どの程度のAI利用が米国著作権局による審査に影響を与えるのか:「最小限」(”de minimis” )の問題

AIによって生成された素材が、メディア全体のクリエイティブな作品においてより一般的になるにつれ、コンテンツ制作者や配信者は、作品を登録するために米国著作権局に開示する必要がある情報、およびそれを怠った場合の潜在的な罰則に関するガイダンスを求めています。正式な見解はないものの、著作権局が行ったウェビナーからわかる「最小限」と「評価できる」量というキーワードを具体的な例を交えて考察する中で見えてくるものがありました。

去年初め、著作権局は、AIが生成した素材を含む著作物に関する登録ガイダンスを発表しました。そのガイダンスでは、特に「作品の伝統的な著作者要素が機械によって生成された場合、その作品は人間の著作者性を欠き、著作権局はそれを登録しない」と説明しています。著作権登録を求める申請者は、作品にAIが生成したコンテンツが「評価できる」量あるかどうかを開示し、作品のそれらの要素を否認する義務があります。しかし、AIによって生成されたコンテンツが作品への「最小限」(”de minimis” )寄与に過ぎない場合は、開示する必要はなく、登録から除外されることもありません。著作権局は、短い引用、短いフレーズ、およびその他の最小限の使用について、登録において否認することを申請者に要求していませんが、何が 「最小限」なのか、何が 「評価できる」と認定されるかについて、まだ正式なガイダンスを提供していません。

関連記事:AI作成の著作物には著作権が発生しない

AI貢献が「評価できる」か「最小限」かの判断

2023年6月28日、著作権局は、AIが生成したコンテンツを含む著作物の登録プロセスに関するオンラインウェビナーを開催しました。このウェビナーでは、特に、著作権局がどのようなコンテンツを、開示の必要がない「最小限」(”de minimis” )の利用とみなすかについて取り上げました。

開示が必要かどうかを判断するために、著作権局は申請者に以下の質問に答えるよう指示しています:

AIが生成した素材は、それ自体、人間の著作者によって作成された場合、著作権で保護されるか?

もしそうであれば、その素材を開示する簡単な声明を著作権出願に含める必要があり、AIが生成した素材は登録から除外されます。しかし、著作権の根拠となるような十分な創作性が含まれていない場合は、それを開示する必要はなく、否認されることもありません。

著作権局によると、申請者がすべての開示の考慮を避ける最も簡単な方法は、AIが生成したコンテンツと組み込んだり、組み合わせたり、変更したりする前に、まず人間の著作物を登録することです。つまり、例えば、スペイン語で原稿を書き、AIを使って英語に翻訳する場合、AIが翻訳した英語版ではなく、人間が著作したスペイン語版を登録することで、開示要件を回避することができます。この選択肢は、作品やAIの貢献度によって異なるため、常に利用できるわけではないことは明らかです。

評価可能なAI貢献と最小限のAI貢献の例

著作権局は、申請者がAI貢献を開示する必要があるかどうかを判断する際の助けとなるよう、評価可能な貢献と最小限の貢献の例も示しています。これらは6月のウェビナーで公表された非公式な例であるため、現在のところ著作権局の規則に明文化されていません。しかし、これらの例は、何が評価可能な貢献として開示される必要があり、何が最小限の貢献とみなされ開示されないかを理解するための有用な指針を提供します。

一般的に開示が必要とされる貢献は以下の通りです:

  • 背景要素を作成するためのAIの使用
  • AIを使用してテキストを生成すること(そのテキストがそれ自体で著作権を有する場合)
  • 著作権のある作品のある言語から別の言語への翻訳を生成するためのAIの使用
  • イラストを生成するためのAIの使用

一般的に開示する必要のない最小限の貢献には、以下のようなものがあります:

  • 後に作品を創作するためのアイデアを生み出すためのAIの使用
  • 画像をシャープにするためのAIの使用
  • スペル、文法のチェック、ページ番号の挿入、目次の生成、見出し、キャプション、テキストの書式設定にAIを使用する場合
  • 名前、短いフレーズ、タイトルにAIを使用

著作権局はまた、映画制作プロセスに関連する開示要件の例をいくつか示しています:

  • 最小限:AIを使って顔やナンバープレートなど個人を特定できる情報をぼかすこと。
  • 最低限:ポストプロダクション時にAIを使用して、フレームをまたいで細かい編集を複製すること
  • 最低限:保護されないアイデアを構成するのに十分なレベルである場合、ハイレベルなストーリーを生成するためにAIを使用すること
    評価可能:背景が映画の独立した著作権のある部分とみなされる場合に、背景を作成するためにAIを使用すること
  • 評価可能:特殊効果を生み出すためにAIを使用することで、その効果が映画の独立した著作権のある部分とみなされる場合

