Category: 著作権

アーティストが作っていない曲が世に出る?音楽産業を悩ませる生成AIを法的に取り締まる手段は?

アーティストの声や音楽のスタイルをシミュレートして、本物と区別のつかないトラックを作成する生成AIモデルはすでにあり、そのようなツールを悪用したアーティストが関わっていない無許可のAI音楽がすでに存在し、音楽産業に大きな影響を与えます。AIモデルによってシミュレートされた声や音楽スタイルを著作権やデータプライバシーで守ることは困難ですが、アーティストのパブリシティ権(肖像権)が法的救済を提供するかもしれません。

もっと詳しく »

コロナ禍の善意のサービスであっても著作権侵害になりえる

この訴訟は、Internet Archiveがパンダミックの初期に「National Emergency Library」を立ち上げ、140万冊のデジタル化された書籍を待ち時間なしで読めるようにしたことがきっかけでした。COVID-19のロックダウン時に図書館が閉鎖されている間、デジタル書籍を貸し出す臨時のサービスで、同年3月24日から6月16日まで運営されていました。善意で行われたサービスのようですが、書籍の著作権を持つ出版社はInternet Archiveを著作権侵害で訴え、地裁では出版社側の全面勝訴に至りました。今回は特にフェアユースと変革的利用(transformative use)に関してこの判決を考察していきます。

もっと詳しく »

ChatGPTの利用規約から見る知財リスクと生成データの著作権保護の可能性

ChatGPT、Dall-E、Midjourneyなどの生成型AIアプリケーションは、コンテンツ作成に重要な著作権の問題を引き起こします。ChatGPTの使用に関する契約条項を見てみると、コンテンツの所有権、類似した出力、機密保持、公表要件に対して言及しています。ChatGPTの使用に関しては、従業員による使用については機密保持の欠如が大きな問題であるため、企業は注意する必要があります。また、ChatGPTの出力物の公表には、AIの役割を明確に示す必要があります。また、AIによって生成されたコンテンツの著作権保護に関しては、オリジナリティと著作権の要件を満たす場合、米国著作権局は保護を認める方針です。ただし、AIによって生成された作品の著作者と所有権を特定するための法的および実際的な課題が存在します。AIシステム、データ入力、トレーニングの開発に複数の当事者が関与することによって、著作権の所有権は複雑になる可能性があります。著作権法におけるAIによって生成された作品の法的地位については明確な合意がないものの、注目される重要な分野です。

もっと詳しく »

ジェネレーティブAIを使ったコンテンツ制作の法的問題対策

ChatGPT、GitHub Co-Pilot、Midjourney、Stable Diffusion、Artbreeder、DALL-Eなどの生成型人工知能(AI)システムの利用は、新しい製品、サービス、ソフトウェアの開発、その他のコンテンツの作成にますます普及してきています。この技術を使用することによる潜在的なメリットは広範囲に及びますが、ジェネレーティブAIによって作成された知的財産(IP)の法的所有権は複雑で、使用する企業にとって所有権と保護の問題が発生する可能性があります。そこで今回は、ジェネレーティブAIが作成したコンテンツにおけるIPの所有権と保護性をめぐるいくつかの法的問題を探り、企業がこれらの問題を回避するための実践的な指針を解説します。

もっと詳しく »

AIを活用して作られる作品の著作権保護は可能

AIが生成した作品はすべて著作権で保護されないという一部の認識とは異なり、米国著作権局は、「人工知能技術の使用によって生成された素材を含む」作品の審査および登録に関する実務を明確にする方針声明を発表しました。今回は、AIを支援ツールとして用いて作成する作品における著作権保護について、解説していきます。

もっと詳しく »

著作権法に基づく損害賠償に3年の時効が適用されず

Nealy v. Warner Chappell Music, Inc., 2023 WL 2230267 (11th Cir. Feb. 27, 2023) において、11th Circuitは、著作権法に基づく損害賠償の裁定を目的とした3年間の「見返し」期間の適用を否定しました。連邦地裁が提示した認定法の問題に答える形で、11th Circuitは、原告が訴訟を起こす3年以上前に発生した著作権侵害行為に対する損害賠償を時効にすることを拒否しました。

もっと詳しく »

ジェネレーティブAIの著作権問題に配慮したAdobe Firefly

多くのジェネレーティブAIの教師データに著作物が用いられていることから、ジェネレーティブAIによる著作権侵害が懸念されています。この侵害リスクがあるため、コンプライアンスに厳しい企業ではジェネレーティブAIを敬遠する動きがありました。しかし、今回、Adobeは、Adobe Stock、ライセンスコンテンツ、パブリックドメインで訓練した新しいAIジェネレーターであるFireflyをリリースしたことで、この著作権問題に関する1つの回答を提案しています。

もっと詳しく »

ジェネレーティブAIは著作権を侵害しないと作れないのか?

