Category: 著作権

AIが作成した作品は芸術の理解や定義を変えるものなのか?

長年芸術作品は、技術や道具を使うことがあっても、人間が創造的想像力を意識的に用いることで、主に絵画や彫刻のような視覚形態で、その美しさや感情力を表し、評価されてきました。 しかし、その創造における重要な役割を人工知能(AI)が担うようになったら、芸術に対する理解や定義を変えるものになるのでしょうか?

もっと詳しく »

ジェネレーティブAIに用いられる入力データに関する著作権問題

人工知能(AI)は、アートワークの制作、ソフトウェアの開発、文章の執筆の方法を大きく変えることが期待されている技術です。この大きな変化は、これらの作品の知的財産権保護、特に著作権保護をめぐる多くの新しい法的問題をもたらします。新たな法的問題の分析は、ジェネレーティブAIシステムの2つの重要な要素、すなわち入力データと出力データとの関連で理解することができます。そこで今回は、1つ目の「入力データ」について著作権の観点から考察していきます。

もっと詳しく »

AI作成の著作物には著作権が発生しない

米国著作権局の審査委員会は、人工知能(AI)によって作成された芸術作品の登録を拒否し、AIが作成した著作物には著作権が発生しないという著作権局の方針を改めて示しました。著作権法の下では、「作品は人間によって作成されなければならない」ため、人間の著作者による創造的な入力または介入なしに「動作する」機械または単なる機械的プロセスによって作成された作品は登録しないというのが、著作権局による長年の方針です。

もっと詳しく »

AIが作成した作品は芸術の理解や定義を変えるものなのか?

長年芸術作品は、技術や道具を使うことがあっても、人間が創造的想像力を意識的に用いることで、主に絵画や彫刻のような視覚形態で、その美しさや感情力を表し、評価されてきました。 しかし、その創造における重要な役割を人工知能(AI)が担うようになったら、芸術に対する理解や定義を変えるものになるのでしょうか?

もっと詳しく »

ジェネレーティブAIに用いられる入力データに関する著作権問題

人工知能(AI)は、アートワークの制作、ソフトウェアの開発、文章の執筆の方法を大きく変えることが期待されている技術です。この大きな変化は、これらの作品の知的財産権保護、特に著作権保護をめぐる多くの新しい法的問題をもたらします。新たな法的問題の分析は、ジェネレーティブAIシステムの2つの重要な要素、すなわち入力データと出力データとの関連で理解することができます。そこで今回は、1つ目の「入力データ」について著作権の観点から考察していきます。

もっと詳しく »
computer-code

AI作成の著作物には著作権が発生しない

米国著作権局の審査委員会は、人工知能(AI)によって作成された芸術作品の登録を拒否し、AIが作成した著作物には著作権が発生しないという著作権局の方針を改めて示しました。著作権法の下では、「作品は人間によって作成されなければならない」ため、人間の著作者による創造的な入力または介入なしに「動作する」機械または単なる機械的プロセスによって作成された作品は登録しないというのが、著作権局による長年の方針です。

もっと詳しく »
AI

AIが作成した作品は芸術の理解や定義を変えるものなのか?

長年芸術作品は、技術や道具を使うことがあっても、人間が創造的想像力を意識的に用いることで、主に絵画や彫刻のような視覚形態で、その美しさや感情力を表し、評価されてきました。 しかし、その創造における重要な役割を人工知能(AI)が担うようになったら、芸術に対する理解や定義を変えるものになるのでしょうか?

もっと読む »
AI

ジェネレーティブAIに用いられる入力データに関する著作権問題

人工知能(AI)は、アートワークの制作、ソフトウェアの開発、文章の執筆の方法を大きく変えることが期待されている技術です。この大きな変化は、これらの作品の知的財産権保護、特に著作権保護をめぐる多くの新しい法的問題をもたらします。新たな法的問題の分析は、ジェネレーティブAIシステムの2つの重要な要素、すなわち入力データと出力データとの関連で理解することができます。そこで今回は、1つ目の「入力データ」について著作権の観点から考察していきます。

もっと読む »
computer-code
AI

AI作成の著作物には著作権が発生しない

米国著作権局の審査委員会は、人工知能(AI)によって作成された芸術作品の登録を拒否し、AIが作成した著作物には著作権が発生しないという著作権局の方針を改めて示しました。著作権法の下では、「作品は人間によって作成されなければならない」ため、人間の著作者による創造的な入力または介入なしに「動作する」機械または単なる機械的プロセスによって作成された作品は登録しないというのが、著作権局による長年の方針です。

もっと読む »