メーカー必見!機密情報で第三者による特許を防げる可能性

最高裁判例Helsinn Healthcare S.A. v. Teva Pharmaceuticals USA Inc. における公開されていない発明の販売を応用して、発明を公開せずに第三者による特許を防ぐことが可能かもしれません。今回は、メーカーによくありそうな例を用いながらその可能性を考えていきます。

最高裁判例Helsinn Healthcare とは?

発明の内容が一般に開示されていなくても、発明を販売する非公開の契約があれば、その契約書が先行例になりえるという判例です。

メーカーでよくある機械の購入

今回は、メーカーが自社工場で使う機械をベンダーから購入する例を考えていきます。ここでは既存のものを購入するのではなく、自社の工場のニーズに合わせて仕様を変更し、そのカスタマイズする過程で「発明」が生まれた場合を想定します。

このようなカスタマイズの知財保護は難しい

その発明を守るためにどのような対策を取ったらいいのかが問題になることがあります。特許で守ろうと考えた場合、機械の構造や仕組みをある程度開示しないといけないので、競合他社に知られたくない情報も開示しなければいけない状況になってしまう場合があります。また、工場内という閉鎖された場所で使用するので、特許にしても競合他社の侵害を見つけるのが大変です。

しかし、特許を出願しないままでいると、後日競合他社に同じような特許を出願されてしまうリスクがあります。競合他社が特許を取得してしまったら、自社で使っている機械の特許侵害が懸念されます。

発明が含まれている機械を買うことで最高裁判例Helsinn Healthcareを味方につける

ここで最高裁判例Helsinn Healthcare の応用です。Helsinn Healthcareでは、非公開でも発明を販売した事実があれば、それを先行例になりえると言っています。ということは、第三者が特許出願する前に、発明が含まれている機械を購入しておけば、その購入が先行例になり、将来、第三者が同じ発明について特許を取得することを防ぐことができるのではないでしょうか?

Helsinn Healthcareによれば、購買契約自体を公開する必要はないので、非公開の購買契約を結ぶことで、発明に関する詳細を一般に公開せずに、将来考えられる第三者による特許取得というリスクをなくすことができます。

このHelsinn Healthcareの応用は、上記のようなメーカーでよくあるカスタマイズされた機械の購入の際に発生する発明保護と相性がとてもいいように思えます。

注意点

今回紹介した内容は、以下の記事を参考にして私が考えたことです。あくまで「可能性」の話なので、実際にこのような方法で第三者による特許を防ぐことができるかは十分検証していく必要があります。

まとめ作成者:野口剛史

参考記事著者: Bryan K. Wheelock. Harness, Dickey & Pierce, PLC(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

最高裁SAS判決から5ヶ月後でわかったこと

今年の4月に SAS 判決が最高裁で下されてから5ヶ月の統計を見たところ、 SAS 以前とSAS 以降で institution の許可率と IPR の申し立て数に変化がありました。今回は、もの2つの点について詳しく統計データを見ていきます。

Read More »
特許出願
野口 剛史

日本とアメリカにおける特許適格性の違い

特許適格性の違いからアメリカにくらべ日本ではソフトウェア系やビジネス方法計の特許の取得が簡単だということを丁寧に解説している記事を見つけました。こういった国別の制度の比較記事はなかなか見ないので紹介したいと思います。

Read More »
Contract-signing
契約
野口 剛史

機密情報を守るために今からできるNDAをより効果的に活用するための4つのステップ

企業は、買収者、コンサルタント、その他の第三者と交渉時に共有する機密情報を保護するために、機密保持契約(NDA)を日常的に使用しています。しかし、企業は単にNDAに頼って情報を保護することはできません。企業は、情報を「機密」と指定するためのNDA上の手続きを理解し(遵守を徹底し)、NDAと州の営業秘密法に関わる守秘義務を把握しなければなりません。

Read More »