New York State Bar Association releases detailed ethical guidance on AI: What are the implications?

ニューヨーク州弁護士会がAIに関する詳細な倫理ガイダンスを発表:その内容と影響とは?

ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。

ニューヨーク州弁護士会のAI倫理ガイダンスの概要

ガイダンスの作成背景と目標

ニューヨーク州弁護士会がAI倫理ガイダンスを作成したのは、法律業界における人工知能(AI)技術の利用が急速に進展する中、それに伴うリスクと機会を適切に管理する必要があるためです。このガイダンスは、弁護士がAIを倫理的かつ効果的に利用するための明確な枠組みを提供し、同時に技術の適切な利用を通じて法律サービスの質を向上させることを目指しています。

弁護士業務におけるAIの有用性

このレポートでは、AI技術は、文書自動生成、証拠分析、法的研究を迅速かつ正確に行うことができるため、弁護士の業務効率を大幅に向上させる可能性があるという報告がなされています。また、時間がかかる繰り返し作業をAIが代行することで、弁護士はより戦略的な業務やクライアントとの対話に集中できるようになることも期待されています。

リスクの特定と規制に関する提言

このようなAI活用の利点が話される一方、既存の法律では現在対処されていないリスクを特定する必要性もこのレポートは強調しています。そして、今後AI技術に関連するリスクを特定し、それらに対する法的枠組みを整備することが求められています。現時点では弁護士によるAIの活用に伴うデータプライバシーの侵害、誤情報の拡散、不適切な法的アドバイスの提供などが懸念されており、これらの新しい問題に対し、既存の法律ではカバーされていないことがらに対処するための規制の強化が推奨されています。また、AIを管理する上での法律の役割について検討を促し、人間中心の法的プロセスを維持することの重要性も強調しています。

倫理的およびセキュリティ上の懸念

また、弁護士がAIを導入するにあたっては、倫理的およびセキュリティ上の多くの懸念が指摘されています。

懸念事項には、AIが司法格差を悪化させる可能性、データ集約によるプライバシーの侵害、ディープフェイクによる誤情報リスクの増大などが含まれます。ガイダンスはこれらの問題に対処し、AIシステムの透明性とアカウンタビリティを確保するための方策を提案しています。また、クライアント情報の機密性を守るための厳格なガイドラインと、データ侵害やサイバー攻撃から保護するためのセキュリティ対策の必要性にも焦点を当てています。

ニューヨーク州弁護士会のAI倫理ガイダンスにおける詳細な提言と法的影響

弁護士としての行動とAIの活用

ニューヨーク州弁護士会のAI倫理ガイダンスでは、弁護士がAIを使用する際には、既存の職業倫理規則に準拠することが強調されています。具体的には、クライアントからの情報を保護し、法的アドバイスの精度を保証する責任があります。AIを使用することにより、情報処理の速度と正確性が向上する可能性がある一方で、誤情報やプライバシーの侵害のリスクも伴います。また、弁護士は、十分な人的監視なしに作動するAIツールによって助長される可能性のある無許可の法律行為(UPL)に注意するよう求められています。したがって、弁護士は技術を適切に理解し、その使用が法的基準に適合していることを確認する必要があると提言しています。

具体的な倫理的義務

  1. 能力維持: 弁護士は、テクノロジーを利用して法務作業の正確性と効率を向上させることにより、能力の基準を維持しなければなりません。この取り組みに関してAIの活用が必須になる時代も考えられるため、将来AIを使っていない弁護士はこの能力維持の倫理的義務を満たしていないと見なされる可能性があります。

  2. 機密保持: AIツールを使用する際も今までと同じように、クライアント情報の機密性を保持する義務があります。また、生成AIを活用した場合の新たな秘密保持のリスクとして、AIが生成したデータの取り扱いや、AIへのプロンプト指示などのAIを活用する上でのデータ流出のリスクなどが指摘されており、それらを適切に管理することが求められます。

