アメリカ知財まとめ記事

An illustrative composition showcasing the juxtaposition of traditional legal symbols, including patents and gavels, with futuristic elements like AI brains and digital circuitry, symbolizing the revival and potential strategic importance of prior user rights defense in the era of emerging technologies such as AI, against the backdrop of the America Invents Act (AIA) reforms.
AI

AIなどの新興技術に見え隠れする先使用権による抗弁の復活の可能性

AIAによる特許法の改正で生まれ変わった先使用権による抗弁ですが、いままで全く使われてきませんでした。しかし、AIなどの新興技術によるイノベーションは発明者の定義などの問題から特許との親和性が低く、営業機密による保護が注目されています。このような変化は先使用権を使いやすい環境に変える要素の1つであり、改めて先使用権の条件を見返す注目すべきトレンドになりつつあります。

より詳しく »
Visual representation of the Patent Eligibility Reform Act (PERA) of 2023, featuring the Capitol Building, a gavel, patent documents, and technology icons, symbolizing a significant step towards clarifying the U.S. patent system and legal reform
特許出願

特許適格性改革法案のPERAの概要と議会での進捗

上院司法委員会が特許適格性の問題解決に向けて重要な一歩を踏み出し、2023年に特許適格改革法案であるPERAついての証言を聴取しました。この法案は、従来のAliceテストの変わりに分類的アプローチを用いることで、特許可能な主題に関する長年の混乱を解消し、米国特許制度を明確化させる狙いがあります。しかし、PERAが立法化されるかは議会次第であり、具体的な進捗が今後あるかはまだ不明です。

より詳しく »
An illustrative depiction of the US Supreme Court building alongside monoclonal antibodies and patent documents, symbolizing the intersection of biotechnology and legal guidelines in the context of the Amgen Inc. vs. Sanofi patent enablement case.
特許出願

USPTOがAmgen最高裁判決を踏まえた実施可能要件のガイドラインを発行:Amgen後もWands要因で判断

2024年1月9日、米国特許商標庁(USPTO)は、米国連邦最高裁判所の最近の判決(Amgen Inc. et al. v. Sanofi et al., 143 S. Ct. 1243 (2023) )を踏まえ、特許審査官が実施可能要件の準拠を評価する際のガイドラインを公表しました。Amgenにおいて、最高裁は、モノクローナル抗体属を機能的にクレームしたクレームは、実施可能性 (enablement) の欠如により無効であると全会一致で判断しました。注目すべきは、最高裁は、Amgenで問題となった明細書がクレームを可能にしたか否かを分析する際に、Wands要因を明確に引用しなかったことですが、最近公表されたUSPTOのガイドラインは、「USPTOの職員は、クレームされた発明の全範囲を可能にするために必要な実験量が合理的か否かを確認するために、In re Wands要因を引き続き使用する」と強調しています。

より詳しく »
An illustrative scene highlighting the legal challenges in AI technology patent applications, featuring symbolic representations of AI technologies, such as neural networks, alongside legal symbols and documents. The image underscores the significance of overcoming Section 101 hurdles and the Alice test for patent eligibility through strategic pre-application measures.
AI

AIに関する発明の権利化に関する特許適格性の問題とその解決方法

AI技術の特許出願は増加していますが、特許法101条に基づく法的課題に直面しています。特に、機械学習技術が抽象的アイデアと見なされることがあり、その特許適格性 (patentable subject matter) が問われやすい傾向にあります。特許適格性の問題はAliceテストによって判断されますが、特許でクレームされている具体的かつ従来にない機械学習技術に焦点を当てるというような出願前の事前対策をおこなうことによって、AI発明の特許可能性に関する厳しい基準をクリアーすることが重要になってきます。

より詳しく »
An illustrative depiction of the intersection between generative AI and the legal industry, showing a balanced courtroom scene with futuristic AI elements on one side, including a glowing digital brain and screens displaying legal data, and traditional legal symbols such as a gavel, law books, and the Scales of Justice on the other. A figure of a lawyer stands in the middle, symbolizing careful contemplation of integrating AI into legal practices
AI

生成AI時代の実務利用における懸念点とAIの立ち位置

生成AIの進化は、法律業界に革新と挑戦の両方をもたらしました。弁護士はこの新技術を研究ツールとして活用しはめていますが、その使用には慎重さが求められます。最高裁判所長官の報告やUSPTO長官のメモから、実務におけるAIの利用で問題視されている事柄を確認してみましょう。

より詳しく »
Digital illustration of the balance between human innovation and artificial intelligence in the context of patent law, featuring a gavel, patent documents, digital circuits, and an AI brain symbol, representing USPTO guidance on AI-assisted inventorship
AI

「人間の貢献度」を重視するUSPTOのAIガイダンスが公開される

米国特許商標庁(USPTO)は2月12日、人工知能(AI)支援発明の発明者性を判断するためのガイダンスを公表しました。同庁が以前から述べているように、このガイダンスは、「AI支援発明は一概に特許不可とは言えないものの、特許は人間の創意工夫にインセンティブを与え、それに報いる機能を有するため、発明者適格性分析は人間の貢献に焦点を当てるべきである」ことを明確にしています。

より詳しく »
Professional featured image showing a productive dialogue between a patent applicant and examiner, with a magnifying glass over patent documents, a handshake, and visual aids like charts and diagrams in an office setting
特許出願

権利化をスムーズに行うためのインタビュー戦略

審査官は、一つの出願を調査して対応する時間があまりありません。加えて、主題が非常に複雑であることもよくあります。インタビューは、チャート、表、写真、その他の情報伝達・要約手段を用いた理想的な教育の機会となり得ます。また、クレームが許容される理由を示すのにも役立ちます。このようなプレゼンテーションは、権利化が泥沼化するのを防ぐことができます。新しい審査官があなたの案件を担当する場合、事前にサマリープレゼンテーションを行うことで、審査官を効率的にスピードアップさせることもできます。

より詳しく »
Featured image depicting the significance of patent marking requirements under 35 U.S.C. § 287(a), showcasing patent documents, a gavel, and the scales of justice in a legal setting
訴訟

判例に見る特許マーキングの実務と解釈

特許権者が侵害訴訟において損害賠償を追求することにおいて、35 U.S.C. § 287(a) に基づくマーキング要件を満たしていることは重要な要素になります。この要件は、特許物品に対する適切なマーキングを通じて、公衆に対する通知を義務付けるものであり、無実の侵害を防ぐための法的機制を提供します。今回は、実際の通知と推定的通知の概念、マーキングの方法、およびその遵守が特許侵害訴訟における損害賠償の追求に与える影響について詳しく掘り下げます。特に、最近の裁判例を交えながら、特許権者とライセンシーの責任、および実用的なマーキング抗弁についても解説します。

より詳しく »
A futuristic legal office with a professional analyzing AI-generated content on a digital tablet, surrounded by legal documents and data visualizations on screens, highlighting the intersection of AI technology and legal challenges
AI

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

より詳しく »