Category: AI

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと詳しく »

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと詳しく »

アメリカのAI訴訟に新たな動き:アーティストによる著作権請求に対する初の裁定を徹底解説

昨年、原告団が、人工知能ソフトウェアの開発企業に対して複数の著作権侵害訴訟を起こしました。これらの訴訟では、AIモデルのトレーニングには大規模な著作権侵害が含まれており、これらのモデルの商業的な実行可能性を脅かす可能性があると懸念されていました。この記事では、アメリカにおけるAIに関する最新の著作権訴訟の動向と、アーティストによる著作権請求に対する初の本格的な判決について詳細に分析し、その中身と関連する訴訟への影響を解説します。

もっと詳しく »

MetaがAI操作された政治広告に開示を要求

Metaは、政治、選挙、社会問題の広告が、人工知能の使用を含め、デジタル的に作成または変更された場合、広告主に開示することを義務付けるために広告ポリシーを更新すると発表しました。このポリシーは2024年に施行されます。この記事では、MetaがAIを使用して操作された政治および社会問題広告に対する開示要件を導入すると発表した内容について解説します。

もっと詳しく »

AIチャットボットにも適用されうる盗聴法と集団訴訟のリスク

プライバシー訴訟の新たな波として、主にカリフォルニア州の州裁判所および連邦裁判所に数十件の集団訴訟が提起し、一般向けウェブサイトを持つ企業による「盗聴」の疑いに対する損害賠償を求めるような動きがあります。これらの訴えには以下のような共通の理論があります:チャットボット機能を使って顧客と関わっているウェブサイトの所有者は、チャットを録音し、サービス・プロバイダーにアクセス権を与えることによって、州の盗聴法に違反しており、これは 「違法な盗聴」であると主張しているのです。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »

大規模言語モデル(LLM)をどう考えるべきか?

大規模言語モデル(LLM)は士業にも大きな影響を及ぼす可能性がありますが、リスクを軽視することなく、弁護士や弁理士を含む多くの専門家は導入に慎重に取り組む必要があります。LLMに関してはまだ未知数な部分が多く、バージョンによって特定のタスクによる出来不出来に差が出たり、幻覚を起こしたりします。また、弁護士が様々な協力者と協議して行うアドバイスはLLMが再現できるものではありません。LLMの利便性は決して無視できませんが、万能ではなく限界があるので、正しい理解の元、LLMを活用することがもとめられます。

もっと詳しく »

AIのバイアス調査であればアクセス制御されている著作物の利用も可能になる?

DMCAにはコンテンツへのアクセス制御機能の回避を禁止する条項があります。つまり、技術的にアクセス制御を回避できたとしても、そのような行為は著作権侵害になる可能性があります。しかし、これには例外があり、その例外にAIのバイアス調査目的における使用が検討されていることがわかりました。

もっと詳しく »
china

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと詳しく »

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと詳しく »
computer-code

アメリカのAI訴訟に新たな動き:アーティストによる著作権請求に対する初の裁定を徹底解説

昨年、原告団が、人工知能ソフトウェアの開発企業に対して複数の著作権侵害訴訟を起こしました。これらの訴訟では、AIモデルのトレーニングには大規模な著作権侵害が含まれており、これらのモデルの商業的な実行可能性を脅かす可能性があると懸念されていました。この記事では、アメリカにおけるAIに関する最新の著作権訴訟の動向と、アーティストによる著作権請求に対する初の本格的な判決について詳細に分析し、その中身と関連する訴訟への影響を解説します。

もっと詳しく »

MetaがAI操作された政治広告に開示を要求

Metaは、政治、選挙、社会問題の広告が、人工知能の使用を含め、デジタル的に作成または変更された場合、広告主に開示することを義務付けるために広告ポリシーを更新すると発表しました。このポリシーは2024年に施行されます。この記事では、MetaがAIを使用して操作された政治および社会問題広告に対する開示要件を導入すると発表した内容について解説します。

もっと詳しく »
thinking

AIチャットボットにも適用されうる盗聴法と集団訴訟のリスク

プライバシー訴訟の新たな波として、主にカリフォルニア州の州裁判所および連邦裁判所に数十件の集団訴訟が提起し、一般向けウェブサイトを持つ企業による「盗聴」の疑いに対する損害賠償を求めるような動きがあります。これらの訴えには以下のような共通の理論があります:チャットボット機能を使って顧客と関わっているウェブサイトの所有者は、チャットを録音し、サービス・プロバイダーにアクセス権を与えることによって、州の盗聴法に違反しており、これは 「違法な盗聴」であると主張しているのです。

もっと詳しく »

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと詳しく »
chatGPT

大規模言語モデル(LLM)をどう考えるべきか?

大規模言語モデル(LLM)は士業にも大きな影響を及ぼす可能性がありますが、リスクを軽視することなく、弁護士や弁理士を含む多くの専門家は導入に慎重に取り組む必要があります。LLMに関してはまだ未知数な部分が多く、バージョンによって特定のタスクによる出来不出来に差が出たり、幻覚を起こしたりします。また、弁護士が様々な協力者と協議して行うアドバイスはLLMが再現できるものではありません。LLMの利便性は決して無視できませんが、万能ではなく限界があるので、正しい理解の元、LLMを活用することがもとめられます。

もっと詳しく »

AIのバイアス調査であればアクセス制御されている著作物の利用も可能になる?

