Category: 著作権

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと詳しく »

NFTコレクションのコピーと販売が知財侵害行為と認められ160万ドルの損害賠償が認められる

2023年5月、Bored Aped Yacht Club(BAYC)のNFTコレクションのクリエイターであるYuga Labsと、「アーティスト」であるRyder RippsとJeremy Cahenとの間の紛争に関し、カリフォルニア地方裁判所の知的財産権侵害判決がありました。この判決において、裁判所は被告を不利と判断し、2023年10月25日に損害賠償命令が下されました。今回は、この最近の損害賠償判決とその意味について考察します。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »

AIのバイアス調査であればアクセス制御されている著作物の利用も可能になる?

DMCAにはコンテンツへのアクセス制御機能の回避を禁止する条項があります。つまり、技術的にアクセス制御を回避できたとしても、そのような行為は著作権侵害になる可能性があります。しかし、これには例外があり、その例外にAIのバイアス調査目的における使用が検討されていることがわかりました。

もっと詳しく »

係争中のCopilot集団訴訟から学べるソフトウェア開発のベストプラクティス

この記事では、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反とオープンソースライセンス違反の疑惑を検証することで、Copilotをめぐる論争を掘り下げ、AIが生成するコードへの影響について議論し、AI支援コーディングの進化する状況における法的課題を乗り切るための推奨事項を提示します。

もっと詳しく »

広告における侵害画像の使用に基づく利益は回収できるのか?

広告主が広告キャンペーンにおいて著作権で保護された画像を無断で掲載する。無断利用を知った著作権者が、キャンペーン期間中に広告主が得た利益を求めて訴訟を起こす。このような場合、広告商品の販売による広告主の利益が分かったとしても、その利益の何%が侵害広告キャンペーンに起因するものなのでしょうか?

もっと詳しく »

アメリカにおける著作権侵害と救済の仕組み

著作物の作成、使用、配布に携わる企業にとって、著作権侵害の要件や重要な事実証拠、救済など理解することが不可欠です。特に、インターネットを媒体にしたコンテンツはグローバルにアクセス可能なため、運営は日本であってもアメリカの著作権問題が発生することもあります。アメリカにおける著作権侵害の法的結果は、高額な金銭賠償や差止命令による救済を伴う厳しいものになる場合もあり、事業運営に大きな支障をきたす可能性があります。しかし、アメリカにおける著作権侵害と救済の仕組みについてまとめてあるリソースがあまりなかったので、今回は、企業が法的リスクを最小限に抑えながら、知的財産権の複雑な状況を乗り切るために便利な米国の著作権侵害制度の概要をまとめてみました。

もっと詳しく »

米連邦地裁も著作権局に合意:AI画像に著作権なし

地裁が下した判決は何も新しいことはないのですが、「人間の創作性が著作権には必須」という行政機関である著作権局の見解に、司法機関である地裁も合意したという点が評価されるべき点だと思われます。しかし、著作権法は時代や技術の進化に柔軟に対応できるようにデザインされており、技術革新による法改正の可能性もあることから、近い将来、著作権法やその概念が大きく変わる可能性も十分あります。

もっと詳しく »

著作権局がAI関連の著作権問題について意見を募集中

AIコンテンツに関する著作権問題は数多くあり、そのほとんどが未だに未解決のままです。しかし、アメリカの著作権局は積極的にAIの問題に取り組んでおり、先月、幅広い未解決問題を含む調査を発表しました。この調査では、AIと著作権に関わる多くの質問がリストされていて、著作権局は一般から意見を求めています。

もっと詳しく »
china

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと詳しく »

NFTコレクションのコピーと販売が知財侵害行為と認められ160万ドルの損害賠償が認められる

2023年5月、Bored Aped Yacht Club(BAYC)のNFTコレクションのクリエイターであるYuga Labsと、「アーティスト」であるRyder RippsとJeremy Cahenとの間の紛争に関し、カリフォルニア地方裁判所の知的財産権侵害判決がありました。この判決において、裁判所は被告を不利と判断し、2023年10月25日に損害賠償命令が下されました。今回は、この最近の損害賠償判決とその意味について考察します。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »

AIのバイアス調査であればアクセス制御されている著作物の利用も可能になる?

DMCAにはコンテンツへのアクセス制御機能の回避を禁止する条項があります。つまり、技術的にアクセス制御を回避できたとしても、そのような行為は著作権侵害になる可能性があります。しかし、これには例外があり、その例外にAIのバイアス調査目的における使用が検討されていることがわかりました。

もっと詳しく »
display-with-code

係争中のCopilot集団訴訟から学べるソフトウェア開発のベストプラクティス

この記事では、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反とオープンソースライセンス違反の疑惑を検証することで、Copilotをめぐる論争を掘り下げ、AIが生成するコードへの影響について議論し、AI支援コーディングの進化する状況における法的課題を乗り切るための推奨事項を提示します。

もっと詳しく »
money-saving-incentive

広告における侵害画像の使用に基づく利益は回収できるのか?

広告主が広告キャンペーンにおいて著作権で保護された画像を無断で掲載する。無断利用を知った著作権者が、キャンペーン期間中に広告主が得た利益を求めて訴訟を起こす。このような場合、広告商品の販売による広告主の利益が分かったとしても、その利益の何%が侵害広告キャンペーンに起因するものなのでしょうか?

