特許審査履歴の解説をスタートしました

皆さんは他の会社がどのようにOA対応を行ったり、IDSを提出したり、審査に付随する様々な手続きを行っているか気になりませんか?

どのような拒絶理由があったときにどう対応すべきか?、審査官の心象を良くするためにはどのような表現がいいのか?、付加価値のあるOA対応とは?など、疑問に思うことはありませんか?

このような実務レベルの話は、今までOLCで扱ってきた知財ニュースではカバーしきれない部分でした。しかし、実務でアメリカの特許手続きに関わっている場合、出願におけるOA対応だったり、IDSを始めとする諸手続きに関して現地代理人を指示したり、彼らが提出してくるOAやその応答書をチェックする仕事が多いと思います。

そこで、毎週火曜日に発行される新規特許の中から厳選した特許の審査履歴を見て、独自の視点からコメントをして解説していきます。

実際に特許庁での審査を経て、権利化された案件について公開されている生の情報に触れつつ、重要と思われる部分をピックアップし、実際に皆さんが行っている業務に役立つ情報とデータポイントを提供したいと考えています。

今回は、LGの特許で、許可可能クレームが示されたときのOA対応を中心に解説しています。

今後ある程度の件数が溜まったら、データベース化して各案件へのアクセスを簡単にしたいと思います。日々の業務で、気になったときにリファレンスとして活用でき、知りたい手続きの「一例」として活用できるような運用を考えているので、乞うご期待。

今回の解説はここからアクセスできるので、ぜひ見てみてください。

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

folders-manual
特許出願
野口 剛史

今後のポリシーにも影響大? USPTOがAIに関する報告書を発行

今やAIは様々なところで活用され身近なツールの1つになっています。しかし、AI技術には現在の知財関係の法律に整合性がうまくとれないものもあるので、今後のAIに関わる知財関連の法整備が急務になっています。今回はその一環として行われた特許庁によるAIに関する報告書を紹介します。

Read More »
商標
野口 剛史

メタバースとNFTにおける知的財産の保護

ブランドがすでにもっている「物理的な商品に関する既存の商標登録がメタバースにおける侵害にも有効か?」はまだ未知数です。現在そのような訴訟がいくつか行われていますが、まだ裁判所での判断は出ていません。そこで、各ブランドは積極的にメターバース・NFT関連の商標出願を行っています。

Read More »