外国訴訟当事者が米国のディスカバリにアクセスするためのゲートウェイ: 1782条

Image illustrating the concept of accessing US discovery for foreign litigants through Gateway: 1782 provision

国際訴訟という複雑な状況の中で、外国人訴訟当事者にとって、あまり知られていないにもかかわらず強力な手段があります。それは、合衆国法典1782条です。この規定は、国境外の法的手続きを支援するために米国から証拠を入手するためのユニークな手段を提供します。ここでは、1782条の基本知識と戦略的考察、日本企業における活用例などを取り上げて、国際的な法律実務への影響を概説します。

2024年現在で存在するAI特許ドラフティングツール

2024年のAI特許ドラフティングツールの画像

新しい技術の導入に慎重な知財の世界でも、生成AIによる革新が起こりつつあります。その中でも特許出願プロセスへの生成AIの活用は進んでおり、従来のアプローチを変革しつつあります。このブログ記事では、生成AIを搭載した特許ドラフティングツールの最新の進歩を調査し、それらが2024年の業界にどのような革命をもたらすかについての洞察を提供します。

訴不提起契約(covenant not to sue)の訴訟から学ぶ契約書の書き方

法的契約、特に特許に関する契約において、訴不提起契約(covenant not to sue)は契約上の問題が起こったときの特許権の行使や活用に大きな影響を与える重要な要素です。この記事では、最近の注目すべきケースであるAlexSam, Inc. v. MasterCard International Inc.に焦点を当てながら、訴不提起契約の複雑さと実務における契約条項の注意点について掘り下げていきます.

法的契約、特に特許に関する契約において、訴不提起契約(covenant not to sue)は契約上の問題が起こったときの特許権の行使や活用に大きな影響を与える重要な要素です。この記事では、最近の注目すべきケースであるAlexSam, Inc. v. MasterCard International Inc.に焦点を当てながら、訴不提起契約の複雑さと実務における契約条項の注意点について掘り下げていきます。

商標監査ガイドライン:ブランドの競争力の維持と適切な保護の確認

商標監査ガイドラインの画像: 商標ポートフォリオの重要性と戦略的アプローチ。

ブランドがビジネスの成功の要となりつつある現在、商標ポートフォリオを適切かつ強固なものに維持することは不可欠です。このガイドでは、商標監査の重要なプロセスについて掘り下げています。この戦略的なアプローチは、企業のマーケティング戦略と整合させることで、企業の競争力を保護し、成長を促進します。

特許、商標、外国における電子署名の使用と注意点

Image of a digital document with electronic signature fields related to patents and trademarks in various jurisdictions, reflecting the increasing trend towards digitalization in the field of intellectual property post-pandemic.

パンダミックを経験し、よりデジタル化が進む知的財産の分野において、特許・商標出願における電子署名の採用は、効率性の向上と利便性を高める変化です。この記事では、米国特許商標庁(USPTO)による最近の電子署名の許容範囲の拡大のアナウンスをきっかけに、アメリカの特許における電子署名の現状と外国の司法管轄区による継続的な課題について説明します。