Huaweiが5G関連知財をライセンスへ

Huaweiはライバル製造メーカーに自社の5G関連知財をライセンスする意向を示しました。このライセンスでは、一定の金額を事前に払うことで、ライバル製造メーカーがHuaweiの5G特許、コード、ブループリント、ノウハウをベースにした製品を作ることができるようになります。

ライセンスを受けられるのは1社だけ

このライセンスは、一回限りで、1社にしかライセンスを与えないようです。まだ「買い手」は定かではありませんが、Huaweiのヨーロッパライバル社2社はライセンスを取らないとするならば、Samsungかアメリカベースのスタートアップがこのチャンスを活かし、telecoms equipment hardware businessに参入してくる可能性があります。

Huaweiはビジネスを継続

このライセンスはすべて無形資産が対象になっていて、有形の資産は含まれていません。つまり、Huaweiは今後もtelecoms equipment hardware businessを続けていくことになります。

ライセンスは永続的でソースコードの変更も可能

支払いは前払いのみで、継続的なロイヤルティーは発生しませんが、ライセンスで得た5G特許、コード、ブループリント、ノウハウなどは永続的に使うことができるようです。また、ソースコードの変更も自由に行えるので、Huaweiや中国政府によるコントロールや監視の懸念も排除することができます。

ライセンス費用はいくら?

Huaweiの5G特許などの知財を売却するのであれば、価値はBillionを超えるかもしれません。しかし、今回は資産の売却ではなくライセンスなので、そこまで高額にはならないと思います。しかし、ライセンス費用がどのくらいのものなのかは名言されていません。

5G技術はまだ発展途上の段階です。Huaweiの技術がデファクトになるのか、それとも他社の技術が採用されるのかで今後のHuaweiの5G技術に関する価値が大きく変わってきます。そのようなタイミングで、多額の費用をHuaweiに払って自社事業を行うのはリスクがある行為でもあります。

しかし、このライセンスが成立すれば、telecoms equipment hardware business に大きな影響を与えることは間違えありません。

まとめ

Huaweiはアメリカ政府による圧力で危機的状況に陥りましたが、そのような現状でもビジネスチャンスを見いだすハングリー精神があり、個人的には驚きました。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Jacob Schindler. IAM (元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

arrows-go-up
特許出願
野口 剛史

アンケート調査から見えてくる最新の知財運営のトレンド

日々の国際的な知的財産運営はどのような知財戦略においても重要なことがらです。知的財産が会社の価値に大きく関わる今日、特許や他の知財関連の権利の取得や維持に対してのポリシーは重要な役割を果たします。今回のアンケート調査で、知財情報を提供しているClarivate Analytics社は、どのように企業が知財運営を行っているのか、また、どのような問題を抱えているのかを調べました。

Read More »
change
特許出願
野口 剛史

分割出願の「安全地帯」が縮小している

通常、分割出願をした場合、35 U.S. Code § 121 により、親出願や限定要求で派生する 関連出願と分割出願の間に自明性二重特許(obviousness-type double patenting)などの 問題は起こらない。しかし、過去10年間、この「安全地帯」に例外が多く発生している。

Read More »