USPTOがPatents 4 Partnershipsプラットフォームを発表

米国特許商標庁(USPTO)は2020年5月4日、ウェブベースの新しい知的財産(IP)マーケットプレイスプラットフォーム「Patents 4 Partnerships」を発表し、ライセンシング可能なCOVID-19パンデミックに関連する特許および公開特許出願を検索できるプラットフォームの提供を始めました。

Patents 4 Partnershipsプラットフォーム

この新しいプラットフォームは、様々なキーテクノロジーにおけるイノベーションの自主的なライセンス供与と商業化を促進し、貴重な特許情報の普及を支援します。「Patents 4 Partnerships」では、キーワード、発明者名、譲受人、発行日など、使いやすい様々な方法で情報を検索し、並べ替えることができます。特許情報はUSPTOのものですが、ライセンス情報は出願人などの当事者のサイトから提供されています。USPTOは、プラットフォームのメインページに提供されているリンクからコメントを送信するようユーザーに呼びかけており、知的財産権者には、COVID-19の危機に関連すると思われる追加技術の提出を求めています。

解説

特許庁主導のCOVID-19関連特許マーケットプレイスが始まりましたね。以前、COVID-19パンデミックと闘うために、特許と著作権を自由に利用できるようにすることを世界中の組織に呼びかける「Open COVID Pledge」を紹介しましたが、似たような取り組みだと思います。

しかし、今回のPatents 4 Partnershipsはライセンシング可能なCOVID-19パンデミックに関連する特許および公開特許出願を検索できるだけなので、USPTOが率先してライセンスのマッチングや交渉を行うものではなく、ただ「場所」を提供するだけにとどまるようです。また、ライセンスも「無料」ではなく、特許権者それぞれが独自の条件を提示しているので、個別に交渉する必要があります。

現在のところ175件のライセンス可能な特許および公開特許出願が公開されていますが、私が見た限り、政府や大学機関の研究所が所有するものが多いように思えます。

特許ライセンスの場合、株で言う中央証券取引所のような大きなマーケットプレイスが存在しないので、ライセンスしたい特許権者とライセンスを受けたい組織のマッチングがとても非効率です。しかし、COVID-19関連特許に限定されているとは言え、特許庁が主導になって、特許ライセンスのマーケットプレイスを提供し始めたのはいい動きだと思います。

これがきっかけになって、様々な分野で特許ライセンスマーケットプレイスができ、より効率よくライセンス活動ができる環境になることを望みます。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: USPTO(元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟
野口 剛史

クレームの不明瞭性は「クレーム文単独」で判断されるべきではない

35 U.S.C. § 112に基づき、特許クレームが十分に「明瞭」(definite) であるかどうかを評価するためには、クレームの文言そのものだけでなく、出願に関わるその他の情報を見ることが必要です。CAFCは、連邦地裁の狭すぎる不明瞭性分析を覆す最近の判決において、この基本原則を再確認しました。

Read More »
mistake
AI
野口 剛史

肖像権をめぐりディープフェイクAIアプリに対して集団訴訟が起こる

著名人の名前、声、写真、肖像権を無断で使用したとして、ディープフェイクアプリ「Reface」の提供元であるNeoCortext社に対して、集団訴訟が提起されました。クレームでは、カリフォルニアの肖像権法に違反したと主張されており、名前、声、署名、写真、肖像権を広告や販売目的で知らずに使用する人は、同意がない場合、損害賠償の対象になると書かれています。今後もこのような訴訟は増えることが予想されるので、企業は生成AIツールが肖像権を誤って侵害しないようにするための積極的な取り組みを行うべきでしょう。

Read More »
Webinar review
野口 剛史

バーチャル知財カンファレンスに参加してみました

今回、AIPLAのVirtual Spring Meeting #aiplaVSM に参加してきました。いつもこの時期は大きなホテルで数千人規模の知財カンファレンスが開かれるのですが、今回はCOVID-19の影響で現地での開催ができず、バーチャルで行うことになりました。今回はそのバーチャル知財カンファレンスの感想を共有します。

Read More »