「最小限」以上のAI生成コンテンツの報告

AIによって生成された素材を含む著作物について著作権局に申請書を提出する場合、申請者は、「その他」欄の「除外される素材」(“Material Excluded”)の見出しの下にある「クレームの制限」(“Limitations of the Claim” )のセクションで、AIによって生成された素材を否認する必要があります。出願人は、現在のところ、「人工知能が生成した写真」や 「AIが生成したアートワーク」など、AIが生成したコンテンツの簡単な説明のみを記載する必要があります。登録と一緒に作品を提出する場合でも、著作物全体を著作権局に提供する必要があり、申請者はAIで生成された素材を提出物から削除する必要はありません。

著作権局は、AIで生成された素材を含む著作物の出願を既に提出した出願人に対し、著作権局に提供した情報が正確かどうかを確認し、正確でない場合は、追加登録の提出を含め、出願を訂正する措置を取るよう通知しています。これには、現在審査中の出願も含まれます。著作権局の2023年3月16日のガイダンス以前に提出された開示については、開示の不備が登録証の無効の原因となる不正確であることを知っていたとはみなされない可能性が高く、著作権局はこの日以前の登録については取り消しを開始しないと表明しています。

報告を怠った場合のリスク

登録申請の一部として、「最小限」(”de minimis” )を超えるAI生成コンテンツを報告しなかった場合、ケースバイケースで評価される可能性が高いですが、コンテンツ制作者にとっては、何が評価可能で何が最小限なのかについて判断することが重要になります。

裁判所は著作権局のガイダンスをまだ解釈していませんが、連邦規則集第 37 編第 201.7 条(c)(4)に基づき、著作権局は、発行された登録が著作権の法定要件を満たしていないことを「認識」した場合、または登録に不可欠な情報が「申請から完全に省略されているか、疑わしい」場合、著作権請求者と「必要な情報を確保するため、……または申請書に以前に記載された情報を明確にするため」連絡を取ります。請求者が30日以内に返答しない場合、著作権局は登録を取り消します。最近、著作権局は、著作者がAIで生成されたコンテンツ(画像)を申請書に開示しなかったことを理由に、少なくとも1件の著作権登録証を取り消しました。この取り消しの興味深い点は、著作権局が「(人間の著作者が)Midjourney人工知能を使用して漫画を作成したというソーシャルメディア上の発言を知った」ことが、著作権局の調査を促したという点です。

関連記事:ジェネレーティブAIを使ったコンテンツ制作の法的問題対策

被告が、原告の著作権登録が未公表のAIによる貢献によって無効であると主張する状況を、裁判所がどのように扱うかは明らかではありません。しかし、著作権の取消は、コンテンツ制作者がその創作物を完全に保護する能力に深刻な影響を及ぼす可能性があります。たとえば、登録が無効になると、コンテンツ制作者が権利を行使するために訴訟を起こすことができなくなったり、著作権法に基づく法定損害賠償金や弁護士費用の回収ができなくなったりする可能性があります。

参考記事:Appreciable or De Minimis: That Is the AI Question | Davis Wright Tremaine

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

An illustrative composition showcasing the juxtaposition of traditional legal symbols, including patents and gavels, with futuristic elements like AI brains and digital circuitry, symbolizing the revival and potential strategic importance of prior user rights defense in the era of emerging technologies such as AI, against the backdrop of the America Invents Act (AIA) reforms.
AI
野口 剛史

AIなどの新興技術に見え隠れする先使用権による抗弁の復活の可能性

AIAによる特許法の改正で生まれ変わった先使用権による抗弁ですが、いままで全く使われてきませんでした。しかし、AIなどの新興技術によるイノベーションは発明者の定義などの問題から特許との親和性が低く、営業機密による保護が注目されています。このような変化は先使用権を使いやすい環境に変える要素の1つであり、改めて先使用権の条件を見返す注目すべきトレンドになりつつあります。

Read More »
microsoft
特許出願
野口 剛史

特許審査履歴解説: 初回から許可可能クレームがあったもののRCEまでした案件(Microsoft)

今回は1回目のOAから許可可能クレームが示されていて、「簡単な」ケースにもなったはずなのですが、より広い権利範囲を求めクレーム1の102条・103条の拒絶に応答していった結果、RCEまでもつれ込むことになりました。そこで出願人の方が折れ、1回目のOAから許可可能とされていたクレーム要素を独立クレームに加えて権利化しました。

Read More »
特許出願
野口 剛史

実際の訴訟から振り返る出願時の特許戦略の大切さ

特許戦略を持つことと、適切に実施することは重要です。この記事では、CUPP Computingが関連する3つの特許侵害でTrend Microを訴えましたが、先行文献により特許の有効性が疑問視され、特許不可と判断されてしまった事件が紹介されています。CUPPは控訴し、「different」というフレーズが一つの主張で、「モバイルセキュリティシステム」がモバイルデバイスから離れている必要があると主張しました。しかし、連邦巡回区控訴裁判所は、2つのプロセッサが単一のデバイスに埋め込まれている可能性があると述べ、CUPPの主張を退けました。この記事では、競合他社が特許主張に侵害する方法や、侵害を回避する方法を考慮することを含む適切な特許戦略がCUPPの特許を救うことができた可能性があることを示唆しています。その一方で、適切な戦略がない場合、特許への投資が危険にさらされる可能性があることも警告しています。

Read More »