Category: その他

知的財産権デューデリジェンスの重要性とよくある勘違い

知的財産を保有する企業への投資を検討する際には、その企業がどのような知的財産を保有しているかだけでなく、その知的財産が企業にどのような付加価値をもたらしているかについても、十分な理解が必要です。知的財産は単なる数字の問題ではなく、ポートフォリオ全体を評価するためには、各知的財産権の強みと弱みを理解することが必要です。その際に、これらの強みと弱みをタイムリーに評価する能力が極めて重要になります。

もっと詳しく »

法務部門の変革:リーガル・プロセス・アウトソーシングの導入とその利点

コロナで働く環境が変わり国際・経済状況も目まぐるしく変わる中、作業重視の法務関係作業の外注であるリーガル・プロセス・アウトソーシングに注目が集まっています。慢性的な人材確保の難しさや限られた社内の法務リソースをより効率的に活用するためのアウトソースは今後も増えていくことが予想されています。

もっと詳しく »

ChatGPTのリスクと企業ポリシーの必要性

ChatGPTは瞬く間にビジネス、メディア、インターネットの話題となり、報道によると、1月だけで1億人以上の月間アクティブユーザーがこのアプリケーションを利用しています。ChatGPTやその他の新しい生成型人工知能アプリケーション(generative AI、GAI)のビジネスアプリケーションの可能性は多彩ですが、それと同時に、新しい問題やリスクの可能性が指摘されています。そこで、企業がGAIを職場で使用する際に、どのようなポリシーや技術的な制限を課すべきかを判断するために、問題やリスクを評価することをお勧めします。

もっと詳しく »

2023年の自動車産業IPトレンドトップ3

まず、5Gやその他の技術が自動車に採用され、標準を満たすために不可欠な知財の取得に関する活動が増加傾向にあります。また、COVIDからリカバリーする中で急増している自動車部品の模倣品に対して、意匠特許と米国国際貿易委員会を活用する動きがあります。最後に、2023年、特許に強いテキサス州西部地区が再び有力な裁判地になりつつあります。

もっと詳しく »

オンラインサービスを規制するCDAとDMCAの関係性とCDA改正の動き

CDAとDMCAは別個の法律ですが、オンラインサービスを規制する法律としてお互いに影響を及ぼしています。この2つの法律は今日のインターネットが形成される上で重要な役割を担ってきましたが、その1つであるCDAの第230条を改正し、インターネットサービスプロバイダの保護を廃止または大幅に削減しようとする動きがあります。もしCDA230条が改正されると、関連するDMCAの活用への影響が懸念されるため、改正について慎重論を唱える動きもあります。

もっと詳しく »

[Web3商標出願解説] 大学アスリートのNFTマーケットプレイスとNFTが作り出すファンと選手の新しい関わり方 – Openlocker

今回はOpenlockerという大学アスリートのNFTを販売しているサイトの商標出願の解説とビジネスに関する解説です。商標の解説では、実際の登録内容を特許庁のサイトからアクセスしながら説明しています。これまでの商標解説動画のまとめ的な感じなので、この前半部分はコンパクトにまとまっています。

もっと詳しく »

米国著作権・特許庁が2023年1月にNFTに関する公開座談会を実施へ

NFTと知財の関わりにはまだ課題も多く、不透明な部分や誤解されている部分も多いのが実情です。このことを重く見たのか、米国著作権と特許庁がNFTと知財の関わりに関して共同研究を行うことになり、その一環として、公からの意見の募集と公開座談会を行います。特に公開座談会は合計3つ1月中に開催される予定で、それぞれ「特許」、「商標」、「著作権」をテーマにしたものが企画されています。すでに事前登録できるものもあるので、興味がある方はぜひ。

もっと詳しく »

VPNによるコンテンツへのアクセスの拡大がライセンス事業を変える可能性

このパンデミックにより、リモートワークのセキュリティ対策として、VPN(Virtual Private Network)を導入する企業が増えています。それだけではなく、個人がVPNを使って、外国でしか見られないコンテンツにもアクセスする動きもあります。このようなVPN利用が一般化すると、ライセンス事業が地域別でなく、グローバルライセンスに変わる可能性があります。

もっと詳しく »

YouTubeが著作権侵害対策の課題

Googleが提供する動画プラットフォーム「YouTube」の著作権侵害に対する不満は、ここ数年、高まっています。特に、YouTubeの著作権侵害のプロセスで十分な検証が行われなかったり、著作権侵害の申し立てを行う際に権利者としての証明が必要ないことなどが問題視されていて、コミュニティから早期の改善が求められています。

もっと詳しく »

