The Attorney-Client Privilege とAttorney Work-Product Doctrineの重要性

statistics-stack-of-documents

特許権者が特許購入前に行った特許分析に関する書類をThe Attorney-Client Privilege とAttorney Work-Product Doctrineの対象としてDiscoveryにおけるdocument productionを拒否。地裁は少なくとも一部の書類は保護されるべき書類とし、特許権者の主張を(一部)認める形になりました。

デザイン特許の機能性と有効性の問題

アメリカにおけるデザイン特許の価値は日に日に上がっています。それに伴いデザイン特許関連の訴訟も多くなり、今回の判例では保護されている対象の機能性とデザイン特許の有効性の関係が問題になりました。

故意侵害のハードルが高くなった?

important-page

故意侵害が成立すると3倍賠償や相手の弁護士費用を負担を迫られるリスクがあります。このようにリスクが高い故意侵害ですが、この「故意侵害」の定義はここ数年間変わり続けていてどのような行為が故意侵害になるのかが不透明になっています。

プロパテント法案が議会に再提案される

Congress-law-making

2019年7月10日、STRONGER Patents Act of 2019が再提出されました。STRONGER Patents Actは特許侵害製品の差止の強化など特許の保護をより強める法案になっています。この法案は2015年、2017年と過去にも提案されていて、今回で3回目になります。

特許適格性と国内産業要件へのEarly Disposition Programは難しい?

import

ITC訴訟には手続きの効率化を図るために100日で特定のことがらを判断するEarly Disposition Programというものがあります。しかし、申し出があれば認められる訳ではなく、問題の難易度や解決した際のITC訴訟への影響などが大きく関わってきます。

Qualcomm Patent Licensingの問題点

apple-products

前回、速報として地裁がQualcommの米国独禁法違反を認めたことをお伝えしましたが、233ページにも及ぶ判決文をまとめた記事があったので紹介します。

サービスの提供だけでもon-sale barに抵触

stop-estoppel

特許の先行例となるon-sale barのイメージは製品の販売や売り出しがきっかけになることは広く知られていますが、サービスの提供だけでもon-sale barに抵触することがあるので注意が必要です。

CAFCが均等論は例外にのみ適用されるべきと発言

folders-manual

Amgen Inc. v. Sandoz Inc.において、CAFCは均等論を狭く解釈し、地裁における非侵害の判決を是正しました。CAFCは、均等論は例外的に適用されるべきであり、すべての特許侵害案件で直接侵害の次に行われる分析ではなく、クレームの範囲を容易に拡大するものではないとしました。