NDA下の情報を悪用し陪審員が$91.3Mの損害賠償を認める

買収やライセンスに向けた話し合いの際、会社の重要情報を共有する必要が出てきます。そのときにNon-Disclosure Agreement (NDA)が結ばれますが、NDAの下で学んだ情報を悪用してしまうと訴えられ多くの賠償金を払う必要に迫られる可能性があります。

大企業がスタートアップの知財を悪用

問題は美容市場の大手 L’Oréal USA が hair care のスタートアップ Olaplex LLC の買収、または、製品のライセンスを検討していた時に始まります。Olaplex は交渉が始まった時は創業から1年たらずのスタートアップでしたが、L’Oréal が Olaplex から学んだ機密情報を使い NDA で禁止されていた模倣品を作ったと Olaplex が主張。L’Oréal は反論し、自社製品は独自に開発されたものだと主張しました。

訴訟で陪審員が$91.3Mの損害賠償を認める

これは訴訟に発展し、District Court for the District of Delawareで争われることになりました。訴訟の手続きが進み陪審員が下した結果は、L’Oréal に対しての$91.3Mの損害賠償でした。陪審員は、L’Oréal が Olaplex の機密情報を流用し、Olaplex の特許2つを故意に侵害、さらに、秘密保持契約違反をしていたと判断しました。

判事による差止命令と賠償金の軽減

陪審員の結果を受け、判事は訴訟の対象になった L’Oréal の製品9つに関してL’Oréal が販売を停止するよう差止を命令します。しかし、陪審員が下した賠償金額が多額と見たのか賠償金を $91.3M から $50M に引き下げました。

負けた L’Oréal は控訴と特許の再審査手続きへ

地裁で負けてしまった L’Oréal は地裁の判決をすでに控訴しています。また、訴訟になった特許に関しては特許庁における無効手続きを行っています。

教訓

NDA の下で学んだ他社の情報を悪用することは多くのリスクを伴います。特に知的財産を流用し類似製品やサービスを作るような行為は、後に多額の賠償金の支払いを命じられたり、製品やサービスの販売を禁止される可能性があります。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Winston & Strawn LLP – Steven Grimes, Shannon T. Murphy and Tess Erickson Meyer (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

IPRが実質的に終了していても結果が白紙になり控訴不可と判断された事件

実質的に同じIPRを2回行い、特許クレーム無効の書面が出されるも、申立人の開示義務違反でPTABにおける決定が白紙にされ、手続きが強制終了するという事件が起こりました。さらにこの問題は、IPRの調査開始判断に関わるため控訴できないと判断されてしまい、無効にできるはずの特許を手続き上のミスで無効にできなかったため、申立人としてはとてももどかしい結果になってしまいました。

Read More »
mistake
再審査
野口 剛史

先行技術における記載の誤りは自明性を裏付けるのか?

いままでの判例では先行技術における記載の明らかな誤りは無効開示になりませんでしたが、今回の LG Electronics v. ImmerVisionにおけるCAFCの判決はこの問題を再検討するものです。特に、この判例では、個別案件ごとの事実において、何が先行技術における「明白な」誤りなのかを判断するプロセスに関して説明しているものの、それと同時に、その判断の難しさを露呈しています。

Read More »