NFTを使った著作権のライセンスとロイヤリティを管理する新しい方法の可能性

NFTの売買が行われる場合、原則リンクしている固有の資産の所有権が譲渡されません。しかし、NFTを作る際に、著作権者がNFTを媒体として著作権のライセンスを行うこともできます。

一般的に、NFTを作る際、作成者は、NFTの条件および NFTの所有権とリンクされている原資産との関係を決めることができます。そのため、もし著作権者がNFTを媒体として著作物のライセンス管理をしたいのであれば、後続のNFT所有者に対して、原著作物の複製、その複製物の頒布、原著作物の公開、原著作物から派生した作品の制作など、原著作物を特定の用途に使用するための限定的な権利を与える条件を設定することができます。

このようなNFTの特性を使えは、著作物の著作権ライセンスの管理をするのも可能で、将来的なNFTの売買があった時に著作権者にロイヤリティが自動的に支払われるような仕組みも作ることができます。

そのため、今まで煩雑だった著作物の著作権ライセンス管理がNFTを使うことによって自動で管理できるようにすることも可能になりました。

このNFTの特徴を用いたサービスを展開している会社もすでにあり、Blockchain Art CollectiveVeztblueboxなどがあります。

また一部のアーティストは、将来リリースする音楽に関する権利をNFTに変え先行販売して、購入者には対象の音楽に関する著作権の一部が譲渡されており、NFT購入者がロイヤリティの一部を受け取れる仕組みになってます。

このようにNFTは著作権の管理や今までになかった形の収益化を可能にするので、NFTを用いた著作権のライセンスとロイヤリティを管理する新しい方法が今後普及してくるのではないでしょうか?

参考文献:Shoes and Music - NFT Part II

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。