発明者と雇用主の契約解釈が特許譲渡の鍵を握る – Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件が示す教訓

Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件のCAFC判決は、特許権の帰属を巡る紛争において、発明者と雇用主の間の契約解釈が重要な役割を果たすことを明らかにしました。

Core Optical Technologies, LLC v. Nokia Corporation事件のCAFC判決は、特許権の帰属を巡る紛争において、発明者と雇用主の間の契約解釈が重要な役割を果たすことを明らかにしました。本記事では、この画期的な判決の背景、地方裁判所とCAFCの判断、そして特許法実務に与える影響について詳細に分析します。特に、”entirely on my own time”(全面的に自分の時間で)という契約条項の解釈が争点となった本事件は、発明譲渡契約における文言の明確性の重要性を浮き彫りにするとともに、発明者が自身の権利を守るための戦略を考える上でも重要な示唆を与えてくれます。また、第三者からの特許所有権への異議申立てという問題も提起しており、発明から長期間経過した後の付随的攻撃が特許権者にとって大きな脅威となり得ることを示唆しています。特許法実務家のみならず、発明者や企業の知的財産部門の方々にとっても、必見の内容となっています。