A, B or C vs. A, B, or C

カンマがあるかないかで訴訟になったケースはいくつかありますが、このメイン州の法律に関する事件の判決結果は特に顕著なものだったので、知財に直接関係ありませんが今回取り上げてみました。

問題になった法律

メイン州の残業に関する法律では、以下の作業を残業の例外にしています。

“the canning, processing, preserving, freezing, drying, marketing, storing, packing for shipment or distribution of” various perishable products.

しかし、最後の”shipment or distribution”のorの前にカンマがないことから、雇用主と従業員ドライバーの間で以下のような解釈の差が生じました。

雇用主に有利な解釈:
(a) canning, (b) processing, (c) preserving, (d) freezing, (e) drying, (f) marketing, (g) storing, (h) packing for shipment, or (i) distribution of those products. (法律を広く解釈し、この解釈では製品の流通に対しても残業は適用されない)

従業員ドライバーに有利な解釈:
(a) canning, (b) processing, (c) preserving, (d) freezing, (e) drying, (f) marketing, (g) storing, or (h) packing for shipment or distribution of those products .(法律を狭く解釈し、この解釈では製品の流通に対しては例外が適用されない)

残業代が出るか出ないかの大きな問題

雇用主にとっても、従業員にとっても残業が発生するかしないかは大きな問題です。最終的にこの問題は訴訟になり、裁判所も曖昧さを認め、その曖昧さの故に、従業員に有利な解釈が適用されました。

しかし、判事は最後の”shipment or distribution”のorの前にカンマがあれば解釈は明らかに雇用主に有利な解釈になっていたということです。

教訓

今回は法律の文言が問題になりましたが、これは契約や特許、知財・法律に関連するすべての文書において起きえる「曖昧さ」の問題です。英語をネーティブレベルで理解していてもこのような問題は起こるので、契約や特許明細書などの文章においては、特に後で自社に不利になるような解釈が生まれそうな表現は避けるべきでしょう。

まとめ作成者:野口剛史

元記事著者: Eugene Volokh. Contributor, The Volokh Conspiracy(元記事を見る

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

graph-chart
再審査
野口 剛史

Federal Circuit PTAB Appeal統計(2018年7月15日現在)

2018年7月15日現在、 CAFC は PTAB による IPR や CBM 手続きの上訴393 件を扱ってきました。 CAFC が PTAB の判決を支持した案件は296 件で全体の75.32%にあたります。棄却、無効になった案件は46 件で全体の11.70%。 その間の結果(つまり少なくとも1つの問題に対しては PTAB の判決を支持したが、すくなくとも1つの問題に対して棄却・無効になった)は、38 件で全体の9.67%でした。CAFC は約13 件(3.31%) の上訴を棄却。これは、 CAFC が管轄を持っていないと判断した件や、和解などが原因で棄却になったものが多いとのことです。

Read More »
その他
野口 剛史

米国著作権・特許庁が2023年1月にNFTに関する公開座談会を実施へ

NFTと知財の関わりにはまだ課題も多く、不透明な部分や誤解されている部分も多いのが実情です。このことを重く見たのか、米国著作権と特許庁がNFTと知財の関わりに関して共同研究を行うことになり、その一環として、公からの意見の募集と公開座談会を行います。特に公開座談会は合計3つ1月中に開催される予定で、それぞれ「特許」、「商標」、「著作権」をテーマにしたものが企画されています。すでに事前登録できるものもあるので、興味がある方はぜひ。

Read More »
訴訟
野口 剛史

FDAに提出した情報と矛盾する特許庁への主張が不公正な行為とみなされる

特許審査の過程で特許権者が矛盾する主張を展開すると最悪の場合、不公正な行為(inequitable conduct)があったとされ、特許権の行使ができなくなる可能性があります。これには特許庁以外でおこなった主張も含まれるので、特許に関連する製品の様々な認証手続きなどを行う際は注意が必要です。

Read More »