アメリカ知財まとめ記事

Congress-law-making
特許出願

米国議員は特許のポートフォリ化に悲観的な考えを持っている

特許は複雑で分かりづらいため、都合のいい社会問題の「敵」として扱われてしまうことがありますが、実際に法律の制定に関わる議会で働く議員の一部が特許戦略の1つである主力技術に対する複数の特許出願によるポートフォリ化に関して否定的な考えを持っていることがわかりました。今回の発言は知財業界の人間としては信じれない発言なので、困惑する内容になっています。

より詳しく »
type writer
契約

特許審査履歴の解説をスタートしました

毎週火曜日に発行される新規特許の中から厳選した特許の審査履歴を見て、独自の視点からコメントをして解説していきます。実際に特許庁での審査を経て、権利化された案件について公開されている生の情報に触れつつ、重要と思われる部分をピックアップし、実際に皆さんが行っている業務に役立つ情報とデータポイントを提供していきます。

より詳しく »
stop-estoppel
訴訟

デザイン特許がより便利に?消費者の混乱の恐れで差し止めに必要な回復不能な損害が示せるかも

差し止めで重要になってくる回復不能な損害(irreparable harm)を示すにあたり、侵害品の販売による消費者の混乱を主張するのは良い手段かもしれません。特に、デザイン特許のような見た目で判断がつくものであれば、今後、そのような主張により侵害品の取締ができる可能性が高くなるかもしれません。

より詳しく »
再審査

PTABにおける決定の一貫性向上を目指した回覧プロセスが始まる

2022年5月26日、特許庁は「PTAB Decision Circulation And Internal PTAB Reviewのための暫定プロセス」を発行しました。このプロセスは、発行前の決定書のPTAB内における回覧に関するもので、オープンな意思決定を促進し、任意ですがこの回覧で得られたフィードバックを担当審査官は決定書に反映することができます。このような回覧プロセスを追加することで、PTABにおける決定書の一貫性の向上を目指します。

より詳しく »
再審査

訴訟の対抗策としてのIPRであっても任意性があるため弁護士費用は認められない

連邦地方裁判所は、訴訟の被告が当事者間審査手続(IPR)において問題となった特許の無効化に成功した場合であっても、35 U.S.C. § 285に基づく弁護士費用を受けられないということを示しました。裁判所は、IPRは被告人侵害者が自発的に開始したものであるため、IPRに関する作業は、§285の目的である特許侵害「事件」ではないと説明ました。

より詳しく »
laptop-working
特許出願

コロナ禍の一時的な処置から正式な手続きの変更へ:特許期間延長の手続きの電子化

2022年5月6日に、米国特許商標庁(USPTO)は、特許期間延長(patent term extension。PTE)の申請、中間PTE申請、および関連する提出物をUSPTO特許電子出願システム(EFS-Webまたはパテントセンター)を介してUSPTOに電子的に提出することを認めるための実務規則改正を提案しました。

より詳しく »