ジェネレーティブAIはデータを必要とします。そして、ほとんどのジェネレーティブAIは著作権で保護されている何らかのデータによって訓練されます。そこで問題になってくるのが、著作物によって行われるAIの訓練、または、そのような訓練を受けたAIの利用やそこから得られたアウトプットがAIのトレーニング教材として使用されるデータの著作権を侵害していないかという問題です。この問題については明確な答えはまだありませんが、最新の司法での動きをまとめてみました。

もっと詳しく »

AIを活用した漫画が限定的な著作権登録を受ける

米国著作権庁(USCO)は、アーティストであるKris Kashtanovaが、MidjourneyのAI搭載テキスト画像生成ツールを一部使用して作成したコミックブック「暁のザリヤ」の限定著作権登録を許可しました。しかし、Midjourneyで生成された画像については著作権が認められず、AIを利用した作品の著作権問題はまだ課題が多く残されています。

もっと詳しく »
music

アーティストが作っていない曲が世に出る?音楽産業を悩ませる生成AIを法的に取り締まる手段は?

アーティストの声や音楽のスタイルをシミュレートして、本物と区別のつかないトラックを作成する生成AIモデルはすでにあり、そのようなツールを悪用したアーティストが関わっていない無許可のAI音楽がすでに存在し、音楽産業に大きな影響を与えます。AIモデルによってシミュレートされた声や音楽スタイルを著作権やデータプライバシーで守ることは困難ですが、アーティストのパブリシティ権(肖像権)が法的救済を提供するかもしれません。

もっと詳しく »
book-flipping

コロナ禍の善意のサービスであっても著作権侵害になりえる

この訴訟は、Internet Archiveがパンダミックの初期に「National Emergency Library」を立ち上げ、140万冊のデジタル化された書籍を待ち時間なしで読めるようにしたことがきっかけでした。COVID-19のロックダウン時に図書館が閉鎖されている間、デジタル書籍を貸し出す臨時のサービスで、同年3月24日から6月16日まで運営されていました。善意で行われたサービスのようですが、書籍の著作権を持つ出版社はInternet Archiveを著作権侵害で訴え、地裁では出版社側の全面勝訴に至りました。今回は特にフェアユースと変革的利用(transformative use)に関してこの判決を考察していきます。

もっと詳しく »
Contract-signing

ChatGPTの利用規約から見る知財リスクと生成データの著作権保護の可能性

ChatGPT、Dall-E、Midjourneyなどの生成型AIアプリケーションは、コンテンツ作成に重要な著作権の問題を引き起こします。ChatGPTの使用に関する契約条項を見てみると、コンテンツの所有権、類似した出力、機密保持、公表要件に対して言及しています。ChatGPTの使用に関しては、従業員による使用については機密保持の欠如が大きな問題であるため、企業は注意する必要があります。また、ChatGPTの出力物の公表には、AIの役割を明確に示す必要があります。また、AIによって生成されたコンテンツの著作権保護に関しては、オリジナリティと著作権の要件を満たす場合、米国著作権局は保護を認める方針です。ただし、AIによって生成された作品の著作者と所有権を特定するための法的および実際的な課題が存在します。AIシステム、データ入力、トレーニングの開発に複数の当事者が関与することによって、著作権の所有権は複雑になる可能性があります。著作権法におけるAIによって生成された作品の法的地位については明確な合意がないものの、注目される重要な分野です。

もっと詳しく »

ジェネレーティブAIを使ったコンテンツ制作の法的問題対策

ChatGPT、GitHub Co-Pilot、Midjourney、Stable Diffusion、Artbreeder、DALL-Eなどの生成型人工知能(AI)システムの利用は、新しい製品、サービス、ソフトウェアの開発、その他のコンテンツの作成にますます普及してきています。この技術を使用することによる潜在的なメリットは広範囲に及びますが、ジェネレーティブAIによって作成された知的財産(IP)の法的所有権は複雑で、使用する企業にとって所有権と保護の問題が発生する可能性があります。そこで今回は、ジェネレーティブAIが作成したコンテンツにおけるIPの所有権と保護性をめぐるいくつかの法的問題を探り、企業がこれらの問題を回避するための実践的な指針を解説します。