知的財産権デューデリジェンスの重要性とよくある勘違い

知的財産を保有する企業への投資を検討する際には、その企業がどのような知的財産を保有しているかだけでなく、その知的財産が企業にどのような付加価値をもたらしているかについても、十分な理解が必要です。知的財産は単なる数字の問題ではなく、ポートフォリオ全体を評価するためには、各知的財産権の強みと弱みを理解することが必要です。その際に、これらの強みと弱みをタイムリーに評価する能力が極めて重要になります。

もっと詳しく »
hand-shake-business

法務部門の変革:リーガル・プロセス・アウトソーシングの導入とその利点

コロナで働く環境が変わり国際・経済状況も目まぐるしく変わる中、作業重視の法務関係作業の外注であるリーガル・プロセス・アウトソーシングに注目が集まっています。慢性的な人材確保の難しさや限られた社内の法務リソースをより効率的に活用するためのアウトソースは今後も増えていくことが予想されています。

もっと詳しく »

ChatGPTのリスクと企業ポリシーの必要性

ChatGPTは瞬く間にビジネス、メディア、インターネットの話題となり、報道によると、1月だけで1億人以上の月間アクティブユーザーがこのアプリケーションを利用しています。ChatGPTやその他の新しい生成型人工知能アプリケーション(generative AI、GAI)のビジネスアプリケーションの可能性は多彩ですが、それと同時に、新しい問題やリスクの可能性が指摘されています。そこで、企業がGAIを職場で使用する際に、どのようなポリシーや技術的な制限を課すべきかを判断するために、問題やリスクを評価することをお勧めします。

もっと詳しく »

2023年の自動車産業IPトレンドトップ3

まず、5Gやその他の技術が自動車に採用され、標準を満たすために不可欠な知財の取得に関する活動が増加傾向にあります。また、COVIDからリカバリーする中で急増している自動車部品の模倣品に対して、意匠特許と米国国際貿易委員会を活用する動きがあります。最後に、2023年、特許に強いテキサス州西部地区が再び有力な裁判地になりつつあります。

もっと詳しく »
laptop-working

オンラインサービスを規制するCDAとDMCAの関係性とCDA改正の動き

CDAとDMCAは別個の法律ですが、オンラインサービスを規制する法律としてお互いに影響を及ぼしています。この2つの法律は今日のインターネットが形成される上で重要な役割を担ってきましたが、その1つであるCDAの第230条を改正し、インターネットサービスプロバイダの保護を廃止または大幅に削減しようとする動きがあります。もしCDA230条が改正されると、関連するDMCAの活用への影響が懸念されるため、改正について慎重論を唱える動きもあります。

もっと詳しく »

[Web3商標出願解説] 大学アスリートのNFTマーケットプレイスとNFTが作り出すファンと選手の新しい関わり方 – Openlocker

今回はOpenlockerという大学アスリートのNFTを販売しているサイトの商標出願の解説とビジネスに関する解説です。商標の解説では、実際の登録内容を特許庁のサイトからアクセスしながら説明しています。これまでの商標解説動画のまとめ的な感じなので、この前半部分はコンパクトにまとまっています。

もっと詳しく »

米国著作権・特許庁が2023年1月にNFTに関する公開座談会を実施へ

NFTと知財の関わりにはまだ課題も多く、不透明な部分や誤解されている部分も多いのが実情です。このことを重く見たのか、米国著作権と特許庁がNFTと知財の関わりに関して共同研究を行うことになり、その一環として、公からの意見の募集と公開座談会を行います。特に公開座談会は合計3つ1月中に開催される予定で、それぞれ「特許」、「商標」、「著作権」をテーマにしたものが企画されています。すでに事前登録できるものもあるので、興味がある方はぜひ。

もっと詳しく »
hand-shake-business

VPNによるコンテンツへのアクセスの拡大がライセンス事業を変える可能性

このパンデミックにより、リモートワークのセキュリティ対策として、VPN(Virtual Private Network)を導入する企業が増えています。それだけではなく、個人がVPNを使って、外国でしか見られないコンテンツにもアクセスする動きもあります。このようなVPN利用が一般化すると、ライセンス事業が地域別でなく、グローバルライセンスに変わる可能性があります。

もっと詳しく »
YouTube

YouTubeが著作権侵害対策の課題

Googleが提供する動画プラットフォーム「YouTube」の著作権侵害に対する不満は、ここ数年、高まっています。特に、YouTubeの著作権侵害のプロセスで十分な検証が行われなかったり、著作権侵害の申し立てを行う際に権利者としての証明が必要ないことなどが問題視されていて、コミュニティから早期の改善が求められています。

