Category: 著作権

ミームと著作権問題の理解

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。

もっと詳しく »

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと詳しく »

AI時代のネット社会ではDMCAを用いた著作権保護は崩壊する?

現在SNSに掲載された著作権侵害コンテンツはDMCA通知という取り下げを求める枠組みによって迅速に侵害行為を止めることができます。しかし、AIの技術発展に伴い、AIが主流となっていくAI時代のネット社会にはDMCAがうまく機能しないという懸念があります。1990年代に発案されたDMCAの枠組みではAI技術の発展と著作権による十分な保護の両立は難しいとされる中、まったく新しい法的な枠組みが求められる時期に来ているのかもしれません。

もっと詳しく »

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

もっと詳しく »

どの程度のAI利用が米国著作権局による審査に影響を与えるのか:「最小限」(”de minimis” )の問題

AIによって生成された素材が、メディア全体のクリエイティブな作品においてより一般的になるにつれ、コンテンツ制作者や配信者は、作品を登録するために米国著作権局に開示する必要がある情報、およびそれを怠った場合の潜在的な罰則に関するガイダンスを求めています。正式な見解はないものの、著作権局が行ったウェビナーからわかる「最小限」と「評価できる」量というキーワードを具体的な例を交えて考察する中で見えてくるものがありました。

もっと詳しく »

生成AI時代のソースコードの知財保護

法的に、雇用関係においては、従業員が職務上で開発したソフトウェアコードに関する全ての知的財産権は雇用主に帰属します。この原則は、契約文書に明記されている場合、契約労働者にも同様に適用されることが一般的です。AIによるコード生成を従業員が行った場合であっても、雇用主がそのコードの権利を保有するのが通常です。しかし、AI生成コードの知的財産保護を目指す際には、従来の枠組みにとらわれず、新たな評価基準と管理手法が求められることになります。

もっと詳しく »

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと詳しく »

NFTコレクションのコピーと販売が知財侵害行為と認められ160万ドルの損害賠償が認められる

2023年5月、Bored Aped Yacht Club(BAYC)のNFTコレクションのクリエイターであるYuga Labsと、「アーティスト」であるRyder RippsとJeremy Cahenとの間の紛争に関し、カリフォルニア地方裁判所の知的財産権侵害判決がありました。この判決において、裁判所は被告を不利と判断し、2023年10月25日に損害賠償命令が下されました。今回は、この最近の損害賠償判決とその意味について考察します。

もっと詳しく »
ミームと著作権問題に関する画像

ミームと著作権問題の理解

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。

もっと詳しく »
NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究レポート。

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと詳しく »
An impactful image illustrating the conflict between traditional copyright protection mechanisms, represented by DMCA notices, and the overwhelming surge of AI-driven content on social media platforms. The visual narrative contrasts legal documents being engulfed by digital waves, AI entities, and binary codes, symbolizing the flood of copyright challenges in the digital age and the urgent need for a new, adaptable legal framework

AI時代のネット社会ではDMCAを用いた著作権保護は崩壊する?

現在SNSに掲載された著作権侵害コンテンツはDMCA通知という取り下げを求める枠組みによって迅速に侵害行為を止めることができます。しかし、AIの技術発展に伴い、AIが主流となっていくAI時代のネット社会にはDMCAがうまく機能しないという懸念があります。1990年代に発案されたDMCAの枠組みではAI技術の発展と著作権による十分な保護の両立は難しいとされる中、まったく新しい法的な枠組みが求められる時期に来ているのかもしれません。

もっと詳しく »
A futuristic legal office with a professional analyzing AI-generated content on a digital tablet, surrounded by legal documents and data visualizations on screens, highlighting the intersection of AI technology and legal challenges

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

もっと詳しく »

どの程度のAI利用が米国著作権局による審査に影響を与えるのか:「最小限」(”de minimis” )の問題

AIによって生成された素材が、メディア全体のクリエイティブな作品においてより一般的になるにつれ、コンテンツ制作者や配信者は、作品を登録するために米国著作権局に開示する必要がある情報、およびそれを怠った場合の潜在的な罰則に関するガイダンスを求めています。正式な見解はないものの、著作権局が行ったウェビナーからわかる「最小限」と「評価できる」量というキーワードを具体的な例を交えて考察する中で見えてくるものがありました。

もっと詳しく »
Computer monitor on a desk displaying lines of programming code, with a keyboard and mouse, in a professional tech workspace setting

