Category: AI

著作権局がAI関連の著作権問題について意見を募集中

AIコンテンツに関する著作権問題は数多くあり、そのほとんどが未だに未解決のままです。しかし、アメリカの著作権局は積極的にAIの問題に取り組んでおり、先月、幅広い未解決問題を含む調査を発表しました。この調査では、AIと著作権に関わる多くの質問がリストされていて、著作権局は一般から意見を求めています。

もっと詳しく »

職場におけるAI導入のために雇用主が知っておくべき規制とリスク

職場でのAI導入には明確なポリシーが必要不可欠です。職場という枠組みでは雇用やプライバシーに関する規制が活発になっていますが、知財問題も重要な点です。そこで今回はそこで今回は雇用主の観点から、AIの利用を規制する明確なポリシーを制定する上で検討すべき点をまとめました。

もっと詳しく »

AI時代の不透明な著作権と特許保護であっても今からやれること

AIによって生成された発明やコンテンツに関する知的財産法の進化はまだ発展途上です。それは立法、司法、または規制行動が追いつくまでは少なくとも数年はかかるでしょう。しかし、AI生成作品において保護を確保するためには人間の介入が重要であるは強調されており、今から発明家や著作者は自分たちの貢献を慎重に文書化するようにした方がいいでしょう。

もっと詳しく »

AI革命における知的財産の課題と機会

人工知能(AI)は、21世紀において最も変革的なテクノロジーのひとつとなりました。AIは、知的財産(IP)の創造と保護の方法に革命をもたらし、知的財産の専門家やコンテンツ制作者に課題(challenges)と機会(opportunities)の両方をもたらしています。AIが生成した創作物やAIが支援する発明がますます普及するにつれて、すべての利害関係者が知的財産権の保護、執行、収益化への影響を理解し、それに応じて適応することが極めて重要です。

もっと詳しく »

生成AIの利用が弁護士と依頼者間の秘匿特権を脅かす?

法律業界でもChatGPTを始めとしたAIツールの活用は始まっていますが、使用する際の弁護士と依頼人間の特権への潜在的なリスクが現在注目されています。具体的には、生成AIを使用しても弁護士と依頼人の間の機密性が担保されるのか?が問題になっています。ChatGPTは個人情報に単独でアクセスしたり保持することはできませんが、OpenAIのプライバシーポリシーに従ってユーザーとのやり取りを訓練データとして使えるよう記録しています。そのため、弁護士や依頼人は、法律の文脈でAIを使用する際には特に注意を払うように助言されており、特権を危険にさらす可能性のある機密情報や敏感な情報をプロンプトとして利用することは避けるべきです。

もっと詳しく »

OpenAIに対する新たな米国の著作権訴訟と今までのAI関連訴訟リスト

ChatGPTを始めとする生成AIがどんどん普及していますが、その反動というか、当然の流れとして、普及度に比例しAI関連の訴訟も増えてきています。特に著作権侵害やそれに関連する訴訟は多く、今回もOpenAIを相手に、直接および間接的な著作権侵害、著作権管理情報の削除、不公正な競争、過失、不当利得を理由にした訴訟が米国地方裁判所でおこりました。この訴訟も含め現在進行中の著作権関連のAI訴訟における判決は、AI開発と著作権法に大きな影響を及ぼす可能性があります。

もっと詳しく »

AI関連の発明を特許化する上で頭に入れたい3つのポイント

AIはまさに時代を大きく変える可能性を秘めています。今まさにAI時代を担う企業が多くの取り組みを行い、それに伴い大量のAI関連特許が出願されています。しかし、それらの特許は本当に価値のあるものなのでしょうか?特許とテクノロジー企業の勝ち負けには強い相関関係があるとされています。そうであれば、AI時代に勝ち組になるために、企業はAI発明においてどのような取り組みの元、特許を取得すればいいのでしょうか?今回は戦略面における3つのポイントを紹介します。

もっと詳しく »

ChatGPT事件で架空の判例を提出した弁護人たちが制裁を受ける:本質はAI問題じゃない?

