ウェビナーでVIPチケットを販売

先週に引き続きオンラインコンテンツの話をします。セミナーやウェビナーをやるなら、講師の先生と話す権利が得られるVIPチケットを限定販売するのはどうでしょうか?

講師にとっては格好のマーケティング戦略

無料であっても知財系のウェビナーを行うにはそれなりの準備が必要です。講師はウェビナーのトピックに合ったプレゼンを一から作りかも知れないし、他のセミナーで使ったモノを応用するかも知れませんが、応用するにもアップデートしなければいけないので労力がかかります。そして、実際にウェビナーはライブでプレゼンやQ&Aを行うた時間も束縛されます。

このように講師はウェビナーのために頑張るのですが、ウェビナーを「次」につなげるのが難しかったりします。その場は盛り上がっても、無料の情報だけ知りたい人が集まっているのであれば、仕事にも発展しづらいです。

しかし、前もって講師の先生と後日話せるVIPチケットを限定数発売して、実際に買ってくれる人がいたら、その売り上げが講師の収入にもなるし、それ以上に、講師の先生は大勢のウェビナー参加者の中から自分のファンを見つけることができます。

講師にとって、ウェビナーを今後の仕事につなげたいのであれば、100人の無料で情報だけ知りたい人のメールアドレスを集めるよりも、課金をしてくれる1人のファンと交流関係をもつ方が100倍以上の価値があります。

すぐに仕事に直結しなくても、そのファンと後日Zoomなどで話すことによって関係作りができるし、後日、メールやニュースレターなどで定期的にコミュニケーションをとってもいいでしょう。

このようにVIPチケットの販売は、講師としては、お金をもらえて、かなり真剣な見込み客が得られるという素晴らしいマーケティングツールなのです。

VIPチケットを買う方にもメリットがある

当然VIPチケットが機能するには、VIPチケットを買ってもらわないと行けません。それには買う側にメリットがないといけませんね。

結論から言うと、ウェビナーの後に個別相談に応じるのであれば、無料よりも有料の方が参加者にもメリットがあります。

これは以外と思われるかもしれませんが、無料のアドバイスと有料のアドバイス、どちらを真剣に受け止めるか考えてください。当然、自分でお金を払った有料アドバイスの方ですよね。

人間無料だとありがたみを感じにくいです(アドバイスという「情報」ならなおさら)。少しでもお金を払っていたら、それなりの質問も考えるし、回答も真剣に聞くものです。そして、対価を払っているので、堂々ともっと突っ込んだ鋭い質問をするし、回答する側もちゃんと答えてくれるだろうという期待も生まれます。

あと、ウェビナー参加者の中には、ウェビナーで話されたトピックでなく、講師自身のキャリアに興味がある人もいるかもしれません。しかし、ウェビナーのQ&Aの時間にそのような場違いな質問はできないし、後日講師の時間を奪うようなことをするのも気が引けるでしょう。

しかし、対価を払って30分なり1時間なり講師と話す権利を得られれば、「何でも」聞けるという気持ちになるので、キャリアアドバイスみたいな親しくないとできないような相談も積極的にしやすくなります。

どうでしょうか?

VIPチケットはかなり限定してプレミア感を出し、ちょっと奮発しないといけないけどお得感のある価格帯で売り出すのがポイントです(当然、ただ発売するだけではなく、積極的なマーケティングも展開しないといけませんが)。

講師や主催者には有料オプションを提示するのに抵抗がある人もいるかも知れません。しかし、課金カルチャーはいろんなところで浸透してきています。そして、人間、自分が好きで応援したい人はできる限りサポートしたいと思うものです。そのサポートの形の1つとして、わかりやすいVIPチケットという課金オプションを提示する。そうすれば、思いがけない出会いのチャンスが生まれるかもしれません。

TLCの紹介

ちなみに、このアイデアのベースになっている話題は、OLCを更に進化させた全く新しいコミュニティ型のプラットフォームTakumi Legal Communityで最初に取り上げました。

TLCはアメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる今までにない新しい会員制コミュニティです。

現在第二期メンバー募集の準備中です。詳細は以下の特設サイトに書かれているので、よかったら一度見てみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。