Category: AI

AI時代のデータ所有権:ビッグデータとAI由来データの種類別の対応

ビッグデータ、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)の出現は、データの理解と活用を根本的に変えました。ビッグデータの価値に議論の余地がないものの、その管理、特にデータの所有権、ライセンス、派生データの保護に関しては、複雑な法的問題が生じます。そこで、今回は、AIで処理された、または、IoTによって生成されたデータがもたらす法的な課題と機会について概説します。

もっと詳しく »

生成AIの規制と法的課題

生成AIは、テキスト、画像、音楽、ビデオ、コンピュータコードなど、さまざまな領域にわたって、人間が理解できる比較的単純なプロンプトを使用して、一見オリジナルに見えるコンテンツを作成する驚くべき能力を持っています。生成AIの創造力は、既存の市場に革命をもたらし、新たな市場に道を開く可能性を示しています。

もっと詳しく »

係争中のCopilot集団訴訟から学べるソフトウェア開発のベストプラクティス

この記事では、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反とオープンソースライセンス違反の疑惑を検証することで、Copilotをめぐる論争を掘り下げ、AIが生成するコードへの影響について議論し、AI支援コーディングの進化する状況における法的課題を乗り切るための推奨事項を提示します。

もっと詳しく »

AIを活用した特許出願準備における弁護士依頼者間の秘匿特権の維持

特許出願準備における大規模言語モデル(LLM)の使用は、多くの企業内および法律事務所のリーダーにとって最重要課題です。このトレンドは、法律領域における技術統合の広範な傾向を象徴しています。このような動きは効率性を高めるだけでなく、それと同時に、伝統的な法理論をめぐる新たな疑問も引き起こしています。その中でも注目したいのが、特許出願準備にLLMを利用すること、弁護士と依頼人の間の秘匿特権(attorney-client privilege)に不注意に違反する可能性があるかどうかということです。この秘匿特権は、基本的にクライアントとその弁護士との間の秘密のやりとりを保証するために設計されたものであり、信頼を育み、クライアントの発明を包括的に理解する上で極めて重要なものです。

もっと詳しく »

AIが生成する音声は知財侵害の対象になるのか?

生成AIは文字や画像にとどまらず音声の領域でも凄まじいい技術革新を起こしています。しかし、その反面、有名アーティストの「声」をマネするAIを悪用し、有名アーティストがあたかも歌ったような「AI生成音楽」が出てくるようになりました。「声」自体には著作権が認められないので、著作権侵害における権利行使が難しく、アーティストやレーベルにとって悩ましい問題になりつつあります。そこで、この「声」に注目し、著作権などのの知財権利を行使できないコンテンツに対する取り締まりの可能性について考えてみました。

もっと詳しく »

マイクロソフトが一部ユーザーのAI利用に関する補償を発表:社内のGAIポリシーの大切さ

商用でAIを使う際、知的財産権の侵害が問題になることがあります。マイクロソフトは、Copilotの使用によって商標・著作権侵害の訴訟が起きた場合、一定の条件下で弁護や損害賠償を担当すると明言しました。これは企業にとって良いニュースですが、会社内でAIを使うには、独自のポリシーが必要です。

もっと詳しく »

弁護士は裁判所に提出する準備書面作成にAIを使うべきか?

AIは弁護士業務の効率を高め、生産性を上げるツールとなる可能性もありますが、正しい知識と理解の元で使わないと、弁護士としての信用やキャリアに関わる問題に発展する可能性もあります。すべての人が使うべきとはいかないまでも、「責任を持って」AIを活用できるのであれば、十分な恩恵を受けることができるでしょう。

もっと詳しく »

米連邦地裁も著作権局に合意:AI画像に著作権なし

地裁が下した判決は何も新しいことはないのですが、「人間の創作性が著作権には必須」という行政機関である著作権局の見解に、司法機関である地裁も合意したという点が評価されるべき点だと思われます。しかし、著作権法は時代や技術の進化に柔軟に対応できるようにデザインされており、技術革新による法改正の可能性もあることから、近い将来、著作権法やその概念が大きく変わる可能性も十分あります。

もっと詳しく »

増えつつあるAI関連訴訟:米国におけるジェネレーティブAI訴訟の最新動向

まだ始まったばかりですが、生成AIに関する訴訟は日を追うごとに増えてきています。訴訟内容も人工知能(AI)のトレーニング方法、製品、サービスなど様々で、今リアルタイムで、米国の裁判所がこの新しい、そして本質的に進化するテクノロジーによって提起されたプライバシー、消費者の安全保護、知的財産権保護の懸念に関する問題を審議しているところです。

