NFTにかかわる契約で考慮しておきたい内容

NFT(nonfungible tokens)が新しいタイプの収集品になるにつれ、NFTに関する契約に含めるべき用語や規約を検討します。NFTの特性を理解して、(将来的なものも含め)どのような活用がされるかを十分議論し、その内容を反映するような契約を作るには、様々な点を考慮する必要があります。

NFTは、特定のデジタル化されたファイルを識別するためのデータ文字列です。ファイルのコンテンツは、画像、ビデオ、音声の録音である場合があります。NFTは、特定のデジタル画像の所有権のみを確認するものであり、著作権、デジタル化されたファイルの複製権、デジタルファイルの元となった芸術作品などは含まれません。これは、絵画のキャンバスの所有権と真正性の証明書に似ています。

このようなNFTを扱う際の契約では、原作とNFTに関連する特定のデジタル画像を誰が所有しているか、また原作から作成できるデジタルコピーやNFTの数に制限があるか、などを検討し、明確に文面化する必要があります。

また、原作の著作権がNFTとともに付与されているかどうか、NFTの所有者が画像を複製するためにどのような権利を有しているかも確認するといいでしょう。

また、管理周りの話では、そのNFTに関するすべてのパスワードとログインを保護し、企業組織内の誰がアクセスできるようにするかを検討します。

NFTのマーケティングもおこなうような場合、アーティストの名称、画像および肖像権の許諾を含み、NFTの所有者が利用できるその他の利益について具体的に説明するべきです。また、マーケティングに使用されるチャネルや販売店、価格設定の決定者、再販に関する管理、アーティストへのロイヤルティの支払いについても検討するべきでしょう。

もし所有者のいずれかが後の取引からロイヤリティを受け取る場合、そのような形式のロイヤリティの受領および分配のために契約上でも、そのようなロイヤリティの受け取りが可能であるようにするための規約を明確に示しておく必要があります。

参考文献:NFT Agreements Require Specific Terms

ニュースレター、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

再審査
野口 剛史

IPRの申し立てはクレームと主張を吟味すべき

SAS判決以来、PTABはIPRのinstitutionを判断する際に裁量権を主張するようになりました。PTABにおけるInstitutionの判断は恒久的でなく、控訴できないので、IPRの申し立ての際は、チャレンジするクレームと主張を十分検討する必要があります。

Read More »
secret
訴訟
野口 剛史

どのような文書がAttorney’s Eyes Onlyに該当するのか?

競合他社を相手に特許訴訟を行う場合、自社の事業の根幹に関わるような重要な情報や書類を「Attorney’s Eyes Only」にすることがあります。今回の判例では、必ずしも営業秘密でない関連文章が「Attorney’s Eyes Only」に該当すると認められたので、どのような情報や書類が「Attorney’s Eyes Only」に該当するかを知るのに参考になります。

Read More »