A, B or C vs. A, B, or C

カンマがあるかないかで訴訟になったケースはいくつかありますが、このメイン州の法律に関する事件の判決結果は特に顕著なものだったので、知財に直接関係ありませんが今回取り上げてみました。

問題になった法律

メイン州の残業に関する法律では、以下の作業を残業の例外にしています。

“the canning, processing, preserving, freezing, drying, marketing, storing, packing for shipment or distribution of” various perishable products.

しかし、最後の”shipment or distribution”のorの前にカンマがないことから、雇用主と従業員ドライバーの間で以下のような解釈の差が生じました。

雇用主に有利な解釈:
(a) canning, (b) processing, (c) preserving, (d) freezing, (e) drying, (f) marketing, (g) storing, (h) packing for shipment, or (i) distribution of those products. (法律を広く解釈し、この解釈では製品の流通に対しても残業は適用されない)

従業員ドライバーに有利な解釈:
(a) canning, (b) processing, (c) preserving, (d) freezing, (e) drying, (f) marketing, (g) storing, or (h) packing for shipment or distribution of those products .(法律を狭く解釈し、この解釈では製品の流通に対しては例外が適用されない)

残業代が出るか出ないかの大きな問題

雇用主にとっても、従業員にとっても残業が発生するかしないかは大きな問題です。最終的にこの問題は訴訟になり、裁判所も曖昧さを認め、その曖昧さの故に、従業員に有利な解釈が適用されました。

しかし、判事は最後の”shipment or distribution”のorの前にカンマがあれば解釈は明らかに雇用主に有利な解釈になっていたということです。

教訓

今回は法律の文言が問題になりましたが、これは契約や特許、知財・法律に関連するすべての文書において起きえる「曖昧さ」の問題です。英語をネーティブレベルで理解していてもこのような問題は起こるので、契約や特許明細書などの文章においては、特に後で自社に不利になるような解釈が生まれそうな表現は避けるべきでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Eugene Volokh. Contributor, The Volokh Conspiracy(元記事を見る

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

特許出願
野口 剛史

過去の販売の非開示が隠蔽とみなされ特許が無効に

Total Rebuild, Inc. v. PHC Fluid Power, LLC, において、地裁は不正行為(inequitable conduct)のため特許を無効にしました。発明者が出願時に特許庁に過去の販売に関する情報を提供していなかったことと、訴訟における不適切な対応から意図的に情報を隠蔽したと結論づけられました。

Read More »
訴訟
野口 剛史

サイバーセキュリティ特許戦争の予感

膨大なサイバーセキュリティへの投資、比較的新しいサイバーセキュリティ関連特許の数、侵害検知がしやすい特徴、市場のプレイヤー数などを総合して考えると、今後サイバーセキュリティ関連特許による特許訴訟が増えてくる可能性があります。

Read More »
特許出願
野口 剛史

AI発明の特許性を評価するパート1

AIがより身近になってきたことによって、AI関連の発明も増えてきています。そのため、AI発明をどのように評価し、どのようにして特許などの適切な知財保護を行うかは知財部門の大切な業務の一環になってきます。

Read More »