DMCAにはコンテンツへのアクセス制御機能の回避を禁止する条項があります。つまり、技術的にアクセス制御を回避できたとしても、そのような行為は著作権侵害になる可能性があります。しかし、これには例外があり、その例外にAIのバイアス調査目的における使用が検討されていることがわかりました。

もっと詳しく »
china
AI

中国裁判所がAI生成画像に著作権を認定 – 米国法との大きな乖離の影響は?

2023年11月27日、生成AI業界に大きな影響を及ぼしかねない中国の裁判所の判決が発表されました。注目する点は、今回始めてAIによって生成された画像コンテンツが著作権法によって保護されると認定されたところです。この中国における初めての判決は、AI技術と著作権の関係における新たな可能性を示す反面、米国の著作権法における人間の著作者要件との重要な相違点を提示しています。この判決が今後、国際的な著作権法の枠組みとAIの進展にどのような影響を与えるのか、深く掘り下げていきます。

もっと読む »
AI

AIはどのように特許実務に変革を起こすのか?

特許実務におけるAIの統合は、効率性と洞察力の向上という大きな可能性を秘めています。しかし、AIが特許実務に本当の革命をもたらすためには、何が必要なのでしょうか?それはズバリ、記憶力、正確性、リアルタイム性の強化だと考えます。AIを用い、それらを次のレベルにまで昇華することで、新たな価値を生み出すことができると考えます。この記事では、AIが知財実務の未来をどのように形作るかについて、深く探求します。

もっと読む »
computer-code
AI

アメリカのAI訴訟に新たな動き:アーティストによる著作権請求に対する初の裁定を徹底解説

昨年、原告団が、人工知能ソフトウェアの開発企業に対して複数の著作権侵害訴訟を起こしました。これらの訴訟では、AIモデルのトレーニングには大規模な著作権侵害が含まれており、これらのモデルの商業的な実行可能性を脅かす可能性があると懸念されていました。この記事では、アメリカにおけるAIに関する最新の著作権訴訟の動向と、アーティストによる著作権請求に対する初の本格的な判決について詳細に分析し、その中身と関連する訴訟への影響を解説します。

もっと読む »
AI

MetaがAI操作された政治広告に開示を要求

Metaは、政治、選挙、社会問題の広告が、人工知能の使用を含め、デジタル的に作成または変更された場合、広告主に開示することを義務付けるために広告ポリシーを更新すると発表しました。このポリシーは2024年に施行されます。この記事では、MetaがAIを使用して操作された政治および社会問題広告に対する開示要件を導入すると発表した内容について解説します。

もっと読む »
thinking
AI

AIチャットボットにも適用されうる盗聴法と集団訴訟のリスク

プライバシー訴訟の新たな波として、主にカリフォルニア州の州裁判所および連邦裁判所に数十件の集団訴訟が提起し、一般向けウェブサイトを持つ企業による「盗聴」の疑いに対する損害賠償を求めるような動きがあります。これらの訴えには以下のような共通の理論があります:チャットボット機能を使って顧客と関わっているウェブサイトの所有者は、チャットを録音し、サービス・プロバイダーにアクセス権を与えることによって、州の盗聴法に違反しており、これは 「違法な盗聴」であると主張しているのです。

もっと読む »
AI

大統領令に見えるアメリカ政府のAI規制の枠組み

先週、バイデン大統領は、幅広い業界や問題にわたるAI規制に対処する包括的な大統領令に署名しました。その中でも、知的財産は重要な点で、米国著作権局および米国特許商標庁に対し、AIに関連する新たな問題に対処するための知的財産リスクおよび関連規制に関するガイダンスを提供するよう求めています。 

もっと読む »
chatGPT
AI

大規模言語モデル(LLM)をどう考えるべきか?

大規模言語モデル(LLM)は士業にも大きな影響を及ぼす可能性がありますが、リスクを軽視することなく、弁護士や弁理士を含む多くの専門家は導入に慎重に取り組む必要があります。LLMに関してはまだ未知数な部分が多く、バージョンによって特定のタスクによる出来不出来に差が出たり、幻覚を起こしたりします。また、弁護士が様々な協力者と協議して行うアドバイスはLLMが再現できるものではありません。LLMの利便性は決して無視できませんが、万能ではなく限界があるので、正しい理解の元、LLMを活用することがもとめられます。

もっと読む »
AI

AIのバイアス調査であればアクセス制御されている著作物の利用も可能になる?

DMCAにはコンテンツへのアクセス制御機能の回避を禁止する条項があります。つまり、技術的にアクセス制御を回避できたとしても、そのような行為は著作権侵害になる可能性があります。しかし、これには例外があり、その例外にAIのバイアス調査目的における使用が検討されていることがわかりました。

もっと読む »