しているので、NPEから特許訴訟を起こされた場合、資金源を調べることも大切になってきます。