LOTのメンバーが500社以上に

The License on Transfer Network (LOT)のメンバーは500社を超え、Tech企業のほか、Disney, CenterPoint Energy, Synchrony, Caterpillar, Yamaha や Visaなど様々な業種の企業が加入する巨大グループに成長しました。

LOTとは?

LOTは一般的にDefensive aggregatorと呼ばれるもので、patent assertion entities (PAE)による訴訟のリスクを軽減するための会員制サービスです。加入している運営会社(operating company)が特許をPAEに売る際、その売却する特許のライセンスを会員に与えるような仕組みになっているため、LOTメンバーの特許が仮にPAEに渡っても、その他の会員は、PAEが売られた特許を使って権利行使されることを未然い防ぐことができます。

元々は、特許訴訟がピークだった2014年ごろ、Tech企業がPAEの対応に悩まされていた際に、Googleのin-houseが提案し、それが多くのTech企業に広まっていったのがきっかけです。

しかし、その反面システム上、特許売却時に、権利行使の制限がかけられるので、自社知財の価値を大きく制限してしまうとして、敬遠している企業も多くあります。

この問題に対して、LOTのCEOであるSeddon氏は、LOTに加入することで保護を受けつつ、もしメンバーが特許を売却する、収益化する、権利行使する、Patent poolに用いる場合、LOTは干渉することはないという、「いいとこ取り」ができることを強調しています。

2010年ごろ、Patent trollの問題からTech企業は特許を弱くするためにおおくのエネルギーを使ってきました。しかし、IPRや101の解釈の変化などを背景に、10年前の特許にくらべ、今の特許は価値が低くなったという人が多いでしょう。

訴訟リスクや特許の価値が減少傾向とは言え、特許リスクは依然に大きなリスクで無視はできないものです。

まとめ

次に注目されているIoTや5Gなどの技術でも、4Gなどの通信技術で起こったPAEの問題が繰り返される可能性があります。その意味でも、LOTの存在は、今後も特許業界において重要なものになることでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Richard Lloyd. IAM (元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

契約
野口 剛史

知財が関わる買収と競争当局の関係

ある一定の条件を満たす知財権の買収は一部のM&Aと同じように競争当局への報告義務があります。アメリカでは競争当局としてFTCとDOJがありますが、両当局とも、M&Aに適用される同じ法律の下、知財権の関わる買収も取り扱います。

Read More »
その他
野口 剛史

米国著作権・特許庁が2023年1月にNFTに関する公開座談会を実施へ

NFTと知財の関わりにはまだ課題も多く、不透明な部分や誤解されている部分も多いのが実情です。このことを重く見たのか、米国著作権と特許庁がNFTと知財の関わりに関して共同研究を行うことになり、その一環として、公からの意見の募集と公開座談会を行います。特に公開座談会は合計3つ1月中に開催される予定で、それぞれ「特許」、「商標」、「著作権」をテーマにしたものが企画されています。すでに事前登録できるものもあるので、興味がある方はぜひ。

Read More »
特許出願
野口 剛史

非自明性:部品のサイズの変更は自明なのか?

クレームの構成要件と先行文献の違いが部品のサイズに関わる場合、クレームは自明になるのでしょうか?今回はクレームされた発明が、先行技術の単なる部品のサイズの変更に過ぎないのか、それとも特許性が認められる発明なのかが争われた判例を紹介します。

Read More »