AI活用に伴う営業秘密のリスク管理:無許可利用で訴訟に発展

急速に進化する今日の技術状況において、AI利用における営業秘密の漏洩リスクは現実的な課題となりつつあります。今回の訴訟で挙げられたOtterやChatGPTのようなAIツールは、業務を効率化できることから職場で人気を博している一方、会社が許可していないツールの場合、機密情報の観点から問題になることがあります。本記事では、AIの文脈における営業秘密保護の複雑さを掘り下げ、最近の訴訟から洞察とベストプラクティスを提供します。

営業秘密とAIの理解

営業秘密は知的財産の一形態であり、競争上の優位性をもたらす事業上の秘密情報を含みます。営業秘密を取り巻く法的枠組みは、不正な開示や使用から保護するように設計されており、米国ではDefend Trade Secrets Act(DTSA)が連邦レベルにおける保護の要となっています。

しかし、職場におけるAIツールの出現は、営業秘密の保護に新たな課題を突きつけています。膨大な量のデータを処理し、保存することができるこれらのツールは、不注意にも秘密情報の保管場所となる可能性があります。

それでは実際の訴訟から、AIの活用が営業秘密法に抵触するのはどのような場合かを見ていきましょう。

最近の事例:無許可AIツールの利用で訴訟に発展

このような課題を浮き彫りにした注目すべき事例として、West Technology Group LLCとCX360 Inc.という2つのテクノロジー企業が、無許可のAIツール「Otter」を使用して企業秘密を不正流用したとして元従業員を提訴した事件が挙げられます。West Technology Group LLC et al. v. Sundstrom, case number 3:24-cv-00178, U.S. District Court for the District of Connecticut.

OtterはAI技術を利用した会議の自動文字起こしツールで、リアルタイムでの音声認識と文字変換を行い、会議の内容をテキスト化します。これにより、参加者は会議の進行に集中しながら、後で内容を確認することが可能になり、会議の要約やアクションアイテムの抽出などの機能も提供し、効率的な情報共有とタスク管理を支援します。

このように便利なツールなのですが、Otterの業務上の利用は、会社から正式な承諾が得られていませんでした。そのため、被告が会社で働いていたときに、Otterを使って企業秘密が話し合われた会議の内容を録音・蓄積したことは許されるものではなく、これにより営業秘密の保護に関する法律や、従業員と企業間の契約違反が発生したとして、訴訟の原因となりました。

このケースは、機密情報の取り扱いにAIツールを採用することの法的影響を強調するものです。

営業秘密保護のベストプラクティス

AIに関連する潜在的リスクを考慮すると、企業は営業秘密を保護するために厳格な措置を採用する必要があります。以下は会社で行える対策の一例になります:

  • AIツールへのアクセス制限: AIツールの使用を許可された担当者に限定し、これらのツールが適切な保護措置なしに機密情報を保存または処理しないようにすること。
  • 従業員の契約とトレーニング: 包括的な秘密保持契約(NDA)を導入し、特にAIツール使用時の秘密保持の重要性について従業員を教育するための定期的なトレーニングセッションを実施する。
  • 技術的な保護措置: AIツールによって保存または処理される機密情報への不正アクセスから保護するため、暗号化やアクセス制御を含む強固なセキュリティ対策を採用する。
  • 定期的な監査と監視: AIツールの使用状況を定期的に監査し、データフローを監視して、潜在的な機密侵害を検出する。
  • 契約周りの見直し: 雇用契約、機密保持契約、従業員ハンドブックなどの契約やガイドライン、会社ポリシーなどでAIツールを用いて会社の許可なく機密情報を取り扱うことは禁止されていることを明確に示す。

結論営業秘密とAIの深い関わり

AIのビジネスへの統合は、特に営業秘密保護の領域において、チャンスと課題の両方をもたらします。技術の進歩に対応して法的枠組みが進化し続ける中、企業は貴重な営業秘密を保護するためのベストプラクティスの実施に警戒し続けなければなりません。機密保持とデータセキュリティに積極的に取り組むことで、企業は法的リスクを最小限に抑えながらAIの可能性を活用し、競争上の優位性を維持することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。