最新のアメリカ知財ニュースとAI知財情報

Open Legal Communityは、特許商標営業秘密著作権AI知財などの幅広いアメリカ発の知的財産情報をリアルタイムで発信しています

最新アメリカ知財情報は毎週700名以上の知財プロフェッショナルにメールで配信しています

最新のアメリカ知財ニュースとAI知財情報

Open Legal Communityは、特許商標営業秘密著作権AI知財などの幅広いアメリカ発の知的財産情報をリアルタイムで発信しています。

最新アメリカ知財情報は毎週700名以上の知財プロフェッショナルにメールで配信しています。

最新のOLC記事

生成AIを活用したOA対応の表現コントロールに関する実験結果を紹介!プロンプトに背景情報、ターゲットオーディエンス、スワイプファイルを追加することで、アウトプットの質と表現にどのような影響があるのか検証しました。特許実務者必見の内容で、AIを活用したOA対応の効率化と品質向上につながる知見が満載です。実験結果から見えてきた課題や、より効果的なAI活用のためのアプローチについても詳しく解説しています。AI時代の特許実務に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。
特許出願における米国輸出管理規制の基礎知識と実務上の留意点を解説。米国発の発明を外国出願する際に必要なUSPTO外国出願ライセンスの取得方法や、出願前の技術情報の取り扱いに関するEARとITARの規制、外国人への「みなし輸出」の問題について詳述。違反した場合の重大なペナルティと、社内体制の整備・従業員教育の重要性についても言及。グローバルな特許出願を行う企業にとって、輸出管理規制の理解と対策は不可欠です。本記事では、特許出願人が知っておくべき米国輸出管理法規の基本的枠組みから実務上の対策まで、広く解説しています。
EcoFactor v. Google事件の連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)判決は、ランプサムライセンス契約から合理的なロイヤリティ料率を導出する際の重要な指針を示しました。本判決は、適切な事実関係の裏付けがあれば、ランプサムライセンスも合理的なロイヤリティ料率の根拠となり得ることを明らかにしたものの、ランプサムの金額とロイヤリティ料率との関連性について説得力のある説明が求められることを強調しています。また、ライセンサーとライセンシーの経済状況の違いや対象特許の価値按分など、事案の個別事情を丁寧に分析し、きめ細かな調整を施す必要性についても言及しています。本稿では、EcoFactor v. Google事件の経緯を概観した上で、同判決が特許実務に与える示唆について、CAFCにおける多数意見と反対意見の対立も踏まえつつ詳細に検討します。
プリンティッドマター法理とは、情報の伝達内容のみをクレームした要素は特許適格性の対象外とする法理です。IOENGINE, LLC v. Ingenico Inc.事件では、連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)が「暗号化された通信」と「プログラムコード」の限定はプリンティッドマターに該当しないと判断し、この法理の適用範囲を限定する可能性を示唆しました。本記事では、IOENGINE事件の概要とCAFCの判断を分析し、プリンティッドマター法理の適用範囲と今後の特許実務への影響について考察します。現代の情報通信技術の発展に伴い、プリンティッドマター法理の適用範囲が問題となることが増えており、本事件の判決は特許権者と実務家にとって重要な示唆を与えるものといえるでしょう。
米国特許商標庁(USPTO)が、自明型ダブルパテント(ODP)拒絶を克服するために提出されるターミナルディスクレーマーに関する新たな要件を提案しました。この提案では、特定の状況下で特許権の行使を不能にする合意をターミナルディスクレーマーに含めることが義務付けられています。これにより、参照特許のクレームが無効になった場合、ターミナルディスクレーマーで結びつけられたすべての特許が権利行使不能になるという重大な影響があります。本記事では、現行のターミナルディスクレーマー実務の概要、提案されたルールの下での主要な変更点、USPTOの根拠と政策目標、そして潜在的な影響と意義について詳しく解説します。この提案は特許権者、競合他社、特許制度全体に大きな影響を与える可能性があり、その正当性や影響については慎重な検討が求められます。
アメリカ特許出願における拒絶理由を解消するために生成AIを活用し、特に102条に基づく拒絶理由を明細書から特定することができるかを検証しました。本記事では、特定の特許案件を題材にして、クレーム1に対する補正案の提案と先行技術との比較を通じて、その有効性を探ります。生成AIのサポートにより、クレーム補正案を迅速に作成し、対立する先行技術との違いを明確に示すことで、特許性を立証する一連のプロセスを詳述します。具体的な補正案の作成から、拒絶理由に対する反論まで、実践的な手法を用いた効率的なOA対応の実例を紹介します。これにより、出願人の時間を節約し、質の高い特許出願を実現するための戦略的なアプローチを学ぶことができます。

アメリカ特許審査解説

実際の案件の審査をわかりやすく解説しています。特にOA対応に関して詳しく解説しているので、参考にしてみてください。拒絶理由、審査経緯、インタビューの有無、権利者における分類もしているので、欲しい情報にピンポイントでアクセスできるようになっています。以下の特許審査履歴Databaseがうまく表示されない場合は、ここからアクセスできます