Category: 訴訟

Judges of the CAFC engaged in an En Banc hearing on design patent obviousness standards, highlighting the potential legal changes post LKQ v. GM case
特許出願

意匠特許の自明性基準が変わる?CAFCの大法廷で得られた判事たちの心象

LKQ v. GM裁判のおかげで、意匠特許の有効性に変化が訪れるかもしれません。2024年2月5日、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は、稀に見る大法廷(En Banc)での審理において、Rosen/Durlingに基づく意匠特許の自明性の基準の基礎について厳しい質問を行いました。質問の内容は多岐に渡りましたが、質疑から得られた全体的な見解は、Rosen/Durlingに対する不快感を示しており、現行基準は最高裁判例の下では厳格すぎるという印象を示しています。

もっと読む »
Digital artwork showcasing the integration of generative AI in the legal field, with symbols representing legal documents, AI algorithms, and courtroom settings, emphasizing the balance between innovation and regulation.
AI

判事による独自ルールも!適切な管理と運用が求められる法曹界での生成AI活用

生成AIの活用は法曹界でも注目されており、リーガルテック企業を中心に様々なAIツールが出てきています。しかし、実務におけるそのようなツールの活用には注意点も多く、リスクを把握したうえで、慎重な運用が求められます。得に訴訟関連の業務では、すでに生成AIの不適切な利用で制裁を受けた弁護士が複数おり、また、判事によっては独自のローカルルールにより使用したAIツールの開示や秘密保全などに関する保証を求めるなど、注意とコンプライアンスが必要になりつつあります。

もっと読む »
An impactful image illustrating the conflict between traditional copyright protection mechanisms, represented by DMCA notices, and the overwhelming surge of AI-driven content on social media platforms. The visual narrative contrasts legal documents being engulfed by digital waves, AI entities, and binary codes, symbolizing the flood of copyright challenges in the digital age and the urgent need for a new, adaptable legal framework
AI

AI時代のネット社会ではDMCAを用いた著作権保護は崩壊する?

現在SNSに掲載された著作権侵害コンテンツはDMCA通知という取り下げを求める枠組みによって迅速に侵害行為を止めることができます。しかし、AIの技術発展に伴い、AIが主流となっていくAI時代のネット社会にはDMCAがうまく機能しないという懸念があります。1990年代に発案されたDMCAの枠組みではAI技術の発展と著作権による十分な保護の両立は難しいとされる中、まったく新しい法的な枠組みが求められる時期に来ているのかもしれません。

もっと読む »
An illustrative composition showcasing the juxtaposition of traditional legal symbols, including patents and gavels, with futuristic elements like AI brains and digital circuitry, symbolizing the revival and potential strategic importance of prior user rights defense in the era of emerging technologies such as AI, against the backdrop of the America Invents Act (AIA) reforms.
AI

AIなどの新興技術に見え隠れする先使用権による抗弁の復活の可能性

AIAによる特許法の改正で生まれ変わった先使用権による抗弁ですが、いままで全く使われてきませんでした。しかし、AIなどの新興技術によるイノベーションは発明者の定義などの問題から特許との親和性が低く、営業機密による保護が注目されています。このような変化は先使用権を使いやすい環境に変える要素の1つであり、改めて先使用権の条件を見返す注目すべきトレンドになりつつあります。

もっと読む »
An illustrative depiction of the intersection between generative AI and the legal industry, showing a balanced courtroom scene with futuristic AI elements on one side, including a glowing digital brain and screens displaying legal data, and traditional legal symbols such as a gavel, law books, and the Scales of Justice on the other. A figure of a lawyer stands in the middle, symbolizing careful contemplation of integrating AI into legal practices
AI

生成AI時代の実務利用における懸念点とAIの立ち位置

生成AIの進化は、法律業界に革新と挑戦の両方をもたらしました。弁護士はこの新技術を研究ツールとして活用しはめていますが、その使用には慎重さが求められます。最高裁判所長官の報告やUSPTO長官のメモから、実務におけるAIの利用で問題視されている事柄を確認してみましょう。

もっと読む »
Featured image depicting the significance of patent marking requirements under 35 U.S.C. § 287(a), showcasing patent documents, a gavel, and the scales of justice in a legal setting
訴訟

判例に見る特許マーキングの実務と解釈

特許権者が侵害訴訟において損害賠償を追求することにおいて、35 U.S.C. § 287(a) に基づくマーキング要件を満たしていることは重要な要素になります。この要件は、特許物品に対する適切なマーキングを通じて、公衆に対する通知を義務付けるものであり、無実の侵害を防ぐための法的機制を提供します。今回は、実際の通知と推定的通知の概念、マーキングの方法、およびその遵守が特許侵害訴訟における損害賠償の追求に与える影響について詳しく掘り下げます。特に、最近の裁判例を交えながら、特許権者とライセンシーの責任、および実用的なマーキング抗弁についても解説します。

もっと読む »
An elegant and professional image depicting elements of trade secret protection and international trade, featuring a locked vault, a document marked 'confidential', a world map, flags, and shipping containers, all encapsulated within a corporate and legal aesthetic.
企業機密

注目され始めたITCにおける営業秘密不正流用調査

米国の企業秘密法は、国際貿易において重要な役割を果たしています。特に、1930年関税法、通称第337条の規定は、不正に取得された営業秘密を利用する製品の輸入を防ぐための強力な手段として機能しています。本規定に基づき、米国国際貿易委員会(ITC)は、営業秘密の不正流用が国外で行われていたとしても、それに関連する製品の輸入を規制する権限を有しています。

もっと読む »
computer-code
AI

アメリカのAI訴訟に新たな動き:アーティストによる著作権請求に対する初の裁定を徹底解説

昨年、原告団が、人工知能ソフトウェアの開発企業に対して複数の著作権侵害訴訟を起こしました。これらの訴訟では、AIモデルのトレーニングには大規模な著作権侵害が含まれており、これらのモデルの商業的な実行可能性を脅かす可能性があると懸念されていました。この記事では、アメリカにおけるAIに関する最新の著作権訴訟の動向と、アーティストによる著作権請求に対する初の本格的な判決について詳細に分析し、その中身と関連する訴訟への影響を解説します。

もっと読む »
thinking
AI

AIチャットボットにも適用されうる盗聴法と集団訴訟のリスク

プライバシー訴訟の新たな波として、主にカリフォルニア州の州裁判所および連邦裁判所に数十件の集団訴訟が提起し、一般向けウェブサイトを持つ企業による「盗聴」の疑いに対する損害賠償を求めるような動きがあります。これらの訴えには以下のような共通の理論があります:チャットボット機能を使って顧客と関わっているウェブサイトの所有者は、チャットを録音し、サービス・プロバイダーにアクセス権を与えることによって、州の盗聴法に違反しており、これは 「違法な盗聴」であると主張しているのです。

もっと読む »