架空の存在しない判例をChatGPTが作り出し、事実確認が取れないまま裁判所に提出した弁護士たちの事件は、法曹界に大きな衝撃を与えました。今回その事件に関する審問と制裁判決があったので、その詳細を解説します。この問題は表面的にはAIツールの誤操作・過信のように見えますが、審問と判決内容を見るとそうではなく、ミスを指摘されたときに隠蔽しようとウソをついたことが本質的な問題です。そのウソがウソを呼び、取り返しのつかないところまで膨れ上がったという、弁護士として(そして人間として)のミスをしたときの対応に問題があり、そこが制裁でも重視されていたことがわかります。

もっと詳しく »

OpenAIの論文から見るChatGPTの危険性

ChatGPTの開発元であるOpenAIが最近発表した論文を読むと、ChatGPTのような生成AIを使うことで起こりうる問題がわかってきます。無意味または偽のコンテンツを生成する「幻覚」を含む生成AI特有の問題の技術的な対策は難しく、使うユーザー側の判断にも大きな影響を与えるリスクもあります。そのため、今後、「正しく」AIツールを使うには、ツールの発展と共に、ユーザーのAIリテラシーの向上が求められ、それは差し迫った問題として捉えるべきです。

もっと詳しく »

著作権局がAI関連の著作権問題について意見を募集中

AIコンテンツに関する著作権問題は数多くあり、そのほとんどが未だに未解決のままです。しかし、アメリカの著作権局は積極的にAIの問題に取り組んでおり、先月、幅広い未解決問題を含む調査を発表しました。この調査では、AIと著作権に関わる多くの質問がリストされていて、著作権局は一般から意見を求めています。

もっと詳しく »
creative team meeting

職場におけるAI導入のために雇用主が知っておくべき規制とリスク

職場でのAI導入には明確なポリシーが必要不可欠です。職場という枠組みでは雇用やプライバシーに関する規制が活発になっていますが、知財問題も重要な点です。そこで今回はそこで今回は雇用主の観点から、AIの利用を規制する明確なポリシーを制定する上で検討すべき点をまとめました。

もっと詳しく »
experience team development

AI時代の不透明な著作権と特許保護であっても今からやれること

AIによって生成された発明やコンテンツに関する知的財産法の進化はまだ発展途上です。それは立法、司法、または規制行動が追いつくまでは少なくとも数年はかかるでしょう。しかし、AI生成作品において保護を確保するためには人間の介入が重要であるは強調されており、今から発明家や著作者は自分たちの貢献を慎重に文書化するようにした方がいいでしょう。

もっと詳しく »
chatGPT

AI革命における知的財産の課題と機会

人工知能(AI)は、21世紀において最も変革的なテクノロジーのひとつとなりました。AIは、知的財産(IP)の創造と保護の方法に革命をもたらし、知的財産の専門家やコンテンツ制作者に課題(challenges)と機会(opportunities)の両方をもたらしています。AIが生成した創作物やAIが支援する発明がますます普及するにつれて、すべての利害関係者が知的財産権の保護、執行、収益化への影響を理解し、それに応じて適応することが極めて重要です。

もっと詳しく »
mistake

生成AIの利用が弁護士と依頼者間の秘匿特権を脅かす?

法律業界でもChatGPTを始めとしたAIツールの活用は始まっていますが、使用する際の弁護士と依頼人間の特権への潜在的なリスクが現在注目されています。具体的には、生成AIを使用しても弁護士と依頼人の間の機密性が担保されるのか?が問題になっています。ChatGPTは個人情報に単独でアクセスしたり保持することはできませんが、OpenAIのプライバシーポリシーに従ってユーザーとのやり取りを訓練データとして使えるよう記録しています。そのため、弁護士や依頼人は、法律の文脈でAIを使用する際には特に注意を払うように助言されており、特権を危険にさらす可能性のある機密情報や敏感な情報をプロンプトとして利用することは避けるべきです。

もっと詳しく »