もっと詳しく »

AIを活用して作られる作品の著作権保護は可能

AIが生成した作品はすべて著作権で保護されないという一部の認識とは異なり、米国著作権局は、「人工知能技術の使用によって生成された素材を含む」作品の審査および登録に関する実務を明確にする方針声明を発表しました。今回は、AIを支援ツールとして用いて作成する作品における著作権保護について、解説していきます。

もっと詳しく »
time-delay-clock

著作権法に基づく損害賠償に3年の時効が適用されず

Nealy v. Warner Chappell Music, Inc., 2023 WL 2230267 (11th Cir. Feb. 27, 2023) において、11th Circuitは、著作権法に基づく損害賠償の裁定を目的とした3年間の「見返し」期間の適用を否定しました。連邦地裁が提示した認定法の問題に答える形で、11th Circuitは、原告が訴訟を起こす3年以上前に発生した著作権侵害行為に対する損害賠償を時効にすることを拒否しました。

もっと詳しく »
Adobe Firefly

ジェネレーティブAIの著作権問題に配慮したAdobe Firefly

多くのジェネレーティブAIの教師データに著作物が用いられていることから、ジェネレーティブAIによる著作権侵害が懸念されています。この侵害リスクがあるため、コンプライアンスに厳しい企業ではジェネレーティブAIを敬遠する動きがありました。しかし、今回、Adobeは、Adobe Stock、ライセンスコンテンツ、パブリックドメインで訓練した新しいAIジェネレーターであるFireflyをリリースしたことで、この著作権問題に関する1つの回答を提案しています。

もっと詳しく »
thinking

ジェネレーティブAIは著作権を侵害しないと作れないのか?

ジェネレーティブAIはデータを必要とします。そして、ほとんどのジェネレーティブAIは著作権で保護されている何らかのデータによって訓練されます。そこで問題になってくるのが、著作物によって行われるAIの訓練、または、そのような訓練を受けたAIの利用やそこから得られたアウトプットがAIのトレーニング教材として使用されるデータの著作権を侵害していないかという問題です。この問題については明確な答えはまだありませんが、最新の司法での動きをまとめてみました。

もっと詳しく »
comic book Zarya of the Dawn

AIを活用した漫画が限定的な著作権登録を受ける

米国著作権庁(USCO)は、アーティストであるKris Kashtanovaが、MidjourneyのAI搭載テキスト画像生成ツールを一部使用して作成したコミックブック「暁のザリヤ」の限定著作権登録を許可しました。しかし、Midjourneyで生成された画像については著作権が認められず、AIを利用した作品の著作権問題はまだ課題が多く残されています。

もっと詳しく »
music
AI

アーティストが作っていない曲が世に出る?音楽産業を悩ませる生成AIを法的に取り締まる手段は?

アーティストの声や音楽のスタイルをシミュレートして、本物と区別のつかないトラックを作成する生成AIモデルはすでにあり、そのようなツールを悪用したアーティストが関わっていない無許可のAI音楽がすでに存在し、音楽産業に大きな影響を与えます。AIモデルによってシミュレートされた声や音楽スタイルを著作権やデータプライバシーで守ることは困難ですが、アーティストのパブリシティ権(肖像権)が法的救済を提供するかもしれません。

もっと読む »
book-flipping
著作権

コロナ禍の善意のサービスであっても著作権侵害になりえる

この訴訟は、Internet Archiveがパンダミックの初期に「National Emergency Library」を立ち上げ、140万冊のデジタル化された書籍を待ち時間なしで読めるようにしたことがきっかけでした。COVID-19のロックダウン時に図書館が閉鎖されている間、デジタル書籍を貸し出す臨時のサービスで、同年3月24日から6月16日まで運営されていました。善意で行われたサービスのようですが、書籍の著作権を持つ出版社はInternet Archiveを著作権侵害で訴え、地裁では出版社側の全面勝訴に至りました。今回は特にフェアユースと変革的利用(transformative use)に関してこの判決を考察していきます。

