権利化をスムーズに行うためのインタビュー戦略

Professional featured image showing a productive dialogue between a patent applicant and examiner, with a magnifying glass over patent documents, a handshake, and visual aids like charts and diagrams in an office setting

審査官は、一つの出願を調査して対応する時間があまりありません。加えて、主題が非常に複雑であることもよくあります。インタビューは、チャート、表、写真、その他の情報伝達・要約手段を用いた理想的な教育の機会となり得ます。また、クレームが許容される理由を示すのにも役立ちます。このようなプレゼンテーションは、権利化が泥沼化するのを防ぐことができます。新しい審査官があなたの案件を担当する場合、事前にサマリープレゼンテーションを行うことで、審査官を効率的にスピードアップさせることもできます。

判例に見る特許マーキングの実務と解釈

Featured image depicting the significance of patent marking requirements under 35 U.S.C. § 287(a), showcasing patent documents, a gavel, and the scales of justice in a legal setting

特許権者が侵害訴訟において損害賠償を追求することにおいて、35 U.S.C. § 287(a) に基づくマーキング要件を満たしていることは重要な要素になります。この要件は、特許物品に対する適切なマーキングを通じて、公衆に対する通知を義務付けるものであり、無実の侵害を防ぐための法的機制を提供します。今回は、実際の通知と推定的通知の概念、マーキングの方法、およびその遵守が特許侵害訴訟における損害賠償の追求に与える影響について詳しく掘り下げます。特に、最近の裁判例を交えながら、特許権者とライセンシーの責任、および実用的なマーキング抗弁についても解説します。

AIの使用を想定したベンダーの成果物への対応とその契約条件の見直し

A futuristic legal office with a professional analyzing AI-generated content on a digital tablet, surrounded by legal documents and data visualizations on screens, highlighting the intersection of AI technology and legal challenges

企業はベンダーから提供される成果物に生成AIの使用が含まれる可能性を認識し始めているものの、それが自社のビジネスにとってどのような意味を持つかを十分に理解しているところは少数でしょう。しかし、AI技術の利用が増える中で、法的課題も顕在化しており、特にAIによって生成されたコンテンツの取り扱いに関する規制や責任の所在が重要な焦点となりつつあります。

混同の恐れを回避する商標ブランド戦略:マークに単語や特徴的なデザインを追加

Modern branding strategy session with professionals discussing around a conference table, showcasing logo designs and unique brand marks on materials, with a focus on a screen illustrating innovative versus traditional branding strategies.

商標出願において、同一または類似のワードマークが既存の商標と混同する恐れがあると判断された場合、OAが発行されたり既存の商標権利者からの異議申立てに直面することがあります。しかし、特定の戦略を用いることで、これらの課題を克服し、商標登録を成功させる道があります。今回は、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)の判例を基に、混同の恐れを回避するための具体的なアプローチを探ります。