アメリカ知財まとめ記事

Professional and sophisticated image symbolizing trademark protection in business, featuring a balance of legal and corporate elements such as a gavel, shield, balance scale, skyscrapers, and a globe, in an elegant color scheme of blue, grey, and gold.
商標

ローカル商標と連邦商標:どちらを選ぶべきなのか?

ビジネスと商業の世界では、商標はブランドのアイデンティティと保護のための基盤として機能します。商標は、ブランド、製品、またはサービスに関連する独自の資質や信用を表すものであり、あらゆる企業にとって極めて重要な資産です。このような商標を保護する場合、企業経営者は、商標を州レベルで登録するか、連邦レベルで登録するかという極めて重要な決断に迫られます。それぞれの保護レベルのニュアンス、利点、注意点を理解することが、ビジネスにとって最良の決断を下す鍵となります。

より詳しく »
Featured image showcasing a collage of various iconic sports logos with a focus on the Jordan Jumpman logo by Nike, surrounded by other subtle sports logos, representing the diversity and competitiveness of the sports industry, designed for a blog post about sports brand identity and intellectual property rights.
商標

Nikeに学ぶ商標の権利行使とブランド力の維持

何千ものスポーツロゴの中で、ナイキのジョーダン・ジャンプマン・ロゴほど瞬時に認識でき、象徴的なロゴはほとんどありません。バスケットボールの伝説的選手、マイケル・ジョーダンが宙を舞うこの力強いシンボルマークは、卓越した運動能力、そしてゲームの精神の代名詞となっています。ナイキは、自社のブランド資産を侵害しようとするいかなる企業に対しても行動を起こす用意があり、最近の係争では、ナイキの象徴的なシンボルから連想されるバスケットボールコートとはかけ離れた、スキーヤーのアクションを描いたスキマンのロゴが争点となっています。

より詳しく »
Professional featured image for a blog article, showcasing the USPTO's Semiconductor Technology Pilot Program. The image includes a detailed representation of semiconductor technology, such as a semiconductor chip or manufacturing device, with symbolic elements related to the USPTO, like their logo or an iconic building, in a sophisticated and technology-focused theme suitable for a professional audience
特許出願

USPTOが半導体技術に対する出願の特別対応を始める

米国特許庁(USPTO)は、2023年12月1日より、半導体デバイス製造のためのプロセスまたは装置に関する特許出願を対象とした半導体技術パイロットプログラム(Semiconductor Technology Pilot Program)を開始しました。要件を満たした出願は、最初のオフィスアクションが発行されるまでの間、特別なステータスが付与され、優先的に審査が進められます。

より詳しく »
Legal document with magnifying glass focusing on blurred text, symbolizing the scrutiny of surname trademarks under U.S. law, with subtle U.S. legal symbols in the background
商標

「姓」としても使われるマークの商標出願には要注意

「姓」としても使われるマークの商標出願をアメリカで行う際は、特別な注意が必要です。これは、商標が単に姓である場合、それ自体が消費者に特定の商品やサービスの出所を示す商業的な意味を持たないと見なされることがあるためです。したがって、商標登録を成功させるためには、出願人はその商標が姓としてだけでなく、特定の商品やサービスに関連する独特の意味を持つことを証明する必要があります。

より詳しく »
An elegant and professional image depicting elements of trade secret protection and international trade, featuring a locked vault, a document marked 'confidential', a world map, flags, and shipping containers, all encapsulated within a corporate and legal aesthetic.
企業機密

注目され始めたITCにおける営業秘密不正流用調査

米国の企業秘密法は、国際貿易において重要な役割を果たしています。特に、1930年関税法、通称第337条の規定は、不正に取得された営業秘密を利用する製品の輸入を防ぐための強力な手段として機能しています。本規定に基づき、米国国際貿易委員会(ITC)は、営業秘密の不正流用が国外で行われていたとしても、それに関連する製品の輸入を規制する権限を有しています。

より詳しく »
Conceptual illustration of a government building symbolizing regulation of artificial intelligence, merging classic architecture with futuristic digital elements like binary code and AI symbols, in dignified blues, greys, and metallic tones, reflecting a serious approach to AI governance.
AI

連邦政府機関に対するAIシステムのテスト義務化は今後のAI産業にどのような影響を与えるか?

生成型人工知能(AI)は、人間の言語を模倣し、対話やテキスト生成を可能にする先進技術です。例として、ChatGPTは会話型のAIであり、人間との対話を可能にするよう設計されています。この技術は急速に進化し、複雑な問題解決能力を拡張しています。しかし、生成AIは完全無誤ではなく、誤った情報の生成の可能性もあります。特に、企業秘密や機密情報の取り扱いにおいては、これらのAIシステムの利用に際して法的な慎重さが求められます。法律専門家として、これらの新たな技術がもたらす法的な課題と機会に注目し、適切なガイダンスを提供することが重要です。

より詳しく »
Professional individual working on confidential information in a secure office, with multiple encrypted computer screens and advanced security measures
AI

生成AIの活用に潜む企業機密保護の問題

生成型人工知能(AI)は、人間の言語を模倣し、対話やテキスト生成を可能にする先進技術です。例として、ChatGPTは会話型のAIであり、人間との対話を可能にするよう設計されています。この技術は急速に進化し、複雑な問題解決能力を拡張しています。しかし、生成AIは完全無誤ではなく、誤った情報の生成の可能性もあります。特に、企業秘密や機密情報の取り扱いにおいては、これらのAIシステムの利用に際して法的な慎重さが求められます。法律専門家として、これらの新たな技術がもたらす法的な課題と機会に注目し、適切なガイダンスを提供することが重要です。

より詳しく »
Computer monitor on a desk displaying lines of programming code, with a keyboard and mouse, in a professional tech workspace setting
AI

生成AI時代のソースコードの知財保護

法的に、雇用関係においては、従業員が職務上で開発したソフトウェアコードに関する全ての知的財産権は雇用主に帰属します。この原則は、契約文書に明記されている場合、契約労働者にも同様に適用されることが一般的です。AIによるコード生成を従業員が行った場合であっても、雇用主がそのコードの権利を保有するのが通常です。しかし、AI生成コードの知的財産保護を目指す際には、従来の枠組みにとらわれず、新たな評価基準と管理手法が求められることになります。

より詳しく »
china
AI

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

より詳しく »