特許ライセンスのための知財運営3つのポイント

ライセンス業務においても、知財運営に関する知識は必要です。今回は、
Licensing Executives Society (LES) 2019 Annual Meetingで話された特許ライセンスのための知財運営3つのポイントを紹介します。

1.確かなデータが鍵 

自社知財に関するデータが間違っていたり、古かったりした場合、取引に大きな影響を及ぼしかねません。

カンファレンスで取り上げられた例では、ある会社が自社の特許の書誌情報 (bibliographic data)を数ヶ月ほど更新していませんでした。ちょうどそのときに、その会社はライセンス交渉をしていたのですが、ライセンス候補の対象になっていた自社特許の一部が権利満了、または、権利放棄されていたことを発見します。

このようにデータを更新しないことで費用を削減しようとすると、大切な交渉の際に、正確なデータが得られないので、最悪、今回の例のように、ライセンスしようとしていた特許がライセンスできなくなってしまうという事態にも陥りかねません。

2.手続きをしっかり把握する

些細なことであっても、出願や所有権の変遷(chain of title)に問題があるとライセンスの価値を低くしてしまうことがあります。例えば、年金の払い忘れで特許を復活しなければいけないようなことがあった場合、そのような事実があることを指摘されただけで、金額面で妥協しないといけないという局面も考えられます。

そのようなことがないよう、ライセンス候補の特許に関する手続きの履歴等は、きちんと整理し、どのような経緯で権利化に至ったのか、所有権の変遷は正しく行われているのか、また年金は期限内に支払われているのか等々をすべて把握しておく必要があります。

3.外部の協力が必要

外部弁護士や知財ベンダーの協力を得ることは今や必要不可欠です。上で紹介したような例は、回避可能な事例です。例えば、自社のデータを予め知財ベンダーの情報と照らし合わせたり、ライセンス交渉の前に、外部弁護士と協力して十分な調査をするなどすれば、ライセンス交渉の際に相手に指摘される前に、何らかの対策はとれるようになります。

例えば、IP Proficienciesというリソースを使って、自社の知財運営の状況と理想のギャップを知ることで、問題点を浮き彫りにし、外部弁護士と協力して、知財運営の改善に取り組むのも効果的でしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者:Stephanie M. Sanders. Kilpatrick Townsend & Stockton LLP (元記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。