【イベント告知】3月10日ムゲンチザイ「しくじり×知財」

先日のメルマガで知財のエンタメ化というトピックを紹介しましたが、その一環で日本で「ムゲンチザイ」というイベントがあります。

知財のエンタメ化の流れに乗っかる

一見とっつきにくい知財というテーマをエンタメ化する動きがあります。今回はこの流れに便乗して、まだエンタメ化できていないものを積極的に企画して知財エンターテイメントのリーダーになっていくアイデアを紹介します。

WIPOがAIと知財のポリシーに対して意見を公募

WIPOがArtificial Intelligence and Intellectual Property Policy に関する意見を公募すると発表しました。この公募に伴い、WIPOはIssues Paper を発行することで、AI関連ですぐに対応が必要な問題を定義し、AIと知財のポリシーに関して幅広いフィードバックを求めています。

2020年の自動車とモビリティ技術の知財問題

ネットワークに接続された自動車をよく見てみると実に幅広い技術が使われていることがわかります。この技術の幅に、自動車部品の供給チェーンの複雑さが加わると、とても複雑な知的財産とライセンス問題が懸念されます。

注意:和解の提案が特許訴訟において不利な証拠として使われる可能性

アメリカではRule 408 of the Federal Rules of Evidence という法律があり、原則、和解の提案は訴訟において証拠として提出できません。しかし、例外もあるので、和解の提案が特許訴訟において不利な証拠として使われないように注意する必要があります。

previous arrow
next arrow
Slider

お知らせ

ビジネスアイデア

知財のエンタメ化の流れに乗っかる

一見とっつきにくい知財というテーマをエンタメ化する動きがあります。今回はこの流れに便乗して、まだエンタメ化できていないものを積極的に企画して知財エンターテイメントのリーダーになっていくアイデアを紹介します。

もっと詳しく»
display-with-code
その他

WIPOがAIと知財のポリシーに対して意見を公募

WIPOがArtificial Intelligence and Intellectual Property Policy に関する意見を公募すると発表しました。この公募に伴い、WIPOはIssues Paper を発行することで、AI関連ですぐに対応が必要な問題を定義し、AIと知財のポリシーに関して幅広いフィードバックを求めています。

もっと詳しく»
訴訟

Doctrine of Equivalents分析は事実に関わる陪審員に対する質問

事実に関わる問題がある場合、略式裁判は適切ではなく、陪審員による審議が必要になります。ということは、必然的に訴訟が継続され公判という流れになります。訴訟が長引けばそれだけコストがかかるので、DOE分析が必要か否かは侵害の証明に加え、訴訟の長期化という要素があることを覚えておくといいと思います。

もっと詳しく»

注目エントリー

creminal-theft-of-trade-secret

民事では「無罪」の企業機密の窃盗で刑事責任追及へ

2018年6月14日、6人のFitbitというフィットネスバンドの(元)従業員6人が連邦企業機密に関わる犯罪で起訴されました。従業員にはPossession of Stolen Trade Secrets (18 USC §1832(a)(3))(日本語では企業機密の窃盗)という重罪(felony)で起訴されていて、有罪になれば最高で10年の禁固刑になります。

もっと詳しく»
creminal-theft-of-trade-secret

民事では「無罪」の企業機密の窃盗で刑事責任追及へ

2018年6月14日、6人のFitbitというフィットネスバンドの(元)従業員6人が連邦企業機密に関わる犯罪で起訴されました。従業員にはPossession of Stolen Trade Secrets (18 USC §1832(a)(3))(日本語では企業機密の窃盗)という重罪(felony)で起訴されていて、有罪になれば最高で10年の禁固刑になります。

もっと詳しく»
[instagram-feed num=9 cols=3]
[instagram-feed num=3 cols=1]

登録は今すぐ

日本向けに厳選された情報をメールボックスにお届け

ニュースレターには、氏名とメールアドバイスだけで登録できます。
1分で登録完了