  3. 監督の義務: 非弁護士である従業員の監督義務と同様に、AIツールの使用に関しても、AIによる回答を鵜呑みにせず、適切な監督環境の元AIツールを活用し、倫理規則に準拠する運用が求められます。

  4. 無許可の法律行為(UPL): AIは弁護士の業務の効率化・正確性の向上を助けるツールであり、弁護士に取って代わるものではありません。そのため、法律上の助言を提供する際に人間の弁護士が関与しないAIプログラムは、無許可の法律行為とみなされる可能性があると指摘しています。

  5. 弁護士-依頼者間の秘匿特権と弁護士の作業成果物: 特定の条件下における生成AIの利用が秘匿特権と弁護士の作業成果物における保護を妥協するリスクも指摘されています。これらは、弁護士と依頼人間のコミュニケーションや訴訟に向けた弁護士の準備資料や調査結果を秘密に保つことができるDiscoveryという情報開示システムがあるアメリカの訴訟においてとても重要な保護です。しかし、以下のような特定の条件下において、このような秘密を保持できない可能性があると指摘しています:

    • アプリとして生成AIを直接使用した際に、情報の守秘義務が担保されていない状況下で個人情報または機密情報を含むプロンプトが直接入力された場合

    • 検索エンジンに組み込まれたAIの間接的な使用が行われた際に、個人情報または機密情報を含むプロンプトが直接入力された場合

    • 情報の守秘義務が担保されていない状況下で、アプリケーション・プログラミング・インターフェース/APIを介してAIに接続する他のアプリケーションを使用して、個人情報や機密情報がAIに入力された場合

    • AI内からプラグインを経由して他のアプリケーションにアクセスすることで、個人情報や機密情報が他の場所に伝達された場合

責任を伴うAIの導入のベストプラクティス

弁護士はこのようなAI導入に伴う法的リスクを理解し、これを適切に管理することが必須です。誤情報、データ侵害、プライバシーの侵害など、AIに関連する潜在的な問題を識別し、これに対処するためのシステムやプロセスを整備する必要があります。

  1. 透明性の確保: AIの決定過程とその基礎となるデータに関して透明性を保つことが重要です。これにより、AIの使用が公正で倫理的であることを保証します。

  2. 継続的な評価と更新: AI技術は常に進化しているため、そのガイドラインや使用法も定期的に見直し、更新する必要があります。

  3. クライアントとのコミュニケーション: AIの使用に関するクライアントとの透明なコミュニケーションを確保し、その利用についての同意を得ることが必要です。

  4. 教育と訓練: AI技術の安全かつ効果的な使用には、法律専門家自身の教育と訓練が不可欠です。このために、関連する研修やセミナーへの参加を奨励しています。

結論:注意と責任を伴うAIの導入

ニューヨーク州弁護士のAI倫理ガイダンスは、法律分野におけるAIの二重の性質、すなわち、専門職に大きな利益をもたらす可能性と、深刻な倫理的・実務的課題をもたらす可能性を強調しています。AIが進化し続ける中、法曹界は常に警戒を怠らず、AIが法律実務の完全性を損なうのではなく、むしろ向上させるようものでなければなりません。そのためにも、弁護士は、AIを避けるのではなく受け入れ、今回のような弁護士会等が提供するガイドラインを勉強し、自らの実務が倫理基準とクライアントの期待の両方に合致するようにすることが推奨されます。

結論として、AIは法曹界に新たな機会をもたらす一方で、倫理的な意識と責任を高めることを要求しています。今回のガイドラインは、今後New Yorkの弁護士会の公式倫理ガイダンスに採用され、AIの使用に関する事柄が具体的に明記されるかもしれません。

また、フロリダやカリフォルニアなどの州でもすでに同様のAIガイダンスを発行しており、今後、他の州でもAIの法律実務への統合に関する具体的な取り組みが行われることが予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

こちらもおすすめ