もっと詳しく »
chatGPT

AI時代のデータ所有権:ビッグデータとAI由来データの種類別の対応

ビッグデータ、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)の出現は、データの理解と活用を根本的に変えました。ビッグデータの価値に議論の余地がないものの、その管理、特にデータの所有権、ライセンス、派生データの保護に関しては、複雑な法的問題が生じます。そこで、今回は、AIで処理された、または、IoTによって生成されたデータがもたらす法的な課題と機会について概説します。

もっと詳しく »

生成AIの規制と法的課題

生成AIは、テキスト、画像、音楽、ビデオ、コンピュータコードなど、さまざまな領域にわたって、人間が理解できる比較的単純なプロンプトを使用して、一見オリジナルに見えるコンテンツを作成する驚くべき能力を持っています。生成AIの創造力は、既存の市場に革命をもたらし、新たな市場に道を開く可能性を示しています。

もっと詳しく »
display-with-code

係争中のCopilot集団訴訟から学べるソフトウェア開発のベストプラクティス

この記事では、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反とオープンソースライセンス違反の疑惑を検証することで、Copilotをめぐる論争を掘り下げ、AIが生成するコードへの影響について議論し、AI支援コーディングの進化する状況における法的課題を乗り切るための推奨事項を提示します。

もっと詳しく »
secret

AIを活用した特許出願準備における弁護士依頼者間の秘匿特権の維持

特許出願準備における大規模言語モデル(LLM)の使用は、多くの企業内および法律事務所のリーダーにとって最重要課題です。このトレンドは、法律領域における技術統合の広範な傾向を象徴しています。このような動きは効率性を高めるだけでなく、それと同時に、伝統的な法理論をめぐる新たな疑問も引き起こしています。その中でも注目したいのが、特許出願準備にLLMを利用すること、弁護士と依頼人の間の秘匿特権(attorney-client privilege)に不注意に違反する可能性があるかどうかということです。この秘匿特権は、基本的にクライアントとその弁護士との間の秘密のやりとりを保証するために設計されたものであり、信頼を育み、クライアントの発明を包括的に理解する上で極めて重要なものです。

もっと詳しく »

AIが生成する音声は知財侵害の対象になるのか?

生成AIは文字や画像にとどまらず音声の領域でも凄まじいい技術革新を起こしています。しかし、その反面、有名アーティストの「声」をマネするAIを悪用し、有名アーティストがあたかも歌ったような「AI生成音楽」が出てくるようになりました。「声」自体には著作権が認められないので、著作権侵害における権利行使が難しく、アーティストやレーベルにとって悩ましい問題になりつつあります。そこで、この「声」に注目し、著作権などのの知財権利を行使できないコンテンツに対する取り締まりの可能性について考えてみました。

もっと詳しく »
microsoft

マイクロソフトが一部ユーザーのAI利用に関する補償を発表:社内のGAIポリシーの大切さ

商用でAIを使う際、知的財産権の侵害が問題になることがあります。マイクロソフトは、Copilotの使用によって商標・著作権侵害の訴訟が起きた場合、一定の条件下で弁護や損害賠償を担当すると明言しました。これは企業にとって良いニュースですが、会社内でAIを使うには、独自のポリシーが必要です。

もっと詳しく »
paper-documents

弁護士は裁判所に提出する準備書面作成にAIを使うべきか?

AIは弁護士業務の効率を高め、生産性を上げるツールとなる可能性もありますが、正しい知識と理解の元で使わないと、弁護士としての信用やキャリアに関わる問題に発展する可能性もあります。すべての人が使うべきとはいかないまでも、「責任を持って」AIを活用できるのであれば、十分な恩恵を受けることができるでしょう。

もっと詳しく »
computer-code

米連邦地裁も著作権局に合意:AI画像に著作権なし

地裁が下した判決は何も新しいことはないのですが、「人間の創作性が著作権には必須」という行政機関である著作権局の見解に、司法機関である地裁も合意したという点が評価されるべき点だと思われます。しかし、著作権法は時代や技術の進化に柔軟に対応できるようにデザインされており、技術革新による法改正の可能性もあることから、近い将来、著作権法やその概念が大きく変わる可能性も十分あります。

もっと詳しく »

増えつつあるAI関連訴訟:米国におけるジェネレーティブAI訴訟の最新動向

まだ始まったばかりですが、生成AIに関する訴訟は日を追うごとに増えてきています。訴訟内容も人工知能(AI)のトレーニング方法、製品、サービスなど様々で、今リアルタイムで、米国の裁判所がこの新しい、そして本質的に進化するテクノロジーによって提起されたプライバシー、消費者の安全保護、知的財産権保護の懸念に関する問題を審議しているところです。