もっと詳しく »

アメリカにおける著作権侵害と救済の仕組み

著作物の作成、使用、配布に携わる企業にとって、著作権侵害の要件や重要な事実証拠、救済など理解することが不可欠です。特に、インターネットを媒体にしたコンテンツはグローバルにアクセス可能なため、運営は日本であってもアメリカの著作権問題が発生することもあります。アメリカにおける著作権侵害の法的結果は、高額な金銭賠償や差止命令による救済を伴う厳しいものになる場合もあり、事業運営に大きな支障をきたす可能性があります。しかし、アメリカにおける著作権侵害と救済の仕組みについてまとめてあるリソースがあまりなかったので、今回は、企業が法的リスクを最小限に抑えながら、知的財産権の複雑な状況を乗り切るために便利な米国の著作権侵害制度の概要をまとめてみました。

もっと詳しく »
computer-code

米連邦地裁も著作権局に合意:AI画像に著作権なし

地裁が下した判決は何も新しいことはないのですが、「人間の創作性が著作権には必須」という行政機関である著作権局の見解に、司法機関である地裁も合意したという点が評価されるべき点だと思われます。しかし、著作権法は時代や技術の進化に柔軟に対応できるようにデザインされており、技術革新による法改正の可能性もあることから、近い将来、著作権法やその概念が大きく変わる可能性も十分あります。

もっと詳しく »

著作権局がAI関連の著作権問題について意見を募集中

AIコンテンツに関する著作権問題は数多くあり、そのほとんどが未だに未解決のままです。しかし、アメリカの著作権局は積極的にAIの問題に取り組んでおり、先月、幅広い未解決問題を含む調査を発表しました。この調査では、AIと著作権に関わる多くの質問がリストされていて、著作権局は一般から意見を求めています。

もっと詳しく »
china
AI

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと読む »
著作権

NFTコレクションのコピーと販売が知財侵害行為と認められ160万ドルの損害賠償が認められる

2023年5月、Bored Aped Yacht Club(BAYC)のNFTコレクションのクリエイターであるYuga Labsと、「アーティスト」であるRyder RippsとJeremy Cahenとの間の紛争に関し、カリフォルニア地方裁判所の知的財産権侵害判決がありました。この判決において、裁判所は被告を不利と判断し、2023年10月25日に損害賠償命令が下されました。今回は、この最近の損害賠償判決とその意味について考察します。

もっと読む »
AI

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと読む »
AI

AIのバイアス調査であればアクセス制御されている著作物の利用も可能になる?

DMCAにはコンテンツへのアクセス制御機能の回避を禁止する条項があります。つまり、技術的にアクセス制御を回避できたとしても、そのような行為は著作権侵害になる可能性があります。しかし、これには例外があり、その例外にAIのバイアス調査目的における使用が検討されていることがわかりました。

もっと読む »
display-with-code
AI

係争中のCopilot集団訴訟から学べるソフトウェア開発のベストプラクティス

この記事では、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反とオープンソースライセンス違反の疑惑を検証することで、Copilotをめぐる論争を掘り下げ、AIが生成するコードへの影響について議論し、AI支援コーディングの進化する状況における法的課題を乗り切るための推奨事項を提示します。

もっと読む »
money-saving-incentive
著作権

広告における侵害画像の使用に基づく利益は回収できるのか?

広告主が広告キャンペーンにおいて著作権で保護された画像を無断で掲載する。無断利用を知った著作権者が、キャンペーン期間中に広告主が得た利益を求めて訴訟を起こす。このような場合、広告商品の販売による広告主の利益が分かったとしても、その利益の何%が侵害広告キャンペーンに起因するものなのでしょうか?

もっと読む »
著作権

アメリカにおける著作権侵害と救済の仕組み

著作物の作成、使用、配布に携わる企業にとって、著作権侵害の要件や重要な事実証拠、救済など理解することが不可欠です。特に、インターネットを媒体にしたコンテンツはグローバルにアクセス可能なため、運営は日本であってもアメリカの著作権問題が発生することもあります。アメリカにおける著作権侵害の法的結果は、高額な金銭賠償や差止命令による救済を伴う厳しいものになる場合もあり、事業運営に大きな支障をきたす可能性があります。しかし、アメリカにおける著作権侵害と救済の仕組みについてまとめてあるリソースがあまりなかったので、今回は、企業が法的リスクを最小限に抑えながら、知的財産権の複雑な状況を乗り切るために便利な米国の著作権侵害制度の概要をまとめてみました。

もっと読む »
computer-code
AI

米連邦地裁も著作権局に合意:AI画像に著作権なし

地裁が下した判決は何も新しいことはないのですが、「人間の創作性が著作権には必須」という行政機関である著作権局の見解に、司法機関である地裁も合意したという点が評価されるべき点だと思われます。しかし、著作権法は時代や技術の進化に柔軟に対応できるようにデザインされており、技術革新による法改正の可能性もあることから、近い将来、著作権法やその概念が大きく変わる可能性も十分あります。

もっと読む »
AI

著作権局がAI関連の著作権問題について意見を募集中

AIコンテンツに関する著作権問題は数多くあり、そのほとんどが未だに未解決のままです。しかし、アメリカの著作権局は積極的にAIの問題に取り組んでおり、先月、幅広い未解決問題を含む調査を発表しました。この調査では、AIと著作権に関わる多くの質問がリストされていて、著作権局は一般から意見を求めています。

もっと読む »