Category: その他

money-saving-incentive
その他

特許維持費のコスト削減

効果的に特許維持費の削減を実現できれば、スマートポートフォリオが作れるので、知財部の機能の大幅に向上することでしょう。それには定期的な見直しとデータによる客観的な評価システムを構築する必要があります。

その他

特許データベースの今

特許データベースは、特許性や営業の自由度の評価、侵害リスクの検出と管理、競争状況の分析など、知的財産関連業務を行う上で主要な柱となっています。今回はそんな特許データベースについて考察してみます。

supreme-court
その他

最高裁判決:公式の法令注釈には著作権がない

米国最高裁は、5-4の判決で、ジョージア州の公式な注釈付きのジョージア州法集に含まれる注釈は著作権法では保護されないと判決を下しました。この判決により、今後はより多くの法律関連情報に無料アクセスできるようになると思われます。

supreme-court
その他

最高裁、州は著作権侵害で訴えられないと判断

Allen v. Cooper, No. 18-877, 589 U.S. ____ (2020)において、米国最高裁判所は、CRCAとして知られる1990年の著作権救済明確化法(Copyright Remedy Clarification Act of 1990)は、議会には主権免責(sovereign immunity)を侵害する権限がないため、州の主権免責を侵害していないとの見解を肯定しました。

display-with-code
その他

WIPOがAIと知財のポリシーに対して意見を公募

WIPOがArtificial Intelligence and Intellectual Property Policy に関する意見を公募すると発表しました。この公募に伴い、WIPOはIssues Paper を発行することで、AI関連ですぐに対応が必要な問題を定義し、AIと知財のポリシーに関して幅広いフィードバックを求めています。

その他

2019年の特許市場トップ10ニュース

2020年が幕を上げましたが、去年の特許市場で大きなニュースを振り返ってみたいと思います。判例などの振り返りもいくつかありましたが、これは市場という面白い観点で見ているので、今回簡単に紹介します。

computer-code
その他

USPTOのOpen dataは十分に活用されていない

USPTOは様々なデータを公開していますが、あまり活用されていないようです。うまく活用すれば便利なものがたくさんありますが、あまり知られていないので、今回は代表的なサービスを3つ紹介します。

その他

AIと著作権の将来

AIが日々進化する中、AIと著作権の問題に注目が集まってきています。AIやAIが作り出す創作的な作品とそれに関わる著作権を守っていくにはどのようにしていけばいいのでしょうか?