メインのライセンスが解約されてもサブライセンスが生き残る可能性あり

メインのライセンスが解約された場合、サブライセンスも解約されるかという問題を解決するには、契約書の解釈をおこなう必要がある。

サブライセンスが維持されることに

Fraunhofer-Gesellschaft (“Fraunhofer”) という会社がWorldSpace に対して数件の特許に関するworldwide, exclusive, irrevocable license(メインライセンス)を提供していました。このライセンスにはサブライセンスする権利も含まれていました。そのライセンス取得後、WorldSpace はSirius XM Radio Inc. (“SXM”)にirrevocable sublicense(サブライセンス)をおこないます。

その後、WorldSpace は破産しメインライセンスを拒否、その結果、契約違反が起こり、ライセンス元のFraunhoferがライセンスを解約する権利を持ちますが、その時点で、Fraunhoferはメインライセンスもサブライセンスも解約しませんでした。破産裁判所では、FraunhoferとSXMの和解が成立し、サブライセンスが維持されることになりました。

特許訴訟

その6年後、FraunhoferはSXMがライセンスでカバーされている特許を侵害しているという旨のcease and desist letterを送ります。その1ヶ月後、Fraunhofer はWorldSpaceにメインライセンスは破産手続きの間に解約されているという旨のレターを送りました。

その後、FraunhoferはSXMに対して特許訴訟を起こします。訴訟に対する防御として、SXMはサブライセンスがあることを示し、早い段階でmotion to dismissが受け入れられ、訴訟を取りやめるべきと地裁は判断しました。その判決を不服に、FraunhoferはCAFCに上訴。

契約書の解釈をおこなう必要

CAFCは地裁が下した訴訟の取り下げを却下します。CAFCは、地裁はメインライセンスが実際に解約されているかをまず判断するべきだとし、そのような判断がなされないまま訴訟を取りやめるという判断をするのは適切ではないとしました。また、メインライセンスが解約されていると判断したのであれば、その解約にもかかわらずサブライセンスが有効であるかを判断するべきとしました。

CAFCは、ライセンスが解約された場合のサブライセンスの扱いについては、デフォルトのルールがないため、契約書の解釈をおこない、その解釈に基づいて判断しなければいけないとしました。

今回の案件において、メインライセンスの規約では、メインライセンスが解約された場合のサブライセンスの扱いが不明瞭なので、extrinsic evidenceを考慮する必要があるとしました。

このような判決を元に、CAFCは地裁における判決を破棄し、地裁に案件を差し戻しし、CAFCの判決に沿って、審議を進めることを命じました。

まとめ

ライセンスをおこなう際、サブライセンスは原則認めない方がいいでしょう。認めてしまうとライセンス先がサブライセンスをおこない、ライセンスの管理がしづらくなります。また、今回のように、メインライセンスが解約されているとしても、サブライセンスが生き残る可能性があります。

今回のケースを教訓にし、仮にサブライセンスを許す場合でも、メインライセンスが解約された場合、自動的にサブライセンスも解約されるなど、明確な文言を規約に含むことをおすすめします。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Brian M.Z. Reece, Christie Matthaei and Paul Stewart. Knobbe Martens(元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。