特許審査履歴の解説をスタートしました

皆さんは他の会社がどのようにOA対応を行ったり、IDSを提出したり、審査に付随する様々な手続きを行っているか気になりませんか?

どのような拒絶理由があったときにどう対応すべきか?、審査官の心象を良くするためにはどのような表現がいいのか?、付加価値のあるOA対応とは?など、疑問に思うことはありませんか?

このような実務レベルの話は、今までOLCで扱ってきた知財ニュースではカバーしきれない部分でした。しかし、実務でアメリカの特許手続きに関わっている場合、出願におけるOA対応だったり、IDSを始めとする諸手続きに関して現地代理人を指示したり、彼らが提出してくるOAやその応答書をチェックする仕事が多いと思います。

そこで、毎週火曜日に発行される新規特許の中から厳選した特許の審査履歴を見て、独自の視点からコメントをして解説していきます。

実際に特許庁での審査を経て、権利化された案件について公開されている生の情報に触れつつ、重要と思われる部分をピックアップし、実際に皆さんが行っている業務に役立つ情報とデータポイントを提供したいと考えています。

今回は、LGの特許で、許可可能クレームが示されたときのOA対応を中心に解説しています。

今後ある程度の件数が溜まったら、データベース化して各案件へのアクセスを簡単にしたいと思います。日々の業務で、気になったときにリファレンスとして活用でき、知りたい手続きの「一例」として活用できるような運用を考えているので、乞うご期待。

今回の解説はここからアクセスできるので、ぜひ見てみてください。

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。