最新のアメリカ知財ニュースとAI知財情報

Open Legal Communityは、特許商標営業秘密著作権AI知財などの幅広いアメリカ発の知的財産情報をリアルタイムで発信しています

最新アメリカ知財情報は毎週700名以上の知財プロフェッショナルにメールで配信しています

最新のアメリカ知財ニュースとAI知財情報

Open Legal Communityは、特許商標営業秘密著作権AI知財などの幅広いアメリカ発の知的財産情報をリアルタイムで発信しています。

最新アメリカ知財情報は毎週700名以上の知財プロフェッショナルにメールで配信しています。

最新のOLC記事

近年、生成AIの発展により特許業界でも効率化や品質向上が期待されています。本記事では、アメリカ特許出願におけるオフィスアクション(OA)対応に生成AIを活用できるか検証します。結論として一定の成果は得られましたが、実務レベルで使うには経験とノウハウが不可欠であることが分かりました。本記事では『準備編』として、検証に至る経緯とAIに取り込むデータの検証を中心に解説。次回以降で、OA・先行文献・クレームの検証とOA対応の実務を紹介していきます。
この記事は、レバレッジド・パテント・トランザクション(特許を担保に資金調達する取引)において、債務不履行が発生した場合の特許権者と担保権者の権利関係をIntellectual Tech LLC v. Zebra Technologies Corp.事件を題材に詳しく解説しています。特許権者がデフォルトに陥った際、担保権者の権利行使が特許権者の排他的権利にどの程度影響を与えるのか、判例の分析を通じて明らかにしています。特許を担保に資金調達を行う企業にとって重要な示唆に富む内容となっており、リスク管理の観点から大変参考になる一読の価値がある記事です。
AIが生成するコンテンツが特許審査における先行技術として扱われるべきかどうかについて、米国特許商標庁が意見募集を行っています。AIによる大量の先行技術生成やその品質への懸念、特許ポートフォリオへの影響、当業者の知識に与える影響など、AIの進展が特許制度に与える課題と機会が浮き彫りになっています。本記事では、USPTOの意見募集を中心に、AIが生成する先行技術への対応策、法改正の可能性、他国との連携など、この重要な問題に対する分析と考察を詳しく解説しています。
SnapRays v. Lighting Defense Group事件のCAFC判決を受けて、Amazon特許評価プログラム(APEX)の利用が特許権者にもたらす人的裁判管轄リスクについて解説します。本判決は、APEXを通じて特許権者が被疑侵害者のリスティング削除を申し立てた場合、被疑侵害者の所在地での裁判管轄権に服する可能性があるとの重要な判断を下しました。APEXの概要や本事件の経緯、CAFCの判断理由を詳しく見ていくとともに、特許権者と被疑侵害者それぞれの立場から実務上の留意点を考察します。
企業の複雑な組織構造の中で、商標権の適切な所有と管理は重要な課題です。親会社と子会社の関係性や、商標の管理責任、立証責任の違いを理解することが不可欠です。本記事では、親会社が商標権を所有する場合と子会社が商標権を所有する場合の違いを具体的に解説し、ライセンス契約の重要性や品質管理手段の実施など、商標管理のベストプラクティスを提示します。企業のブランド戦略に携わる方必読の内容です。
米国特許商標庁が提案する継続出願とTerminal Disclaimerに関する新たな料金体系は、特許出願戦略に大きな影響を与える可能性があります。本記事では、新料金体系の詳細と、それが出願人の戦略に与える影響について詳しく解説します。特に、Terminal Disclaimerの提出タイミングや継続出願の是非、費用対効果を考慮した出願戦略の立案などの重要なポイントに焦点を当てます。また、スタートアップや中小企業など、限られた資金で知財戦略を実行する企業にとっての影響や対策についても考察します。新料金体系に適応し、特許保護の最適化と費用管理のバランスを取ることが、今後の知財戦略の鍵となるでしょう。

アメリカ特許審査解説

実際の案件の審査をわかりやすく解説しています。特にOA対応に関して詳しく解説しているので、参考にしてみてください。拒絶理由、審査経緯、インタビューの有無、権利者における分類もしているので、欲しい情報にピンポイントでアクセスできるようになっています。以下の特許審査履歴Databaseがうまく表示されない場合は、ここからアクセスできます