特許がCOVID-19ワクチンの大量生産の弊害になっているのか?

ワクチン供給のために特許を無効にするべきという議論がありますが、必ずしも特許を無効にすることが解決策になるわけではありません。実際、特許以外の技術の共有が大切で、すでに量産に向けた協力は行われています。

NFTを使った著作権のライセンスとロイヤリティを管理する新しい方法の可能性

NFTの売買が行われる場合、原則リンクしている固有の資産の所有権が譲渡されません。しかし、NFTを作る際に、著作権者がNFTを媒体として著作権のライセンスを行うこともできます。

NFT特許として注目を集めているNikeの特許とはどんなもの?

NFTが注目されてきている中、有名なNFT特許としてNikeの靴に関する特許がよく取り上げられています。今後もNFTに関する特許出願は増えてくることが予想されるので、Nikeの特許は知っておくといいと思います。

特許訴訟費用は税金控除の対象になるのか?

ジェネリック医薬品メーカー限定かもしれませんが、条件が揃えば控除可能と税務裁判所が判断しました。特許訴訟費用が控除の対象になるのであれば、費用が発生した年に計上できるので、企業としては嬉しいニュースです。

数値限定が片方しかされていないクレームの有効性はどのように見られるのか?

112条の実施可能要件(enablement)と記載不備(written discription)の両方が問題視される可能性があります。しかし、上限または下限がクレームに明記されていなくても、その理由だけで「不適切」なクレームとはなりません。

previous arrow
next arrow
Slider

お知らせ

登録は今すぐ

日本向けに厳選された情報をメールボックスにお届け

ニュースレターには、氏名とメールアドレスだけで登録できます。
1分で登録完了