もっと読む »
Contract-signing
著作権

ChatGPTの利用規約から見る知財リスクと生成データの著作権保護の可能性

ChatGPT、Dall-E、Midjourneyなどの生成型AIアプリケーションは、コンテンツ作成に重要な著作権の問題を引き起こします。ChatGPTの使用に関する契約条項を見てみると、コンテンツの所有権、類似した出力、機密保持、公表要件に対して言及しています。ChatGPTの使用に関しては、従業員による使用については機密保持の欠如が大きな問題であるため、企業は注意する必要があります。また、ChatGPTの出力物の公表には、AIの役割を明確に示す必要があります。また、AIによって生成されたコンテンツの著作権保護に関しては、オリジナリティと著作権の要件を満たす場合、米国著作権局は保護を認める方針です。ただし、AIによって生成された作品の著作者と所有権を特定するための法的および実際的な課題が存在します。AIシステム、データ入力、トレーニングの開発に複数の当事者が関与することによって、著作権の所有権は複雑になる可能性があります。著作権法におけるAIによって生成された作品の法的地位については明確な合意がないものの、注目される重要な分野です。

もっと読む »
AI

ジェネレーティブAIを使ったコンテンツ制作の法的問題対策

ChatGPT、GitHub Co-Pilot、Midjourney、Stable Diffusion、Artbreeder、DALL-Eなどの生成型人工知能(AI)システムの利用は、新しい製品、サービス、ソフトウェアの開発、その他のコンテンツの作成にますます普及してきています。この技術を使用することによる潜在的なメリットは広範囲に及びますが、ジェネレーティブAIによって作成された知的財産(IP)の法的所有権は複雑で、使用する企業にとって所有権と保護の問題が発生する可能性があります。そこで今回は、ジェネレーティブAIが作成したコンテンツにおけるIPの所有権と保護性をめぐるいくつかの法的問題を探り、企業がこれらの問題を回避するための実践的な指針を解説します。

もっと読む »
AI

AIを活用して作られる作品の著作権保護は可能

AIが生成した作品はすべて著作権で保護されないという一部の認識とは異なり、米国著作権局は、「人工知能技術の使用によって生成された素材を含む」作品の審査および登録に関する実務を明確にする方針声明を発表しました。今回は、AIを支援ツールとして用いて作成する作品における著作権保護について、解説していきます。

もっと読む »
time-delay-clock
著作権

著作権法に基づく損害賠償に3年の時効が適用されず

Nealy v. Warner Chappell Music, Inc., 2023 WL 2230267 (11th Cir. Feb. 27, 2023) において、11th Circuitは、著作権法に基づく損害賠償の裁定を目的とした3年間の「見返し」期間の適用を否定しました。連邦地裁が提示した認定法の問題に答える形で、11th Circuitは、原告が訴訟を起こす3年以上前に発生した著作権侵害行為に対する損害賠償を時効にすることを拒否しました。

もっと読む »
Adobe Firefly
AI

ジェネレーティブAIの著作権問題に配慮したAdobe Firefly

多くのジェネレーティブAIの教師データに著作物が用いられていることから、ジェネレーティブAIによる著作権侵害が懸念されています。この侵害リスクがあるため、コンプライアンスに厳しい企業ではジェネレーティブAIを敬遠する動きがありました。しかし、今回、Adobeは、Adobe Stock、ライセンスコンテンツ、パブリックドメインで訓練した新しいAIジェネレーターであるFireflyをリリースしたことで、この著作権問題に関する1つの回答を提案しています。

もっと読む »
thinking
AI

ジェネレーティブAIは著作権を侵害しないと作れないのか?

ジェネレーティブAIはデータを必要とします。そして、ほとんどのジェネレーティブAIは著作権で保護されている何らかのデータによって訓練されます。そこで問題になってくるのが、著作物によって行われるAIの訓練、または、そのような訓練を受けたAIの利用やそこから得られたアウトプットがAIのトレーニング教材として使用されるデータの著作権を侵害していないかという問題です。この問題については明確な答えはまだありませんが、最新の司法での動きをまとめてみました。

もっと読む »
comic book Zarya of the Dawn
著作権

AIを活用した漫画が限定的な著作権登録を受ける

米国著作権庁(USCO)は、アーティストであるKris Kashtanovaが、MidjourneyのAI搭載テキスト画像生成ツールを一部使用して作成したコミックブック「暁のザリヤ」の限定著作権登録を許可しました。しかし、Midjourneyで生成された画像については著作権が認められず、AIを利用した作品の著作権問題はまだ課題が多く残されています。

もっと読む »