OpenAIに対する新たな米国の著作権訴訟と今までのAI関連訴訟リスト

ChatGPTを始めとする生成AIがどんどん普及していますが、その反動というか、当然の流れとして、普及度に比例しAI関連の訴訟も増えてきています。特に著作権侵害やそれに関連する訴訟は多く、今回もOpenAIを相手に、直接および間接的な著作権侵害、著作権管理情報の削除、不公正な競争、過失、不当利得を理由にした訴訟が米国地方裁判所でおこりました。この訴訟も含め現在進行中の著作権関連のAI訴訟における判決は、AI開発と著作権法に大きな影響を及ぼす可能性があります。

もっと詳しく »
computer-code

AI関連の発明を特許化する上で頭に入れたい3つのポイント

AIはまさに時代を大きく変える可能性を秘めています。今まさにAI時代を担う企業が多くの取り組みを行い、それに伴い大量のAI関連特許が出願されています。しかし、それらの特許は本当に価値のあるものなのでしょうか?特許とテクノロジー企業の勝ち負けには強い相関関係があるとされています。そうであれば、AI時代に勝ち組になるために、企業はAI発明においてどのような取り組みの元、特許を取得すればいいのでしょうか?今回は戦略面における3つのポイントを紹介します。

もっと詳しく »

ChatGPT事件で架空の判例を提出した弁護人たちが制裁を受ける:本質はAI問題じゃない?

架空の存在しない判例をChatGPTが作り出し、事実確認が取れないまま裁判所に提出した弁護士たちの事件は、法曹界に大きな衝撃を与えました。今回その事件に関する審問と制裁判決があったので、その詳細を解説します。この問題は表面的にはAIツールの誤操作・過信のように見えますが、審問と判決内容を見るとそうではなく、ミスを指摘されたときに隠蔽しようとウソをついたことが本質的な問題です。そのウソがウソを呼び、取り返しのつかないところまで膨れ上がったという、弁護士として(そして人間として)のミスをしたときの対応に問題があり、そこが制裁でも重視されていたことがわかります。

もっと詳しく »

OpenAIの論文から見るChatGPTの危険性

ChatGPTの開発元であるOpenAIが最近発表した論文を読むと、ChatGPTのような生成AIを使うことで起こりうる問題がわかってきます。無意味または偽のコンテンツを生成する「幻覚」を含む生成AI特有の問題の技術的な対策は難しく、使うユーザー側の判断にも大きな影響を与えるリスクもあります。そのため、今後、「正しく」AIツールを使うには、ツールの発展と共に、ユーザーのAIリテラシーの向上が求められ、それは差し迫った問題として捉えるべきです。

もっと詳しく »
AI

著作権局がAI関連の著作権問題について意見を募集中

AIコンテンツに関する著作権問題は数多くあり、そのほとんどが未だに未解決のままです。しかし、アメリカの著作権局は積極的にAIの問題に取り組んでおり、先月、幅広い未解決問題を含む調査を発表しました。この調査では、AIと著作権に関わる多くの質問がリストされていて、著作権局は一般から意見を求めています。

もっと読む »
creative team meeting
AI

職場におけるAI導入のために雇用主が知っておくべき規制とリスク

職場でのAI導入には明確なポリシーが必要不可欠です。職場という枠組みでは雇用やプライバシーに関する規制が活発になっていますが、知財問題も重要な点です。そこで今回はそこで今回は雇用主の観点から、AIの利用を規制する明確なポリシーを制定する上で検討すべき点をまとめました。

もっと読む »
experience team development
AI

AI時代の不透明な著作権と特許保護であっても今からやれること

AIによって生成された発明やコンテンツに関する知的財産法の進化はまだ発展途上です。それは立法、司法、または規制行動が追いつくまでは少なくとも数年はかかるでしょう。しかし、AI生成作品において保護を確保するためには人間の介入が重要であるは強調されており、今から発明家や著作者は自分たちの貢献を慎重に文書化するようにした方がいいでしょう。

