アメリカ知財まとめ記事

contract-signing
特許出願

電子署名を利用した米国特許庁の書類への署名

USPTOに提出するほとんどの書類は電子署名に対応しています。日本の出願人が署名する機会は少ないと思いますが、リモートワークにおけるペーパレス化は重要な取り組みなので、USPTOにおける電子署名(USPTOではS-signatureと呼ばれています)について説明します。

より詳しく »
screen with metrics
ビジネスアイデア

数を求めないウェビナー

またウェビナー関連で申し訳ないです。知財のウェビナーを見ていると数を求めているだけのところが多い印象があったので、今回はあえて数を求めない方が「知財」関係者にはいいのでは?という逆張りの考え方を紹介します。

より詳しく »
contract-signing
契約

公証人がいない?問題ありません

契約は州法で取り締まられているので、アメリカをひとまとめにして話すのは難しいですが、今まで公証を必用としてきた手続きも簡略化されてきています。このような流れからボトルネックになっていた「公証」手続きを代替できるか検討するタイミングに来ているのではないでしょうか?

より詳しく »
folders-manual
契約

契約書監査に備える5つのコツ

契約書は合意して署名したらそれで終わりではありません。契約書で合意した内容がビジネスに反映されていることが重要です。そのため、最近では契約書の監査も増えてきています。今回は、契約書監査に備えるための5つのポイントを紹介します。

より詳しく »
ビジネスアイデア

LINE公式アカウント開設のススメ

以前のビジネスアイデアでLINEを新規顧客獲得の窓口にすることを提案しましたが、実際にOLCのLine公式アカウントを作ったら、ものすごく簡単にできたので、今回はLine Businessのアカウントのメリットについて話していきます。

より詳しく »