ローカルな知財トレンドを世界に向けて配信

自分たちが当たり前と思っていることでも、その外にいる人にとっては付加価値の情報だったりすことがよくあります。

「トレンド」はファッションからテクノロジーまで関係者だったら常に知っておきたい情報です。でも知財業界のトレンド情報となるとオンラインでまとまった形になっているのは今日紹介したDennemeyer によるIP Trend Monitor Studyのようなアンケート調査の結果をまとめたようなものばかり。このようなレポートから大きなくくりで今後の知財業界のトレンドを知れるのはいいと思います。

でも、これだとトレンドを知るのに時間がかかるし、質問によっては実情とはかけ離れた全く的外れな結果になってしまったり、どれだけ「本音」が含まれているレポートなのかも疑問が残ります。また、このようなアンケート調査をベースにしたレポートだと具体的なことが示されていないので、どうレポートを活用していったらいいのかわからなくなることもあります。

そこで、アンケート調査なんかしないで、自分の身近なところで問題になっている課題だったり、うまくいっている取り組みだったりをローカルなトレンドとして配信していったらどうだろうかと考えました。

公開されていない情報だったらある程度一般化した内容にとどめたり、ニュースになっている話題や統計データと関連させて話すような手間もかかる場合もあると思いますが、実際にローカルレベルで話題になっている事柄を知りたがっている人はたくさんいます。

例えば、わたしみたいに日本の知財業界向けにアメリカの知財情報を発信している人にとっては日本の企業や特許事務所が直面している課題に関する情報は貴重です。そのような情報を知れれば、読者により関連した情報をピックしたり、記事の内容も工夫できます。正直お金を払ってでもOLCを活用してくれている読者の考えていることは知りたいというのが本音です。

同じように、海外の多くの知財関係者も日本で起きているローカルレベルの話題を知りたいはずです。アメリカの知財事務所にとって、日本はとても魅力的な市場です。しかし、日本に関心があるアメリカの弁護士さんでも、なかなか日本の実情について生の情報を定期的に得られている人はあまりいないと思います。そのような人向けに英語で情報発信すると思いがけないビジネスチャンスが訪れるかもしれません。

どうでしょうか?

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

未分類
野口 剛史

カンファレンスで「つながる」仕組み作り

今回のテーマはカンファレンスです。皆さんも継続して知財を学ぶために定期的にカンファレンスに参加すると思いますが、カンファレンスのいいところは実際に人に会えることですよね。でも、なかなな面識のない人と話すきっかけを作るのが難しい。そこで、今回はカンファレンスで見知らぬ人とも簡単につながることができる仕組みを考えたいと思います。

Read More »
契約
野口 剛史

デジタルアートとNFTのIPライセンスにおけるIP保護と責任の制限

デジタルアートやNFTは様々なIPを持っているブランドやクリエーターにとって大きなポテンシャルを秘めており、市場は急速に拡大しています。しかし、IPホルダーがデジタルアートやNFTのために知財をライセンスする場合、知財や法律の面で気をつけなければいけない点は多岐に渡ります。デジタルアートの場合、様々な表現の手段があるので、それらを考慮し、ライセンス範囲を細かく指定することがスマートなライセンス戦略です。

Read More »