もっと読む »
chatGPT
AI

AI革命における知的財産の課題と機会

人工知能(AI)は、21世紀において最も変革的なテクノロジーのひとつとなりました。AIは、知的財産(IP)の創造と保護の方法に革命をもたらし、知的財産の専門家やコンテンツ制作者に課題(challenges)と機会(opportunities)の両方をもたらしています。AIが生成した創作物やAIが支援する発明がますます普及するにつれて、すべての利害関係者が知的財産権の保護、執行、収益化への影響を理解し、それに応じて適応することが極めて重要です。

もっと読む »
mistake
AI

生成AIの利用が弁護士と依頼者間の秘匿特権を脅かす?

法律業界でもChatGPTを始めとしたAIツールの活用は始まっていますが、使用する際の弁護士と依頼人間の特権への潜在的なリスクが現在注目されています。具体的には、生成AIを使用しても弁護士と依頼人の間の機密性が担保されるのか?が問題になっています。ChatGPTは個人情報に単独でアクセスしたり保持することはできませんが、OpenAIのプライバシーポリシーに従ってユーザーとのやり取りを訓練データとして使えるよう記録しています。そのため、弁護士や依頼人は、法律の文脈でAIを使用する際には特に注意を払うように助言されており、特権を危険にさらす可能性のある機密情報や敏感な情報をプロンプトとして利用することは避けるべきです。

もっと読む »
AI

OpenAIに対する新たな米国の著作権訴訟と今までのAI関連訴訟リスト

ChatGPTを始めとする生成AIがどんどん普及していますが、その反動というか、当然の流れとして、普及度に比例しAI関連の訴訟も増えてきています。特に著作権侵害やそれに関連する訴訟は多く、今回もOpenAIを相手に、直接および間接的な著作権侵害、著作権管理情報の削除、不公正な競争、過失、不当利得を理由にした訴訟が米国地方裁判所でおこりました。この訴訟も含め現在進行中の著作権関連のAI訴訟における判決は、AI開発と著作権法に大きな影響を及ぼす可能性があります。

もっと読む »
computer-code
AI

AI関連の発明を特許化する上で頭に入れたい3つのポイント

AIはまさに時代を大きく変える可能性を秘めています。今まさにAI時代を担う企業が多くの取り組みを行い、それに伴い大量のAI関連特許が出願されています。しかし、それらの特許は本当に価値のあるものなのでしょうか?特許とテクノロジー企業の勝ち負けには強い相関関係があるとされています。そうであれば、AI時代に勝ち組になるために、企業はAI発明においてどのような取り組みの元、特許を取得すればいいのでしょうか?今回は戦略面における3つのポイントを紹介します。

もっと読む »
AI

ChatGPT事件で架空の判例を提出した弁護人たちが制裁を受ける:本質はAI問題じゃない?

架空の存在しない判例をChatGPTが作り出し、事実確認が取れないまま裁判所に提出した弁護士たちの事件は、法曹界に大きな衝撃を与えました。今回その事件に関する審問と制裁判決があったので、その詳細を解説します。この問題は表面的にはAIツールの誤操作・過信のように見えますが、審問と判決内容を見るとそうではなく、ミスを指摘されたときに隠蔽しようとウソをついたことが本質的な問題です。そのウソがウソを呼び、取り返しのつかないところまで膨れ上がったという、弁護士として(そして人間として)のミスをしたときの対応に問題があり、そこが制裁でも重視されていたことがわかります。

もっと読む »
AI

OpenAIの論文から見るChatGPTの危険性

ChatGPTの開発元であるOpenAIが最近発表した論文を読むと、ChatGPTのような生成AIを使うことで起こりうる問題がわかってきます。無意味または偽のコンテンツを生成する「幻覚」を含む生成AI特有の問題の技術的な対策は難しく、使うユーザー側の判断にも大きな影響を与えるリスクもあります。そのため、今後、「正しく」AIツールを使うには、ツールの発展と共に、ユーザーのAIリテラシーの向上が求められ、それは差し迫った問題として捉えるべきです。

もっと読む »