もっと詳しく »
chatGPT
AI

AI時代のデータ所有権:ビッグデータとAI由来データの種類別の対応

ビッグデータ、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)の出現は、データの理解と活用を根本的に変えました。ビッグデータの価値に議論の余地がないものの、その管理、特にデータの所有権、ライセンス、派生データの保護に関しては、複雑な法的問題が生じます。そこで、今回は、AIで処理された、または、IoTによって生成されたデータがもたらす法的な課題と機会について概説します。

もっと読む »
AI

生成AIの規制と法的課題

生成AIは、テキスト、画像、音楽、ビデオ、コンピュータコードなど、さまざまな領域にわたって、人間が理解できる比較的単純なプロンプトを使用して、一見オリジナルに見えるコンテンツを作成する驚くべき能力を持っています。生成AIの創造力は、既存の市場に革命をもたらし、新たな市場に道を開く可能性を示しています。

もっと読む »
display-with-code
AI

係争中のCopilot集団訴訟から学べるソフトウェア開発のベストプラクティス

この記事では、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)違反とオープンソースライセンス違反の疑惑を検証することで、Copilotをめぐる論争を掘り下げ、AIが生成するコードへの影響について議論し、AI支援コーディングの進化する状況における法的課題を乗り切るための推奨事項を提示します。

もっと読む »
secret
AI

AIを活用した特許出願準備における弁護士依頼者間の秘匿特権の維持

特許出願準備における大規模言語モデル(LLM)の使用は、多くの企業内および法律事務所のリーダーにとって最重要課題です。このトレンドは、法律領域における技術統合の広範な傾向を象徴しています。このような動きは効率性を高めるだけでなく、それと同時に、伝統的な法理論をめぐる新たな疑問も引き起こしています。その中でも注目したいのが、特許出願準備にLLMを利用すること、弁護士と依頼人の間の秘匿特権(attorney-client privilege)に不注意に違反する可能性があるかどうかということです。この秘匿特権は、基本的にクライアントとその弁護士との間の秘密のやりとりを保証するために設計されたものであり、信頼を育み、クライアントの発明を包括的に理解する上で極めて重要なものです。

もっと読む »
AI

AIが生成する音声は知財侵害の対象になるのか?

生成AIは文字や画像にとどまらず音声の領域でも凄まじいい技術革新を起こしています。しかし、その反面、有名アーティストの「声」をマネするAIを悪用し、有名アーティストがあたかも歌ったような「AI生成音楽」が出てくるようになりました。「声」自体には著作権が認められないので、著作権侵害における権利行使が難しく、アーティストやレーベルにとって悩ましい問題になりつつあります。そこで、この「声」に注目し、著作権などのの知財権利を行使できないコンテンツに対する取り締まりの可能性について考えてみました。

もっと読む »
microsoft
AI

マイクロソフトが一部ユーザーのAI利用に関する補償を発表:社内のGAIポリシーの大切さ

商用でAIを使う際、知的財産権の侵害が問題になることがあります。マイクロソフトは、Copilotの使用によって商標・著作権侵害の訴訟が起きた場合、一定の条件下で弁護や損害賠償を担当すると明言しました。これは企業にとって良いニュースですが、会社内でAIを使うには、独自のポリシーが必要です。

もっと読む »
paper-documents
AI

弁護士は裁判所に提出する準備書面作成にAIを使うべきか?

AIは弁護士業務の効率を高め、生産性を上げるツールとなる可能性もありますが、正しい知識と理解の元で使わないと、弁護士としての信用やキャリアに関わる問題に発展する可能性もあります。すべての人が使うべきとはいかないまでも、「責任を持って」AIを活用できるのであれば、十分な恩恵を受けることができるでしょう。

もっと読む »
computer-code
AI

米連邦地裁も著作権局に合意:AI画像に著作権なし

地裁が下した判決は何も新しいことはないのですが、「人間の創作性が著作権には必須」という行政機関である著作権局の見解に、司法機関である地裁も合意したという点が評価されるべき点だと思われます。しかし、著作権法は時代や技術の進化に柔軟に対応できるようにデザインされており、技術革新による法改正の可能性もあることから、近い将来、著作権法やその概念が大きく変わる可能性も十分あります。

もっと読む »
AI

増えつつあるAI関連訴訟:米国におけるジェネレーティブAI訴訟の最新動向

まだ始まったばかりですが、生成AIに関する訴訟は日を追うごとに増えてきています。訴訟内容も人工知能(AI)のトレーニング方法、製品、サービスなど様々で、今リアルタイムで、米国の裁判所がこの新しい、そして本質的に進化するテクノロジーによって提起されたプライバシー、消費者の安全保護、知的財産権保護の懸念に関する問題を審議しているところです。

もっと読む »