生成AI時代のソースコードの知財保護

法的に、雇用関係においては、従業員が職務上で開発したソフトウェアコードに関する全ての知的財産権は雇用主に帰属します。この原則は、契約文書に明記されている場合、契約労働者にも同様に適用されることが一般的です。AIによるコード生成を従業員が行った場合であっても、雇用主がそのコードの権利を保有するのが通常です。しかし、AI生成コードの知的財産保護を目指す際には、従来の枠組みにとらわれず、新たな評価基準と管理手法が求められることになります。

もっと詳しく »
china

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと詳しく »

NFTコレクションのコピーと販売が知財侵害行為と認められ160万ドルの損害賠償が認められる

2023年5月、Bored Aped Yacht Club(BAYC)のNFTコレクションのクリエイターであるYuga Labsと、「アーティスト」であるRyder RippsとJeremy Cahenとの間の紛争に関し、カリフォルニア地方裁判所の知的財産権侵害判決がありました。この判決において、裁判所は被告を不利と判断し、2023年10月25日に損害賠償命令が下されました。今回は、この最近の損害賠償判決とその意味について考察します。

もっと詳しく »
ミームと著作権問題に関する画像
著作権

ミームと著作権問題の理解

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。

もっと読む »
NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究レポート。
商標

NFTと知的財産:USPTOと米国著作権局による共同研究レポート

米国特許商標庁(USPTO)と米国著作権庁(U.S. Copyright Office)は、NFTsの知的財産(IP)法および政策的意味合いに関する包括的な共同研究を発表しました。この研究は、デジタルおよびクリエイティブの世界におけるNFTsの急速な普及に対応するもので、著作権法、商標法、特許法の領域におけるNFTsの位置づけを明確にすることを目的としています。

もっと読む »
An impactful image illustrating the conflict between traditional copyright protection mechanisms, represented by DMCA notices, and the overwhelming surge of AI-driven content on social media platforms. The visual narrative contrasts legal documents being engulfed by digital waves, AI entities, and binary codes, symbolizing the flood of copyright challenges in the digital age and the urgent need for a new, adaptable legal framework
AI

AI時代のネット社会ではDMCAを用いた著作権保護は崩壊する?

現在SNSに掲載された著作権侵害コンテンツはDMCA通知という取り下げを求める枠組みによって迅速に侵害行為を止めることができます。しかし、AIの技術発展に伴い、AIが主流となっていくAI時代のネット社会にはDMCAがうまく機能しないという懸念があります。1990年代に発案されたDMCAの枠組みではAI技術の発展と著作権による十分な保護の両立は難しいとされる中、まったく新しい法的な枠組みが求められる時期に来ているのかもしれません。

もっと読む »
A futuristic legal office with a professional analyzing AI-generated content on a digital tablet, surrounded by legal documents and data visualizations on screens, highlighting the intersection of AI technology and legal challenges
AI

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

もっと読む »
著作権

どの程度のAI利用が米国著作権局による審査に影響を与えるのか:「最小限」(”de minimis” )の問題

AIによって生成された素材が、メディア全体のクリエイティブな作品においてより一般的になるにつれ、コンテンツ制作者や配信者は、作品を登録するために米国著作権局に開示する必要がある情報、およびそれを怠った場合の潜在的な罰則に関するガイダンスを求めています。正式な見解はないものの、著作権局が行ったウェビナーからわかる「最小限」と「評価できる」量というキーワードを具体的な例を交えて考察する中で見えてくるものがありました。

もっと読む »
Computer monitor on a desk displaying lines of programming code, with a keyboard and mouse, in a professional tech workspace setting
AI

生成AI時代のソースコードの知財保護

法的に、雇用関係においては、従業員が職務上で開発したソフトウェアコードに関する全ての知的財産権は雇用主に帰属します。この原則は、契約文書に明記されている場合、契約労働者にも同様に適用されることが一般的です。AIによるコード生成を従業員が行った場合であっても、雇用主がそのコードの権利を保有するのが通常です。しかし、AI生成コードの知的財産保護を目指す際には、従来の枠組みにとらわれず、新たな評価基準と管理手法が求められることになります。

もっと読む »
china
AI

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと読む »
著作権

NFTコレクションのコピーと販売が知財侵害行為と認められ160万ドルの損害賠償が認められる

2023年5月、Bored Aped Yacht Club(BAYC)のNFTコレクションのクリエイターであるYuga Labsと、「アーティスト」であるRyder RippsとJeremy Cahenとの間の紛争に関し、カリフォルニア地方裁判所の知的財産権侵害判決がありました。この判決において、裁判所は被告を不利と判断し、2023年10月25日に損害賠償命令が下されました。今回は、この最近の損害賠償判決とその意味について考察します。

もっと読む »