PTABにおける非登録実務家の活動範囲拡大か?

Proposed alternative text for the image: USPTOの非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲拡大に関する規則改正の提案

米国特許商標庁(USPTO)は、包括性と効率性に向けた重要な動きとして、非登録実務家の特許審判部(PTAB)手続への参加範囲を拡大することを目的とした規則改正を提案しました。このイニシアティブは、訴訟代理業務の多様化だけでなく、手続き面の合理化にもつながり、このような高度に専門化された訴訟において、より広範な専門知識を提供するものです。

自明性ガイダンスの更新: より柔軟なアプローチへ

Updated guidance on obviousness determination by the USPTO emphasizes a flexible approach following key court decisions.

米国特許商標庁(USPTO)はこのほど、発明の特許性を大きく左右する特許審査の極めて重要な側面である自明性の判断に関するガイダンスを更新しました。このガイダンスは、KSR Int’l Co. v. Teleflex Inc.における最高裁の画期的な判決や、その後の連邦巡回控訴裁の判決を踏まえ、柔軟なアプローチを強調しています。この記事では、このガイダンスの重要な側面、特許出願人への影響、特許審査プロセスを効果的に進めるための戦略について掘り下げていきます。

数値限定の奥深さ:明細書に明示されていないクレームされた狭い範囲の数値限定は有効か?

Abstract image representing the complexity of claim scope in intellectual property law, focusing on recent CAFC ruling in RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.

日進月歩の知的財産法において、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)による最近の判決は、クレームサポート、特に特許のクレーム範囲に関する複雑さについて重要な示唆を与えています。この記事では、RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.におけるCAFCの判決について掘り下げていきます。

特許クレーム解釈の狭き道を探る:連邦巡回控訴裁判所からの教訓

Federal Circuit Appeals Court decision in Promptu Systems Corp. v. Comcast Corp. highlighting importance of nuanced patent claim interpretation, stressing broad and comprehensive approach for innovative technologies like speech recognition systems.

米連邦巡回控訴裁判所(以下CAFC)は、Promptu Systems Corp. v. Comcast Corp.事件において、特許クレーム解釈のニュアンスに光を当てる極めて重要な判決を下し、連邦地裁による非侵害の最終判決を取り消しました。この判決は、特に音声認識システムのような革新的な技術を扱う場合、特許クレームの解釈における広範かつ包括的なアプローチの重要性を強調しています。

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

PTABにおけるクレーム補正の規則案:補正強化で予測可能性へ貢献

米国特許商標庁(USPTO)は、特許審判部(PTAB)におけるクレームを補正するための申し立て(MTA、motions to amend)に関する規則案提案公告を通じて、特許付与後の補正プロセスを強化するための一歩を歩みだしました。この規則案は、補正申し立てパイロットプログラムの特定の要素を強化し、MTAにおける説得責任の配分に関する規則を修正することを目的としています。このような取り組みは付与後審判手続の予測可能性を確保するという USPTO のコミットメントを強調するものです。