数値限定の奥深さ:明細書に明示されていないクレームされた狭い範囲の数値限定は有効か?

日進月歩の知的財産法において、米国連邦巡回控訴裁判所(CAFC)による最近の判決は、クレームサポート、特に特許のクレーム範囲に関する複雑さについて重要な示唆を与えています。この記事では、RAI Strategic Holdings, Inc. v. Philip Morris Products S.A.におけるCAFCの判決について掘り下げていきます。

クレームされた数値限定が問題に

この係争は、RAI Strategic Holdings, Inc.が所有する、燃焼を伴わずに物質を加熱して吸入可能な蒸気を供給するように設計された電動式喫煙具に関する特許に関するものでした。Philip Morris Products S.A.は、クレームされた特定の範囲に関する明細書の裏付けの欠如および自明性を理由に、この特許に異議を申し立て、付与後レビューを開始しました。

記載要件:クレームされた数値限定は明細書で開示されていたか?

問題の核心は、発熱体の長さを使い捨てエアロゾル形成物質の「約75%~約85%」と規定した従属クレームが、適切な明細書ないでのサポートを有するか否かにありました。明細書には「約75%~約125%」や「約85%~約115%」といったより広い範囲が開示されていたものの、クレームされた狭い範囲については明確に言及されていなかったため、この点が争点となりました。

CAFCは範囲の終点の明示的な開示と対象技術の予測可能な性質を考慮

CAFCは、In re Wertheim事件In re Blaser事件などで確立された原則を適用し、数値範囲クレームに関連する判例の詳細な検討に着手しました。これらの判例では、クレームされた範囲の記述が明細書ないでサポートされていたかに関する判断をするために、クレームされた狭い範囲が明細書に記載された発明の一部であるかどうかに焦点を当てており、微妙で事実に特化した調査が必要であることを強調しています。

これらの判例を考慮した上で、CAFCは、開示された広い範囲とクレームされた狭い範囲は異なる発明に関連するものではないと判断しました。また、明細書の範囲の終点の明示的な開示と、電気機械式喫煙器技術の予測可能な性質が、クレームされた範囲が発明者の所有範囲内であったという結論を支持したと強調しました。

特許戦略への影響

本判決は、特許明細書内の数値範囲の提示を慎重に検討することの重要性を強調しています。本判決は、明示的な記載がない場合であっても、開示された範囲と技術的背景から合理的に推論できる場合には、クレームされた範囲が明細書上の裏付けとなる可能性があることを強調しています。本判決は、記載要件の充足は、各事件の具体的事実と関連技術の予測可能性に大きく依存するという原則を再確認しています。

結論

CAFCによる今回の判例は、特許実務者と発明家にとって貴重な指針となりえるでしょう。これは、特に、数値範囲によってクレームの範囲を定義することに関する特許のドラフトと実務に関わる微妙な考慮事項を思い出させるものです。 知的財産法の複雑さを理解する上で、本判例は、明細書によるサポートを効果的に証明する方法についての理解を深めるものです。

また、本判決は、特に数値範囲を通じて発明をクレームすることに関して、クレームドラフトの戦略的アプローチの重要性を浮き彫りにしています。これまでと同様、関連する判例を十分に理解し、技術仕様を慎重に検討することが、強力な特許保護を確保する上で最も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

追加記事

特許において、クレームの限定事項が明確に記述されているかどうかは、特許の有効性を左右する重要な要素です。今回、Maxell, Ltd.対Amperex Technology Limitedの判決は、特許クレームの解釈において、限定事項間の表面上の矛盾をどのように扱うべきかという問題を浮き彫りにしました。本文では、この重要な判決を深堀りし、一見矛盾すると思われる限定事項が、実際には特許の不明瞭性(Indefiniteness)を生じさせない理由について探求します。特に、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)がどのようにこれらの限定事項を同時に満たすことが可能であると見做したか、その解釈の根拠と、特許クレームを起草する際の実務上の教訓に焦点を当てて考察します。
特許法における「組み合わせの動機」(Motivation to Combin)の概念は、発明が発明された時点でその分野の通常の技術者(PHOSITA)にとって自明であったかどうかを判断する上で不可欠な要素です。自明性の問題は、新しい発明が既知の技術要素の単純な組み合わせに過ぎないのか、それとも特許に値する独自の技術的進歩を表しているのかを区別するために重要です。このブログ記事では、特許請求の自明性を評価する際に中心となる「組み合わせの動機」の概念と最高裁判決であるKSR判例を解説し、Virtek Vision 対 Assembly Guidance Systemsの事件を例に、実際の訴訟におけるこの概念の適用方法について掘り下げます。
先月、米国特許商標庁(USPTO)が「Means-Plus-Function」に関するメモランダムを発行し、審査官に最新ガイダンスを提供しました。その内容は実務における大きな変更を意味するものではなく、既存の法的枠組みの下でより明確な指針を提供することを目的としています。しかし、このタイミングにおけるガイドラインの発行は、35U.S.C.112条(f)に基づく一風変わったクレームの形式であるMeans-Plus-FunctionがUSPTOにおける特許審査で注目されていることを示しており、改めてガイドラインに沿った適切なクレームドラフティングが求められることを意味します。