Huaweiが5G関連知財をライセンスへ

Huaweiはライバル製造メーカーに自社の5G関連知財をライセンスする意向を示しました。このライセンスでは、一定の金額を事前に払うことで、ライバル製造メーカーがHuaweiの5G特許、コード、ブループリント、ノウハウをベースにした製品を作ることができるようになります。

ライセンスを受けられるのは1社だけ

このライセンスは、一回限りで、1社にしかライセンスを与えないようです。まだ「買い手」は定かではありませんが、Huaweiのヨーロッパライバル社2社はライセンスを取らないとするならば、Samsungかアメリカベースのスタートアップがこのチャンスを活かし、telecoms equipment hardware businessに参入してくる可能性があります。

Huaweiはビジネスを継続

このライセンスはすべて無形資産が対象になっていて、有形の資産は含まれていません。つまり、Huaweiは今後もtelecoms equipment hardware businessを続けていくことになります。

ライセンスは永続的でソースコードの変更も可能

支払いは前払いのみで、継続的なロイヤルティーは発生しませんが、ライセンスで得た5G特許、コード、ブループリント、ノウハウなどは永続的に使うことができるようです。また、ソースコードの変更も自由に行えるので、Huaweiや中国政府によるコントロールや監視の懸念も排除することができます。

ライセンス費用はいくら?

Huaweiの5G特許などの知財を売却するのであれば、価値はBillionを超えるかもしれません。しかし、今回は資産の売却ではなくライセンスなので、そこまで高額にはならないと思います。しかし、ライセンス費用がどのくらいのものなのかは名言されていません。

5G技術はまだ発展途上の段階です。Huaweiの技術がデファクトになるのか、それとも他社の技術が採用されるのかで今後のHuaweiの5G技術に関する価値が大きく変わってきます。そのようなタイミングで、多額の費用をHuaweiに払って自社事業を行うのはリスクがある行為でもあります。

しかし、このライセンスが成立すれば、telecoms equipment hardware business に大きな影響を与えることは間違えありません。

まとめ

Huaweiはアメリカ政府による圧力で危機的状況に陥りましたが、そのような現状でもビジネスチャンスを見いだすハングリー精神があり、個人的には驚きました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Jacob Schindler. IAM (元記事を見る

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

binders-filings-data-record
再審査
野口 剛史

2018年4月のIPRとCBM の統計データ

4月 PTAB は41件の IPR と CBM のFinal Written Decisions(最終判決)を下しました。争われたクレームの内323クレーム(62.36%)を取り消し、195クレーム(37.64%)の取り消しを却下。特許権者が補正やdisclaimerを行うことはありませんでした。いままでの争われたクレームの累計取り消し確率は、約75%です。

Read More »
その他
野口 剛史

2019年の特許市場トップ10ニュース

2020年が幕を上げましたが、去年の特許市場で大きなニュースを振り返ってみたいと思います。判例などの振り返りもいくつかありましたが、これは市場という面白い観点で見ているので、今回簡単に紹介します。

Read More »