もっと詳しく »
その他

知的財産権デューデリジェンスの重要性とよくある勘違い

知的財産を保有する企業への投資を検討する際には、その企業がどのような知的財産を保有しているかだけでなく、その知的財産が企業にどのような付加価値をもたらしているかについても、十分な理解が必要です。知的財産は単なる数字の問題ではなく、ポートフォリオ全体を評価するためには、各知的財産権の強みと弱みを理解することが必要です。その際に、これらの強みと弱みをタイムリーに評価する能力が極めて重要になります。

もっと読む »
hand-shake-business
その他

法務部門の変革:リーガル・プロセス・アウトソーシングの導入とその利点

コロナで働く環境が変わり国際・経済状況も目まぐるしく変わる中、作業重視の法務関係作業の外注であるリーガル・プロセス・アウトソーシングに注目が集まっています。慢性的な人材確保の難しさや限られた社内の法務リソースをより効率的に活用するためのアウトソースは今後も増えていくことが予想されています。

もっと読む »
その他

ChatGPTのリスクと企業ポリシーの必要性

ChatGPTは瞬く間にビジネス、メディア、インターネットの話題となり、報道によると、1月だけで1億人以上の月間アクティブユーザーがこのアプリケーションを利用しています。ChatGPTやその他の新しい生成型人工知能アプリケーション(generative AI、GAI)のビジネスアプリケーションの可能性は多彩ですが、それと同時に、新しい問題やリスクの可能性が指摘されています。そこで、企業がGAIを職場で使用する際に、どのようなポリシーや技術的な制限を課すべきかを判断するために、問題やリスクを評価することをお勧めします。

もっと読む »
その他

2023年の自動車産業IPトレンドトップ3

まず、5Gやその他の技術が自動車に採用され、標準を満たすために不可欠な知財の取得に関する活動が増加傾向にあります。また、COVIDからリカバリーする中で急増している自動車部品の模倣品に対して、意匠特許と米国国際貿易委員会を活用する動きがあります。最後に、2023年、特許に強いテキサス州西部地区が再び有力な裁判地になりつつあります。

もっと読む »
laptop-working
その他

オンラインサービスを規制するCDAとDMCAの関係性とCDA改正の動き

CDAとDMCAは別個の法律ですが、オンラインサービスを規制する法律としてお互いに影響を及ぼしています。この2つの法律は今日のインターネットが形成される上で重要な役割を担ってきましたが、その1つであるCDAの第230条を改正し、インターネットサービスプロバイダの保護を廃止または大幅に削減しようとする動きがあります。もしCDA230条が改正されると、関連するDMCAの活用への影響が懸念されるため、改正について慎重論を唱える動きもあります。

もっと読む »
その他

[Web3商標出願解説] 大学アスリートのNFTマーケットプレイスとNFTが作り出すファンと選手の新しい関わり方 – Openlocker

今回はOpenlockerという大学アスリートのNFTを販売しているサイトの商標出願の解説とビジネスに関する解説です。商標の解説では、実際の登録内容を特許庁のサイトからアクセスしながら説明しています。これまでの商標解説動画のまとめ的な感じなので、この前半部分はコンパクトにまとまっています。

もっと読む »
その他

米国著作権・特許庁が2023年1月にNFTに関する公開座談会を実施へ

NFTと知財の関わりにはまだ課題も多く、不透明な部分や誤解されている部分も多いのが実情です。このことを重く見たのか、米国著作権と特許庁がNFTと知財の関わりに関して共同研究を行うことになり、その一環として、公からの意見の募集と公開座談会を行います。特に公開座談会は合計3つ1月中に開催される予定で、それぞれ「特許」、「商標」、「著作権」をテーマにしたものが企画されています。すでに事前登録できるものもあるので、興味がある方はぜひ。

もっと読む »
hand-shake-business
その他

VPNによるコンテンツへのアクセスの拡大がライセンス事業を変える可能性

このパンデミックにより、リモートワークのセキュリティ対策として、VPN(Virtual Private Network)を導入する企業が増えています。それだけではなく、個人がVPNを使って、外国でしか見られないコンテンツにもアクセスする動きもあります。このようなVPN利用が一般化すると、ライセンス事業が地域別でなく、グローバルライセンスに変わる可能性があります。

もっと読む »
YouTube
その他

YouTubeが著作権侵害対策の課題

Googleが提供する動画プラットフォーム「YouTube」の著作権侵害に対する不満は、ここ数年、高まっています。特に、YouTubeの著作権侵害のプロセスで十分な検証が行われなかったり、著作権侵害の申し立てを行う際に権利者としての証明が必要ないことなどが問題視されていて、コミュニティから早期の改善が求められています。

もっと読む »