法改正をビジネスチャンスに

今回はビジネスアイデアの提供ではなく、そのプロセスの1つである画期的な法改正や判決からビジネスにつなげる自分なりのアプローチを紹介したいと思います。

AIと機械学習の発明を守る

AIは今後幅広い分野で重要技術になってくると予測されますが、ソフトウェア特許に分類されるので、発明をクレームする際に注意が必要です。特に、アメリカの場合、特許適格性の問題をクリアーするためにも、具体的な用途を広く・深く開示することが重要になってきます。

3MがN-95マスクへの3Mマークの悪質な使用に対抗するためにランハム法を継続的に使用

弁護士費用を認3Mには頭がいい商標弁護士さんがいるようですね。3Mは貴重な医療グレードのN-95マスクの不正転売や3Mのブランド力を悪用した詐欺行為に商標で対抗しています。

例外的なケースは個々の事実背景が大切

弁護士費用を認める例外的なケース(exceptional case)は事実背景がとても重要になります。特に物事が起こったタイミングが重要なことが多いので、訴訟案件の1つ1つの時系列を改めて見直し、精査する必要があります。

速報: SCOTUSが、一般的な用語に「.com」を追加する商標を認める

2020年6月30日、米国最高裁判所は、一般用語に「.com」を追加することで保護可能な商標を作成することができるとの判決を下し、米国第4巡回区控訴裁判所の判決を肯定しました。

previous arrow
next arrow
Slider

お知らせ

computer-code
特許出願

AIと機械学習の発明を守る

AIは今後幅広い分野で重要技術になってくると予測されますが、ソフトウェア特許に分類されるので、発明をクレームする際に注意が必要です。特に、アメリカの場合、特許適格性の問題をクリアーするためにも、具体的な用途を広く・深く開示することが重要になってきます。

もっと詳しく»
ビジネスアイデア

オンデマンド弁理士

コロナに対応した新しい生活様式が求められる中、知財関係者の働き方も変わってくると思います。今回は、様々な市場のギグワーク化から、オンデマンド弁理士の可能性について考えてみたいと思います。

もっと詳しく»

登録は今すぐ

日本向けに厳選された情報をメールボックスにお届け

ニュースレターには、氏名とメールアドバイスだけで登録できます。
1分で登録完了