Category: その他

その他

著作権担当者が知っておきたいNFTの先買権の問題

最近アートの世界に影響を与えているのは、デジタルアート作品の販売にNFT(ノンファンジブル・トークン)が使われていることです。アートをベースにしたNFTが数百万ドルで販売されていることから、NFTがアート市場を変革させるのではないかという声も高まっています。そこで、今後需要が期待されるNFTについて著作権担当者が知っておきたい知識を紹介します。

その他

知財業界での夢と希望:コネクティング ザ ドッツ

ドクガク先生の「[弁理士の日記念ブログ企画2021」に参加させていただきました。声をかけられたときは何なのかと思ったのですが、7月1日は弁理士の日なんですね。そのイベント企画ということで、おもしろそうなので参加しました。今年のテーマは、「知財業界での夢と希望」とのこと。私は日本での業務経験がない変な知財業界の人間ですが、そのユニークな観点から、「知財業界での夢と希望」について少し考えてみた。

その他

2021年世界のイノベータートップ100企業が発表されました

みなさんが務めている企業はランクインしましたか?ランキングがすべてでは無いですが、知財を重んじる企業体として認識されるのは悪いことではないですよね。今後も知財はより重要になり企業の価値のより多くの部分を占めることになるので、積極的に知財に投資するべきだと私は考えています。

election
その他

知財の専門家が2020年の選挙について語っていること

2021年1月からバイデン政権がスタートしますが、アメリカの知財はバイデン政権下でどう変わるのでしょうか?次期特許庁長官は誰になるのか?知財専門家達が今回の選挙について語っている面白い記事があったので紹介します。

Justice Ruth Bader Ginsburg
その他

故ギンズバーグ判事がどのようにしてIPに携わる女性に影響を与えたか

ルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事は、1993年から2020年9月18日に亡くなるまで、アメリカ最高裁判事としてアメリカに仕えてきました。彼女はRBGというニックネームで親しまれていて、これまで多くの功績を残しています。今回は、故ギンズバーグ判事がどのようにしてIPに携わる女性に影響を与えたかについてインタビューを交えて紹介していた記事があったので、その紹介をしたいと思います。

computer-people-development
その他

知的財産ポートフォリオを保護する方法: 中小企業のためのヒント

中小企業であっても知財は無視できる問題ではありません。逆に大企業と戦ってのし上がっていくためには、大企業以上にすばらしい知財戦略の元、知財ポートフォリオを作っていく必要があります。今回はそのようなビジネスに使える知財を中小企業が作りだし管理するにはどうしたらいいのか3つのヒントを紹介します。

screen with metrics
その他

特許の品質、ランキング、評価

特許を評価するために特許分析ツールを使用する企業が増えてきていますが、分析ツールをちゃんと使いこなすことが適切な評価を行うのに重要です。そして、ツールは決して人による評価に取って代わるものではないということを理解してください。